「知識」カテゴリーの記事

【震災】水没したり泥まみれになった思い出の写真を蘇らせる方法

東日本大震災で、思い出の写真が水に浸かったり、泥まみれになってしまったという方、少なくないのではないでしょうか。特に、今回のように海水や泥水、油が混じった津波に水没してしまった場合、もう復元させることはできないと諦めている方が多いかもしれませんが、実は蘇らせる方法があります。

続きを全部読む

NASAが開発中の個人用電動飛行機「Puffin」

ライト兄弟が有人動力飛行に成功し、人類が飛行機で空を飛ぶようになってから100年以上が経過した。空への憧れを手にしたものの、自分が所有する飛行機で空を飛ぶことを夢見たことはないだろうか?

そんな夢が現実に一歩近づく飛行機こそが、個人用電動飛行機「Puffin(ツノメドリ)」である。考案したのはNASAの航空宇宙学の技術者であるマーク・ムーア氏だ。

続きを全部読む

究極にウマイ豆腐を作ってみよう

冷奴や湯豆腐などの豆腐料理から、みそ汁や鍋料理の具としても欠かせない豆腐。今から2000年以上も前の現・中国で誕生したとされ、日本でも古くから食べられている歴史ある食品です。江戸時代には100種類以上に及ぶ豆腐料理のレシピを収めた「豆腐百珍」と呼ばれる豆腐料理の専門書が刊行されるほど、豆腐は日本人に馴染み深い食材です。

続きを全部読む

驚愕! 学校の管楽器はあなたが思うより汚い

学校の数ある文化系クラブ活動の中でも華があるのが吹奏楽部。学校によってはブラスバンド部なんて名前がついているところもあるようで、学生の頃の経験からプロを目指す人も少なくないだろう。

だが、そんな夢を持つ方々をゾッとさせるようなある調査結果が発表された。木管楽器(フルート、クラリネット等)や金管楽器(トランペット、トロンボーン等)には、細菌が潜んでいるという。もちろん、それだけなら容易に想像できそうなことだが、実際はあなたが思っていたよりも酷いかもしれない。

続きを全部読む

結婚したら妻がオナラをするようになった

「恋人」だった時はオナラなんてしなかったのに、結婚したとたんにオナラを解禁してしまう人たちは意外と多い。ご主人、つまり男性ならば、まだ分かる。しかし奥様、すなわち女性がオナラをするとは信じがたい。

世田谷区在住の主婦(35)がママトモ軍団10人とランチ中、そんな話題になったそうだ。すると、驚きの証言が次々と飛び出したのだという。

続きを全部読む

人類が未知の領域へと踏み入れる! 「3人」の親を持つ子どもがあと少しで誕生するらしい

誰しも生まれてきた以上、自分を作り出した2人の親を持つ。しかしこれからは、「3人」の親を持つ子どもが誕生してくるかもしれない。言い換えるなら、3人の遺伝子を使って子どもを生む技術が開発されているということ。

では、なぜこのような技術が開発されているのだろうか? それを知るには、まずミトコンドリアDNAについて理解する必要がある。

続きを全部読む

UGG(アグ)ブーツに意外な歴史あり! ちなみに語源は「ダサいブーツ」でした

最近は街で見かけることが少なくなってしまった、UGG(アグ)ブーツ。ずんぐりむっくりとしたフォルムが、なんだかコロボックルみたいな雰囲気で可愛らしく、しかも冬場は暖かく夏場は涼しい(?)ということで、女の子の間で大人気でした。

あんなにも独特の雰囲気を醸し出していたUGGブーツって、いったいなんだったんでしょう。そこで、ちょっと意外なUGGブーツの歴史を調べてみました。

続きを全部読む

水滴を落とすと動き出す、つまようじの不思議

折り曲げた5本のつまようじ。放射状におかれたその真ん中に、水滴をひとつ落とすと、あら不思議、ゆっくりと動き出すではないか。そして最後に、きれいな星型を形作るのである。

続きを全部読む

【世界の機内食】香港国際空港~羽田空港(キャセイパシフィック航空 CPA)

世界の機内食をご紹介する『世界の機内食』。今回は、香港国際空港から羽田空港間を飛行しているキャセイパシフィック航空(CPA)のエコノミークラス用機内食をご紹介します。

続きを全部読む

もうすぐ実現、充電いらずの着るバッテリー

米国の研究機関が、画期的な充電技術を発表した。発表によれば、人間の運動と自然エネルギーを利用して、充電することなく使えるバッテリーを開発したという。研究者は、「このバッテリーには筋肉運動から電力を供給する高い能力がある」としている。

続きを全部読む

1950年までアメリカでは放射性物質を風呂に入れたり、健康ドリンクや性機能を支援する薬として使用していた

信じられない事実ですが、1910年から1950年ごろまでアメリカでは、放射性物質を「万能薬」としていたことをご存知でしょうか。

Radiation Devicesと呼ばれる、放射性物質である「ラジウム」を水に含ませる機器を使い、健康飲料として飲んだり、ラジウム風呂を作ったり、果てには性機能を増強させる薬として、陰嚢に塗るなどもされていました。

それは「放射性物質」がアピールポイントとして販売されていたようですが、もちろんそれが健康に良いわけがなく、様々な健康被害をもたらしていたようです。

続きを全部読む

知っておきたい、放射線と身体の関係

放射線とは、大気や媒体を通して移動するエネルギーのこと。物質として不安定である放射性物質が壊れる(崩壊)時に生まれます。実は人間は、ごく普通に生きている中でも放射線を浴びています。

放射線は、宇宙に、空気中に、地球に、そして岩に存在し、人間を含めたあらゆる物質と反応できるだけのエネルギーを持っています。つまり放射線は、細胞にダメージを与えることができるのです。ここでは、様々なタイプの放射線について、そしてそれらが人間に及ぼす影響を説明します。

続きを全部読む

カワイイのは「プルト君」だけじゃないぞ!原燃工を解説する「ペレット君」も相当の愛らしさ

みなさんは「ペレット」をご存じだろうか? 福島原発の「燃料棒」が溶け出しているのではないかと一時世界中が騒然となっていたが、その「燃料棒」に入っているのが「ペレット」だ。

これは、直径1センチ、高さ1センチの円柱形で、セラミック状にされたウラン燃料である。このペレット1個で、一般家庭で使う電気の約8~9カ月分(2500kWh)を作ることができるというから、そのエネルギーの威力たるや計り知れない。燃料棒にはペレットが約350個が詰められて密封されているそうだ。 続きを全部読む

【図解】エレベーターでの立ち位置

普段何気なくエレベーターに乗っていると思われるが、人数に応じた立ち位置の図解が話題を呼んでいる。この図は、2~7人がエレベーターに乗り込んだ際の位置をうまく説明しているのだ。

続きを全部読む

先月15日、福島第一原発の爆発により現地から61キロ離れた福島市では通常の約500倍(20マイクロシーベルト)が、東京でも通常の20倍(0.809マイクロシーベルト)の放射線量が検出されました。今もなお上がり下がりする放射線量の数値を前に、不安を抱きながら過ごす方も多いのではないでしょうか。

ところが、今から50年以上も前の日本は、今よりもっと高い放射性物質に見舞われ、東京や大阪でも1000倍のプルトニウムが大気中から放出されていたそうです。東京では、なんと1万倍の放射線量が検出されたという情報も。 続きを全部読む

東京の水道水は大丈夫なのか / 放射能測定結果をチェック

現在、福島の東京電力福島第一原子力発電所から高いレベルの放射線汚染水が流れ出しており、深刻な状態が続いている。また、福島近隣の野菜や魚介類からも基準値を上回る放射性物質が相次いで検出。そして以前、東京の水道水からも基準値を超える放射性物質が検出され、水の買い占めなどの問題にもなった。

それでは、現在の東京の水はどのような状態になっているのだろうか?

続きを全部読む

ハッシュタグで自動翻訳できるTwitterアプリ「auto translate」

Twitterを使って海外のユーザーと、交流を図りたいと思っても、言葉がわからずに意志を伝えることができないと感じたことはないだろうか。ウェブ翻訳を使うのも手間という方に、とても優れたTwitterアプリを紹介しよう。それが「auto translate」だ。

続きを全部読む

先ごろ中国で、「英語熟練度指標報告」がまとめられた。この報告は、母国語が英語でない国の、英語能力を調査したものだ。それによると、日本は44カ国中14位となり、韓国(13位)に次ぐ順位となった。

続きを全部読む

皆さんは、「生理カップ」をご存じでしょうか。これは、ナプキン、タンポンに代わる生理用品として、数年前から注目を集めているアイテムです。鈴の ような形をしたシリコンやゴム製の生理用品で、タンポンと同じように膣の中に入れて使います。タンポンと違うのは、経血を「吸収する」のではなく「溜め る」という点。日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米ではさまざまな「生理カップ」があり、多くの女性が使用しています。

なかでもカナダで発売され、日本でも使用する女性が増えているのが、カナダ製の「ディーバカップ」です。

続きを全部読む

地震発生から3週間近くがたとうとしていますが、いまだ被災地では食料が手に入りにくい状況が続いています。思うように食材が手に入らず、パンや カップ麺、お菓子などで過ごしている方も多いと思いますが、それでは栄養が足りません。また、ようやく手に入った肉や魚、野菜なども新鮮なうちにと食べ 切ってしまうと、すぐに食材がなくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、保存食づくりです。食材を発酵させて保存食にすれば、肉や魚、野菜などの生鮮食料品が長く食べられるうえに、身体に必要な酵素や生きた善玉菌を摂取できて、健康維持とストレス回避に役立ちます。

被災地での生活を助けるアイディアが掲載されているサイト「OLIVE」では、さまざまな保存食づくりの方法が紹介されています。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 614
  4. 615
  5. 616
  6. 617
  7. 618
  8. 619
  9. 620
  10. ...
  11. 629