中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを弾いてます。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われました。

「中澤星児」担当の記事

ファミマの新作「切れてるパンケーキ」がどう見ても椎茸と話題 / 食べ比べてみたらとんでもない結果に……!

本日2015年11月13日に発売されたファミマの新作スイーツ「切れてるパンケーキ~チョコ&ホイップ~」。この商品が早くもネットで話題騒然だ。ただし、話題なのは味についてではなく、このケーキの外見についてである。黒っぽい皮の真ん中に十字に入った切れ目、そこからのぞくホイップクリーム。そう……どう見ても椎茸にしか見えないのだ。

外見はともかく味の方はどうなのだろう? 椎茸を意識していたらどうしよう……。気になったので、この商品と椎茸を食べ比べてみたらとんでもない結果となったのでレポートしよう。

続きを全部読む

【マジかよ】伝説のロックバンド「ガンズ&ローゼズ」が2016年オリジナルメンバーで復活!?

ハードロック好きなら誰もが名前を知っているレジェンドバンド「ガンズ&ローゼズ(以下、ガンズ)」。ヴォーカルであるアクセル・ローズの奇行についていけず、最後のオリジナルメンバーだったベースのダフ・マッケイガンが脱退したのが1998年。そこから17年、アクセル以外のミュージシャンがメンバーなのかどうかもよくわからない状態で、バンドは今だに続いている

オリメン時代のガンズが好きな私(中澤)は、当時のカッコよさを思い出し「もう1回オリメンでやんねえかなあ」と思いを馳せている数多いファンの1人だ。でもライブに3時間遅刻してきたり、大喧嘩しての脱退だから諦めてる。そんなガンズが、2016年にオリメンでツアーしようとしてるらしい。……お茶吹いた。

続きを全部読む

【日本最大級】ケバブの祭典! 新宿・大久保公園「ケバブグランプリ2015」に行ってきた / さっき帰ってきたばかりなのにもう行きたい!

棒にぶっ刺された巨大な肉塊を、刀でそぎ落とす豪快な料理ケバブ。食べたことはなくとも、肉塊をそいでいるところは見たことがあるという人は多いんじゃなかろうか。そんなインパクトのある調理法に負けず劣らず味も豪快かつ抜群だ。ケバブは肉を食べるのに最適な料理と言えるかもしれない。

本日11月12日から、新宿は大久保公園で日本最大級のケバブの祭典「ケバブグランプリ “KEBA-1” 2015」がスタートした。有名ケバブ店が一堂に会するこの祭り。肉好きならば見逃すわけにはいくまい! さっそく大久保公園に行ってきた。

続きを全部読む

【爆安】弁当1個250円! 浅草「デリカぱくぱく」が安すぎてつぶれないか心配になるレベル!!

持ち運びに便利な形状でシーンを問わず活躍する弁当。そんな文明の利器を出来合いの状態&お手頃な価格で提供してくれる弁当屋は、独身男性にとっては神のような存在だ。近所にそういう店があるかどうかで、食生活は大きく変わる。

今回ご紹介する店は、お手頃度で言うと最高峰。お手頃すぎてつぶれてしまわないかが心配になるレベルだ。なにせ250円で弁当が買えてしまうのだから。しかもその弁当は、かなりガッツリおかずが入っているガチのヤツだ。

続きを全部読む

【あずにゃんおめでとう】11月11日は「けいおん」のあずにゃんの誕生日 / 名演ベスト3を考えてみた!!

本日11月11日は何の日? ポッキーの日? 第1次世界大戦停戦記念日? それもある。うん、大事だよね。でも私(中澤)にとって何より特筆すべき記念日は違う。本日はなんと……みんなの後輩あずにゃんの誕生日だ!

説明しよう。あずにゃんとは、人気アニメ『けいおん』の主要人物「中野梓」である。他のメインキャラたちから1年遅れて登場したにもかかわらず、黒髪ツインテールの清純派なビジュアルで多くのアニヲタの心を鷲掴みにした。そんなあずにゃんはギタリスト。というわけで、あずにゃんが作中で見せるギタープレイの中でも名演ベスト3を選んでみたぞ。

続きを全部読む

速弾きの王者「イングヴェイ・マルムスティーン」が嬉しそうに楽器屋でギターを買う動画が話題 / 試奏も超速い!!

もはや人間業とは思えない域にまで達している速弾きギタリストたち。そういったギタリストを指してサイボーグだマシーンだというディスをたまに聞くが、本来自由なはずの音楽で、こと楽器の弾き方については誰よりも研さんを積んでいるだろう彼らの努力を笑うことは誰にもできないと思う。

今のように速弾きが当たり前のモノになる前、その超絶な速さとクラシカルなフレーズで音楽シーンに衝撃を叩きつけ、ギターの可能性を一気に広げた男がいた。今なお、速弾きギタリストの教科書となっている「イングヴェイ・マルムスティーン」その人である。そんな “王者” イングヴェイがギターショップでギターを試走して買うまでの動画が話題となっている。

続きを全部読む

【酉の市】11月11日は勝負の日なので熊手を買いに行ってみた / 今年はあと2回チャンスがあるぞ!

日本古来よりの文化である熊手。生粋の西の家系である私(中澤)の家族には、熊手を買うという習慣がなく、初めてその存在を知ったのは1年ほど前。作曲家として生計を立てているヒップホッパーの先輩が「熊手マジスゲー、マジリスペクト、マジチェケラ。俺の友達大体熊手」と言っていたのだ。

そんなこともすっかり忘れていた先日、佐藤記者と話していると「熊手マジスゲーよ」という話をされた。フラッシュバックする記憶。これだけの人を魅了するということは熊手マジチェケラッチョなのかも。私がギターを弾いているバンド「フリサト」もCDリリースするし、バンドのメンバーと熊手を買いに行ってみることにした。

続きを全部読む

【ライフハック】しけったスナック菓子をサクサクに戻す方法

「覆水盆に返らず」とはよく言ったもので、一度変化してしまった関係や状態はなかなか元には戻らない。例えば友達と喧嘩してしまった場合、仲直りできたとしても浴びせられた歯に衣着せぬ言葉を事あるごとに思い出し「こいつはああいうことを言う奴だ……」と、心にイチモツ持ち続けてしまうのはよくあることだ。

元に戻ったように見えたとしても、厳密には変わっている。そう、“元通り” は相当難易度の高いミッションなのだ。ミッション・インポッシブルと言ってもいいだろう。しかし、不可能と言われればチャレンジしてみたくなるのが男の性(さが)。不肖、中澤。かの映画の主人公イーサン・ハントばりに不可能を可能としてみせよう。今回の指令は「しけったスナック菓子を元に戻す」だ。

続きを全部読む

人気アニメ『K』の原作グループが「読むな」とツイート! アニメージュ12月号を買って思ったこと

2015年もあと2カ月弱。話題作が豊富な冬アニメも6話まで進み、ちょうど折り返し地点に差し掛かっている。そんな冬アニメの中でも、スタイリッシュな作画とお洒落すぎる音楽で独特の世界観を創り上げているのが『K RETURN OF KINGS』だ。

多種多様なイケメン、イケ女が乱舞する本作は、2012年に1期、2014年に劇場版が放送され満を持して2期に突入した人気作。私(中澤)も毎週、王たちの駆け引きに胸躍らせている。そんななか、本作の原作グループ「GoRA」が11月10日に発売されたアニメ雑誌アニメージュ12月号について「読むな」とツイートし、話題になっている。

続きを全部読む

コスパ最高のB級肉料理! 5年通っても飽きない古き良き洋食を出すレストラン・池袋『キッチンABC』

新しい土地に引っ越してきた際、あなたはまず何をするだろうか? 私(中澤)の場合はウマそうな定食屋を探す。「腹が減っては戦(いくさ)はできぬ」というように、食とは活力の源だからだ。

探す際のポイントは、“お手頃な価格であること” “気軽に入店できること” “料理の内容” の3つだ。味が良く量が多くても、値段が1000円を超えてくると常連にはならない。私が池袋に住んで5年、その3つをクリアした店の中でもぶっちぎりのNo.1をご紹介しようと思う。通い続けても飽きない肉料理の宝庫『キッチンABC』だ!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】工芸品のように美しい! 至高の春菊天を出すそば屋・池袋『大黒そば』

急に冷え込んだ気温に冬の足音を感じる。気がつけば2015年もあと2カ月を切ってしまった。どうしても12月に向かって気が急いてしまうが、足早に歩いたところで結果が伴うとは限らないのが人生である。ゆっくりいけるうちはゆっくり行こう。あったかいそばでも食いながらね。

ウマいそば屋を求めていろんな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回訪れたのは池袋。人と人との繋がりが希薄な都会でも、温かい人の絆は存在する。西口は東京芸術劇場前にひっそり佇む立ちそば屋『大黒そば』は、そんな絆を感じる場所だ。

続きを全部読む

【閲覧注意】ゾッ……とする落書き

毎日、何気なく使っている通勤路。その道筋の決め方は人それぞれだろうが、私(中澤)の場合は、とりあえず地図とか見ずに「こっちに行ったら駅に着きそうだな」という方向に歩いてみて、迷っているうちに体が道を覚えるという感じだ。

今住んでいる街でも同じように通勤路を決めたのだが、その際道に迷って変な場所に行きあたった。その場所の雰囲気がとにかく気持ち悪い。とはいえ霊感もないので、「なんとなく嫌だなあ」くらいにしか思ってなかった。先日再びそこを訪れるまでは。

続きを全部読む

【驚愕結果】バーガーキングの新バーガー割引キャンペーン「BIG□割」にいろんなBIGを持っていってみた / 予想以上にストライクゾーンが広いことが発覚!

本日2015年11月6日からバーガーキングの割引キャンペーン「BIG□割」が開始された。以前の記事でお伝えしたが、このキャンペーンは「BIG○○」と名のつく商品を持っていけば、同日発売の新バーガー「BIG KING」が販売価格から120円安い370円で買えるという内容だ。

しかし、どこまでの「BIG○○」が許されるのだろう。先頭に “BIG” と入っていないとダメなのか。食べ物じゃなくても大丈夫なのか。むしろ “BIG” 的な意味合いならば何でもOKなのか。実際にバーガーキングにいろんな “BIG” を持って行って試してみた!

続きを全部読む

バーガーキングがあの会社に宣戦布告!? 11月6日から始まる期間限定割引きの内容がヤヴァイ / ネットの声「完全にアウトなやつですわこれ」

混乱を極めるハンバーガー業界。モスバーガーやフレッシュネス、サブウェイなど各店があの手この手で繰り出すキャンペーンは話題となり、かつて一時代を築いたマクドナルドを含め戦国時代の様相を呈している。そんな中、「バーガーキング」が2015年11月6日より、期間限定新バーガーの発売に伴うキャンペーンを開催するという。

なんでも新バーガーが割引されるのだとか。バーガーキング兄さんキターーーーーー!!!! よっ! 太っ腹!!……ん? でも、ちょっと待てよ……。よく見たら、この新発売のバーガーどっかで似たようなの見たことあるぞ? ってか、「BIG□割」っていうキャンペーンの名前って、ひょっとして、あの会社あのバーガーのことっすか!?

続きを全部読む

ラルクアンシエルになれる「ラルクアンフェイシャルマスク」が話題 / 試してみたらラルクになれすぎて焦った!!

日本で屈指の美集団「ラルクアンシエル」。ヴォーカルのhydeさんは今年2015年で46歳になったらしい。マジかよ!? あんな46歳見たことねぇよ!! 同年代のメンバーそれぞれの顔を見ても、誰1人40代後半には見えない。そんなラルクになれるというフェイシャルマスクが発売され話題になっている。

私(中澤)もバンドマンの端くれとしてラルクになれるものならなりたい。何を隠そう、高校の頃、彼らのヒット曲である『flower』とか『Driver’s High』とかをコピってたし……。というわけで、さっそくフェイシャルマスクを入手しロケットニュース24編集部でラルクを結成してみることにした

続きを全部読む

メジャー・インディーゆるキャラ大集合!! 「高円寺フェス2015」に行ってきた / 意外なゆるキャラ業界事情に焦った

秋と言えば祭りの季節。先日10月31日と11月1日の2日間、高円寺にて「高円寺フェス2015」が開催された。高円寺4大祭りと言われているこの祭り。ふらっと行ったら、通行人で道が渋滞するくらい人が多くてビックリした。

まさに “街をあげた” という形容詞がぴったりの盛り上がり。しかし、そこは高円寺。祭りを盛り上げると言っても、独特のゆるい雰囲気は失わない。まあ、ゆるい雰囲気というかゆるキャラなんだけどね……。というわけで、高円寺フェスのゆるキャラたちと、この1日で知った業界事情をご紹介しようかと思う。

続きを全部読む

レジェンドバンド『X JAPAN』が2016年3月に発売するエンタメくじの景品が半端ない / 香り立つバブル臭にシビれまくり

インディーズでの1stシングルリリースから紆余曲折を経ながら30年。日本ロック史における伝説のバンド・X JAPANは、2016年3月11日に20年ぶりのスタジオアルバムのリリース、それに伴ったワールドツアー、ドキュメンタリー映画の撮影を予定している。

今から楽しみにしている人も多いだろうが、なんと2016年3月に豪華景品の当たるエンタメくじ『X JAPANくじ』が発売することも決定したのでご報告だ。「豪華景品って言ってもエンタメくじだし小物でしょ?」と思ったあなた。おそらくこの先を読んだら、X JAPANのX JAPANたるゆえんが分かることだろう。彼らは常識レベルの “凄い” とか “豪華” とかそんなのを通り越したとこにいるのだ。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】記憶をなくすほどウマい! 店も味も古き良き “味” を出すカツオ節のようなそば屋・千歳烏山『深大寺門前そば』

ウマいそば屋を求めていろんな街を放浪する「立ちそば放浪記」。以前、最強の邪道そば屋『南天』をお伝えしたが、今回ご紹介する店の肉そばもまた『南天』に勝るとも劣らない。

訪れたのは、東京都世田谷区の千歳烏山。駅前商店街に立ち並ぶ店は、地域に密着してそうな昔ながらの佇まいが多い。賑わっているがどことなくのどかな空気も漂っており、とても住みやすそうなバランスの街である。そんな街を昭和60年から見守っているのが『深大寺門前そば』だ。

続きを全部読む

往年の名作アニメ・漫画に登場する美少女キャラたちの萌えキャラNo.1を勝手に決めてみた / 現代でも通用する意外な萌えキャラを発見

アニメや漫画において、ひょっとしたらヒーローよりも重要なポジションかもしれないヒロイン。女の子がかわいければ、興味のないアニメでも「ちょっと見てみようかな……」という気分になる。それを受けてかここ最近のアニメは、登場する女性キャラたちの萌え度追及に余念がない。

私(中澤)の少年期に流行ったアニメや漫画に登場する女性陣とは、もはや別の存在と言ってもいいだろう。そこで、現代の女性キャラたちに恋する私が、個人的な見解でかつて一世を風靡した美少女キャラたち10人の中から萌え度No.1を考えてみた。

続きを全部読む

【たまごかけごはんの日】卵黄の醤油漬けTKGがウマすぎてもはやTKGではない / 第1回「ロケットニュース24TKGシンポジウム」

お手軽な調理法と抜群の味で広く知られる「TKG(たまごかけごはん)」。この料理は、日本全国5000万人の独身・貧乏さんたちの盟友と言っても過言ではない。以前の記事でもお伝えしたが、なんと本日10月30日は「たまごかけごはんの日」である。

そこで、ロケットニュース24編集部でも、それぞれ推しのTKGを持ち寄りNo.1を競う「第1回ロケットニュース24TKGシンポジウム」を開催した。編集部の中でも貧乏代表である私(中澤)は、これまで試したTKGの中でも最強だった「卵黄の醤油漬けTKG」で、メグ記者とサンジュン記者が推すTKGと闘うぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 82
  4. 83
  5. 84
  6. 85
  7. 86
  8. 87
  9. 88
  10. 89