私(佐藤)は昔から、あるヘアスタイルに強い憧れがあった。それは白髪だ。いつかは真っ白にしてみたい! そう思っていたところ、最近テレビで良く見る外国人男性の髪色がまさに理想的であると気づいてしまった!!

アメリカの政治家、ジョー・バイデン氏である。彼の髪色になりたい、いやもう彼になりたい! これは今すぐやるしかないだろッ! ということで不可能を可能にする男のいる南青山の美容室に行って「バイデン氏にしてください!」とお願いしたところ、スゴイことになった!

・トランプ氏にも挑戦していた

訪ねたのは、南青山の美容室「SHEA.aoyama」だ。ここには私が「ゴッドハンド」と呼ぶ美容師がいる。賢明な読者の皆さんならご存じだろう。佐藤幸治さんだ。彼は容姿の異なる5人の男をキムタクにし、最近では当編集部の中澤星児を人気漫画『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)にしたハイパー超絶技巧派美容師なのである。


そういえば、今から4年前の2016年に彼にドナルド・トランプ現大統領にしてもらったこともあったなあ。


今となってはアレも良き思い出だ。本人にそっくりになりすぎて、米ワシントンポストに取り上げられたこともあったっけ。


ということで、ゴッドハンドのお店に行き、さっそく写真を見せてお願いした。


佐藤「さっさん(佐藤幸治)、今回コレでお願いします」


幸治「どれどれ?」


幸治「ば、ばいでんやん!!」


幸治「しょうがないですね。やりましょう!」

佐藤「さすが、さっさん!」

・いざ、バイデン氏に

ということで施術開始。髪の長さはそれほど変化をつける必要がないので、毛量を減らすために軽く鋤(す)いてもらった。やはりメインになるのは髪色である。私は毛が太いために、色を抜くのに手間がかかるとのことだった。まずは2人がかりでたっぷりと脱色剤を塗り込み、毛色を抜きにかかる。



薬剤を塗布後、約10分程度放置して1回目の洗髪。これ1回で真っ白になるといいんだけどな~。この段階でやや頭皮が痛い……。髪は真っ白になったのか?


バリバリ金髪やんけ!


これじゃあ、トランプ氏になってしまうじゃないか!? 4年ぶりの顔真似、全然似てねーーー!


・諦めたらトランプ止まり

続けて2回目の脱色。これ、頭皮がめっちゃ痛い! 白髪の道のりは険しい。ガマン、ガマンだ。途中であきらめたら、トランプ(金髪)止まりになってしまう。最後まであきらめるな!


痛みに耐えてようやく洗髪。白くなっててくれ! もう1回脱色は多分耐えられない……


髪を乾かすとかなりイイ感じになっている。だがしかし! 思った以上に雰囲気が若返ってしまった。46歳の私が36歳くらいの感じの若々しさになってしまったのである。目標としているのは77歳だ。


このままではマズイ! どうするゴッドハンド!?


と、その時だ。鏡を見つめるゴッドハンド佐藤の目が光った!!


思えば、ゴッドハンドとの付き合いは10年近くになる。2013年に「デビッド・ボウイにしてください!」とお願いし、その翌年には「氷室京介にしてください!」。続く2015年には「hyde(ハイド)にしてください!」「関口メンディーにしてください!」とお願いし続けて今に至っている。その度に彼は奇跡を起こし続けてきた。


きっと今回もやってくれるはずだ! 信じているぞ、ゴッドハンド佐藤!!



……そして奇跡が起きた……

………理想の白髪の完成だ………



バイデン氏!


この髪型は理想的な白髪! ほぼバイデン氏になれたと言って良いだろう!


私の顔が下品なせいで、バイデン氏のような品格は感じられないかもしれないけど、髪型には紳士的な雰囲気が漂っている。一瞬若返りかけたところを、力技で70代の風格をまとわるとは、おそるべしゴッドハンド佐藤!


青いプラカードを前にすると、完全に仕上がっている!!


・街に出よう!

さっそく街へ出かけてみよう! マクドナルドに来たバイデン氏!


東京タワーに来たバイデン氏!



車のヘッドライトを浴びるバイデン氏!



という訳で、4年越しで1人で大統領選を再現することになるとは思わなかった。


長年の夢が叶って白髪にできたことをうれしく思う。それにしてもゴッドハンド佐藤、おそるべしである。またしても不可能を可能にしてしまった。彼に再現できない髪型は、ないのかもしれない……。

協力:SHEA.aoyama
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24