「カレー」にまつわる記事

【斬新グルメ】回転すし店『プレミアム海王』がカレーを巻物にする暴挙!? その名も「金沢カレー軍艦」

暑さの盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ暑い。こんなときは美味しいカレーを食べて、暑さを吹き飛ばしたいところ。全国各地の商業施設でカレーフェアやカレーフェスタを開催している。東京・お台場のヴィーナスフォートもそんな施設のひとつだ。

・カレーを軍艦巻きに!?

2015年7月18日から8月31日までの日程で「真夏のカレーフェスタ」を開催しているのだが、ひとつ気になることがあった。こういうときに、回転すしのお店はどうするのか? やはり大き目の皿でカレーライスを出すのかと思ったら、ここにある『プレミアム海王』は違った! なんとカレーを軍艦にして提供していたのである。なんと斬新ッ!!

続きを全部読む

【カレー探求】野菜の真価を見事に引き出すキーマカレーに感動! 東京・経堂「世田谷クミン」

私(佐藤)は日々美味しいカレーを求めて、さまよい歩いている。カレーを求める道はどこまでも奥深く、そして果てしない。「これが正解」というものがないことが、カレーの面白いところかもしれない。さて、そんな私が最近出会ったカレーは、野菜を正しく理解したカレーとでも言おうか。余すところなく野菜の美味しいところを引き出した、丁寧な逸品であった。

「辛味」とは辛さだけでなく、甘さとの兼ね合いがあってこそ成り立つ味覚。そのことを教えてくれる名作カレーである

続きを全部読む

【カレー探求】暑いときにこそ食いたい! 身体の奥底からジワリと汗をかく「ガンジー」のカレー / 東京・新宿

お盆に入りいくぶん暑さが和らいだとはいえ、まだまだ夏の盛り。皆さんは元気に毎日を過ごしているだろうか。暑いときこそカレーを食べて暑気払いと行きたいところである。

こういう時に食べたいカレーは、盛り付けが華やかな小じゃれた感じのものではなく、またトッピングに凝ったものではない。後からジワリとスパイスが効いてきて、静かに汗を流すようなタイプ。たとえるなら、東京・新宿の「ガンジー」のカレーだ。

続きを全部読む

【カレー探求】メニューのすべてがカレー味という「カレー居酒屋」のカレーライスを食べてみた

これまで「カレー探求」でさまざまなお店を紹介してきたのだが、私(佐藤)が行くべき店のひとつを発見したのでお伝えしたい。そのお店「カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房」は、提供する料理のすべてがカレー味!

・カレー居酒屋の実力

本来は夜の居酒屋営業で、カレー味で網羅されたメニューを確認すべきなのだが、まずはランチでカレーライスの実力を確かめることにしたぞ!

続きを全部読む

【カレー探求】1000円以下でロースカツ2枚にライス大盛り! ビックリロースカツカレーで胃袋を満たせ 「カレー屋ジョニー」

安くてウマいモノをたらふく食べたい! 激ウマではなくてもイイから量は食べたい、フトコロの寂しい学生はそう願うはず。学生だけでなく、お小遣いの限られたお父さんも願うかもしれない。

そんな切実な願いを叶えてくれる良心的なお店が、学生街には多く存在する。東京・御茶ノ水の「カレー屋ジョニー」も良心的価格でボリューム満点のメニューを用意しているぞ。暑さに立ち向かうにはまず体力! ここの「ビックリ! ロースカツカレー」を食って元気出せよ!!

続きを全部読む

【カレー探求】店構えからは想像もつかないクセになるカレーの味に衝撃! 東京・大久保「小さなカレー家」

店の外観は店の顔。メニューと同じく、売上を左右する大事な要素だ。初めて訪ねるお店であれば、できるだけ清潔な雰囲気が漂うお店を選びたいものである。だが、すべてのお店にこの考えが当てはまる訳ではない。

・このままでいい

店構えが決してきれいとは言えなくても、ウマい料理を提供してくれるお店はたくさんある。特に地元馴染みのお店であれば、小汚いくらいがちょうどいい。東京・大久保の「小さなカレー家」も安くてウマい味な店である。外観はこのままで良いのかもしれない。

続きを全部読む

【カレー探求】嵐の番組でも紹介された老舗薬膳カレーの店「かれんど」 / 東京・調布市

暑さの盛り! 毎日アツい、アツすぎる!! 無気力になりそうな暑さのなか、熱気を払うために辛いモノを食べるという人もいるだろう。こんな時こそ、カレーだ! カレー食おうぜ、カレーの夏だぜ!!

ということで、今回は東京・調布市で愛されるお店「かれんど」を紹介したいと思う。一見普通の喫茶店なのだが、ここのカレーはスパイスにこだわっており、地元で親しまれるお店である。カレーもさることながら、ご主人の接客がとても気持ちいい。「嵐」の番組でも紹介されたこともあるという。

続きを全部読む

【オヤジのグルメ】お店の経営努力に感動! 500円ランチを3種も提供する居酒屋「はだか電球」 東京・笹塚

私(佐藤)は日ごろから思っていることがある。それは昼飯に払える理想的な価格は500円ではないかと。それを超えるか超えないか、フトコロのさみしいお父さんはいつも頭を悩ませているのではないかと。

そんな悩ましい価格、500円で3種のランチを用意しているお店がある。東京・笹塚の居酒屋「はだか電球」は、日替わりで3種の500円ランチを提供しているのだ。お店の努力のほどがうかがえる。なんてお財布に優しい店なんだ(涙)。

続きを全部読む

【カレー探求】暑い盛りに甲子園中継を見ながら食べたいカツカレー / 千葉・銚子「大つり食堂」

飲食店にとって大事なことは、美味しい料理を提供するだけではないと私(佐藤)は思っている。お店の雰囲気や接客も含めて、料理を美味しいと感じるのではないだろうか。特に雰囲気は重要で、どれだけ料理が良くても雰囲気が悪ければ、料理も台無しになってしまう。

・食堂の模範

最近千葉県銚子市を訪れたところ、とても味のある店構えの食堂に出会った。そのお店「大つり食堂」は食堂の模範のようなお店で、地元で親しまれている様子がお店からひしひしと伝わってくる。カツカレーを食べてみたところ、なんだか心が和む味であった。

続きを全部読む

【カレー探求】「名前のない寿司屋」の隣にある激安居酒屋のランチカレーが380円なのに侮れない!

以前の記事で、激安な寿司屋についてお伝えした。名前のないJR代々木駅近くのそのお店は、ドリンクさえ頼めば、ぶり1貫10円という破格値で提供してくれるのである。実はこのお店、並びの食堂兼居酒屋と中で連結しており、飲み物はその食堂から提供されるのである。

・ランチカレー380円!

そのお店「きぬちゃん食堂」は自らを超激安居酒屋と謳っている。ランチのカレーはなんと380円! しかもなかなかのボリュームで、寿司屋に負けないサービス満点のお店なのである!

続きを全部読む

【カレー探求】今まで秘密にしてきた絶品の店『とりや』 鶏かつカレーチーズたっぷりのせを食べる時間は至福だ

人が幸せを感じる瞬間のひとつに、「何を食べようかな~?」と悩んでいるときを挙げたいと思う。いつも決まったものを食べるのではなく、「たまにはぜい沢!」とか言いながらお気に入りの店で、メニューを見ながらアレコレ考えている瞬間は最高に幸せではないだろうか。

・鶏かつにするか、唐揚げにするか

私(佐藤)はこのお店で何を食べるか、考えている瞬間が幸せなときのひとつである。そのお店、東京・新宿3丁目の「とりや」は鶏料理を中心に扱っており、何を食べても美味しいお店である。このお店で、鶏かつカレーにするか鶏唐揚げカレーにするかを迷っている時間は、最高にぜい沢だ。

続きを全部読む

『みぼうじんカレー』に行ってみた / 一度味わうとハマる人が続出する予感

「働くお父さんの街」と言うイメージが強い新橋。そのど真ん中、駅前にあるニュー新橋ビルの3階に、今回紹介するお店『みぼうじんカレー』はある。

テレビでよく街頭インタビューが行われるSL広場の隣にある大きなビルだから、土地勘がない人でもすぐに分かるだろう。私(筆者)は実際にお店に行ってきたので、写真とともにレポートしたい。

続きを全部読む

「クリームシチューをご飯にかける問題」に一石を投じる!? 白カレーはカレーなのかシチューなのか?

「クリームシチューをご飯にかけるかかけないか問題」は、食のスペシャリストの意見により、決着を見た。レストラン「ロイヤルホスト」の統括料理長・西田光洋さんによると、「料理人としてはシチューをごはんにかけるのはあまり肯定できませんが、ご家庭でシチューとごはんを合わせる分には普通にアリだと思います」との見解を示した。

・白カレーはどう?

有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんは番組のなかで、シチューと白ご飯は合わないとバッサリと斬り捨てたのだが、では白いカレーはどうだろうか? 見た目はシチュー、でも味はカレー。これはお2人にとってアリなの? ナシなの?

続きを全部読む

【カレー探求】たまねぎの甘さがジワリ! 淡路島カレーの人気店「咖哩なる一族」 東京・西新宿

私(佐藤)は先日、人生で初めて淡路島に行った。西日本の出身ながら訪ねたことはなく、アドベンチャーゲーム『ポートピア連続殺人事件』で洲本市が舞台になることくらいしか知らなかったのである。訪ねて初めて淡路島のたまねぎがウマいことを知り、土産に買って帰ったほどだ。

以来、淡路島のたまねぎを使った「淡路島カレー」が気になってしまい、新宿でも評価の高いお店を訪ねることにした。そのお店「咖哩なる一族」では、カレーにたっぷりのフライドオニオンをトッピングしており、たまねぎの美味しさを存分に味わえるのだとか。という訳で実際に食べてみたぞ!

続きを全部読む

レトルトの枠に収まらないおいしさ! 福岡サンパレスホテルの総料理長が監修した『情熱100%牛タンカレー』がめちゃうまい!!

今の時代、レトルト食品でもおいしいものはゴマンとあるが、その枠を飛び越えたおいしさとなると、結構難しいものだ。おそらく「レトルトは味が落ちる」と思っている人は多いことだろう。現に筆者(私)もその一人だった。

が、しかし! この度、そんな先入観を吹き飛ばすレトルトカレーを発見したのでご紹介したい。その名も『情熱100%牛タンカレー』。福岡サンパレスホテル総料理長・坂本憲治さんが監修したカレーである。

続きを全部読む

江頭2:50監修の「レトルトカレー」を一足早く食べてみた / エガちゃんが乗り移るほどがっぺウマい!

突然だが筆者は、世界で一番 “エガちゃん” こと「江頭2:50」さんを尊敬している。ここであえて多くは語らないが、エガちゃんほど素敵な芸人……いや人間は、そういないと本気で思っている。タイプは違えど、エガちゃんと能年ちゃんはきっと天使なのだ……。

それはさておき、7月1日はエガちゃんの誕生日! しかも2015年は50歳のメモリアルイヤー!! それを記念し「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」では、“江頭2:50誕生祭” を開催中なのだが……。なんと8月発送予定の『エガちゃん監修レトルトカレー』を、一足先に食べられることになったので、ドーンとご報告するぞ!

続きを全部読む

【カレー探求 番外編】ジャーキーのトップブランド「テング」のカレーを知らない人はマジで人生損しているぞ!

美味しいカレーを求めていろいろなお店を訪ねるカレー探求。今回はその番外編として、レトルトカレーを紹介したいと思う。しかしただのレトルトと侮るなかれ!

・テングのカレーだと!?

紹介するカレーは、日本でトップのビーフジャーキーブランド「テング」のレトルトカレーなのだ。おいおい、これが旨くない訳がないだろ。実際に食べてみると……、やっぱりウメェエエッ! めっちゃウメェ! 超ウメェ!! 思わずマジで天を仰いでしまった

続きを全部読む

「ご飯にシチューはかけないッ」と言い張るヤツはシチューとカレーが1つになった『洋食屋アカシア』のシチカレを食うべきだ!!

トークバラエティ番組『マツコ & 有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で取り上げられ、にわかに話題沸騰している「クリームシチューをご飯にかける問題」。マツコ・デラックスさん・有吉弘行さんともに、かけることには否定的であり、かなり強い口調で拒否反応を示していたわけだが、実は老舗洋食店でご飯にクリームシチューをかけて提供するメニューがある。

・たけしさんも通った老舗

東京・新宿の老舗洋食店アカシアには、ご飯にカレーとクリームシチューをかけたメニューが存在するのだ。ちなみにこのお店は、ビートたけしさんが若き日に通ったと言われている名店。マツコさんと有吉さんには、ぜひここの料理を体験していただきたい。

続きを全部読む

【衝撃グルメ】ココイチのカレーを手で食うとスプーンの1000倍美味 / ガンジス川の水で作ったのかと思うぐらい聖なる味

リーズナブルに美味しいカレーを食べられることから、若者に大人気のカレーショップといえば、「カレーハウスCoCo壱番屋」通称 “ココイチ” だ。「ココイチマニア」と呼ばれるぐらいココイチが大好きだという人も少なくないが、ロケットニュース編集部の佐藤記者も自他共に認めるココイチマニアである。

そんな佐藤記者に美味しいココイチのメニューを聞くと「ココイチのカレーは何だってウマいんだよ! お前はそんなことばっか聞いてるからいつまでも5甘レベルの三流記者なんじゃヴォケ! 本当に美味しいココイチの食べ方を見せてやるからついてこい!!(半ギレ)」と、強制的にココイチへ連行されてしまった。

続きを全部読む

【カレー探求】わずか600円でエビカツカレー(ドリンク付き)を提供する驚きの店『カレーキラリ』 東京・品川

美味しいカレーを求めて、さまざまな街を訪ねる「カレー探求」。以前の記事で紹介した、東京・渋谷の「フラヌール」は私(佐藤)が渋谷の街を散策していて偶然発見したお店だ。外観はどう見てもタバコ屋さんであり、飲食店であるとはわかり難かった。

今回は品川で発見したお店を紹介したいと思う。駅前の建物にカレー屋さんの看板を発見し、お店の入り口まで行ってみると長い列! おお、ここは美味しいお店に違いない!! ということで実際に食べてみることにした。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 11
  4. 12
  5. 13
  6. 14
  7. 15
  8. 16
  9. 17
  10. 18
  11. 19