「カラオケ」にまつわる記事

【今日から】カラオケの鉄人で『幽遊白書コラボ』が開催中! コンプリート目指そうとしたら魔界の扉が開きかけた

以前の記事でもお伝えしたカラ鉄のテレワークパスポートはお得すぎる。私は迷わず3回目の更新を決めたところだ。が、私が得するということはカラ鉄が損しているということ。コロナ禍で苦境に立たされているカラオケ業界、なんとかもっと応援できないものだろうか?

そんな私に朗報である。9月18日よりカラ鉄の一部店舗でアニメ『幽遊白書』コラボが始まった。幽遊白書といえば最終回の翌日、ショックすぎて私が小学校を休んだというエピソードがあまりにも有名だ。これはカラ鉄に金を落とすチャンス到来!!!

続きを全部読む

【逆に新しい】コストコの「カラオケマイク」が想像以上に良いかも! 4人で歌い倒してみた結果…

コストコで取り扱われている商品は実に多い。大人気の食料品を筆頭に、アルコール類や日用品、さらにはタイヤや家具など、その品揃えはまさに超ド級。そして今回ご紹介する『カラオケマイク』は、まあまあ品揃え豊富な家電コーナーで発見したものだ。

正直、個人的にはさほどカラオケマイクに興味がなく、思い返しても類似商品を購入した記憶はない。そういう意味では “はじめてのカラオケマイク” だったのだが、これが想像以上に良きッ! 素直に「結構ええやん!!」と はしゃげる商品であった。

続きを全部読む

部屋代もドリンク代も無料!『パセラ』でテレワークしたら…会計時に「無料以上の衝撃」を食らった / 店舗&期間限定でiPhoneユーザーのみ

カラオケや居酒屋で「無料」とか「半額」と聞くと、反射的に疑ってしまうのは私だけだろうか? 聞いておきながら勝手に推測して恐縮だが、同じように感じる人は多いかと思う。なぜなら、「実は無料じゃなかった」的なサービスがあまりにも多いからだ。

例えば、カラオケ自体は無料でもドリンクの注文が必須になっていたり、居酒屋だったらお通しの代金が自動でかかったり、「ドリンク2杯以上の注文に限り◯◯無料」と条件がついていたり……。

だから私が「パセラの個室が今なら無料」という看板を目にしたときも、テンションが全く上がらなかった。どうせ、ドリンク代か何かが発生するのだろう。そんな風に思っていたのだが、実際に使ってみたら……予想を超える “無料具合” だったので報告したい。

続きを全部読む

【Amazon検証】画期的な防音システムを搭載したマイク「1人deカラオケDX」で熱唱したらこうなった!

外出自粛も長くなってきたが、皆様いかがお過ごしだろうか。私(中澤)は、家での時間はアニメを見て過ごしていたのだが、最近ではアニメもぽつぽつ放送が止まりだしている。狭いアパート内ではやれることも限られていて暇だ。

もう歌うしかない。そこで、Amazonで人気の防音マイク「1人deカラオケDX」を買ってみた。マイクの頭にカップがついており、そのカップで口をカバーすることで地声を防音するというこのマイク。マジでこんなので防音できるの? 熱唱して検証してみた。

続きを全部読む

『DAMのおうちカラオケ』が冗談抜きでスゲぇぇぇー! 家に居ながらにして「カラオケボックス気分」を味わえるぞ / こっそり歌の練習もできちゃう

ひとりっ子の記者は、家の中で遊ぶことが得意だ。何時間でも一人遊びできる自信がある。しかし、その場に行かなければできない遊びもある。そのひとつが、カラオケだ。家にカラオケセットがあるという方はさて置き、普通はカラオケボックスに行くはず……

なのだが……なんと、家の中でカラオケができちゃう便利なサービス「おうちカラオケ」を発見してしまった。あのDAMが手掛けるもので、驚くべきことにスマホがあればOK! 家に居ながらにして、カラオケボックスで歌っている気分を味わえるのだ。なんだこれ、スゲーな。

続きを全部読む

【急げ】『カラオケの鉄人』で使い放題のテレワークパスポートが980円で販売中! ドリンクも付くからこんなもん実質タダだぞ! 残り9日間!!

『カラオケの鉄人』(通称:カラ鉄)がテレワーク向けのサービスに力を入れている件に関しては、以前の記事でもお伝えした。未だ収束の気配をみせない新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を余儀なくされる人は増え続けている。

そんな中カラ鉄はさらに強力なキャンペーンを打ち出した。なんと980円(税抜)ポッキリでお部屋が11日間使い放題なのだというが……そんなうまい話があっていいのだろうか? 念のため店舗へ急行してみた。

続きを全部読む

カラオケ館で自分の歌声をCD録音できると判明! 喜び勇んで録音したけど、よく考えたらアレがない……

おっさんになると足の遠のく場所の1つにカラオケ店がある。最近は1人でカラオケに行く人もいるようだが、私(佐藤)の時代、少なくとも40代がカラオケに頻繁に行っていた頃は、「1人カラオケ」という発想自体がなかったように思う。その影響か、1人でカラオケ店に行くのはちょっと恥ずかしい気がしてしまう……。

最近社外で仕事をする機会が多い私は、その日、たまたま近所のカラオケ館を利用した。そうしたところ、思いも寄らぬサービスを発見した。それはCDを焼くサービスである。マジかよ! 自分の歌声をCDに録音できるの!? 面白そう~! さっそく録音してみたのだが、のちに重大なことに気が付いた……。

続きを全部読む

スタバ行ってる場合じゃねえ! カラオケの鉄人の500円ランチ(部屋代込・フリードリンク)が最高すぎるッ!!

最近のカラオケ店はすごい。ただカラオケを歌うためだけではないお店として、静かに進化している。たとえば、以前紹介したビッグエコーは、1時間600円の「オフィスボックス」を全店で実施している。オフィスを持たずに働くノマドワーカー向けに、部屋を時間貸ししているのだ。

そして関東を中心に店舗を展開する「カラオケの鉄人」では、一部の店舗で500円ランチサービスを提供している。食事の代金が500円なのではなく、部屋代1時間分込み! ソフトドリンク飲み放題!! 無料でWi-Fiも電源も利用できてしまう! スタバでドヤってる場合じゃねええええッ!

続きを全部読む

35.689411139.696832

ビッグエコー全店で利用可能なテレワークサービス『オフィスボックス』を使ってみたら、快適すぎて爆笑した!!

外出先で作業をする必要に迫られることがよくある。そんな時に私(佐藤)は、最寄りの喫茶店に駆け込んで作業に取り掛かる訳だが、運が悪いと全然進まない。たとえば、混み合っていて席が確保できなかったり、周りのおしゃべりがうるさくて作業に集中できなかったり。

喫茶店である以上、仕方がないと諦めていたのだが、もっとふさわしい場所があるといまさら気づいた! その場所とはカラオケボックスである。カラオケチェーンの「ビッグエコー」では、ノマドワーカー向けに1時間600円でテレワークサービスを行っていたのだ。さっそく利用してみたところ、快適すぎて笑った(笑)

続きを全部読む

なにこれスゴすぎ!「Spotify」にボーカル音量を調整できる『シンガロング』機能が搭載ッ!! 原曲でのカラオケが可能に → でも試そうと思ったら…

音楽ストリーミングサービスの世界最大手「Spotify(スポティファイ)」が本日2019年11月26日、国内 iOSユーザー向けに新サービスの提供を開始した。すんげぇ~機能なので「Spotify」ユーザーは要注目だぞ。

新たに搭載された『シンガロング』という機能。これを使うと、なんと再生中の曲のボーカル音量をワンタップで調整できるのだ。つまりボーカル音量を下げれば、いつでもどこでも原曲でのカラオケが可能になるってわけ! マジかよスゴすぎんだろォォォオオ!!

続きを全部読む

電話ボックスかと思ったら「カラオケボックス」だったでござる / 1曲100円『ハコカラ』

最近、街で見かけることが少なくなったものの1つに「電話ボックス」がある。誰もがスマホやガラケーを持つようになって、公衆電話を利用する機会は激減。もはやどこに置いてあるのか分からない人もいるのでは?

そんなある日、私(佐藤)は千葉・幕張に行く機会があった。イオンモール幕張新都心のイオンシネマ前で、電話ボックスを発見! ……と思ったら、1曲100円でカラオケが歌えるボックスだったでござる! せっかくだから1曲歌ってみたよ!!

続きを全部読む

【新感覚】1人カラオケ専門店「ワンカラ」に行ってみた → 他のカラオケ店にはもう行けない…!

歌うことは好きですか? こう聞かれたら、何と答えるだろう。歌の上手さを気にしないのなら、たぶん多くの人が好きだと答えるのではないか。文化が異なる国であっても、歌や音楽は存在する。かの有名な作曲家「バッハ」は、『音楽は世界語』という言葉を残しているが、それは間違いではないと私は思うのだ。

さて、今回紹介するのは音楽史ではなく、もっと身近な存在であるカラオケについてだ。テレビでもカラオケ番組があるほど、今やカラオケは日本人にとって欠かせない娯楽。複数人で行くイメージがあるが、実は1人専用のカラオケ店というのが存在する。実際に利用してみて、ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思ったので紹介させてほしい!

続きを全部読む

【カラオケ】DAMが「平成でもっとも歌われた楽曲」を発表 → 3位『残酷な天使のテーゼ』2位『小さな恋のうた』1位はなんと……!

あと1カ月もすればいよいよ年末である。ただし、今年はいつもの年末ではない。平成最後の年末なのだ。だから何だよって話かもしれないが、様々な企業やメディアが「平成最後の〇〇」的な企画を実施していて面白いことになっているぞ。

今回お伝えしたいのは、カラオケのDAMでお馴染みの第一興商が発表した「DAM平成カラオケランキング」だ。平成でもっとも歌われた楽曲は、一体誰の何の曲なのか? 気になる結果はこうなった! チェ~ケラッ!!

続きを全部読む

時間や場所を選ばずに歌の練習ができる『ウタエット』は実際のところどうなのか検証してみた

カラオケに行って、「もっと歌が上手くなりたい!」と悔しい経験をしたことがある人は多いのではないだろうか。ただ、歌の練習をしようにも、思い切り声を出すとなると場所を選ばなければならない。集合住宅などではなおさらだ。

しかし、今回発見した『ウタエット』という商品を使えば、周りの環境に気を使うことなく思い切り歌の練習ができるという。「そんな夢のようなアイテムがあるもんか!」ということで実際に使ってみたぞ!

続きを全部読む

【衝撃】長野の温泉旅館で入った「カラオケ貸切風呂」が予想の斜め上すぎて笑った

新宿歌舞伎町のカラオケと、田舎の温泉旅館のカラオケとでは、なにやら趣が変わってくるような気がするのはなぜだろう。温泉旅館なら、機種が最新じゃなくてもあまり気にならない。なんなら、古い方が味があるように思われる。

先日、長野県にある温泉旅館を訪れた時のことだ。そこにもカラオケがあったのだが、これが大変ユニークで、なんと貸切風呂でカラオケができるという。何それ面白そう! ということで申し込んでみたところ、予想の斜め上の光景が私(あひるねこ)を待ち受けていた。

続きを全部読む

36.599823138.122285
提供:株式会社ニューギン

【鳥肌】角田信朗の『我無想』が神曲すぎ! カラオケで盛り上がりそうな漢らしさでMVも完成度高し!!

空手家であり、タレントとしても活躍する角田信朗(かくだ のぶあき)さんの才能は多岐にわたる。最近ではボディービルダーなどでも才能を発揮しているように、マルチな顔を持つのは誰もが知るところ。実を言うと、超がつくほど美声の持ち主でもある。

今回ご紹介するのは、そんな角田さんがゾンビとの戦闘を繰り広げながら、漢らしい歌声を披露する大迫力のMV(ミュージックビデオ)だ。高い完成度の楽曲、そして映画のようなストーリー展開は一見の価値あり。ぜひ全画面表示&イヤホンでご視聴あれ!

続きを全部読む

なんちゅう声だっ! フィリピン人の父ちゃんが「ブッ飛ぶほどの美声」をカラオケで披露して話題

人の隠れた才能が思わぬ形で明らかになることがあるが、今回紹介するフィリピン人のお父さんはそのいい例ではないだろうか。なんでも、家族からワイヤレスマイクをプレゼントされたというお父さんが歌声を披露したところ……耳を疑うほどビックリな美声だったのだとか。

続きを全部読む

【カラオケ】「2017年DAM年間ランキング」が発表される / 1位『星野源』2位『中島みゆき』などの中、洋楽1位が意外すぎる件

早いものでもう12月。今年も残すところ1カ月を切った。つまり、忘年会の季節である。忘年会があるということは、必然的にカラオケに行く機会も増えるということだ。カラオケはちょっと……という人も、何曲かは歌える曲を用意しておいた方がいいのではないか。

そんなあなたに朗報だ。カラオケのDAMでお馴染みの第一興商が、歌唱度数を集計した「2017年DAM年間カラオケリクエストランキング」を発表しているぞ。これを参考に、間違いない鉄板曲をチェックしておこうぜ! そして同時に、洋楽ランキング1位の曲が意外すぎるため注目していただきたい。

続きを全部読む

【疑問】カラオケで部屋に店員が入ってきた時「歌うのをやめる客」について店員はどう思っているのか? バイト経験者に聞いてみた

本日10月17日は「カラオケ文化の日」らしい。マジかよ、こりゃ仕事やってる場合じゃねえ。今すぐカラオケ行って好きな歌を歌おうぜ! フリータイムでな!! しかし、私(あひるねこ)はカラオケに行くといつも気になることがある。

カラオケで部屋に店員が入ってきた時、客は歌うのをやめるべきなのだろうか? これは私が長年抱き続けてきた疑問の1つだ。なんというか、正解が見えないのである。というわけで、カラオケ店員はどう思っているのかを実際に聞いてみたぞ。教えて店員さーーーん!

続きを全部読む

【世界初】後楽園の「カラオケ観覧車」がスーパー楽しい! てっぺんでの盛り上がり方は異常だぞォォォオオオ!!

日本が世界に誇るジャパニーズ文化のひとつに「カラオケ」がある。1970年代に日本で誕生したカラオケは、英語で「Karaoke」スペイン語で「Karaoke」フランス語でも「Karaoké」と呼ばれるなど、世界に通用する大衆文化となった。

2017年8月、そのカラオケがさらなる進化を遂げ、なんと世界初の『カラオケ観覧車』が誕生するという。観覧車で……カラオケだと? 正直、わざわざ観覧車にカラオケを持ち込む必要があるのか疑問だが、物は試しということで実際に乗ってみることにした。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3