恵比寿と言えばセレブな街。私(中澤)みたいなしもじもの民は、年収チェックで引っかかって恵比寿の改札を出られないんじゃないだろうか? 匂い立つ高級感に、行く前からそんなことを考えてしまうのが恵比寿という街だ。要するに、歩くにはちょっとした気合いがいる

オシャレで綺麗なんだけど疲れる……。それが恵比寿に対する私のイメージだが、そんな街にもオアシスみたいな立ち食いそば屋があった。330円で十割そばってマジかよ

・恵比寿駅近

恵比寿駅前を歩いていると、「生冷麦・石臼挽き十割蕎麦」と書かれた看板が目に飛び込んで来た。まあ、恵比寿だし高いんだろうなあ……と思いきや

もりそば330円!!


十割のもりそばが330円だと!? 恵比寿じゃなくとも半端じゃないコスパの高さである。改めて店の名前を確認したところ『さ竹』という店のようだ

・確認してみよう

逆に大丈夫なのか? あまりに安いため不安がよぎる。量がめちゃくちゃ少なかったりする可能性も、恵比寿ならあるかもしれない。そこで、入店して確認してみることにした。

注文は券売機。もりそばは確かに330円で、相場が高めの肉そばでも500円だ。通常の立ち食いそば価格、されど十割! 私は震える指でもりそばのボタンを押した。

・330円の十割そばとは

チケットをカウンターに渡して数分後、「もりそばの方ー!」と呼ばれる。はたして、330円の十割そばとは一体どんなものなのか? 取りに行ってみたところ……


十分だ。

ひと目見てそう感じた。思っていたよりずっとしっかり量がある。食べてみると、量だけじゃなくコシもしっかりしていてウマイ

噛むとふわっと香るそばの風味。330円ってマジかよ……。通常でも食べごたえは十分。二枚盛りも480円と安いので、腹ペコなそば民もコスパの良さは体感できるはずだ。

・恵比寿のオアシス

しかも営業時間は7時から翌朝の5時。昼と夜でそれぞれ違う顔を持つ恵比寿だけに、この営業時間に救われる人も多いだろう。

とても恵比寿と思えないコスパを誇るこのそば屋。恵比寿そば難民の救世主になるだけでなく、セレブ街という雰囲気に気疲れした人にもオススメだ。まさに恵比寿のオアシス。ただの神そば屋だった。

・今回紹介した店舗の情報

店名 さ竹 恵比寿店
住所 東京都渋谷区恵比寿1-8-14
営業時間 7:00~翌5:00
定休日 無休

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼薬味にワカメがあるのも嬉しい

▼入り口には石臼が飾られていた

View this post on Instagram

また美しいそばに出会ってしまった。

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on