「カレー」にまつわる記事

ココイチが本日より「甘さ」を選べるサービス開始! 5甘に5辛をプラスしたらどんな味になるの?

ココイチこと、大手カレーチェーンの「カレーハウスCoCo壱番屋」は、2015年6月1日から辛さだけでなく甘さも調節できるサービスをスタートした。甘さは辛さと同じく5段階用意されている。

5甘は一体どのくらい甘いのか? さらに5甘に5辛を加えると、甘さが勝つのか? それとも辛さが勝つのか? 実際に注文して確かめてみたぞ!

続きを全部読む

【カレー探求】外観はどう見てもタバコ屋なのに絶品の「ステーキカレー」を食べられるお店『フラヌール』

店構えは大事だ。そのお店の顔であり、提供されるメニューを象徴していると言っても良いだろう。しかし店構えだけが良いのも困る。外面だけ良い人物と同じでも困るのである。私(佐藤)は最近、東京・渋谷で意外な美味しい発見をした。

・どう見てもタバコ屋!?

そのお店、「フラヌール」は外観がどう見てもタバコ屋なのである。いや、正確には看板もちゃんと出ているのだが、併設したタバコ屋の方が目立っていて、初めてみる人はそこが飲食店であることに気付かないだろう。ここのステーキカレーが猛烈に美味しい! レアのステーキは絶品である。

続きを全部読む

【カレー探求】頭の先から抜けるような辛さが心地いい! 食べログで高評価を得る『curry 草枕』 東京・新宿御苑

私(佐藤)はカレーライスが好きだ。週に1度は確実にカレーを食べている。頻度が高いときには、1週間に3度カレーを食べていることも珍しくないのだが、実は辛いモノが得意ではない。カレーは絶対辛口! というほど辛いモノ好きではなく、むしろ甘いモノの方を好んでいる。

そんな私でも安心して食べられる辛口カレーを出すお店を紹介したい。そのお店『curry 草枕』は、食べログで高評価を得ている。実際に食べてみたところ、「美味しい辛さ」というものを初めて理解することができた。これが高評価を得る実力か!

続きを全部読む

【ご当地グルメ】上戸彩さんも大絶賛! 行列のできる焼きカレー『BEAR FRUITS』

九州はどこに行ってもグルメに困ることはない。特に福岡県はとんこつラーメンに明太子、もつ鍋……などなど、種類も豊富でおいしいものだらけ。北九州市の門司港には、ご当地グルメの「焼きカレー」がある。

この度、中でも有名な『BEAR FRUITS』(ベアフルーツ)に行ってきたのだが、上戸彩さんが絶賛したお店だというのだから筆者(私)の胸は期待でパンパン! 向かう車内でB’zを聞いて、テンションをアゲアゲ。目的地に近づくとEXILEに選曲を切り替え、さらに破裂ギリギリまで自分を追い込んだ。

続きを全部読む

0円カレーを食べてみた / リピーター続出にも納得

吉祥寺と言えば、今や都内で屈指の人気タウン。テレビや雑誌で「住みたい街ランキング」などの特集が組まれると、ほぼ必ず上位にランクインする街である。

その吉祥寺に、「カレーが無料」というバーがあるらしい。無料……なんという痺れる響きだろうか。そして一体、どんなカレーなんだ? ……ということで、実際に店に行ってみたので、写真とともにレポートしたい。

続きを全部読む

【検証】「シェフのオススメ下さい」と注文したら何が出てくるのかやってみた『CoCo壱番屋編』

素材に魔法をかけ、我々に美味しいトキメキを運んでくれている世界中のシェフたち……。いわば現代の魔法使いである。そんなシェフたちは、今日も「美味しい料理を届けたい」という一心でキッチンに立っているに違いない。

そんなシェフたちがオススメしてくれる料理なら、絶対に美味しいハズ……! というわけで、「“シェフのオススメ下さい” と注文したら何が出てくるのか?」を様々なお店で検証するのがこの企画! 第8回目は、大手カレーチェーン店『CoCo壱番屋』だ!!

続きを全部読む

【うまいゾ】「クッキングパパカレー」を食べて荒岩さんの腕を確かめる

「日本一アゴが立派な料理好きお父さん」といえば『クッキングパパ』こと荒岩一味さんである。──漫画だけど。クッキングパパファンなら一度は、「これ食ってみてええ!!」と悶絶しながらコミックを読んだことがあるハズだ。

レシピは書いてあるのだから自分で作ればいいものの、そこまで行かないのが人間の性(さが)。そんな人にとっておきの商品をご紹介したい……。それが『クッキングパパカレー』だ! 荒岩さんのレシピがそのまま再現されたレトルトカレーとはファン胸アツ!! これは食べるしかないでしょッ!!

続きを全部読む

【パクチニスト集合】新型エスニック麺「スパイスパクチーラーメン」に心奪われろ / スパイシー肉飯もマジやばい 東京・西葛西『卍力』

寝ても覚めても、思い出すのは香菜こと “パクチー” のことばかり……。それはそれで危険だが、パクチーを愛してやまない「パクチニスト」たちに朗報だ。

今や様々な飲食店で手軽に食べられるようになったパクチー。筆者も黒帯パクチニストとして、日々、パクチーメニューにチャレンジしているが、久々に「こ、これは……!」と感動を禁じ得ないパクチー料理に巡り合ってしまったのでご報告したい。それは、ラーメン! みんなが大好きなラーメンである!!

続きを全部読む

【完全保存版】全制覇したくなるほどお得な「食べ放題」サービス10選

これまで私(佐藤)はロケットニュース24で、さまざま飲食店を紹介してきた。そのなかでも、とりわけ人気が高いのが「食べ放題」サービスを提供しているお店である。お得感があるうえに、ソーセージ・エビ・ケーキなどなど、いつかは思う存分食べてみたい! という望みを叶える夢のようなサービスだからである。

そこでこれまで私が行った、素敵な食べ放題サービスを提供しているお店10選をお伝えしたいと思う。以下は記事公開時のサービスであるため、価格や日時が変更になっている可能性があるので注意して欲しい。

続きを全部読む

【カレー探求】たった1500円でご飯・ルウ・トッピングを無限におかわりし放題! 日乃屋新宿御苑店の「無限カレー」が最高すぎる!!

私(佐藤)はカレーライスが好きだ。気がつけば、かなりの頻度でカレーを食ってしまっている、カレー大好きオジサンである。街でカレー屋の看板を見かけるとつい目が行ってしまうのだが、最近驚くべきカレー屋の看板を発見してしまった!

そのお店、「日乃屋 新宿御苑店」の店先の立て看板には、信じられないことが書かれていた! 「今月限りのおふざけ企画です!」として無限カレーなるメニューがッ! 実はこれご飯・ルウ・トッピングを無限におかわりできるのだ!! しかもたったの1500円ッ! ウソだろッ!?

続きを全部読む

【カレー探求】食わなくてもわかるほどのウマさ! オイスターバー「楸 (ひさぎ)」の圧巻Wステーキカレー / 東京・銀座

私(佐藤)はカレーライスが好きだ。自分が思っている以上に、カレーを愛している。本当に気付かないうちにカレーを食っていることがよくある。これは決して大げさな表現ではない。本当だ。週に1度程度食べていると自分では思っていたのだが、正確にカウントしてみると週3日は食っている。それくらい好きだ。これからもカレーを探し求めていきたいと思う。

・見ただけで確信!

さて、そんな私が最近発見した素敵なカレーについてお伝えしたい。東京・銀座の「楸 (ひさぎ)」のオイスターバーである。カキがメインのお店なのだが、ここのカレーがカレー好き心を猛烈にくすぐるのだ。ここのWステーキのせカレーを見た瞬間にわかったぞ! これは絶対にウマいとッ!!

続きを全部読む

【網走土産】オホーツク海をイメージした「流氷カリー」が猛烈に毒々しい / でもちゃんと食えるから安心しろ

以前の記事で、北海道・網走の土産物についてお伝えした。網走といえば、刑務所というイメージが強く、土産物の多くは刑務所絡みのものばかり。実はそれ以外にも土産物で激推ししているものがあった。それは流氷である。

流氷は毎年、2月中旬から3月上旬。つまり、もうすぐ見ごろのシーズンが終わるのである。そんな流氷にまつわる商品も多く、なかでももっともインパクトがあるのは、カレーではないだろうか。察しの良い読者の皆さんなら、過去のアレを思い出すはず。そう、アレをオホーツク海に見立てたのが流氷カリーである。色合いはかなり毒々しい。

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第52話:いつもの警部の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【石川グルメ】デッカイ! 松井秀喜さんが足繁く通ったカレー屋さんで「満塁ホームランカレー」を食べてみた!! 金沢市『カレーの市民 アルバ』金沢鳴和店

松井といえばゴジラ、ゴジラといえば松井、松井といえば石川……その逆もしかり! 私(筆者)が石川県に行くとなった時、真っ先に脳裏に浮かんだのが、元プロ野球選手「松井秀喜(まついひでき)」さんの顔である。昔から大の松井ファンなのだ。

そんな松井さんが高校時代に足繁く通ったとされるカレー屋さんが、『カレーの市民 アルバ』の金沢鳴和店である。徒歩10分ほどの場所には、松井さんの母校・星稜高校がドッカーンとそびえ立っている。おそらく、部活帰りに「ンッ、ヨシッ、アルバにでも行くかァ! ンッ!」となったに違いない。ということで、アルバに行ってみたァ!

続きを全部読む

【札幌グルメ】カレーを食べていてご飯だけが残っても大丈夫だ! カリーハウスコロンボは無料でたっぷりルーのおかわりをくれるぞ!!

皆さんはカレーを食べるときに、どのようなペース配分を行っているだろうか。ライスとルーのバランスを見極めないと、ライスだけが余ってしまう。大手カレーチェーンのCoCo壱番屋では、一回限り一定量のルーを無料でおかわりできることはよく知られている。しかし多めの量を希望する場合には、別途料金がかかってしまうのだ。

・無料でたっぷり!

チマチマとルーの量を気にせずに、カレーを食いてえなあ! という方は、北海道・札幌の「カリーハウスコロンボ」がオススメである。ここはルーを無料でおかわりできる! しかもその量がケチケチしていないのだ。少し残ったご飯にも、たっぷりルーを追加してくれるので、カレー好きにはたまらないッ!

続きを全部読む

コスパ最高ランチ! カツだけでお腹いっぱいになる1000円チキンカツカレー / 東京・恵比寿「焼鳥とりぼんぼん」

出来るだけ安く、しかもおいしいものを食べたい! 誰もが願うことだろう。せめて、安くなくても価格に見合うだけのボリューム、いやそれ以上のものを食べたいものだ。

そんな願いを叶えてくれる、素敵な焼鳥屋が東京・恵比寿にあった! そのお店「焼鳥とりぼんぼん」がランチに提供しているチキンカツカレーの「大」は、1000円でトンでもないボリュームなのである。チキンカツだけでも腹いっぱいになりそうな勢いなのに、カレールーは器にいっぱい。いや、ギリギリで器からこぼれる量なのである。

続きを全部読む

【グルメ】まるでスイーツ! 東京・神宮前の「MOKUBAZA」のチーズキーマカレーが美しすぎて思わず見とれてしまう

日々食べ物の取材をしていると、思わぬ発見をすることがある。世の中に存在する料理の多くが、改良され尽くし、これ以上進化する余地はないと思う。しかし、それでも日夜進化しているのである。東京・神宮前の「MOKUBAZA」のカレーライスもまた、進化した料理といって良いかもしれない。

カレーライスといえば、日本の国民食であり、どこにも進化する余地がなさそうに思うのだが、同店のキーマカレーはキーマカレーでありながら、ほかでは食べることのできない逸品である。まずそのルックスに衝撃を受ける。従来のカレーライスの概念を覆すような見た目。まるでパンケーキのようにさえ見えてしまうのだ。

続きを全部読む

閑静な住宅街にあるちょっと入りにくいお店「洋食・カトー」 / 家庭的なカレーかと思ったら見た目より辛くて面食らった

飲食店を続けるのに、立地は欠かせない要素である。むしろ立地がそのお店の運命を左右するといっても過言ではないだろう。だが、ごくまれに立地条件を無視するかのように長らく愛され続けるお店が存在する。おそらく、東京・千駄ヶ谷の洋食・カトーもそんなお店なのではないだろうか。

なぜなら、比較的閑静な住宅街にあるだけでなく、お店の外観は入りやすいとは言えない。いや、入りづらい。その昔、テレビ番組で話題になったときよりもキレイにはなったが、ふらりと立ち寄る感じではなく、お店の様子を知っていなければ遠慮してしまうかも。しかしここは多くの人の胃袋を満たし続けているのである。

続きを全部読む

アキバの駅ビルで名店のカレーを一度に堪能! 「東京カレー屋名店会 アトレ秋葉原」が超便利でウマい

東京・神保町周辺には、絶品カレーを提供していることで知られる名店がいくつもある。どれもメチャ美味しいのでカレー屋巡りをしたいのだが、一度に行くのはムリ。

さらにランチタイムが終わってしまうとだいたいどの店も休憩時間に入ってしまうため、仕事が遅めに終わるとカレー難民になってしまうこともしばしば。だが、そんな難民たちを救ってくれるお店が、秋葉原駅ビルの中にあった!

続きを全部読む

【世界で一店鋪だけ】ココイチ名古屋ご当地メニューの「赤みそカレー」!! 味噌・青ネギ・豆腐のカレーらしくない顔ぶれが “癖になってしまう” 魔法

私たちの “美味しいカレーを安く食べたい欲求” を日夜かなえてくれる、人気カレーチェーン店ココイチこと、『CoCo壱番屋』。そんなココイチには、「ご当地カレー」という限定された店鋪のみで販売されているカレーが存在する。

そして、特に多くの種類の「ご当地カレー」を有しているのが……ココイチ発祥の地、愛知県! 今回は、世界で唯一、名古屋の矢場町店だけで食べられる「赤みそカレー」を食べてきたぞ! また “名古屋のB級グルメ” か……と思ってしまうが、ココイチさんをバカにするなかれ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 12
  4. 13
  5. 14
  6. 15
  7. 16
  8. 17
  9. 18
  10. 19