「Android」にまつわる記事

無料のクラウドサービス『SkyDesk』がAndroidに公式対応! 快適すぎて他のツール使えないレベル

スケジュール・ドキュメントの管理・共有ができ、顧客管理や名刺管理までできてしまう鬼のような無料クラウドサービス『SkyDesk』が、Androidに公式対応していたことが判明した。これまでは外出先での使用は、iOS端末向けにアプリ(SkyDeskMobile)のみだったのだが、ここへ来てAndroidでもサービスの利用が可能になったのである。これに勝るツールはほかにないのではないか? と思うほど快適だぞ!

続きを全部読む

【日本初】全商品がSIMフリー! 常時100機種以上も揃っている最強レベルのアンドロイド専門店が登場!!

iPhoneユーザーが多い昨今だが、Android(アンドロイド)ユーザーも実は多い! なんせ様々なメーカーからスマホが発売されており、その大多数がAndroidスマホだからである。最新を追うスマホファンならば、Androidにも意識を向けていくべきだろう。

そんななか! 日本最強レベルと言っても過言ではない、イー・モバイル&Android専門店が六本木にオープンしたぞ。アンドロイドグッズ・スマートフォン・タブレットPCを含め、常時100種類以上の商品が揃っており、なんと全商品がSIMフリー! 好きな機種に好きな通信会社のSIMカードを入れて使えるのだ。

続きを全部読む

お~い、「Gゲーサンタ」さんに夢いっぱいのメール送るとマジで夢を叶えてくれるらしいぞ!

さあクリスマス。やってくるぞクリスマス。泣いても笑ってもクリスマスがやってくるぞ!

クリスマスのボスといえばサンタさん。世界にはいろいろなサンタさんがいるみたいだけど、「Gゲーサンタ」って名前のサンタさんに夢や希望を書いたメールを送ると、マジのマジで夢を叶えてくれるらしいのだ!

……ただし最大10人まで。この10人というシビアな数が、逆にリアルだ。というか、そもそも「Gゲーサンタ」って誰なんだ?

続きを全部読む

iPhone4S「Siri」とアンドロイド「Iris」を対話させたら全然わかり合えずメチャクチャになった

iPhone4Sの発売以来、音声アシスタント機能の「Siri」(シリー)が脚光を浴びている。これは、端末に話しかけるだけで、メールを送ってくれたりスケジュールを確認したりしてくれる大変便利な機能だ。

実はAndroid端末用にもSiri風のアプリ「Iris」(アイリス)が登場しているのだが、この2つを対話させたらどうなるかを実験したみた。その結果上手に言葉を聞き取り、一貫した回答を提供するSiriに対して、Irisはまったくうまく言葉を聞き取ることができず、挙句の果てにはひどい言葉を使い始めたのである。

続きを全部読む

Android-au.jpにアクセスすると新サイトにリダイレクトされる! 「未来は、選べる」ってどういう意味?

iPhone5がau(KDDI)から発表されるとの噂があるなか、同社は9月26日に2011年秋冬モデルを発表した。発表会では、田中孝司社長にiPhone5への質問が相次いだのだが、社長は「ノーコメント」を貫き、結局発売についての言及は避けたのである。

同社は世界的なシンガーのレディー・ガガや国民的アイドルの嵐を起用して、「Android au」を打ち出していた。iPhoneの販売では先行していたソフトバンク社を強くけん制するCMまで放映していたのである。

ところが、同社がiPhone5を扱うとの噂が流れた後に、Android auの公式ページは「Android(tm)au サイトは終了いたしました」の一文を残して真っ白になった。さらに現在は、新ページにリダイレクトされるようになっており、「未来は、選べる」との意味深な一文がデカデカと掲載されているのである。これは一体何を意味するのか?

続きを全部読む

iPhone au来るか! 「サイトは存在しません」のサイトが存在している

iPhone5がauから発売されるとの情報が噂されるなか、「Android au」の公式サイトが終了した。人気アイドルグループ「嵐」や世界的なシンガーのレディ・ガガなどを起用し、iPhoneをしのぐ勢いで大々的に宣伝をしていたのだが、今回の噂の後に説明もないままサイトが終了したのである。

この出来事にインターネットユーザーも驚きをあらわにしているのだが、さらなる事実が判明した。「iPhone-au.jp」というサイトが存在したのである。画面はAndroid auの終了告知ページと同様に真っ白なのだが、このURLが生きていることに間違いないようだ。

続きを全部読む

iPhoneユーザーの女性はHなことに積極的? それとも消極的?

私の名前は褌シメタロウ。日夜日常の些細な出来事について、深く思いを巡らし、実働時間を無視して記事を書いているライターである。さて今回は、スマートフォンについての議論について、お伝えしたいと思う。

昨年の話になるが、アメリカの調査会社が非常に興味深いスマフォの実態調査を行った。それは、iPhone、BlackBerry、Android、それぞれのユーザーに性経験人数を尋ねた。その結果、iPhoneユーザーが他のモバイルユーザーを凌いだのである。

しかも、30代女性の経験人数はAndroidユーザー6人に対して、iPhoneユーザーは12人と、2倍もの開きが出たのだ。

調査対象がアメリカだったのだが、日本ではどうだろうか? やはりHに積極的なのか、それとも消極的? 実際はどうなんだ。

続きを全部読む

パソコンでメールクライアントのアプリケーションを使っている人はいるだろうか? おそらくほとんど居ないのではないだろうか。海外のソフトウェア開発会社が、電子メールの使用環境について調査を行ったところ、ここ2年間でメールクライアントを使わなくなったという人が、増えているという。はっきり言ってしまえば、不要なソフトではないだろうか。

続きを全部読む

これは絶対イイ! iPhone用の取り付け式ゲームボタン

ゲーム好きのiPhoneユーザーに朗報中の朗報だ。これでゲームが遊びやすくなる! もっとプレイが楽しくなる! iPhone用のアナログゲームコントローラーが登場したぞ。このボタンを取り付ければ、楽にプレイできること確実だぞ。

続きを全部読む

これはイイ! スマートフォンを操作できる鼻「フィンガー・ノーズ」

重い荷物を持っているときや電車の中で、スマートフォンの扱いに苦慮したことはないだろうか。片手でモバイル本体を持ちながら、もう一方の手で画面をタッチするのは、手ぶらでない限り思うようにはいかない。そのわずらわしさを解消するために、画期的なアイテムが登場した。それが「フィンガー・ノーズ」だ。鼻に装着すると、自由自在に画面をタッチできるのである。

続きを全部読む

衝撃の事実、ドロイド君は体にドーナツを隠し持っていた!

スマートフォンOS「Android」のマスコットキャラクターとして、すっかりお馴染みのロボット(通称:ドロイド君)の知られざる内部が明らかになった。彼の体の中は、意外にも人間に近く、ハートと脳みそが備わっている。それにも増して驚きなのは、ドーナツを隠し持っていることだ。

続きを全部読む

4月の中旬、アップル社のiPhone4およびiPad3GSが、自動的に移動履歴を保存している事実が発覚した。これは1年間にわたって、位置情報を記録しているもので、最近までユーザーにも知らされていなかったことだ。保存期間が1年と長いため、個人のプライバシーに関わる問題であることに間違いはない。警察が捜査するうえでの、有力な証拠にさえなってしまうのだ。

最近になって、このことについて同社の顔役ともいえるスティーブ・ジョブズ氏が説明している。彼によれば、「我々は誰のことも追跡するつもりはない」という。

続きを全部読む

台湾のHTC社は3月末に開かれた「CTIA WIRELESS 2011」で、今夏をめどに裸眼3D(立体視)ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「HTC EVO 3D」の発売を発表した。モバイル市場で半ば独走状態にあるアップルが、これを黙って見過ごす訳がない。ある情報筋によると、アップルは独自の3D技術を、すでに特許庁に申請しており、3D版のiPod touchの発売を計画しているとの噂がある。

続きを全部読む

Androidマスコットキャラ「ドロイド君」のダンスがサクサクすぎて話題に

スマートフォンやタブレットPCのOSとして有名な「Android(アンドロイド)」。そのマスコットキャラクターである「ドロイド君」のダンスが気味悪いほどにサクサクだと世界中で話題になっている。

場所は台湾の超高層ビル「台北101」付近。ソニーの新スマートフォン「Xperia Arc(エクスペリア アーク)」のイベント会場だ。

続きを全部読む

3月22日、アマゾンがAndroidアプリケーションの販売を開始

米アマゾンは3月22日より、スマートフォンOS「Android」のアプリケーションの販売を開始する。現在アプリの販売は、主にGoogleが「Android Market」(以下:Market)で行っているのだが、いくつかのアプリについて、2社の間で価格が異なっているため、今後価格競争が激化するのではないかとの見方がある。
続きを全部読む

今年は「電子書籍元年」と言われているのだが、それを疑いたくなるような、衝撃の事実が判明した。講談社が出版する漫画雑誌「モーニング・ツー」のAndroid版のダウンロード数が、41号が18部、42号が20部。2号合わせても50部にも満たないのだ。この事実を同誌のTwitter公式アカウントが、「内部資料を流出させます」として明かしているのである。

続きを全部読む

音楽、動画、映画などのコンテンツ販売で独走しているアップルの「iTunes」。遅ればせながらここへ来て、Googleが巻き返しを図ろうとしているようだ。同社は2月に入ってから、「Honeycomb」と呼ばれるAndroidの最新版3.0を発表した。同OSを搭載したモトローラ社のタブレット端末「Xoom」の発売にあたって、音楽などのコンテンツ販売サービスを提供するGoogle Music Storeを開始するとの噂がささやかれているのだ。

続きを全部読む

ソニー・エリクソンが2月14日から開催される、世界最大の携帯電話トレードショー「Mobile World Congress」に出展を予定し予定ている「PlayStation Phone」(正式名称:Xperia Play)。Androidベースの同機の新CMが、ノルウェーの情報サイトを通じて、Youtube上に非公式で公開された。ゲームと電話が一体となった同機に期待が高まっているのだが、そのCMの内容がとても不気味で話題を呼んでいる。問題のCMはAndroidのマスコットのロボットに、人間の親指を縫い付けるという、驚くべきものなのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5