中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを弾いてます。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われました。

「中澤星児」担当の記事

【立ちそば放浪記】700円で味わえる伝統の関東そば! 新宿『永坂更科布屋太兵衛』の豚天そばに思わず目頭が熱くなった!!

2016年も始まって4日が経過した。毎年新年が明けると、異世界に迷い込んだかのように街から人影が消える。そして、三が日を越えたこの時期から、普段の喧騒を取り戻し始める。もはやこれは東京の風物詩と言ってもいいだろう。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。新年一発目は、そんな風物詩が存在しなかっただろう220年前からこの街を見守る超老舗そば屋。その名も『永坂更科布屋太兵衛』だ。伝統の味が700円で味わえるという話を聞いて、新宿メトロ食堂街へ新年早々ひとっ走りしてきたぞ!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】『PLAYBOY』の福袋(1080円)を買ったら一瞬で紳士になれた件

男ならば誰でも1度はその名を聞いたことがあるだろう雑誌『PLAYBOY』。このブランドのロゴマークであるウサギは、世界で最も有名なロゴの1つであるという。そんな世界中の男たちの夢が詰まったこのブランドが福袋を1080円で販売していたので、さっそく購入してみたら……一瞬で紳士になれちゃった

続きを全部読む

【2016年福袋特集】怪しげなアミューズメントショップ『ラムタラ』の福袋(2160円)を大公開 / 看板のインド人もビックリの “闇鍋” 感!!

秋葉原を歩いていると目につくのが、チープな電飾がチカチカ光る怪しげな店。人呼んでアミューズメントショップ。ぎゅうぎゅうにフィギュアやアイドルDVDが詰め込まれた狭い店内はカオスと呼ぶにふさわしい。

そんなアミューズメントショップの中でもひときわ怪しげなオーラを放っているのが、看板に謎のインド人が描かれている『ラムタラ』。怖いもの見たさでこの店の福袋を購入してみたら、看板のインド人もビックリするレベルの “闇鍋” 感だった──

続きを全部読む

【2016年福袋特集】ダイオウグソクムシの標本が当たる!? 『サンシャイン水族館』の福袋(3780円)の中身を大公開!!

福袋と言えば、醍醐味の1つに何が入っているかわからないドキドキ感があげられるだろう。そしてそんなドキドキ感を味わいたい人におススメしたいのが、池袋『サンシャイン水族館』の福袋(3780円)だ。なんとここの福袋は、当たりを引くと深海生物・ダイオウグソクムシの標本が手に入るという。

限定150個のみ販売されるこの福袋を入手するため、私(中澤)は2016年1月1日から水族館にいた。はたして、ダイオウグソクムシを入手することはできるのだろうか?

続きを全部読む

【2016年福袋特集】『アニメガ』の「弱虫ペダル福袋(2000円)」をネタバレ大公開 / しのぎを削る総北と箱根にファン歓喜待ったなし!!

テレビアニメの第3期制作決定が発表されたロードレースアニメ『弱虫ペダル』。友情・努力・勝利の王道を行くストーリーは、週刊少年ジャンプのお株を奪う熱さを持っている。

そんなこの作品の福袋が、新宿マルイアネックスの『アニメガ』で販売されていた。値段は税別2000円とお手頃価格。さっそく編集部に持ち帰り、開封してみると、主人公が所属する総北高校とライバルの箱根学園が袋の中でもしのぎを削っていた──

続きを全部読む

【2016年福袋特集】『アニメガ』の「ラブライブ福袋(2000円)」をネタバレ大公開 / 内容は5倍以上! ラブライバーは買うべき!!

昨年2015年、紅白歌合戦にも出演したアニメ「ラブライブ!」のアイドルグループ・μ’s(ミューズ)。今年の3月にこのグループの解散ワンマンライブが決定しているが、いまだに解散を阻止したい気分の人は多いんじゃなかろうか? っていうか、私(中澤)だ。……わかってはいたのだ。μ’sがいずれ解散するということは。

むしろ、はっきりケジメをつけてくれる今回のワンマンは祝うべきことなのかもしれない。でも、あと少し……神様、もう少しだけ彼女たちを見ていたいんです。そんな気持ちで新宿マルイアネックスのアニメショップ『アニメガ』に足を運び、購入した「ラブライブ福袋(2000円)」の中身を公開しよう。

続きを全部読む

【2016年福袋特集】外国人観光客にもおススメ!『ラオックス』秋葉原店のFate袋(1万円)の中身を大公開!!

晴れた空に誘われて風が吹くまま気の向くまま。秋葉原をぶらぶら歩いていると、免税店である『ラオックス』が福袋を販売していた。目を引かれたのは、その福袋に並ぶ文字。Fateに艦これ、ラブライブ、刀剣乱舞……。ラオックスがこのサイズ、値段で福袋を出すということは……やっべーこれ “買い” だ!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】満足度4800%!『アニメイト』の福袋(1000円)を大公開!!

「アニメのことならアニメイト!」というキャッチフレーズの通り、アニメファンがグッズを購入したい時の力強い味方であるアニメイト。私(中澤)が初めてこの店を訪れたのは小学6年生の時。地元の田舎からこの店までは電車で1時間。初めて1人で電車に乗ったあの旅によって、私は1段大人の階段を登った

そんなこの店が、本日2016年1月2日から福袋の販売を開始したので突撃してみたのだが……値段、内容、ともに予想のはるか上を行くぶっ飛びっぷりだった。なにせ中身の総額を計算してみたら福袋の値段の実に48倍! 4800パーセントの内容だったのだ。

続きを全部読む

【2016年福袋特集】限定グッズあり!「エヴァンゲリオンストア」福袋(8000円)の中身を大公開!!

地上波の放送から20年が経つにもかかわらず、いまだに人気のアニメ・エヴァンゲリオン。新作である『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を今か今かと待っているファンも多いことだろう。

そんなこの作品のグッズを専門に取り扱っている「エヴァンゲリオンストア」が本日2016年1月1日から福袋(8000円)の販売を開始した。地上波放送当時、主人公・碇シンジ君と同世代だった私(中澤)。これを買わずに何を買えというのか? そうと決まればエヴァンゲリオンストアに発進だ

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】2015年ウマかったそば屋ランキングベスト5

肌を刺すような寒さに負けじと灯る街の明かり。あわただしく行き交う人々の様子に新年の足音が聞こえるようだ。2015年もあとわずか。来年になってしまう前に今年を振り返ろう。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は年末総まとめ。今年「立ちそば放浪記」で訪れたそば屋でウマかった店ベスト5を発表したい。普段も厳選してお届けしているが、さらにその中でトップの栄冠を手にするのはどの店だろうか? これは立ちそばのパウンド・フォー・パウンドだ

続きを全部読む

超高級ファッションブランド・プラダで「1万円でコーディネートしてください」と言ったらこうなった

ファッションとは、ほとほと奥が深いものである。個々のアイテムがカッコ良くても、それぞれの色の相性やシルエットのバランスが悪ければ良さを殺してしまいかねない。すべてはセンスがモノを言うのだ。オシャレにまったく興味がない私(中澤)は、そういった服の合わせ方がわからない。

しかし、そんな私でもオシャレになる方法が1つだけある。センスある人にコーディネートしてもらうのだ。ファッションショップの店員さんに1万円以内でコーディネートしてもらうこのシリーズ。今年最後はなんと、世界でも高級ブランドで名を馳せる「プラダ」だ。ここの店員さんなら私をネクストステージに連れていってくれるに違いない

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2015年のお気に入り記事5選 〜中澤記者編〜

2015年もあとわずか。去年の11月に職を失って以来、この1年、山あり谷ありというか谷あり谷ありというか……山に見える部分が実は地面であるグランドキャニオンのような日々だった。朝起きて、自分の無色透明具合を突き付けられる毎日。無職だけに

そんな今年を振り返った時に、まごうことなき山が一つだけある。それはロケットニュース24のライターとして働き始めたこと。これは、グランドキャニオンの中にエベレストが出現したレベルの山だった。なんとかこの山を登り始めて4カ月。短いながらも足跡を振り返る意味も込めて、私(中澤)が執筆した記事の中で印象深いものを5つご紹介しよう。

続きを全部読む

【コミケ89】企業ブースの頑張りすぎた無料配布物5選

日本最大級の同人誌即売イベント「コミックマーケット」。近年では来場者数が50万人を超える熱い盛り上がりを見せている。コミケはもはや、アニメ、漫画好きだけのモノではなくなっているのかもしれない。その証拠に今回初参加のデパート「マルイ」を筆頭に、2回目の参加となる「NHK」など超有名どころの参加も増えている。

「コミックマーケット89」初日の本日2015年12月29日、そんな企業ブースを歩いていたらいろんな物が無料で手に入った。工夫を凝らした販促物は「これタダなん!?」と驚くようなものから、「誰得(笑)」と戸惑うようなモノまで様々だ。そんな頑張りすぎた販促物を5つピックアップしてご紹介しよう。

続きを全部読む

【豆知識】コメダ珈琲の名古屋と東京では配布されている豆菓子が違う

名古屋発祥の喫茶店である「コメダ珈琲」。その圧倒的ボリューム感で東京でもすっかり定着した感があるが、実はこの店の影の主役は注文した際にオマケでついてくる豆菓子だ。そのしょっぱい味は、甘いものを際立たせ、珈琲の箸休めとしてもグッド。どんなメニューにもしっくりくる有能さを発揮している。

そんな豆菓子が東京と名古屋で違うことを知っているだろうか。今までコメダの豆菓子と思っていたものは、本場コメダの豆菓子ではなかった!? そんな衝撃の事実が明かされたためレポートしたい。

続きを全部読む

年末年始におススメ! 動画配信サービス「Hulu」で無料視聴が可能なアニメベスト10

2015年もあとわずか。新年の足音が迫ってくる中、すでに仕事を納めた方もいるだろう。年末年始は一大イベントだが、忘年会などの行事が終わればあとは休み。年末特番や正月番組に飽きて、ありあまる時間を持て余してしまい、気づいたらアニメを見ているという人も多いのではないだろうか。……っていうか私(中澤)だ

そんな時に使えるのが、人気映画やテレビ番組などが2週間無料で見放題の動画配信サービス「Hulu」。だが、どんな番組を視聴できるのか知らない人もいると思われるので、アニメ歴15年の私がこのサイトで無料視聴できるアニメおススメトップ10をご紹介していきたい。年末年始はアニメの一気見で現実逃避だ!

続きを全部読む

【速報】『おそ松さん』が早くもフチ子化キタァァァアアア! 十四松やトッティがあなたのコップのフチに舞い降りる!!

2015年秋アニメの中でも、伝説の地上波1話再放送での大修正DVD&BD未収録など、いろんな意味で話題になっている『おそ松さん』。話題先行のアニメかと思いきや、9話の「恋する十四松」では芯の通った感動系の話をぶっこんできたりと、なかなかに侮れない実力を見せている。

そんな今期のじゃじゃ馬No.1兼ダークホースであるこの作品。なんと早くもフチ子化が決定したぞ。公開されたイメージを見てみると……ふむふむ、6つ子たちの個性がしっかり出ているじゃないか! これは期待できるんじゃないだろうか?

続きを全部読む

【超ライフハック】一人きりのクリスマスをツンデレ女の子と過ごす方法

「きっと君は来ない♪ 一人きりのクリスマス・イブ♪」山下達郎さんの『クリスマス・イブ』が今年2015年、30年連続オリコンチャートトップ100入りという偉業を達成した。一方、私(中澤)は、生まれて33年間、クリスマスを恋人と過ごしたことがない。ずっと君は来ない。「君が来ない」度では私の方が上だ。

そんな一人きりのクリスマスのプロである私。以前の記事で、クリスマスリア充になる方法をお伝えした。しかし、クリスマスの本番は夜! 今回は、聖夜をツンデレ女の子と過ごす禁断の超ライフハックをご紹介しよう。ちなみに、お金はかからないし勇気もいらない。この方法があればクリスマスなど恐れるに足らん!

続きを全部読む

【超ライフハック】一人きりのクリスマスでも超簡単にリア充になる方法 / リア充すぎて自分が爆発しないか不安になるレベル

「きっと君は来ない♪ 一人きりのクリスマス・イブ♪」君を待ち続けて33回目のクリスマス・イブ! 私(中澤)はこの時期を恋人と過ごしたことがない。そのため、クリスマスにまったく思い入れがなく、例年「リア充爆発しろ」というツイッターのつぶやきを見て、当日であることを知る。

今年も私には恋人はいない。でも、恋人がいなくても楽しむことってできると思うんだよね。鳴かぬなら、鳴かせてみせようホトトギス。一人きりのクリスマスのプロである私が、超簡単にリア充になる方法を伝授しよう。もはやクリスマスなど恐れるに足らん

続きを全部読む

クリスマスはカップルの入店お断り! 東京・八王子のスパゲティー屋「PiaPia」に行ってみたら居心地の良さMAXだった!!

色とりどりに輝くイルミネーション。鳴り響く愛の歌。街はすっかりクリスマスムード一色だ。ちなみに私(中澤)はクリスマスを恋人と過ごしたことがない。巷では非リア充と呼ばれる部類に入るだろう。この時期、1人で入った飲食店で周りの客が全員カップル&イチャコラしているとめちゃヘコむ。

そんな肩身の狭いこの時期の独り身たちにとって、神のごとき飲食店が存在したためご紹介しよう。その飲食店とは東京・八王子にある「PiaPia」というスパゲティー屋。なんとこの店は「12月24日カップル入店禁止」なのだという。もうこの時点で “神” 降臨だが、店を訪れてみると、メニューから店員さんまで居心地の良さMAXだった。

続きを全部読む

【ライブレポート】フラワーカンパニーズが結成26年でついに登りつめた夢の舞台! 武道館がライブハウスになった一夜

来る2015年12月19日、東京メトロ九段下駅にはライブハウスシーンで活躍するバンドマンや、ライブハウスに通うファンたちが集結していた。結成して26年ライブハウスで地道な活動を続けてきたフラワーカンパニーズが、ついに日本武道館の舞台に立ったのだ。

集まった人たちの表情は、うれしそうにハシャぐ人から緊張している人まで様々だが、誰もが自分のことのように成功を祈っていることがわかる。フラカンとはそういった魅力を持ったバンドなのである。そんなバンドとファンが一丸となった武道館の夜は、まるでライブハウスのようだった──

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 77
  4. 78
  5. 79
  6. 80
  7. 81
  8. 82
  9. 83
  10. 84
  11. 85
  12. 86
  13. 87