「広告」にまつわる記事

気付いた人だけ吹き出しちゃう “おバカ広告” がこれだ!

「おバカ!」といえば、漫画『クレヨンしんちゃん』で野原みさえが息子しんのすけを怒るときの台詞。現在、 Twitter 上で “愛すべきおバカ” と注目を集めている広告があるので、ご紹介したい。

それは妊娠検査薬の広告。ニッコリ笑って妊娠検査薬を眺める男女が写っているのだが……あることに気が付くと、ああ、おバカ! さて、なぜ人々は「おバカ!」と叫んでいるのでしょうか?

続きを全部読む

売れないバンドマンが「ミスチルの25年」と「自分の25年」を比較したら涙が止まらなくなった

2017年1月10日、読売新聞と朝日新聞の朝刊にMr.children(以下ミスチル)の25周年広告が掲載された。これまでリリースしたアルバムやシングルのジャケットが散りばめられているこの広告。見ているだけで、ミスチルの曲が頭の中に流れだす。まさに至福の音

25年。言葉にするとひと言だが、それだけの間、音楽業界の第一線にいるというのは並大抵のことではない。普通なら音楽を続けるだけでも大変な期間である。そんなミスチルに憧れてバンドを始めた私(中澤)だが、自分の25年をかえりみたら……涙が止まらねェェェエエエ

続きを全部読む

ポーランドのクリスマス広告動画が超泣ける~! 「今すぐ見ろ」と大推薦の動画の再生回数が1100万回超え!!

クリスマスは、ついパーティーやプレゼントに意識が向きがちだが、家族や友人と集まり、お互いへの愛を実感して感謝し合う絶好の機会である。

そんな、クリスマスの大切な主旨を思い出させてくれる、ポーランドの広告動画が最高に泣けるので紹介したい。ちょっとコミカルな展開も秀逸で、海外メディアが、「今すぐ見ろ!!」と大プッシュしているのも納得なのだ!

続きを全部読む

みすず学苑の学苑長「半田晴久氏」またの名を「深見東州氏」のペンネームが多すぎる件

私(佐藤)は上京して、約12年になる。東京に来た当初は電車が苦手で、乗るのが堪らなくイヤだったのだが、それも2年を経たくらいで慣れた。その当時から、電車に乗ると気になるモノがある。それは車内広告だ。いろいろなモノが貼り出されているなかで、今でもナゾで仕方のないものがある。それは、「みすず学苑」の広告。

学習塾の案内であることはわかるのだが、ナゾのキャラクターが多数掲載されているのはナゼだ? この疑問を解明しようと、いろいろと調べていたら、学苑長の半田晴久氏がめちゃくちゃナゾ深き人物であると判明し、混乱する事態となった。何者なんだ、この人は?

続きを全部読む

有名コスメブランド「カバーガール」が17歳の一般人美青年をモデルに起用! 画期的な試みが大きな話題に

現代では男女差が縮みつつあり、様々な分野で、男女の境界を踏み越える ‟ジェンダーレス” が進んでいる。

そんななか、海外有名コスメブランド「カバーガール」が17歳の一般人美青年をモデルに起用して、その画期的な試みが大きな話題を呼んでいるので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【下着モデルまとめ】そんなに見えちゃっていいんですか……新宿『ピーチ・ジョン』 の街頭看板を半年間じっくり追ってみた!

日常とは1枚のベールのようだ。ちょっとくらい変なことでも、ベールをかけてしまうと全てを「普通」だとスルーし、認識できなくなってしまう。ドラえもんの道具で言うと、石ころのように他人から気にされなくなる「石ころぼうし」のようなものだ。

新宿3丁目の明治通り沿いにある下着メーカー『ピーチ・ジョン』。この店の前を今日も何千、何万もの人が “普通” に行き交う。だが、私(中澤)はここを通るたびに、ビルの横に堂々と掲げられた「下着モデル」たちの看板をじっくり見てしまう。え? そこまで見えちゃっていいんですか!?

続きを全部読む

【画像多数】こち亀のJR亀有駅が両さん一色になっちゃった! 楽しすぎて電車に乗り遅れるなよォォオオ!!

本日2016年9月17日、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の最終200巻が発売された。それを記念して、同日から30日までの期間限定で、JR亀有駅「こち亀」が占拠しているぞ!

実際に見に行ってみると、フロアや階段、壁やエスカレーターなど、あらゆる場所がこち亀一色で正直ビビった! な、なにこれスゴすぎ……。では、駅構内がどれくらい こち亀だらけなのかご覧いただこう。

続きを全部読む

地下鉄の駅をネコが “乗っ取り” 話題に / 広告を一掃し「家族を募集するニャンコ」の写真が大集合!

『世界から猫が消えたなら』という小説・映画が人気だが、逆に『世界に猫があふれたら』どうなるだろうか? そう、見渡す限りネコネコネコの世界になるのだ。

そんな世界の第一歩となるような事態が、今動き始めている。ロンドンの地下鉄の駅から広告が一掃され、代わりに猫の写真で埋め尽くされているのである。一体どんな目的で? 詳細をお伝えしたい。

続きを全部読む

有名コスメの広告が “リストカット” のようだと物議 / ネットの声「趣味が悪い」「自傷はトレンドでもクールな行為でもない」

手首の内側を斬りつける行為をリストカットという。自らの命を絶つためではなく、気持ちを落ち着かせるため、自己の存在を確認するために、リストカットをする人も多いと言われている。

今回、ある有名コスメの広告が「リストカット」のようだと物議をかもしているそうだ。どのような広告内容なのだろうか?

続きを全部読む

高級車アウディのCMが「スピード=興奮」を連想させるとしてイギリスで放送中止に / 視聴者から「スピードの出し過ぎを助長している」と声が挙がったため

ドイツの自動車メーカーであるアウディは、オリンピックマークを連想させる、輪が4つ重なったロゴがトレードマークである。高級車として知られるアウディは、走行性能も評価が高く、品のあるデザインも好評を博しているだけに、そのCMも洗練されていて美しいと評判だ。

ところが、そんなアウディのコマーシャルが、イギリスで放送中止になってしまったというのである! パッと見ただけでは、一体どこに問題があるのか判断がつきかねるのだが、読者の皆様はお分かりになるだろうか!?

続きを全部読む

【怖い】海外でも問題視されている「歩きスマホ」や「駆け込み乗車」の警告動画に背筋がゾ〜ッ

国や地域によって住む人間の性格の傾向に違いはあるかもしれないけれど、しょせんは同じ人間。似たような問題を抱えていたりするものだ。

例えば電車。日本では「ホーム上での歩きスマホ」や「駆け込み乗車」への注意喚起が盛んだが、海外でも同じことに頭を悩ませている模様。この度、アメリカでも「歩きスマホ」などの危険性を知らせる動画が作られたのだが……これ、なんだかちょっと怖いのだ。

続きを全部読む

【画像】道民が見ると「ああ~」ってなるけど、他県民が見ても全然理解できない広告 『ごはんは、ソリ?』

日本は小さな島国。とは言っても、地域によって随分と文化や風習が違うものだ。たとえば、私(佐藤)の郷里島根県では、感染性の胃腸炎のこと「腸感冒(ちょうかんぼう)」というのだが、それが全国共通だと思っていた。どうやら違うらしいことを30歳を過ぎて知ることとなった。

北海道に行った時のこと、地下鉄の広告に不可解な文言を発見した。その広告を見ると、「北海道あるある」と書いてある。しかし道外の私にはさっぱり意味がわからない。皆さん、この意味わかる?

続きを全部読む

あの超有名な『整形家族写真』の美女が降臨! 「画像は不当な使用だった」と涙ながらに訴える

突然だが、皆さんはかつてネットで大拡散した『整形家族写真』をご存じだろうか? キレイに着飾った超美男美女のパパママと、美形とは言えない子供3人が写った記念写真である。

実はこちらは、2012年頃に話題となった台湾の美容整形の広告だ。「唯一の心配は子どもへの説明だけです」という意味深なキャッチコピーが非常に秀逸だと絶賛されたのだが、この広告が再び話題となっている。

この画像に写っている美女本人が登場し、画像のせいでモデル人生がメチャメチャになったと激白。“こんな広告にされるとは知らなかった” とし、「不当な使用だ」涙ながらに訴えているのである。

続きを全部読む

提供:ライオン

あなたの子供がヒーローになれるチャンス! 子役1000人大募集「ルックおふろの防カビくん煙剤」のCM子役に応募してみた!

ちゃんと掃除していても、浴室の壁や天井に現れる、あのイヤ~な黒カビ。あれを退治してくれるライオンの「ルックおふろの防カビくん煙剤」が、パパママ必見のキャンペーンをやっているらしい。

同商品のCM制作会社が、なんと子役を1000人募集しているというのだ。いったいどんなCMなの? そんなに大勢出演できるなら、うちの子たちにもチャンスがあるのではっ!? さっそく調べてみた!

続きを全部読む

ささやかな感動を味わいたい人は必見! 「みんなが手話を使えたら聴覚障がい者にとって世界はこう見える!」という動画が感動的!!

五体満足に生まれてきた人にとっては、目が見えたり耳が聞こえることは当たり前で、特に感謝することもなく日々を過ごしている人が多いだろう。だが少し視点を変えて、 “みんなが手話を使えたら、聴覚障がい者にとって世界はこう見える!” という広告ビデオ「The Most Emotional Surprise of the Year」が製作され、感動を呼んでいる。

普段、我々が経験し得ない聴覚障がい者から見た世界を垣間見ることで、ささやかな感動を味わってもらえたらと思う。

続きを全部読む

「半ケツプリッ状態」の写真を使った広告が秀逸だと話題 / 広告キャンペーンの意外な目的とは?

突然だが、あなたがバスに乗っているとき、もし目の前に “半ケツプリッ状態” の人が座っていたら、どう感じるだろうか? ……それを見てうれしいと思うか、逆に不快だと感じるか、もしくは特に何とも思わないかは人それぞれだろうが、とにかく、誰もが少なくとも一度はギョっとするに違いない。

そんな「半ケツプリッ効果」を見事に利用した広告が、今海外で秀逸だと話題になっているので、画像と合わせて紹介しよう。

続きを全部読む

【コラム】実は「小さな街でよく見かける店名入りの地図」は広告 / 知らない間に店名を掲載されても広告料の集金人がやってくるという話

スマホやケータイが普及し、どこに行くのにも大変便利になった。多少迷っても地図アプリを利用すれば、すぐにどこら辺にいるのか大体わかるからだ。GPSのおかげで、かなり正確に自分のいる位置を把握することができ、無事に目的地に到達できる。

しかし以前は地図が頼り。とくに繁華街で目的の店を発見するのに、苦労した経験のある人もいるだろう。どこに行っても小さな繁華街には、店の場所を示す地図が道端に貼り出されていたのだが、実はアレ、広告であることを知っていただろうか? 勝手に名前を掲載されていても店舗はお金を徴収される場合がある。

続きを全部読む

【衝撃動画】まるでサーカスのようなパフォーマンスで広告看板をアピールする男

駅や繁華街には、お店の広告看板を持っている人がおり、漫画喫茶やカラオケ、居酒屋などを道行く人々に案内しているのはよく見る光景だ。ただ、彼らは棒立ちしていることが多く、仕事といえども暇そうではある。

が、しかし! 海外にはひと味違う “看板持ち” がおり、その道を極めに極めてしまった男性がいたぞ。そんな彼が披露したサーカスのようなパフォーマンスは、動画「Sign Spinning」で確認可能だ!

続きを全部読む

【そりゃ事故る】ロシアで車両側面に「女性の胸」の巨大広告を掲示したら24時間で500件超の事故発生!!

広告は人目を引くことが重要である。関心を持ってもらうには、強く人を惹きつけなければならないのだが、あまり強烈なものは問題があるようだ。最近ロシアのモスクワで実施された車両広告が大問題になっている。

その広告とは、車両の側面にデカデカと女性の胸を表示するというもの。悲しいかな、男性はこれに目が行かざるを得ない。広告を掲げた30台のバンが、24時間走行しただけで、なんと500件以上の車両事故が発生したというのだ! 悲しい、悲しすぎる男の性(さが)よ……。そりゃ事故も起きるわ。

続きを全部読む

【動画あり】低評価が高評価を上回る! 海外の旅行会社が制作した絶望的にダサいCM

広告を出す上で大事なのは、なんといっても訴えがすぐに伝わること。それが旅行会社であれば、すぐにでもバカンスに行きたくなるような……さらには「この会社で行きたい」と思わせるものだろう。

しかし、時として方向性がズレてダサいものが生まれてしまうことがある。たとえばスコットランドの旅行会社「ソーントラベル」が制作した CM がそう。どう絶望的にダサいのかは動画「Thorne Travel Advert 2014」でチェックだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3