原田たかし (Takashi Harada)

ライター

福岡県出身の九州男児。得意分野はスポーツ全般。自身はバスケ、ラグビー、サッカーを経験。好きなスポーツ選手はロナウジーニョ、ダルビッシュ有、上原浩治、大谷翔平。競馬も好き。「万馬券原田」として、マンバくんとのシンクロ予想を連載中

「原田たかし」担当の記事

こんなPK見たことない! キャプテン翼でも再現できないスーパーセーブが激写される

11人 vs 11人のサッカーにおいて、ハッキリと1 vs 1になるシーンがPK(ペナルティーキック)だ。ほんの一瞬で結果が出るものの、キッカーとキーパーは人知れず高度な駆け引きをしている。

中にはヤマを張って先に飛ぶキーパーもいるが、海外から驚くべき映像が飛び込んできた。なんと逆に飛んで止めてしまったらしい。もはや漫画の世界、それこそ『キャプテン翼』の若島津くんの三角飛びでもやらない限り無理……と思いきや!

続きを全部読む

ムーディ勝山のインスタがヤバいと話題に

チャラチャッチャッチャラッチャ〜の歌い出しで始まる『右から来たものを左へ受け流すの歌』でブレイクしたムーディ勝山さん。一発屋芸人としてくくられがちだが、実は各地でレギュラー5本を抱える売れっ子でもある。

2007年の大ブレイクから約10年。さすがに当時と比べたらテレビへの露出は減ったものの、まだまだ笑いの才能は健在らしい。というのも、彼のインスタグラムがヤバいとSNSで話題になっているのである。

続きを全部読む

【ポケモンGO】レイドできない田舎のぼっちトレーナーが東京で半年プレイしたらこうなった

自分、ちょっとだけ自慢してもいいですか? 人の自慢話なんて退屈だと思うかもしれませんが、まぁ温かい目で見てやってください。なにせ、ようやくポケモンGOでレベル40のMAXに到達したのです。今さらかもですけど、苦節2年半っ……!

しかも、スタート地点がド田舎だったので喜びもひとしおなのです。レイドバトルをやろうにも人が足りず。もはやポケモンGOが卵割りゲームと化していましたが、そんな私でも大きな目標を達成することができました。転機となったのは2018年春。なぜならば……

続きを全部読む

えび好き大歓喜! ファミマで売ってる「ごくぷりエビピラフ」がめちゃ低カロリーやん! と思いきや…

デブは甘え。そう自分に言い聞かせているが、なかなかどうして摂生というものは難しい。だって、あれもウマいしこれもウマい。米なんて最高にウマいし、気がついたら食べ過ぎていることも少なくない……というか毎日だ。

このままじゃイカンイカン……。そこで最近、商品のカロリー表示を意識して目を通しているのだが、ファミマである商品に目がいった。なんと「ごくぷりエビピラフ」なる商品が152kcal(100gあたり)だったのである。これって、かなり優秀なんじゃ!

続きを全部読む

ファミマの「ごろんとチキンライス」が激ウマ! これが冷凍食品なのか…と信じられないレベルで震えた

これが冷凍食品なのか……。久しぶりに震える一品に出会ってしまった。出どころはまさかのコンビニ。そう、ファミマの「ごろんとチキンライス(288円)」がマジのマジでウマかったのだ。

正直に言うと、食べる前はめっちゃナメていた。300円以下という安い値段なら商品のパッケージと違う実物が出てくることもあるし、どうせ “ごろん” もその類だろうと。ごろんならぬチョコンだろうと。……だがしかし!

続きを全部読む

止まらない止められない! 日清の「汁なし担々麺」が冷凍食品と思えないウマさでリピあり

久しぶりにビビビッときた。食べた瞬間、ビビビッときた。何のことかというと、日清が販売している「汁なし担々麺」である。寒くなってきたし、体が温まるようなものを食べようかな〜と買ってみたらマジかコレ!

もうね、ウマいウマいと言いながら食べてしまった。最近のレンチン技術は恐ろしいくらい進化しているが、ここまでウマく仕上げるとは脱帽した。しかも……しかもだ!

続きを全部読む

結果あり【競馬】ジャパンカップで外国人騎手を買うべき理由 / アーモンドアイは本当に死角なし?

いよいよアーモンドアイが古馬と激突だ。秋華賞からジャパンカップへというローテーションを見たら、誰もがこう思うだろう。あのジェンティルドンナの再現なるか──と。

説明するまでもないが、ジェンティルドンナは2012年度の三冠牝馬。ジャパンカップでは、当時の最強馬だったオルフェーヴルを退けて優勝した。あれから6年、同じく牝馬三冠を制したアーモンドアイはジャパンカップを勝てるのだろうか。

続きを全部読む

【ポケモンGO】ポケモンの色違いを考えた人は天才

なんて日だ……まさかこんな時が来るとは……。自分で自分を疑ったが、あの日の私は間違いなく喜んでいた。やたらとカイロスが出現するなと思いつつ、タップしたら茶色ではなく紫色にキラキラ光って出てきたのだ。

今さら説明するまでもないが、カイロスは超がつくほどの悪童ポケモン。アプリのリリース直後、10キロ卵から孵化してきてはトレーナーの心をボキボキに折ってきた。もはや「トレーナー殺し」とも言える存在で、最近ではフィールドに現れてタップしないのも珍しくない。百害あって一利なしのカイロス。なのに……それなのに……!!

続きを全部読む

【ピザの日】主要コンビニ3社の冷凍ピザで1番ウマいのはどれ? 食べ比べて王座についたのは…

本日11月20日は「ピザの日」。1995年、凸版印刷がピザをイタリア文化のシンボルとしてPRする日として制定したのだそうだ。また、ピザの原型であるピッツァマルゲリータ誕生に関係したウンベルト1世の妻・マルゲリータの誕生日でもあるらしい。

さて、せっかくの記念日ということで片っぱしからピザを宅配してもらって食べ比べよう……としたのだが、家がピザ屋敷になりそうなので方針転換。最近は冷凍食品のピザもウマいし、主要コンビニ3社のものからチャンピオンを決めることにした。

続きを全部読む

空気清浄機が反応するほどの香ばしさ! 冷凍食品の「サイコロステーキピラフ」が完全なる野郎メシ

肉だ……肉を食わせてくれっ……! そんな気持ちでスーパーの中を物色していると、「サイコロステーキピラフ」という文字が視界に飛び込んできた。販売元はニチレイで値段は299円。ステーキ入りなだけでなく、レンチンで簡単に作れるらしい。

これは買うしかなかろうもん! ということで買ってみたのだが、結論から言えばこれは完全なる野郎メシだった。ピリッと濃いめのタレがクセになるガッツリ系。こいつはイイぜぇ〜! 超イイぜぇ〜!!

続きを全部読む

ユニクロのフリースに寿命はあるの? 15年以上使い続けている男が買い換える目安を店員さんに聞いてみた

冬になれば断捨離(だんしゃり)の季節である。最近ググッと寒くなってきたこともあって、衣類を一新して衣替えをした人も多いだろう。しかし同時に、片付けをしようとして物を捨てられない人もいるはずだ。

かくいう私もその1人で、なかなかどうして物を捨てられない。決してケチな訳ではないが、ズタボロになるまで捨てらずにタンスをパンパンにしてしまう癖がある。ユニクロのフリースなんて15年以上使っているくらいだ。

続きを全部読む

日本人の舌に合う料理とはこのこと! 高級中華料理店の監修した「五目あんかけ焼きそば」が冷凍食品と思えないくらいウマくて昇天した

参った! 心の底から参った! 監修と名のつく冷凍食品は外さないとは思っていたが、家でここまでレベルの高い料理が食べられるとは……。

監修となればお店の看板もかかっているから中途半端ものは出せないし、妥協もしていないのも当然。それでもこれはスゴい! 高級中華店「広東名菜 赤坂璃宮」が監修したマルハニチロの「五目あんかけ焼きそば」はマジでウマかった。そりゃ発売から20周年を迎えるくらい支持を得られる訳だ。

続きを全部読む

ファミマで売ってる133円の激安冷凍食品「直火釜炒めの中華炒飯」を食べてみた

最近のコンビニってスゴい、ホントにスゴい。おいしいコーヒーが100円で飲めるだけでなく、ご飯や麺類など食べものの充実ぶりもハンパない。レンチンするだけで出来上がるラーメンやうどんも普通にウマいし、どれだけ進化しているのか分からないくらいだ。

セブンならセブンプレミアム、ローソンならローソンセレクトなどオリジナルブランドで出している食品は高いクオリティーを兼ね備えているものも多いが、最近気になる商品がある。ファミマの「お母さん食堂」がそうだ。

続きを全部読む

W杯で日本の悲願を打ち砕いた「ベルギーの高速カウンター」を上空から見ると…無駄が一切ない!

2018年も残すところ約2カ月、気がつけばあっという間に2019年になりそうだ。平成最後の今年、思い返せばいろんなことがあったが、記憶に残っているのは夏にロシアで開催されたサッカーW杯だろう。

突然の監督交代から怒涛の快進撃……賛否両論あった “時間稼ぎ” を経て日本代表は決勝トーナメントに駒を進めた。そして初のベスト8進出をかけた1回戦で、強豪ベルギーをあと一歩まで追い詰めるも届かなかった。悲願を打ち砕いたのは「完璧すぎる高速カウンター」だったが、改めてFIFAが斬新な動画を公開している。

続きを全部読む

結果あり【競馬】マイルチャンピオンシップは外国人騎手から買ったらプラス収支になるレース!? 大混戦を制するのはルメールではなく◯◯だと予想!

ルメール騎手が5週連続G1制覇とならなかったことで、記者の馬券はただの紙切れと化した。あれから数日、ショックは癒えて気持ち前向き。今はマイルチャンピオンシップで取り返すことだけを考えている。

さて、今年の同レースはメンバーを見ても予想が難解。日本人騎手の意地に期待したいものの、現状だと外国人騎手を買うのが良さそうだ。何しろこの秋、8レース中5勝(G1)と圧倒的な存在感を放っている。外国人騎手から買ったらプラス収支になる……!?

続きを全部読む

300円で「1人牛すき鍋」をしてみた

全国的に最高気温が20度を下回るようになってきて、いよいよ冬がすぐそこまでやってきた。寒いのはイヤだ……という人もいるだろうが、決して悪いことばかりではない。そう、寒くなったらなったで鍋がウマいのだ。

すでに牛丼チェーンなどが鍋メニューを開始しており、鍋ざんまいの日々を送るのもまたイイ。とてもイイのだが、いかんせん鍋とあって値段が少し高い。せめて500円以下、もう少し安くならないかとスーパーを物色したところ……あった、あった、牛すき鍋がありました! お値段300円なり!!

続きを全部読む

仕事が早い! ソフトバンクが「甲斐キャノン」グッズを発売

「甲斐キャノン」。これは日本シリーズで広島の盗塁を6回連続で刺したことで有名になった甲斐拓也選手(ソフトバンク)の強肩の愛称だ。もう少し広まるのが早ければ新語・流行語大賞にノミネートされたと思われる。

さて、そのスゴさは以前にお伝えした通り。現在開催中の日米野球でも炸裂したことでさらに知られるようになったが、ソフトバンクがさっそく甲斐キャノングッズを製作している。甲斐選手の送球も速いけど、ソフトバンクも仕事が早い!

続きを全部読む

最近の手品ってスゴい…世界最速で物を消す「台湾の魔術師」の実演動画が謎すぎてヤバい

えっ、最近の手品ってこんなにスゴいの……。そう思わずにいられない動画「Eric Chien 2018 Fism Grand Prix Act -Ribbon-」がYouTubeに投稿され、じわりじわりと再生数を伸ばしている。11月中旬の時点で130万回オーバーを記録中だ。

見る人を驚かせてまくっているのは、台湾の「消える魔術師」ことエリック・チェンという男性。「タネも仕掛けもありません」と言いつつも必ずどちらもあるのが手品だが、彼の技はとにかくヤバいの一言に尽きる。どうして……どうしてそうなるの……!?

続きを全部読む

【国内外の反応】実写版『名探偵ピカチュウ』の予告編が公開 / ネットの声「超怖い」「意外とカワイイ」

2018年11月13日(日本時間)、ついに実写版『名探偵ピカチュウ』の予告編が公開された。YouTubeにアップされた動画「POKÉMON Detective Pikachu – Official Trailer #1」では数々のポケモンたちが登場し、もちろん実写のピカチュウも自由自在に動き回る。

ただ、リアルさが追求されていることで賛否両論。「超怖い」「意外とカワイイ」「おっさん声」など、いろんな声がSNSで飛び交っているので紹介しよう。まずは国内の反応から見ていこう。

続きを全部読む

伝説の「新庄ホームスチール」を超えた! ドミニカの少年が忍者のような神走塁

4年ぶりに日米野球が開催されたことで、オフシーズンでも野球が盛り上がっている。桁違いのパワーや同じ人間とは思えないスピードなど、改めてメジャーリーガーの身体能力の高さを感じている人も多いだろう。

そんななか、驚がくの映像が海外から飛び込んできたので紹介しておきたい。舞台はドミニカ共和国。プレーしているのは少年たちだが、ただの動画だと思うなかれ。あの「新庄ホームスチール」を超えたとも言えるプレーが収録されているのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 138