ラーメン二郎、家系、煮干しラーメンと、日本独自の進化を遂げているラーメン。海外にもそのオリジナリティーは轟いており、ラーメンを食べるために来日する人もいるのだとか

そんなブームの影響か、イギリスにもラーメン屋を発見。しかも、結構繁盛しているじゃないか! これだけ客がいるということはある程度はウマイに違いない。そこで、オススメメニューを注文してみた結果……

・お洒落なカフェかと思いきや

そのラーメン屋の名前は TONKOTSU。発見したのは、ロンドン東部のストラトフォードを歩いている時だ。昼ご飯を食べる店を探していたところ、オープン席も多数あるようなお洒落で広いカフェを発見

サンドイッチでもつまむか。それともパスタでも食べるか。そんなカフェメニューに想いを馳せながら店名をよく見てみると……TONKOTSU

変わった名前だ。日本語にも「豚骨」という言葉があるが、こんなお洒落なカフェの名前が日本語の「豚骨」であるはずがない。きっとイタリア語か何かで「親愛なる君へ」とかそういう言葉なんだろう。そう思いながらメニューを見たところ……


明らかにラーメンって書いてるゥゥゥウウウ

・大人気

それどころか餃子まであった。イギリスのラーメン屋か……ぶっちゃけちょっと怖い。が、次々と入店して来る客を見るにどうやら繁盛しているもよう。これだけ人気の店なのだから、日本っぽいラーメンが出てこなくとも、味的にはある程度ウマイに違いない。

そこで、メニューに赤丸がついてオススメされている「みそマッシュルームラーメン(10ポンド≒1300円)」を注文してみた。ちなみに、一緒に行動していたバンド『si,irene』のギタリスト木下は、「豚骨ラーメン(11ポンド≒1430円)」を注文。

・豚骨ラーメン

先に運ばれてきたのは豚骨ラーメンだ。白濁したつゆと黄金に輝く煮卵。意外とちゃんとした豚骨ラーメンに見える。食べた木下の感想によると「普通に豚骨ラーメンでウマイ」とのこと。私も少し分けてもらったが、麺も噛み応えのあるちょい固めで、基本的かつ正統派な豚骨ラーメンの味がした

日本の店でここよりダメなラーメンを出す店もあるだろう。それくらいクオリティーが高い。これはみそマッシュルームラーメンも期待できる……! と、その時、私のラーメンが運ばれて来た。

・みそマッシュルームラーメン

煮卵、ほうれん草、マッシュルーム、メンマが添えられているこのラーメン。見た目でちょっと引っかかるのがスープだ。スープがみそ汁みたいな濁り方をしているのである。これ、「みたい」じゃなくてみそ汁じゃね

一瞬そんな考えが頭をよぎったが、豚骨ラーメンの複雑な味を表現できている店が素人でも違いの分かるミスを犯すとは思えない。これも食べてみたらちゃんと濃厚なみそラーメンになっていることだろう。いただきます! パクッ……


マジか……


みそ汁だッ!!!!

いや、みそ汁ですらない。なぜなら、出汁が入っていないから。味噌をお湯でといただけの単調かつ薄い味である。具や麺はウマイのだが、スープが致命的すぎて空前絶後のマズさとなっていた。

・ネット上では高評価

後で調べたところ、このラーメン屋・TONKOTSUは、ネット上で日本人から本格派と高評価を受けている店のようだ。検索して出てくるのはそういう内容の口コミや記事ばかりである。

そんな情報を元に『TONKOTSU』に行く人もいるかもしれないので、ここに私から忠告を残しておきたい。いくらオススメされていても、みそラーメンには気をつけろ……と。

・今回紹介した店舗の情報

店名 TONKOTSU
住所 Unit 1, Endeavour Square International Quarter Stratford London E20 1JN
営業時間 月~木11:30~22:30 / 金・土11:30~23:00 / 日11:30~22:00
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼ラーメン屋とは思えない

▼人気のようだ

▼水にキュウリが入ってた。飲むとキュウリの風味がする