「稲葉翔子」にまつわる記事

【熱望】嵐が活動休止する前に『うたばん』の「中居くん vs 大野くん」が見たいです

国民的アイドルグループ「嵐」が2020年いっぱいでの活動休止を発表した。デビュー以来、全力で駆け抜けてきた5人──。本人たちが決めたことならば、外野がとやかく言うべきではないだろう。とりあえずは一旦、本当にお疲れ様でした。

さて、嵐ファンの方ならば活動休止までに「ライブに行きたい!」「映画が見たい!」「5人の絡みが見たい!」などと多くのリクエストがあると思うが、特に嵐ファンではない記者にも、たった1つだけお願いしたいことがある。それは “うたばん” ──。うたばんで、中居くんと大野くんの絡みがもう1度だけ見たい。

続きを全部読む

【松木節】サッカー日本代表の試合解説をする松木安太郎の口癖10連発

いよいよ開幕したアジアカップ、サッカー日本代表はトルクメニスタンとの初戦を3−2でなんとか勝利し、グループステージ突破に向けて貴重な勝ち点3を手にした。そして本日1月13日はオマーン戦(日本時間22:30キックオフ)、ここでも白星を重ねて王座奪還へ弾みをつけたいところだ。

試合は「NHK BS1」と「テレビ朝日系列」で放送されるが、テレ朝の解説はご存じ松木安太郎さん。松木さんと言えば、居酒屋で観戦しているかのような松木節で知られている。そこで今回は、松木さんが試合中に言いがちなセリフをまとめてみた。題して「サッカー日本代表の試合解説をする松木安太郎の口癖10連発」だ!

続きを全部読む

【クイズ】YOSHIKIが紅白歌合戦で「歴史上初」の快挙 → 〇〇で出演! さて何でしょう?

大晦日まであと3日。泣いても笑っても2018年最後の日だ。当日は大掃除をしたり、買い出しに行ったり、お正月の準備をしたりと忙しいと思う。一通り終わったら、後は紅白歌合戦でも見ながらのんびり過ごすのも悪くないだろう。

さて、大晦日に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」には、X JAPANのYOSHIKIさんも出演することになっている。ここでクエスチョンだ! 実はYOSHIKIさん、今年の紅白で歴史上初となる快挙を成し遂げているのだが、それは一体何でしょうか!?

続きを全部読む

医師に教えてもらった「受動喫煙をプールで例えたイラスト」を見て分煙の怖さを知った

受動喫煙に伏兵がいた。てっきり副流煙を吸わされることだけが受動喫煙かと思っていたら、そうじゃなかったなんて……。ってことを、以前の記事「禁煙外来で『呼気検査の数値』を見て言葉を失った」で紹介した。

その際、受動喫煙のヤバさに「軽く引いた」と記載したのだが、これから触れるものは「ドン引きした」と言っても差し支えない。なにかと言うと……受動喫煙をプールで例えたイラストだ。もしくは、分煙の問題点をプールで例えたイラストとも言えるかと思うが、定義的なものよりもまずはそのイラストを紹介しよう。

続きを全部読む

【競馬】2018年の世相から有馬記念のサイン馬券を予想する

平成最後の有馬記念がいよいよ2018年12月23日に開催される。有馬記念といえば、世相を表すことでも知られているG1だ。昨年、1年を表す一文字である「北」からキタサンブラックが優勝したことをはじめ、9.11事件の年にマンハッタンカフェ&アメリカンボス、他にも山本モナさんのアドマイヤモナークなど、気がついたらサインが出ていたなんてことが少なくない。

アーモンドアイが回避したことで混戦模様となった今年の有馬記念。2018年の世相で馬券を買うとしたらどんなサインが出ているのだろうか。今年1年を振り返ると、なんとこの馬がもっとも世相を反映していた。

続きを全部読む

【2018年】大谷翔平選手の全ホームラン総まとめ(動画あり)

2018年も早いもので年の瀬が近づいてきた。今年もいろんなことがあったが、日本中の期待を背負って活躍した1人に大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)がいる。二刀流でのメジャー挑戦は野球の世界観を変えてしまうものだったのではないだろうか。

ネット上ではあまりにスゴすぎて逆に驚く人が減るという現象が起きてしまうほどだったが、今回は改めて大谷選手の全ホームランを振り返りたい。全部で22発、それではさっそくいってみよう!

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2018年のお気に入り記事7選 ~P.K.サンジュン編~

1年は “アッ” という間に終わる。年を重ねれば重ねるほどその実感は強くなり、今年40歳になった私、P.K.サンジュンは、今年ほど猛スピードで過ぎ去った1年を知らない。きっと2019年は今年よりもさらに早く、マッハで時間は過ぎていくのだろう。

さて、今回は年末恒例の「ロケットニュース24記者が厳選する2018年のお気に入り記事」のP.K.サンジュン編をお届けする。ざっと見返したら今年は約700本の記事を執筆していたが、その中から私が印象的だったものをご覧いただきたい。

続きを全部読む

2018年に世界で活躍した日本人ランキングが発表される → 羽生結弦を抑えて1位に輝いたのは…

2018年も残すところあと20日ほど。光陰矢の如しとは言ったもので「今年も瞬く間に終わってしまった」という人も多いのではなかろうか? 2018年という年が、あなたにとって実り多き1年、もしくは来年以降につながる1年だったことを願いたい。

さて、今回は今年2018年に「世界で活躍した日本人ランキング」をお伝えしよう。スポーツ選手をはじめ、多くの有名人がランクインしているが、あなたは誰を思い浮かべるだろうか?

続きを全部読む

【大差】1000人に聞いた平成で最も輝いていた芸能人「SMAP」「明石家さんま」「ダウンタウン」を抑えて1位になったのは納得のあの人!

平成も残すところ約5カ月。突然だが、最もあなたの心に残っている平成のテレビ番組って何だろうか? 私(中澤)は『ダウンタウンのごっつええ感じ』だ。どこか皮肉のある強烈な笑いは、間違いなく伝説のコント番組の1つだろう。あれが日曜日の夜に放送されていたことに時代を感じる。

テレビが謳歌(おうか)した平成。そんな時代において最も輝いていた芸能人は誰か? 「SMAP」「明石家さんま」「ダウンタウン」を抑えて1位になったのは納得のあの人だった

続きを全部読む

スポーツ紙が報じない「千葉ロッテ・丸佳浩」が誕生するたった1つの理由

FA戦線が例年以上にアツい──。日本シリーズが終了し、ストーブリーグに突入したプロ野球。西武の浅村栄斗、オリックスの西勇輝らがFA宣言しているが、広島の「丸佳浩(まる よしひろ)」も目玉の1人である。

丸には巨人とロッテが興味を示しているとされ、広島も宣言残留を認める方針だという。おそらく多くのファンが「どうせ巨人か広島だろ?」とお考えだと思うが、千葉ロッテファンの記者から言わせると「千葉ロッテ・丸佳浩」が爆誕する予感がプンプンしている。それにはスポーツ紙などが報じないたった1つの理由があるからだ。

続きを全部読む

広島・丸、西武・浅村…FA権の行使は裏切り行為なのか

裏切り者! まさか出ていくわけないよね? プロ野球のオフシーズンでは、しばしばこのような言葉が聞かれる。FA(フリーエージェント)を宣言した選手に対するファンの声だ。応援しているチームから中心選手が離れるのは辛いため、その気持ちも分からなくはない。

しかし、権利は選手のもので行使するのも自由である。今オフは広島・丸選手、西武・浅村選手らの名前が毎日のように取り上げられているが、FA権を行使することは裏切り行為なのだろうか。

続きを全部読む

【実話】上司から突然「実は俺、ホモやねん」とカミングアウトされた話

最近なにかと話題になる「LGBT」という言葉。レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字を取り「セクシュアルマイノリティの総称」とされるワードだが、どうだろうか? あなたの知り合いや友人、家族にはLGBTの人がいるだろうか?

私、P.K.サンジュンには数名のLGBTの知人がいるが、初めて知り合ったのは今から15年ほど前に勤めていた「会社の上司」であった。今回はその上司からゲイであることをカミングアウトされたときの話をしたい。

続きを全部読む

大谷翔平はどうスゴいの? 野球にあまり詳しくない人にも分かるように説明してみた

投手として4勝2敗防御率3.31、打者として打率.285、326打数93安打22本塁打。これはメジャー1年目の大谷翔平選手(エンゼルス)が残した成績である。シーズン終盤こそ肘の故障で打者に専念したが、活躍は日々ニュースで報じられてきた通り。ホームランを量産して、打者・大谷のポテンシャルを見せつけた。

特に8月以降は凄まじく、メジャーリーガーも顔負けの強打者ぶり。ネット上では「まーた、大谷が打ったのか」なんて声も聞こえたように、ホームランを打つのが当たり前になっていた。改めてスゴさを考えてみると震えが止まらないファンは多いはずだが、野球に詳しくない人はこうも思うだろう。オオタニサンはどうスゴいの? って。

続きを全部読む

【苦手な人は閲覧注意】ゴキブリが耳に入った人の話

『ゴキブリ』は嫌われ虫の代表格と言っても過言ではないだろう。確かに、あの色と動きの不気味さといったら筆舌に尽くしがたい。見つければ新聞紙、もしくは殺虫剤を手に「悪・即・斬!」だ。しかし、ゴキブリであると言う理由だけで殺生はいけない。

むしろゴキブリ側から見れば、姿を見ただけで殺そうとする人間のほうが恐ろしい存在だろう。大小、種別にかかわらず命は大切にしなければならない。今回はひとつ、そのことが良くわかる実話をお届けしたい。ゴキブリが耳の中に入ってしまった哀れな少年の話である。

続きを全部読む

【クイズ】難読「妖怪」をあなたはいくつ読める!?『姑獲鳥』『陰摩羅鬼』など

私たちが日々お世話になっている「漢字」。ひらがなも良いが、漢字は見ただけで意味が想像できたりもするのでとても便利だ。とは言え、逆に何と読むのか、何を意味するのかサッパリ分からない漢字に遭遇する機会も少なくない。

特に難しいのが地名と人名で、最近の子どものキラキラネームは全く読める気がしない。しかし、名前が難しいのは人間だけではないぞ。「妖怪」の名前だって難しいのだ。以下に5つ挙げてみたので挑戦してくれよな。あなたはいくつ読めるだろうか……!?

続きを全部読む

引っ越しの初期費用を払った後に「入居拒否」された話 / キレまくるマンション自治会長 VS 俺のスルー技術

裏目……裏目っ! たま〜に心の中に芽生える「ちゃんとせなアカン」という気持ちが、まさかここまで裏目に出るとはっ! ほんと、止めときゃよかった……。引っ越し前の挨拶なんて、するんじゃなかった……!!

──そんな気持ちでいっぱいになったのは、私が引っ越しをする前日。新居であるマンションの管理人に、挨拶をしに行ったときのことだ。「明日、こちらに引っ越してくる和才と申します。よろしくお願いします」と挨拶したところ……管理人(推定60代)にこう言われたのである。

「あなたはうちのマンションに入居出来ません。引っ越しを中止してください。今の状態では、マンションの自治会長が許さないと思います」

続きを全部読む

『スター・ウォーズ』の関連作品が目白押し! 一体いくつプロジェクトが進行中なのかまとめてみた

映画史に残る名作は数あれど、『スター・ウォーズ』ほど映画界に “巨大帝国” を築き上げたシリーズは他に類を見ない。現にシリーズの関連作品は目白押しだ。

では一体いくつプロジェクトが進行中なのか、まとめてみたので紹介したいと思う。かなりの数になるだけに、シリーズの大ファンでも満腹状態になってしまうかもしれないぞ!

続きを全部読む

平成最後の夏休みに見たい「お化けアニメ」5選

記録的な猛暑からの台風、そしてコミケ……平成最後の夏はジェットコースターのように過ぎ去っていく。気づけばもうお盆の時期だ。

そして、この時期と言えばお化け。というわけで、平成最後の夏休みに見たい「お化けアニメ」を5つ厳選してご紹介したい。

続きを全部読む

【不発?】二宮和也 & 櫻井翔の熱愛スクープがそれほど大きな話題にならないたった1つの理由

「文春砲」といえば、2016年の新語流行語大賞にノミネートしたほど大きな影響力のある言葉だ。実際、週刊文春のスクープは芸能人のその後の活動に多大なる影響を与えることも珍しくない。まさに命取りになるような、“砲弾” の威力を持つ。

ところが、人気アイドル「嵐」の二宮和也さんと櫻井翔さんについて報じた熱愛スクープは、それほどの威力を持っていないかのようだ。本日2018年8月8日に公開された直撃取材の動画はまったくと言っていいほど話題になっていない。なぜだ? その理由は……。

続きを全部読む

【悲報】「だんご3兄弟」「世界に一つだけの花」に続く “史上3曲目のトリプルミリオン曲” が誕生したのに誰も知らないと話題

CDが売れなくなったと言われてからどれくらい経つだろう? かつてヒット曲は100万枚があたりまえ、すなわち “ミリオンヒット” してナンボ的な雰囲気があったが、最近ではミリオンヒットはおろか50万枚、30万枚、極端に言えば10万枚の壁すら厚いようだ。

そんな中、なんと史上3曲目となりトリプルミリオン、つまり300万枚を売り上げたCDがあることをご存じだろうか? 社会現象となった「だんご3兄弟」「世界に一つだけの花」に続く快挙を成し遂げたのは、AKB48通算52枚目のシングル曲『Teacher Teacher』である……って知らねえぇぇぇええ! 聞いたことねぇぇぇええええ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7