なかの (Nakano)

熱烈なさわやか信者。

「なかの」担当の記事

スシローの裏メニュー『マンゴーサワー』がマジウマすぎる件 / ムエタイ選手にタイキック食らったぐらい衝撃的美味

フライドポテトが日本一美味しいことで有名な回転寿司チェーンといえば、当然のごとく「スシロー」である。そんなスシローも最近ではおつまみのメニューが充実し、お酒を飲む人も増えてきたようだ。

スシローでは現在レモンサワーにホワイトサワー、日本酒にビールなどわりと豊富な種類のお酒を楽しめるが、スシローマニアいわく裏メニューの『マンゴーサワー』が超ウマいらしい。

続きを全部読む

ラーメン二郎マスターのあいだで「エア二郎」が流行 / 二郎の前で瞑想するだけで食べた気になる

デカ盛りの野菜と太麺、濃い味のスープで大人気のガッツリ系ラーメンといえば『ラーメン二郎』である。

二郎ファンたちは一般的に「ジロリアン」と呼ばれるのだが、さらにその上を行く人たち「二郎マスター」のあいだで最近ブームになっていることがあるらしい。

それは通称「エア二郎」。なんとラーメン二郎の前で瞑想をするだけで二郎を食った気分になれるという信じられない技術なのだが、実際にそれを行っているところを見せてくれるというので見に行ってみた。

続きを全部読む

大ブームの『熟成鮨』当日予約しやすい寿司店厳選2店 / 西荻窪「まるふく」川口「鮨 猪俣」

昨年は赤身の肉を熟成させ、旨味を引き出す『熟成肉』を使ったステーキ店や焼肉店が話題になったが、今年は『熟成鮨(じゅくせいすし)』が大ブームになっているらしい。熟成鮨とはその名のとおり、素材を熟成させて旨味を引き出し、寿司種に使った寿司である。

だが、魚を熟成させるには高い技術が必要なため、現在東京都内でも熟成鮨をメインにした寿司店は数えるほどしかなく、すでにグルメな人たちで予約がいっぱい。行くには数カ月待ち……といった店がほとんどなのだ。

「それでも熟成鮨をぜひ味わってみたい!」という人は多いだろう。当日でも予約しやすい熟成鮨を出すお店はないものか……と調査した結果、2店だけだが当日予約しやすい熟成鮨店を探し当てることに成功したので、ご紹介したいと思う。

続きを全部読む

美しすぎるおうちごはん研究家「天野いつか」が作った激ウマ『GetNavi餃子』が新宿と高田馬場で発売開始されてるぞ!

季節は夏真っ盛り! こんな暑い日は餃子とビールで一杯やりたいものだが、夏バテしそうな人にも餃子マニアにもぜひ食べて欲しい激ウマ餃子が、新宿と高田馬場で発売開始されてるぞ!

それはモノ雑誌ナンバーワン『GetNavi』と、おうちごはん研究家で超絶美人な「天野いつか」さんが考案した、夏バテ防止にも美白にも健康にも美容にも役立つ、名付けて『GetNavi餃子』である!

続きを全部読む

美味しい飲食店を口コミで知ることができる、人気グルメサイトといえば「食べログ」である。夕飯や飲み会の場所を探すのにも便利なサイトだが、残念なことに飲食店とのトラブルが起きているようだ。

そのトラブルとは、飲食店の掲載削除依頼を拒否し訴訟になるなどで、飲食店側から「掲載を止めて欲しい」という要望に応えないことから起きていることが多い。

そんななか、また千葉県にある6月末にオープンしたカフェ『百姓’S cafe』の店主が、食べログに対する不満の声を自身のブログに掲載していた。

続きを全部読む

【コスパ良い贅沢】6個で税込100円!日本一の激安たこ焼きチェーン『ファーストフード パクパク』がスゴい

たこ焼きは500円前後が相場。そう思っていた時期が僕にもありました。とある日、筆者が近所で買ってきた銀○こを会社で食べていると……。

「お前まだ銀○こなんてコスパ悪いもの食ってんのか! 究極に安くて激ウマなたこ焼きを食わせてやるからついてこい!」

――と、ロケットニュース編集部イチコスパを追求する男・コストパフォーマー佐藤にマジギレされてしまった。彼いわく、大阪人も失神するレベルのコスパ良いたこ焼き屋があるらしい。

続きを全部読む

沖縄・石垣島にある幻の島「浜島」に行ってみた / 日本とは思えない美しさに感動

沖縄県の離島・石垣島といえば、周辺に美しい海が広がっていることで知られている。石垣島でもっとも美しいビーチというと『川平湾』が有名だが、じつはそれに勝るとも劣らないビーチが存在する。

そのビーチとは、石垣島の船着場から船で少し行った場所にある『浜島』というところ。ここはなんと干潮になると真っ白いビーチが姿を現し、少しの時間だけ “幻の島” として上陸することができるのである。

続きを全部読む

プロブロガーのイケダハヤトさんが『アウトランダーPHEV』を購入したので「PHEVの理想と現実」をお教えしたいと思う

急速充電が可能、電気だけで走れてガソリンも使える。ラゲッジも広々でアウトドアにも最適なプラグインハイブリッドカーといえば『アウトランダーPHEV』だ。

新モデルも登場し、最近は高知県に移住されたプロブロガーのイケダハヤトさんもアウトランダーPHEVを購入。これからさらにアウトランダーPHEVが普及しそうである。

――だが、残念なお知らせもある。イケダさんはご自身のブログでアウトランダーPHEVについてかなり期待を持たれているようだが、現実はそんなに素晴らしいものではない。

続きを全部読む

ディズニーランドで閉園後隠れるとミッキーが来て「永遠に出られない夢の国へ連れて行かれる」というのは本当かマニアに聞いてみた

「カップルで行くと別れる」や、「地下に巨大カジノがあり、裏のゲストがギャンブルを楽しんでいる」など、さまざまな “都市伝説” がある大人気テーマパークといえば『東京ディズニーランド』である。

そんなディズニー都市伝説のなかでももっとも有名なのが「ディズニーランドで閉園後隠れると尋常じゃない雰囲気のミッキー(キャスト)が来て “永遠に出られない夢の国” へ連れて行かれる」という伝説ではないだろうか。

続きを全部読む

東京人が大阪で初めて丸1日運転してマジビビったこと11連発

筆者は休日にドライブを楽しむことが多いのだが、東京では特殊な地域を除き、あまり運転でビビったことは無かった。

だが、最近になって大阪を初めて1日ドライブしたところ「ま、まじっすかー!」とビビってしまうことが連発し、おおいに衝撃を受けたのである。

この話を大阪でよく運転する男性に言ってみたところ、なんと「いたって普通」という回答を得てしまった。彼に話した内容は、以下のとおりだ。

続きを全部読む

【刃牙道】烈海王が宮本武蔵に敗れ死亡!? 復活の方法を予想してみた

週刊少年チャンピオンで連載中の格闘マンガ『刃牙道』(ばきどう)で、人気キャラクターである「烈海王」が死亡したのではないか? と、インターネット上で話題になっている。

詳細は6月25日発売の週刊少年チャンピオンで明らかにされると思われるが、情報が確かならば「烈海王が現代に復活した剣豪・宮本武蔵に斬殺されてしまう」という衝撃的な展開になる。

続きを全部読む

【画像あり】フォトショいらずの美しさ! 日本最強の美魔女「水谷雅子」さんはリアルでも20代で通用する若さだった

1968年9月15日生まれで、愛知県出身。「20代にしか見えない!」と世界中で大ブレイク中の46歳美魔女といえば、『水谷雅子』さんだ。

水谷さんは20代のお子さんもいるというのに20代にしか見えない美貌を持つという、タイムパラドックス級美しさの自撮り写真を自身のブログによく投稿しているが、どれを見ても本当に美しい。

だが、一部では「フォトショップで加工してるんじゃねーの?」など、加工疑惑を持つ人もいる。はたして水谷さんは本当に20代の美しさを持っているのか? 水谷さんが登場するイベントがあったので、撮影しに行ってみたぞ!

続きを全部読む

1人前298円『スーパー玉出』の寿司が熟成鮨を思わせる美味しさ / 評論家「他ではマネできない味!5000円出しても良い」

大阪で最強のスーパーマーケットといえば、きっと思いつくのは『スーパー玉出』だろう。スーパーとは思えないギラギラした店舗は、一度見たら忘れることができない。

そんなスーパー玉出は1円セールを定期的に行う激安スーパーとしても知られているが、信じられないぐらいコストパフォーマンスに優れた惣菜や寿司なども多数置いてあるらしい。

続きを全部読む

【コラム】レストランでタバコが吸えるだけで食べログに低評価を付ける人はチラシの裏にでもレビューを書いてた方がいいと思う

先日、『グルメ口コミサイトで発見! 本当にあった「ヒドすぎる理由で低評価になった口コミ」ワースト5』という記事を執筆した。記事中ではグルメ口コミサイトに付けられた評価のなかでも、理不尽な理由について書かせていただいた。

そのなかで1位にしたのは「タバコが吸える」というだけで食べログに低評価を付けること。筆者(私)は非喫煙者であり、タバコの煙も得意ではないが、それだけの理由で “美味しくない” や “雰囲気が悪い” と、さも悪い店のように評価するのは、完全にお門違いだと思っている。

続きを全部読む

【バキライフハック】仕事を休むときに「烈海王のマネをした写真」を添付するとみんなが心配してくれる

板垣恵介先生が描く、人気格闘マンガといえば『グラップラー刃牙』シリーズだ。現在は『刃牙道』として少年チャンピオンに連載しているが、じつはバキに登場するキャラクターのマネをすると、毎日の生活に役立つことをご存じだろうか?

一部のバキマニアのあいだでは「バキライフハック」として知られているが、今回はそのひとつである「烈海王のマネをした写真をメールに添付すると仕事を休んだときみんなが心配してくれる」裏ワザについてお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

グルメ口コミサイトで発見!本当にあった「ヒドすぎる理由で低評価になった口コミ」ワースト5

ディナーやランチの場所を探すため、よく利用されるのが「グルメ口コミサイト」。店に行かずともお店の雰囲気や味を客視点で分かるため毎日のように見る人も少なくないと思う。

筆者(私)もかなりの頻度で使うのだが、そのなかでチラチラ見かけるのが「ヒドすぎる理由で低評価」を付けている人たち。マズかったり接客が最悪ならそういった評価になっても仕方がないが、明らかに客側が悪いといった事例も数多くある。

今回はそんな、本当にあった「ヒドすぎる理由で低評価になった口コミ」ワースト5をお伝えしたいと思う。ランキングは以下のとおりだ。

続きを全部読む

【マジかよ】山形県に「ほぼ韓国」の道の駅があるらしいので行ってみた『道の駅とざわ』

「道の駅」といえば、その土地の名物や農産物が直売所で販売されていたり、併設している飲食店でご当地メニューが食べられたりと、ドライバーにとっては休憩スポットや観光案内所としての役割も果たしている。

そんな地元の文化や生活を感じられる道の駅だが、山形県になぜか「ほぼ韓国」の道の駅があるらしい。しかもウワサによると、山形県らしさはほぼ皆無で、韓国らしさMAXの道の駅になっているのだという。

続きを全部読む

提供: サントリー

【マジかよ】サントリーが動物を採用開始!? イノベーション担当のウサギに話を聞いてみた

「佐藤さんってマジで救いようのない給料泥棒ですよね」、「社内ニートって陰で言われてますよ」と、会社の人たちから壮絶なことを言われ続けている佐藤記者。

確かに彼のことは筆者(私)も給料泥棒だと思っており、LINEで試しに言ってみたらマジギレされたこともある。そんなことも過ぎ去ったある日、彼がいきなり「動物園行こうぜ!」と誘ってきたのだ。

続きを全部読む

ぶっかけうどんのぶっかけ度が足りなかったので顔面に直接つゆをぶっかけてみた

日本を代表する麺料理といえばいろいろあるが、やはり『うどん』が一番人気! 特に讃岐うどんは専門店の数も多く、定期的に通う人も多いのではないだろうか。

そんな讃岐うどんはメニューのなかで「ぶっかけうどん」というものがあるが、ぶっかけマニアの佐藤記者からすると、“ただつゆを麺にかけるだけでイマイチぶっかけ感が足りない” のだという。

続きを全部読む

銀座の寿司屋で「おまかせ」を頼んだら身なりで料理やお会計が変わるのか?実際に試してみた

東京イチ華やかでセレブな街「銀座」。数多くの高級店が立ち並ぶ街でもあるが、やはり“銀座の寿司”といったら誰しも憧れるオトナの食事である。

一度は銀座の寿司屋で「おまかせで(キリッ)」なんて言って寿司を楽しみたいものだが、全身ユニクロでは寿司職人に「コイツ本当に金払えるのか?」と思われそうで心配になってくる。

見た目で本当に判断されるのかは分からないが、もしかするといちがいに「おまかせ」と言っても、客の身なりで提供する寿司やお会計が変わってきたりするのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 29