「そば」にまつわる記事

【伝説の立ちそば】創業119年! 日露戦争より前から続く桜木町『川村屋』の名物「とり肉そば」が令和でも通用するウマさ / 立ち食いそば放浪記:第163回

100年。言葉にするとひと言だが、それは世界が変わるには十分な時間だ。以前の記事で創業100年以上の東神奈川『日栄軒』をレポートしたが、今回訪れた立ち食いそば屋はなんと創業119年

今から119年前と言えば1900年。第一次世界大戦どころか日露戦争よりも前だ。飛行機さえまだ登場していない時代。日本は明治時代である。つまり、近代日本と共に歩んできたそば屋と言っても過言ではない。そんな歴史的そば屋の名物は令和にも十分通用する味だった。

続きを全部読む

極太そばが歯を跳ね返すようなコシ!『誠や9号店』が激戦区・人形町に足りないものを持っている / 立ち食いそば放浪記:第161回

東京を歩けばそば屋に当たる。それほどにそば屋が多い都内には「激戦区」と呼ばれる地区がいくつかある。人形町もその1つ。

福そば』『きうち』など、立ち食いそばの名店がひしめくこの街で、また1つ名店を発見したためお伝えしたい。これだよこれ! 人形町に足りないものはこれだった!!

続きを全部読む

【ワンコインで十割そば】濃厚つけ汁に際立つそばの風味! ホシ満点の西巣鴨『もりしょう』に天の川を見た / 立ち食いそば放浪記:第158回

犬も歩けばそば屋に当たる。それほどに立ち食いそば屋がひしめく東京都内。そんな立ち食いそば屋のそばは、小麦粉などをつなぎに打たれたものが主流だ。そのつなぎを使わずそば粉だけで作られているのが十割そばである。

技術もコストも上がるため、値段が高くなりがちな十割そば。しかし、探せば立ち食いそば屋の中にも、十割そばが食べられる店がある。ワンコインで十割そば! 濃厚つけ汁にそばの風味が際立つ店がここだ!!

続きを全部読む

ワンコインで食べられる最高の十割そば! 天ぷらなしの小川町『韃靼 穂のか』が一点突破でマジそば界の侍 / 立ち食いそば放浪記:第156回

神に会っては神を殺し、親に会っては親を殺す──道を極めんとするならば捨てる覚悟も必要である。とは言え、なかなか切り捨てられないのが人情。

そんな中、バッサリいっちゃってる立ち食いそば屋がある。小川町『十割蕎麦 韃靼 穂のか』……この店にはどの立ち食いそば屋にもあるものがない

続きを全部読む

270円で大盛そばがあふれ返る! 庶民の味方すぎる新橋『ポンヌッフ』は立ち食い界のジャンヌ・ダルク / 立ち食いそば放浪記:第151回

マクドナルドのレギュラーバリューセットも500円以上する時代。ランチは1000円覚悟も致し方ない。なかなか庶民にとっては厳しい時代だが、平然とワンコイン以下のメニューが並ぶ立ち食いそば屋は庶民の味方と言えるだろう。

そんな立ち食いそば屋にしてもコスパの良すぎる店があった。270円で大盛そばがあふれ返る! これぞ立ち食いそば界のジャンヌ・ダルク!!

続きを全部読む

【保存版】そば屋150店を食べた男がオススメする「都内最強立ち食いそば7選」

狂った街・TOKYO。何が狂っているかってそば屋の数だ。どの駅でも少し歩けばそば屋に当たる。ありすぎだろ! 中でも、当たり外れが大きいのが立ち食いそば屋だ。同じような価格帯でも激ウマな店があったりする魔境である。

外観では判断できない立ち食いの世界。一体どの店に行けばいいの? そんな人のために、150店のそばを食べた男に『都内最強立ち食いそば5選』を聞いてみた

続きを全部読む

極太そばがモッチモチ! 東京・関屋の立ち食いそば屋『雑賀屋』の太麺が革命的すぎてもはやきしめん / 立ち食いそば放浪記:第150回

突然だが、皆さんは「そば」と聞けばどんなものをイメージするだろうか。多くの人はスルッと細い麺を思い描くのではないかと思う。太麺と言えども、うどんに比べるとほっそりしているのがそば……

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。今回出会ったそば屋は、そば自体の在り方に一石を投じる店だ。このそば、革命的すぎてもはや きしめん

続きを全部読む

上野No.1の細麺! キレキレののど越しにそばの風味が香り立つワンランク上の立ち食いそば屋『元長』/ 立ち食いそば放浪記:第145回

早くて安くて味はそこそこ。立ち食いそば屋のイメージと言えばそんなところだろう。実際、そこそこのそば屋が多いのだが、価格と味のバランスこそ立ち食いそば屋の真骨頂とも言える

上野はそんな立ち食いそばの激戦区の1つだが、頭1つ抜きんでた店を発見したのでご紹介したい。上品に香り立つ細麺はワンランク上! このそば屋……できる!!

続きを全部読む

【最強レシピ】どん兵衛をほうじ茶で作る『ほうじ茶どん兵衛』が激ウマ! つゆがコク深く上品になりそばマニアも驚愕「今後はこれで作る」

うまいカップそばと言えばどん兵衛だ。カツオ出汁のきいたつゆと歯切れの良いそばのハーモニーは素朴ながらも飽きない味。インスタント麺であることを考えるとかなりのクオリティーと言えるだろう。しかし、私(中澤)はこう思うことがある。「つゆがもう少しコク深ければ……」と。

わかってる! 贅沢を言っていることは。でも、どん兵衛のつゆがもっと深い味になったら真に最強だと思うのだ。そんな私の贅沢を超簡単に叶えてくれるレシピを発見したのでお伝えしたい。使うのはほうじ茶だけ

続きを全部読む

【最強そば屋のカレー】トロッとしたルーがスパイシーで激ウマ! 甘めつゆのそばとのセットが最強すぎる小伝馬町『おか田』/ 立ち食いそば放浪記:第140回

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。それぞれのそば屋に色んなセットがあるけれど、一番多いのはカレーセットだ。実際、そばとカレーの相性は抜群で、私(中澤)も頼むことが非常に多い。

これまで色んなそば屋のカレーセットを食べてきた私。その中でも最強クラスのものに出会ったためご紹介したい。スパイシーなルーと甘めのつゆがハーモニーを奏でてるゥゥゥウウウ

続きを全部読む

【行列】立ち食いそば界の安室奈美恵! 平成最後に閉店する水道橋『とんがらし』が別れを惜しむファンでごった返していた / 立ち食いそば放浪記:第138回

平成最後。この言葉で次の時代を意識する人もいれば、時代の終わりを感じる人もいるだろう。平成の歌姫・安室奈美恵さんの引退は象徴的な出来事だった。立ち食いそば界においてもそんな巨星が落ちる

その名も水道橋『とんがらし』だ。平成7年に開店し、アイドル的人気を築いたこの店が閉店するという。そこでお別れに行ってみたところ……別れを惜しむファンでごった返していた! よっしゃお前ら!! ラストダンスとしゃれこもうぜ!

続きを全部読む

【保存版】立ち食いそば137店を回った男の2018年そば5選! 立ち食いそば放浪記まとめ

忙しいったら忙しい! クリスマスから大晦日までのこの1週間は1年で最も慌ただしい時期の1つである。特に今年は平成最後の年末。いつもの年末の倍以上に師が走ってる感じがするのは気のせいか。もはや師が50mダッシュしてるレベル

そんな年末こそ、心落ち着く年越しそばと共に越したいものである。というわけで、立ち食いそば137店を回った私(中澤)が、2018年に行ったそば屋でオススメ5選をまとめてみた。保存版!

続きを全部読む

マツコも絶賛の立ち食いそばチェーン!『嵯峨谷』はカレーも出汁がきいていてチェーン店屈指!! 立ち食いそば放浪記第137回 新宿

辛口だが本質を突くようなコメントで知られるマツコ・デラックスさん。そんなマツコさんが絶賛した立ち食いそばチェーンがある。TBS『マツコの知らない世界』のコーナー「立ち食いそばの世界」で紹介された『嵯峨谷』だ。

320円から500円台という安価で十割そばを提供するこのそば屋は、“通(つう)” の間では有名な存在。風味抜群のそばのウマさはチェーン店屈指だが、実はこの店、カレーライスもチェーン店屈指なのである

続きを全部読む

提供:東洋水産

目の前で弁護士2人が『赤いきつね』と『緑のたぬき』のどちらが優れているのかをガチで討論していたので、勝手に判決を下してみた

あなたは『赤いきつね』と『緑のたぬき』、どっち派だろうか? 私は昔から『緑のたぬき』派なのであるが、人の好みは人それぞれ。その昔、アフリカはケニアの人々に「どっち派?」と聞き回ったところ『赤いきつね』が人気だった。

それはさておき、つい最近のこと。都内某所の会議室に足を踏み入れると、スーツ姿の男2人が真剣な眼差しで対峙していた。それぞれの目の前には『赤いきつね』と『緑のたぬき』が。聞けばこの2人、スゴ腕の有名弁護士であるという。

そして……

続きを全部読む

【まぐろそば】マグロの出汁に追いマグロ! 元マグロ卸が独創的なそば屋になったキッカケ / 立ち食いそば放浪記:第133回 浅草

鮮魚の王者マグロ。刺身や寿司など、生魚を使った料理が重要視される日本料理においても主役と言えるだろう。日本料理を愛する私(中澤)はマグロが大好きである。

ある日、浅草を歩いていると「まぐろそば」という看板が目に飛び込んで来た。ファ!? まぐろそばって何じゃい!? 気になったので飛び込んでみたところ……めっちゃマグロ

続きを全部読む

【ルノアール探訪】中華丼・ガパオライス・赤カレーなど独創的なメニューが充実の神田淡路町店で「牛カルビ焼」を食す

ルノアールは喫茶店である。その認識で間違いない。何しろ「喫茶室」というくらいだから、コーヒー・紅茶がメインで、食事はトースト・サンドイッチ・ケーキと軽いものばかり。だが、それですべてのお店を語ることができないのが、ルノアールの面白いところである。

過去に大塚店には釜めしがあることをお伝えした。神田淡路町店には、中華丼がある! ガパオライスがある! 赤カレーがある! そして牛カルビ焼きのセットがあるッ!!

続きを全部読む

【幻の立ち食いそば】営業時間は平日4時間半のみ! 仕事サボっても食べたい入谷『ねぎどん』の「ねぎ肉そば」が絶品!! 立ち食いそば放浪記:第132回

店によって様々な営業時間。以前の記事で、営業時間は13時までだが、11時には閉店している立ち食いそば屋『そば政』をレポートした。そのフリーダムさから「幻の立ち食いそば屋」とご紹介したが、また1つ、入店ハードルが高いそば屋を発見したためお伝えしたい。

営業日時は月曜日から木曜日の10時30分から15時のみ! 勤め人にはなかなかハードルが高いが、ここのそばが仕事をサボっても食べたくなるほど絶品なのである

続きを全部読む

どん兵衛の「全部のせそば」を食べてみた! 天ぷら、お揚げ、蒸し鶏が全員集合の「てんこ盛りインスタント」再び!!

全員集合! なんてワクワクする響きだ。プロ野球のオールスターやアニメの劇場版しかり、「全員集合」は祭りの合図である

そして、この度全員集合するのはどん兵衛のそば。天ぷら、お揚げ、蒸し鶏が入った「全部のせそば(税別313円)」が発売されるという。祭りじゃ祭りじゃ! どん兵衛祭りじゃー!!

続きを全部読む

濃厚つゆのかけそばが200円! トッピング3種でもワンコイン以下の茅場町『亀島』が静かに熱い / 立ち食いそば放浪記:第131回

温度が高いほどに音もなく燃える炎。ネットで騒がれることを「バズる」と言うが、派手さと無縁の立ち食いそば屋は、いくらコスパが良くてもバズることはあまりない。さながら青い炎のように……静かに熱い

また1つ、そんな立ち食いそば屋を発見したのでご紹介しよう。500円超えが当たり前になった東京の飲食業界において、かけそば1杯200円! 揚げ物3つトッピングでもワンコイン以下!! 立ち食いそば屋『亀島』が激アツ!

続きを全部読む

都内立ちそば最強レベルの出汁の味! 深いコクのある黒いつゆが絶品な入谷『山田屋』 立ち食いそば放浪記:第130回

日本伝統のファストフード立ち食いそば。のれんをかき分け、ツルッと食べて「ごちそうさま」と出ていく。そんなスピード感なので、立ち食いそば屋の味に求められるのは「なんでもないウマさ」だ。必然的に、味もそこそこな場合が多いのだが……

そんな中、絶品のつゆの店を見つけたのでご紹介したい。黒いつゆに深いコク……都内立ちそば最強レベルの出汁、ここにあり

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7