原田たかし (Takashi Harada)

ライター

福岡県出身の九州男児。中国・上海、東京など各地を転々としている。得意分野はスポーツ全般。自身はバスケ、ラグビー、サッカーを経験。好きなスポーツ選手はロナウジーニョ、ダルビッシュ有、上原浩治。お酒(特にビール)が好きだが、メタボの足音が忍び寄っているため最近は控え気味。運動はあまりしないので、せめてもの抵抗でロングブレスダイエットはしている。

「原田たかし」担当の記事

【福岡グルメ】本当においしい「焼きうどん」はお好み焼き屋にあり! 小倉の『いしん』はB級グルメと思えないほどウマかった!!

焼きうどん発祥の地として知られているのが、福岡県北九州市小倉。戦後間もない食糧難の時代に焼きそばを作ろうとしたが、中華そばが手に入らなかったため、手元にあった干しうどんを湯がいて焼きそばのように作った……それから歴史が始まったと言われている。

今では全国各地で食べられるどころか、アフリカのケニアで大ブレイクしているほど人気の焼きうどん。だが、やはり一度は発祥の地で味わってみたいもの。そこで地元の人にどこがおいしいのか尋ね、オススメされた『いしん』というお店に行ってみることにした。

続きを全部読む

【閲覧注意】高所恐怖症の人は見ちゃダメ! 一歩踏み外したら死ぬ場所で遊ぶ人たちによる狂気の映像集

閲覧注意。そう言われるような動画や画像は数あれども、今回ご紹介する動画「People Are Insane 2017 (Suicidal Edition)」は本当に気をつけた方がいいだろう。なにせ、映し出されるのは高所のオンパレード。これほど生と死がハッキリと見える動画も珍しいからだ。

収録されているのは、一歩踏み外したら死ぬほど高い場所で遊ぶ人たち。序盤から手のひらや足の裏など、体中からイヤな汗が噴き出すシーンが連発するので、高所恐怖症の人は今すぐ引き返そう。

続きを全部読む

クリスティアーノ・ロナウドの銅像がどう見てもホラーだとネット騒然

世界最高峰のサッカー選手のひとりと言われており、誰もが認めるスーパースターのクリスティアーノ・ロナウド。鍛え抜かれた肉体美はまるで彫刻のようであり、超がつくほどイケメンなのはご存知の通りだ。

これまで数々の名誉を手にしてきた彼だが、またしても偉業を讃えられることになった。先日、故郷のポルトガル・マデイラ島の空港が「マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港」に改名されたのである。ただし、それに伴い公開された銅像がネットを騒然とさせている。

続きを全部読む

日本のイケメン男子バレー選手が試合中にキスした動画が海外で人気沸騰中

2017年3月25日から26日にかけ、埼玉県の深谷市総合体育館(深谷ビッグタートル)でVリーグのオールスターゲームが行われた。今季限りで引退するサオリンこと木村沙織選手が現役最後のプレーを披露したのは周知の通りだが、ここにきて男子バレーのワンシーンが海外で人気となっている。

その中身とはズバリ「男同士のキス」。なんと試合中にもかかわらず、キスをした選手がいたというのである! その様子は、ダ・ゾーンが Twitter に公開した動画で確認可能だぞーん。

続きを全部読む

【元気が出る動画】大阪のアイドルに360度囲まれるVR映像が何度でも見返してしまう謎の中毒性

2017年にアニバーサリーを迎えるものといえば、ニコン100周年、リカちゃん50周年、さらにはFFの30周年など、そうそうたる名前が並ぶ。だが、忘れてはいけないのが、大阪のオバチャン(アイドル)ユニット「オバチャーン」の5周年ということである。

「絡んでくるアイドル」をコンセプトにした彼女たち。公式HPには「奇跡の5周年ですが、目立った予定はありません」と書いてあるものの、新たな挑戦をしていたのでご報告しておこう。なんと高解像360度PVを公開していたのだ!

続きを全部読む

脳を揺さぶる超濃厚ラーメンは中毒不可避! 初めて体験した「富山ブラック」で天国を見た

黒部ダムをはじめ、高岡大仏、世界一美しいスタバなどが有名な富山県。日本海に面しているため魚介類がおいしいことでも知られているが、もし訪れたならば是が非でも食べておきたいのが「富山ブラック」だ。

周知の通り、スープが真っ黒な醤油ラーメンは富山県ならではの一品。もちろん、初めて富山県を訪れた私(筆者)も食べることにした。ただ、とあるラーメン店は一発目から中毒不可避。脳を揺さぶられるようなガツンとくるラーメンを提供してくれたのには驚いた。

続きを全部読む

髪の毛を2メートル30センチまで伸ばすとこうなる! リアルラプンツェルな女性がラドビアにいた!!

髪を伸ばし続けるのは根気がいる。長くなればなるほど手入れに時間がかかり、シャンプーするにも一苦労。ブラッシングやドライヤーなどまで考えると、気の遠くなるような作業と言ってもいいからだ。

それだけに、ロングヘアに憧れつつも断念して切ってしまう人は多いものだが、海外には驚くべき長さまで髪の毛を伸ばした女性がいた。その長さは、自分の身長を超えながらもまだまだ伸びているという。

続きを全部読む

【珍動画】テニスの試合にまさかのイグアナ乱入 → コート内を大暴走して試合は一時中断する羽目に

日本ではまず見られないが、海外のスポーツの試合ではごくまれに「乱入劇」が起きる。熱狂したファンが大暴走し、警備員に取り押さえられる……なんて光景は見たことのある人も多いだろう。

思わぬ来客は動物の場合もあるのだが、先日行われたテニスの試合でこれまでにない珍客が訪問! なんとまさかのイグアナが登場し、試合は一時中断する羽目になってしまった。

続きを全部読む

マレーシアの「美人すぎる警察官」に世界が熱狂! ギャップに萌えまくる男性がネットで増殖中

男とは悲しい生き物だ。なぜなら、ネット上で「美人すぎる◯◯」なんて表現があればマッハの速さでポチッとな。どうせ釣りなんでしょなんて思いながらも、どこかで期待しておりクリックしてしまうからである。

だが、今回ばかりは見て損なしと断言できる。話題になっている「美人すぎる警察官」はマジのマジで美人。彼女に捕まるなら本望と思ってしまうほどの美貌を兼ね備えているのだ。

続きを全部読む

【限定100食】究極の無化調ラーメンは北九州にあり! 至高の一杯を提供する『無法松』は唯一無二の人気店

昔から「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、新しい土地へ行った時に頼りになるのは地元の人の存在だ。彼らが「ここはウマいよ」なんて飲食店をオススメしようものなら、まず外さないと思っていいだろう。

そして「日本一過激とも言われる成人式」で有名な福岡県北九州市には、数多くのラーメン店があるのだが、地元の人の話によれば中でも人気なのが「無法松」という店らしい。何でも行列ができるほどのウマさで、早い時間にラーメンが売り切れになることだって珍しくないという。

続きを全部読む

【世界美女探訪】タイのナースが天使すぎ! 自ら足を折って入院したくなるほど激カワだと海外で話題

人生において、できるなら避けたいことのひとつに「入院」がある。それもそのはず、入院するということはタダごとではない証拠。痛い思いをする上、自由に動けない場合がほとんどだからだ。……ところが!

現在、中国を中心に「タイでの入院(診察)」を希望する男性が増え続ける異常事態が発生している。その理由は単純明快で、とあるナースが激カワ! 心の底から「白衣の天使」と言えるほどの美貌を兼ね備えているのだ。

続きを全部読む

アジア最終予選の不吉なジンクスを完全打破! キリンがまさかの突破記念ビールをもう作ってる

いよいよ、ロシアに向けたアジア最終予選の後半戦が本日23日から始まる。グループBの日本は、ここまで3勝1敗1分(勝ち点10)で2位。初戦のUAE戦を落とし、最終予選の初戦で敗れたチームの予選突破確率は0%なんてジンクスも騒がれていたが、前半戦を巻き返して本大会出場圏内につけている。

ただ、2位といえども決して楽観視できないのが最終予選。なにせ、グループBは勝ち点1差の中に4カ国がひしめく大混戦なことに加え、日本の後半戦はアウェーの中東戦が続く。すべてが絶対に負けられない戦いであり、簡単な試合などひとつもないからだ。

続きを全部読む

【WBC】日本の「鳴り物応援」に国内外から賛否両論の声

2017年3月22日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の準決勝で日本代表「侍ジャパン」はアメリカ代表に敗れ、2大会連続の4強に終わった。1点が遠い緊迫した試合展開だったが、その中で意外な方向から注目を浴びたのがトランペットや笛などの「鳴り物」による応援だ。

なぜなら、準決勝の舞台となったドジャースタジアムは通常であれば鳴り物禁止。2009年のWBCを振り返っても、アメリカの地で鳴り物による応援は認められていなかったからである。

続きを全部読む

【検証】新方式タバコは臭くないってホント? 非喫煙者にアイコスとプルームテックを嗅いでもらった

時代の流れもあってか、新方式タバコが人気となっている今日この頃。加熱式のiQOS(アイコス)をはじめとする各商品は売り切れ続出。時間が経ってもなお、入手困難な状況が続いている。

そんな新方式タバコの長所のひとつが「臭わないこと」だが、はたしてタバコ特有の臭いはどれだけ抑えられているものなのか。きっとタバコの臭いに敏感な非喫煙者ならば違いがわかるはず! ということで、非喫煙者の男性にアイコスとプルームテックの臭いを嗅いでもらうことにした。

続きを全部読む

【中国】どう考えても金目的だろっていう結婚式が見ている方まで辛くなるほど地獄絵図

人生における一大イベントといえば、なんと言っても結婚式。大好きな人と永遠の愛を誓い合う日は、周りの皆も幸せな気持ちとなり、笑顔が絶えない日となる……はずだ。しかし、世界は想像以上に広いもの。

よく見渡してみると、結婚式は必ずしも幸せになるとは限らない。なぜなら、どこからどう見ても夫婦関係が金目的。札束が乱舞する衝撃的な式が中国で挙げられていたからである!

続きを全部読む

ウマいとわかっていたのに山口県の海鮮丼は想像以上に極上だった / 下関市『おかもと鮮魚店』

日本海と瀬戸内海に面しており、豊かな自然に囲まれている山口県下関市。フグをはじめとする海の幸が有名なのは誰もが知るところだけに、そこで食べる海鮮丼は外す方が難しいと言ってもいいだろう。そう、土地が最高ならウマいことは最初からわかりきっていることである。

しかし、決まって存在するのが「ウマいとわかっている中で本当にウマいものを安く提供してくれる店」だ。ということで、下関で人気だという『おかもと鮮魚店』に行ってみたところ、これが想像以上に極上だった。

続きを全部読む

【さすがインド】踊りながら交通整理する警察官の仕事ぶりが完全にプロ

今日は踊りながら仕事します! もし日本で警察官がそんなこと言ったら上司に怒られてしまうかもしれないが、この広い世の中を見渡すとアッサリと許される場合もあるようだ。

というのも、隙あらばすぐに踊ってしまう国・インドで踊りながら仕事に励む警察官が出現。超ノリノリなダンスで交通整理をやっている上、洗練された動きでテキパキと車を誘導してみせたのである!

続きを全部読む

超高級車・ランボルギーニを自作しちゃった男

一度でいいから乗ってみたい。そんな車がイタリアの超高級スポーツカー「ランボルギーニ」。名前だけでなくボディーも最高にかっこいいだけに、男ならば憧れる車である。

ただ、ネックとなるのは高額な値段。目ん玉が飛び出るくらい高いので、必然的に手が届かない人の方が多くなる。しかしながら、とんでもない猛者(もさ)がマレーシアにいた! なんとランボルギーニを自作してしまったという。

続きを全部読む

器からはみ出しまくる「全長32センチのごぼう天」はもはや芸術! 本格派うどんで半世紀以上愛されている人気店『博多やりうどん』

昭和42年、福岡県北九州市の折尾駅で「やりうどん」が開業した。それから約半世紀……50年以上経った今でも愛され続けている人気店のうどんは、地元の人だけでなく、観光客の舌までもうならせる。

2016年12月、そんなやりうどんにひとつの転機があった。屋号を「博多やりうどん」に改め、味も一新。そして福岡空港内にも空間がオシャレなワンランク上の「別邸」をオープンさせたのだ。

続きを全部読む

『交響詩篇エウレカセブン』劇場版3部作の発表にネットは狂喜乱舞「生きてて良かった」「楽しみすぎ」

2005年から2006年にかけてテレビ放送され、圧倒的な人気を誇ったアニメ『交響詩篇エウレカセブン』。少年レントンが、ヒロイン・エウレカと出会い、世界を知る旅に出る……というストーリーは多くの視聴者の共感を呼び、2000年代を代表する作品となった。

あれから12年、新たな劇場版が『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』として公開されることが明らかになった。3部作として開幕するレントンとエウレカの物語は、すべてのセリフを再構築し、新作映像と再撮影された新たな映像で構成されるという。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 123