「台北」にまつわる記事

ルックス最強のとんでもない美人CAが台湾にいる!! 彼女と比べたら「クラスで一番かわいい子」さえもクソドブスか!?

誰が最初に言ったか知らないが、橋本環奈さんの代表的キャッチフレーズといえば「1000年に1人のアイドル」である。確かに、橋本環奈さんは大変お美しい。そこに異論はないけれど、「1000年に1人」はいくら何でも大げさ過ぎやしないだろうか? ……冷静に考えて「1000年に1人」なわけないだろ! 可愛いからって、浮かれすぎだ!!

——と、前置きはここまでにして、今回紹介するのは、「何千年に1人」なのか見当もつかない美女である。前言を撤回したい。1000年に1人レベルの美女、いたわ。しかも、日本のすぐ近くに。彼女、台湾出身のCA(客室乗務員)さんなんだって!! ヒャッハー\(^o^)/

続きを全部読む

【パクリ疑惑】台湾のイベントPR動画が「WORLD ORDER」にしか見えない件

様々な盗作疑惑が騒がれている昨今、今度は台湾のイベントPR用動画にパクリ疑惑が浮上した。日本のとあるダンスパフォーマンスグループのミュージックビデオに酷似しているというのだ。

冒頭からすでに酷似しているというそのウワサは本当なのだろうか? 興味のある方は是非これからご紹介する動画を見て、ご自身の目で判断していただきたい。

続きを全部読む

【90年代ゲーム・キッズに捧ぐ】台湾のゴージャス長距離バスであの超有名人とニアミスした! Byクーロン黒沢

飛行機が遅れに遅れ、台湾の玄関口・桃園国際空港に着いたのは夜11時過ぎ。空港の現地シムカード売り場はすでに閉店。

真夜中、台北駅前の微弱な公共Wi-Fi電波「Taipei Free」でホテル予約を試みるも、普段の行いが悪いせいかブチブチ切れまくり。クソーっと顔を上げると目の前に煌々と輝く不夜城のような台北長距離バスターミナルがあった。ここから台湾南端にある第二の都市・高雄までは高速バスで約5時間半の道のり。

時計は深夜1時過ぎをさしていた。今バスに乗れば高雄に着くのは朝6時ごろ。競争が激しい台湾のバスはリーズナブルで超豪華ともっぱらの噂。それが本当ならホテルと新幹線代を効率よく節約できそう。てなわけで台湾の深夜バスに乗ってみたところ、昔のトラウマと遭遇してしまったお話。行きましょうか……。

続きを全部読む

台湾のホテルをBooking.comで予約したら「一昔前のラブホ」みたいな宿だった

海外の宿を予約する時にメチャクチャ便利なサイトといえば、世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com」である。世界中の人たちが利用しているので、口コミの内容も国際色豊か。もちろん日本のホテルも予約できるぞ!

つい先日、そんなBooking.comを利用して、台湾の桃園国際空港近くのホテルを予約した。わりと急いでいたので、価格重視でチャチャッと決めた。ホテルの名前は『花語旅館(フア ユィ ホテル)』、評価も7.2と極めて高かったのだが……いざ現地に行ってみると、そこにあったのは「一昔前のラブホ」だったのだ!

続きを全部読む

【わけあり?】中年トラベラーが台北で若者御用達の安宿に泊まってみた Byクーロン黒沢

かつては筋金入りのバックパッカーだった自分。汚かろうがゴキブリだらけだろうが、どんな宿でも安けりゃ天国と歯を食いしばって泊まった。そんな私もいつの間にか普通のホテルを使うようになり、10年あまり安宿と疎遠に……。

台北でホテルを探していたとき、そんなことをふと思い返した。初心に帰って安宿に泊まろうか? だが、鏡を見ればいい歳のオッサン。若いノリについていけるかな? ちょっぴり不安を抱きながら、便利でキレイと評判の良い日本人オーナーの安宿に足を向けた。

続きを全部読む

【海外のイイ話】台湾のタクシー運転手が優しくて癒やされた

もともと『楽天』や『ディー・エヌ・エー』のスタッフであり、現在は台湾で活躍しているビジネスマン・辻勝明さんが、台湾で出会ったタクシー運転手との「イイ話」を Facebook で語っている。

・目的地とは違う場所で降ろされた

辻さんがタクシーに乗って移動した際、本来の目的地とは違う場所で降ろされてしまったという。違う場所だと気がついていたものの、目的地が遠くないこともあり徒歩で移動しようとしたところ……。辻さんは、そのときのようすを以下のように語っている。

続きを全部読む

【悲劇】台湾に住む日本人「マンションのエレベーター故障を直してくれない! 階段で10階まで毎日何回も往復(涙)」

台湾のマンションに住む日本人の辻勝明さんが、エレベーター故障の悲劇をインターネット上で吐露して話題となっている。住んでいるマンションのエレベーターが故障したらしいのだが、なかなか直してくれず4日間も修理してくれなかったというのだ。

・4日間ずっと階段で往復を繰り返す

部屋が2~3階にあるのであれば、さほど大きな問題ではないかもしれない。しかし彼の部屋は10階にあり、4日間ずっと階段で往復を繰り返していたというのだ! でもどうして4日間も故障を放置していたのだろうか?

続きを全部読む

【台湾】日本人も絶賛する美味すぎる台湾駅弁 / 駅じゃなくても駅弁が買えるよ

台湾の駅弁は非常に美味しいことで有名です。台湾人はもちろんのこと、台湾を旅した日本人旅行者からも「美味しすぎる!」と絶賛されています。最近は台湾でも高級志向の駅弁が増えているようですが、昔ながらの駅弁がいちばん人気。

・駅に行かなくても駅弁が買える

煮卵、油揚げ、鶏肉や豚肉の煮込み、漬物など素朴なおかずが特徴で、台湾の弁当なのに「食べていたら懐かしい日本の食事を思い出した」という人もいるほどです。ぜひとも台湾に行ったら食べておきたい駅弁ですが、駅に行かなくても駅弁が買えるって知ってましたか?

続きを全部読む

【グルメ】台湾にあるラーメン屋のラーメン名の意味がよくわからない件

台湾には無数に日本式のラーメン屋さんが存在する。北米のラーメンのクオリティも高いが、台湾でも負けないくらい本格的なラーメンを堪能することができる。

しかし、なかには変なラーメンがあるもので、ラーメンとは思えないほどマズイラーメンも存在する。いま台湾で、味はしっかり美味しいが、ユニークすぎる名称のラーメンが話題となっている。

続きを全部読む

【グルメ】豚肉たっぷりのアイスクリームを食べてみた / 店員「健康に良くはないが悪くもない。糖尿病の人にオススメ!!」

豚肉や鶏肉、牛肉などをたっぷりと使ったアイスクリームが存在するという。エキスを少しだけ使ったとか、味が似ているだけだとか、そういうレベルじゃない。豪快にガツンと肉をブチ込んだアイスクリームである。実際に食べてみた!!

続きを全部読む

【衝撃グルメ】ついに二郎系ラーメンが台湾上陸で大盛況! ニンニクマシマシ! なんと替玉も可能

デカ盛りラーメンの元祖といえば『ラーメン二郎』だ。東京都をメインにあらゆる場所に店舗があり、日本全国には『ラーメン二郎』をインスパイアしたラーメン屋が無数にある。海外では、北米のボストンやロサンゼルスにもインスパイアされたラーメンがある。

・台湾にラーメン二郎系が登場!!

そんななか、驚くべき情報が入ってきた。『ラーメン二郎』の影響は、台湾にも及んでいるらしいのだ! 台湾の首都 台北市に、ハッキリと「二郎風」と題してラーメンを提供しているラーメン屋があるという! これは行かねばなるまい!! ということで行ってみた。

続きを全部読む

台湾のモスバーガーが朝メニューに味噌トンカツバーガー導入! 意外にも「朝」に合っててビックリ

台湾のモスバーガーが、朝限定メニューとして『味噌トンカツバーガー』の販売をして好評を得ている。朝からトンカツかよ! しかもこってりとした味噌味かよ! そう思うかもしれない。筆者(私)もそう思っていた。実際に食べるまでは!

続きを全部読む

【魅惑の旅行】台湾の山奥にある金鉱の町に行ってみた / 鉱夫の弁当を忠実に再現した食事も可能

台湾の人気スポットといえば九份(きゅうふん)である。一時期、人気アニメ映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった地と噂され、多くの日本人が知ることになった情緒ある観光地だ。しかし現在は、九份が『千と千尋の神隠し』のモデルになったという情報は間違いと言われている。

・かつて金鉱で栄えた山奥の町
とはいえ、九份が素晴らしく美しい地であることは間違いない。それゆえ、毎日多くの日本人がここを訪れているが、実はその先の地に進むことで、台湾の金鉱町に行けるのをご存じだろうか? ここは九份にも負けないくらい落ち着く癒やしの場なのだ。

続きを全部読む

【特集】絶対に沖縄に行きたくなる! 美麗すぎる石垣島写真集

ハワイ、カリフォルニア、パンガン島、イビザ島、奄美大島、それらの地域で共通して感じる「なんだかフワフワした感じで心が癒やされる」という感覚。暖かくて、ゆる~い空気が流れてて、時間も人もゆっくりしてて、それでいて人が優しい。

そんな「癒やしの国」の代名詞といえば沖縄である。特に石垣島は、海もきれい、ご飯も美味しい、暖かくて気持ちよくて、それで人も優しい。そんな最強の癒やしの国なのに、東京や大阪から飛行機で2時間ちょっとなのだから驚きだ。今回は、そんな石垣島の美しい写真をドーンとご紹介。その魅力を写真から感じるべし!

続きを全部読む

石垣島から飛行機に乗って台湾に行ってみた / 石垣島から台湾に飛行機で行く方法

飛行機で沖縄県から台湾に行く場合、いままでは那覇空港から飛ぶ必要があった。しかし現在はもっと便利になり、復興航空(トランスアジア航空)とマンダリン航空が石垣島から飛行機を直接飛ばしている。

・購入画面に進めない
「よっしゃ! 石垣島に行くついでに台湾に行くぜ!」と思った人はちょっと待った。各航空会社のサイトで航空券を検索すると、ちゃんと「石垣島~台北」が表示されるのだが、購入画面に進めないのである。それはどうしてか?

続きを全部読む

【グルメ】台湾の『ラーメン凪』に行ってみた / 凪っぽさは皆無だが美味なのでガッカリせず

台湾の『ラーメン凪』に行ってみた感想だが、味に関してストレートにいえば、『ラーメン凪』の看板で営業しているまったくの別の店と考えていい。日本の『ラーメン凪』ならばどこの店舗でも根底にあるキリッとした鋭さがスープにないのだ。

・台湾の『ラーメン凪』
つまり日本の『ラーメン凪』ファンが台湾の『ラーメン凪』に行ったとしたら、その違いに驚きを隠せないだろう。しかし、その特徴が消えたとしても決して『ラーメン凪』の名が落ちることはない。

続きを全部読む

台北ラッシュアワーのバイクの数がハンパねぇぇえええー!!

東京の電車の混雑ぶりは、世界でもよく知られている。特に朝のラッシュアワー時に、1分1秒を争う人々で各車両ともすし詰め。体の向きを変えることはもちろん、顔を動かすことさえ出来なくなる場合さえある。その日本のラッシュに負けずとも劣らない様子を、台湾で見ることができる。こちらはスクーター通勤の人々が、橋の上から怒涛のように押し寄せてくるのである。さすがスクーター大国、その数はハンパじゃない!

続きを全部読む

【闇の大人たち】第33回:台北の昭和町・骨董おやじの憩いの場

台北観光の定番ルート・永康街。この国で一番有名な小龍包を出す「鼎泰豊(ディンタイフォン)」をはじめ、いつ行っても行列の絶品マンゴーかき氷屋など、有名店の密度が高い外食激戦区である。スカしたカフェも沢山あり、おしゃれな店内でくつろいでいると、いっぱしの文化人になったような錯覚をおぼえるから不思議だ。

そんな永康街を歩いて歩いて歩きまくった、どん詰まりの静かな場末に、「昭和町文物市場」という、うす汚れた看板を掲げたよれよれのビルがある。

看板に刻まれた名前、別段、日本文化にかぶれているわけではない。百年前の日本統治時代、ここ永康街一帯は「昭和町」と呼ばれていたそうじゃて。そんな古臭い名を掲げるこちらの建物は、通の間でちょっと有名な古道具・骨董市場なのでした。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第25回:台湾ルポ 迷える老人を探せ!

日本に次いで高齢化のスピードが早い国。それが台湾だ!

認知症で前後不覚のまま町をさまよい、姿を消してしまう沢山のお年寄りたち。台湾では人通りの多い繁華街や駅の近くに大抵、失踪老人を探すポスターが貼ってある。ポスターには最新失踪者の無修正顔写真と、名前・身長・特徴・口癖・持病などのデータが細かく記されている。

……で、もっと興味のある人は、ポスター下部のURLから公式サイト『失蹤老人協尋中心』に接続。膨大な記録にアクセスすることも可能である。で、このサイトが半端無く衝撃的なんですよ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2