「二郎インスパイア系」にまつわる記事

【二郎系】あの一風堂の新業態「博多ジロー」をUber Eatsで注文してみた / トッピングの明太子がもたらす満足感

ありきたりな問いだが、皆さんは「最後の晩餐」にどんな食事を望むだろうか。筆者は鶏の唐揚げと家系ラーメンと二郎系ラーメンを食べながら最期の時を迎えたいと思っている。来世で動物性脂肪に生まれ変わる気満々のギトギトの晩餐だが、大好きなので仕方ない。

今回はそんな大好物のうちの1つ、二郎系ラーメンについて皆さんと共有しておきたいことがある。あの有名ラーメンチェーン「一風堂」の運営会社が、二郎系ラーメンを提供する新業態を開始したというのだ。あまりにも「最後の晩餐」候補すぎるのでレビューしようと思う。

続きを全部読む

【代打4コマ】第110回「すぐ焦る男が二郎インスパイア系ラーメン屋さんに行ってみたら…」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【検証】伸びにくいと豪語する「超ごわ麺」使用のラーメンを鍋で持ち帰り1時間放置した結果

様々な飲食店での持ち帰り対応が人気な中、鍋で出来立てのラーメンを持ち帰る「鍋ラー」を体験してみた。その結果わかったのは、「鍋ラー」スタイルは時間との戦いだということ。温かいまま5分以上も持ち運んでいると、たちまち麺が伸びてしまうのだ。

そんな中、「鍋ラー」スタイルでも時間と戦う必要のないラーメンを発見してしまった。5分や10分どころではない、なんと1時間経っても伸びずに美味しく食べられるラーメンが存在したのだ。ラーメンを容赦なく1時間放置した、奇跡の結果をご覧いただきたい。

続きを全部読む

35.839065139.710265

悪魔的ラーメン! マヨネーズと二郎系が出会った「マヨ郎」が最強だった / 埼玉・川口『僕との麺』

二郎系ラーメンが好きな人は多いだろう。太めの麺に盛られた野菜、厚みのある豚肉と脂──ボリュームとパンチのある味を求めてついつい食べたくなってしまう魔性の魅力がある。

そんな二郎系とマヨネーズが出会ってしまった、もはや魅惑的を超えて悪魔的なラーメン「マヨ郎」なるものを発見してしまった。結論から言うと最強に美味しかったので、さっそくご紹介したい!

続きを全部読む

35.839065139.710265

【超ジャンク】二郎インスパイア系・立川マシマシの『すごい冷やし中華』がマジですごい!冷やし中華の概念があっさり崩壊するレベル!!

この時期、冷やし中華を始める料理店は数多い。暑い時期に熱いラーメンも悪くないが、ついついサッパリとした冷やし中華を注文してしまう人も多いことだろう。特に夏バテなどで食欲がないとき「冷やし中華なら何とか食べ切れる」という人もいるハズだ。

だがしかし、今回ご紹介する冷やし中華は、そんな生ぬるい気持ちで注文したら120%後悔してしまう “超ジャンク系冷やし中華” である。二郎インスパイア系ラーメン店「立川マシマシ」で提供されている冷やし中華は、その名も『すごい冷やし中華』だ。

続きを全部読む

35.698966139.764419

【斬新グルメ】二郎インスパイア系の店で「麺をモチに変更できる」サービスが期間限定で登場 / 立川マシマシ

最近ラーメン界では、斬新なオーダー方法が浸透しつつある。たとえば、東京・虎ノ門の “らーめんのおいしいお店” と謳う「ビックラーメン」は、麺なしラーメンを注文することができる。“らーめんがおいしいお店” なのに……。また長崎チャンポンのチェーン店「リンガーハット」でも、麺なしのチャンポン(野菜を食べるスープ)を注文することが可能だ。

そんななか、二郎インスパイア系のお店で、正月ならではのアレンジメニューを提供している。それは、麺をモチに変更できるというものだ。二郎系とモチが出会うと一体どうなるのか? 実際に食べてみると……。おお! これはイケる、かなりウマいじゃないか!!

続きを全部読む