「稲葉翔子」にまつわる記事

平成最後の夏休みに見たい「お化けアニメ」5選

記録的な猛暑からの台風、そしてコミケ……平成最後の夏はジェットコースターのように過ぎ去っていく。気づけばもうお盆の時期だ。

そして、この時期と言えばお化け。というわけで、平成最後の夏休みに見たい「お化けアニメ」を5つ厳選してご紹介したい。

続きを全部読む

【不発?】二宮和也 & 櫻井翔の熱愛スクープがそれほど大きな話題にならないたった1つの理由

「文春砲」といえば、2016年の新語流行語大賞にノミネートしたほど大きな影響力のある言葉だ。実際、週刊文春のスクープは芸能人のその後の活動に多大なる影響を与えることも珍しくない。まさに命取りになるような、“砲弾” の威力を持つ。

ところが、人気アイドル「嵐」の二宮和也さんと櫻井翔さんについて報じた熱愛スクープは、それほどの威力を持っていないかのようだ。本日2018年8月8日に公開された直撃取材の動画はまったくと言っていいほど話題になっていない。なぜだ? その理由は……。

続きを全部読む

【悲報】「だんご3兄弟」「世界に一つだけの花」に続く “史上3曲目のトリプルミリオン曲” が誕生したのに誰も知らないと話題

CDが売れなくなったと言われてからどれくらい経つだろう? かつてヒット曲は100万枚があたりまえ、すなわち “ミリオンヒット” してナンボ的な雰囲気があったが、最近ではミリオンヒットはおろか50万枚、30万枚、極端に言えば10万枚の壁すら厚いようだ。

そんな中、なんと史上3曲目となりトリプルミリオン、つまり300万枚を売り上げたCDがあることをご存じだろうか? 社会現象となった「だんご3兄弟」「世界に一つだけの花」に続く快挙を成し遂げたのは、AKB48通算52枚目のシングル曲『Teacher Teacher』である……って知らねえぇぇぇええ! 聞いたことねぇぇぇええええ!!

続きを全部読む

【ちょ待てよ】長野名物「キムタクチャーハン」を食べてみた

全国には、その土地土地の名物がある。旅先で「〇〇名物」と書いてあると、つい食べてみたくなるのが人情だ。しかし、私(あひるねこ)は生まれてこの方、あそこまで興味を掻き立てられる名物を見たことがない。長野県塩尻市の「キムタクチャーハン」がまさにそうである。

キムタクのチャーハン……。それは、キムタク味のチャーハンということか? それとも、キムタクが考案したチャーハンということか? ぶっちゃけ、よく分からない。そこで実際に食べてみたのだが、結論から書こう。「キムタクチャーハン」は、マジのマジでキムタクだった。

続きを全部読む

石原さとみさんに熱愛報道! 盛大に取り乱すネット民が続出する事態に / 体調不良にさらなるダメージか!?

石原さとみさんといえば、国民的人気を誇る女優である。年代性別を問わず高い人気を誇り、何をやっても愛らしさがあふれ出してしまう稀有な存在だ。

その石原さんに熱愛報道! 週刊文春が、カリスマの若手起業家との沖縄旅行について報じたのである。この報道にネット民は盛大に取り乱している様子。起業すれば石原さんと付き合えると思い込んでいる人があらわれたり、あまりのショックに仕事が手につかず、明日欠勤することを宣言する人まで出る始末。おそるべし、石原さんの熱愛報道

続きを全部読む

【マジかよ】木村拓哉の『TOKIO電撃加入説』がなぜか一部でウワサされているもよう / 「加入する派」の根拠とは?

2018年5月6日、ジャニーズ事務所はTOKIOの山口達也さんとの契約解除を発表した。ジャニーズ事務所の決断を支持する声や反対する声が渦巻く中、いまネット上の一部で噂されているのが元SMAP「木村拓哉さんのTOKIO電撃加入説」だ。

確かに4人となったTOKIOの今後を心配する声は多いことだろう。それにしたって、あの木村拓哉さんがTOKIOに加入するとは到底思えない。果たして木村拓哉さんのTOKIO入りを確信する人には、どんな根拠があるというのだろうか?

続きを全部読む

【衝撃】意外と気付いてない人が多いけど「安室奈美恵引退」まで半年を切っているという事実

南から徐々に咲き始め、現在は東北地方の一部まで桜前線が上昇した。「春眠あかつきを覚えず」とは言ったもので、ぽかぽか陽気のため布団から出にくいシーズンでもある。花粉症の人にはツラいがやっぱり春はいいなぁ……って、みなさん大切なことをお忘れではなかろうか?

そう、昨年「2018年9月16日をもっての引退」を電撃発表した安室奈美恵さんの “Xデー” が刻一刻と近付いているのだ。数々の偉業を達成してきた安室さんの引退まで、もう残すところ5カ月ほど。みんな……心の準備はできているか?

続きを全部読む

ブラック企業を辞めた後に椎間板ヘルニアを発症して気づいた「たった1つの大事なこと」

突然ですが、「ブラック企業に勤めることで起きる一番の問題」って何だと思いますか? 長すぎる労働時間? 安すぎる給料? それとも、重苦しくなりがちな社内の空気でしょうか?

確かにそれらは相当に厄介な問題ですが、はっきり言って「一番の問題」ではありません。少なくとも、私が実際にブラック企業に勤務して感じた「一番の問題」ではありませんでした。では一体何が「一番の問題」なのかというのを以下で紹介したいと思います。

続きを全部読む

【ダイエットの結果】デブゴンと呼ばれた女が25kg痩せたら人生変わった / 痩せて良かったと思う4つのこと

なぜ人は痩せたいと思うのだろう? 健康のため? 美しくなりたいから? 理由は様々だと思うが、願いの強さは同じなのではないだろうか?

私もかつてBMI30近いおデブであった。しかし、そこから25kgの減量を達成。その結果、人生が変わったのだ。痩せてよかったなと思う4つのことを紹介したい。ダイエットのモチベーション維持に役立てていただければ幸いだ。

続きを全部読む

【オウム真理教】井上嘉浩死刑囚の恩師から聞いた話が忘れられない

麻原彰晃の風貌、サマナ服を着た信者、不気味なヘッドギア、地下鉄の出口付近にうずくまる人々と駅構内に突入する自衛隊……。「オウム真理教」と聞くと、これらのイメージが自動的に浮かんでくる人は今でも多いかと思う。

まさに私もその1人で、地下鉄サリン事件から23年が経とうとしているにもかかわらず、あの時テレビで見た映像はまだ記憶に焼き付いている。そして……私にとってもう1つ忘れられないのが、井上嘉浩(よしひろ)死刑囚の恩師が発した “あるひと言” なのだ。

続きを全部読む

ブラック企業の上司が言った「俺のカードで好きなのを買えよ」に一周回って感動した話 / 伝え方って大事!

世の中には、カッコイイ男のみが口にすることを許されるセリフがある。例えば、「俺のカードで好きなのを買えよ」ってセリフもそうだ。それはまるで映画。『プリティ・ウーマン』のリチャード・ギアであるが、いざ現実にその言葉を口にしようと思ったら……なかなか難しい。

まず、そう言えるだけの経済力がいる。気前の良さもいる。そして、その言葉がイヤミに響かないだけの “内面の清潔さ的なもの” もいる。どう考えても、ハードルが高いセリフであるが……そんなハードルをなぎ倒すようにして、カッコイイセリフを口にする人も世の中にはいるのだ。私が約10年前に出会った、ある上司のように……。

続きを全部読む

【実話】「あんたら、死にたいって考えたことあるか?」 自殺について大阪のおばちゃんに語られたことが忘れられないという話

Twitterや検索エンジンで「死にたい」「自殺」と検索すると、自殺防止センターやこころの健康相談室の連絡先が表示される。世の中、自殺はダメってことになってるらしい。

でも、どうして?

この疑問に対し全ての人を納得させられる答えを持つ人はいないのではないか? 私もわからない。わからないが、ある人の話から真剣に考えさせられたことはある。その話をしてくれたのは、学校の先生でもどこかのNPO法人でもなく、大阪のおばちゃんだった。

続きを全部読む

【実話】なぜ「援助交際」をしてはいけないの? 大阪のオバチャンが語った理由が強烈すぎ! 親や先生の説教より納得した話

なぜ “援助交際” をしてはいけないのか? 学校では「あなたの心と体が傷つくからナントカ」とか言うけどピンと来ない。お金という対価を払い、売る側も買う側も納得しているんじゃないの? 何がダメなの?

……なーんて質問をされたら、あなたはどう答えるだろう? そして同じ質問をしたら周りの大人は何と答えるだろう。

私は女子高生の頃、ある大人に「援交がダメな理由」を説教されたことがある。それが衝撃&衝撃&衝撃! 学校の先生や親の話よりずっと納得できる話だった。

続きを全部読む

狩野英孝さん、何を思ったか自らの体に「QRコード」のタトゥーを刻み込む → 実際に読み取ってみた結果

2017年の淫行騒動で芸能活動を自粛していたお笑い芸人の狩野英孝さん。復帰後はこれまで以上に体を張っており、先日もライオンに噛まれたりと話題に事欠かない。

そんな英孝ちゃんが、本日2018年2月15日、自身のブログやSNSでタトゥーを入れたことを告白した。どんなタトゥーを入れたのだろう? と思い見てみると、どういうわけか狩野さんは、「QRコード」を体に刻み込んでいたのである。

続きを全部読む

【事件】中国のスーパーで遭遇した「強烈おばちゃん」に財布から金を抜かれた話

中国に行くたび、彼ら中国人のパワフルさというか騒がしさというか、人の目を気にすることのないその自由さに驚かされる。むしろ我々日本人が大人しすぎるのかもしれないが、ああいった姿をうらやましく思うことがあるのは確かだ。

これは先日、私(あひるねこ)が中国四川省に行った時の話である。特に観光地でも何でもない、現地の人が行くような普通のスーパーに寄り買い物をした私は、そこであまりにも強烈なおばちゃんと遭遇(エンカウント)し、思わずその場に立ち尽くしたのであった。

続きを全部読む

【実録】インスタに「写真をお金にしませんか?」と怪しいメッセージがきた → 潜入した『スマホアフィリエイト説明会』の衝撃内容とは!?

あなたのSNSに「スマホでおこづかい稼ぎ♪」「月額5万円稼げます!」「楽チンな副業始めませんか?」……なんてメッセージが届いたことはないだろうか? ぶっちゃけどれも怪しく、視界に入っても既読スルー……なんて人も多いに違いない。

かく言う私(P.K.サンジュン)もその1人で、これまでは「どうせ業者でしょ?」と相手にしたことは無かった。だがしかし、彼らがどんなヤツらで、どんな手口で儲けているのかまでは知らない……。ならば私がとことん彼らに付き合ってみようではないか……!

続きを全部読む

【とばっちり?】氷室・小室・安室が引退 → なぜか「ムロツヨシさん」も心配されてしまう

本日2018年1月19日、音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を発表した。週刊誌に不倫疑惑を報じられたことで、その騒動の責任を取った形だ。

あまりにも突然な引退発表に日本中が衝撃を受けるなか、ネットでは騒動に無関係なある男性俳優を心配する声があがっているという。その俳優とは、ムロツヨシさんである。しかし、なぜムロさんなのだろうか? 理由は、ムロツヨシさんの名前そのものにあったのだ。

続きを全部読む

【なぜ?】ネット上で『こじるり千葉県知事待望論』が浮上する / 県民の声「千葉の未来を小島瑠璃子に任せたい」

今やテレビで見かけない日はないほど大人気の “こじるり” こと小島瑠璃子さん。結果論ではあるが、ぽっかり空いた “ベッキー枠” にはどうやら彼女が収まったようだ。そんな小島瑠璃子さんに『千葉県知事待望論』が持ち上がっている。

確かにこじるりは千葉県市原市出身だが、なぜ突然そんな話が出てきたのだろうか? どうやら理由は、2018年1月16日に放送された「踊る! さんま御殿!!」にあるようだ。

続きを全部読む

【疑問】広瀬すずのお兄さんが酒気帯び運転で捕まったけど、それってニュースにする必要あるの?

テレビ朝日によれば、静岡県警清水署は2018年1月15日、酒気帯び運転の疑いで無職・大石晃也容疑者を現行犯逮捕したという。注目はここからで、大石容疑者は女優の広瀬アリスさん、すずさん姉妹の兄……とのことである。

この報を聞いて記者が率直に感じたのは「それまでニュースになるの?」「テレビまで扱うこと?」ということだ。正直、改めて執筆することに迷いはあったが「有名人はどこまでニュースで報じられるべきか?」をこの機会に考えてみたい。

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2017年のお気に入り記事5選 〜和才雄一郎編~

ロケットニュースで今や毎年恒例になっている『私的ベスト』。各ライターが「自分で思う俺のベスト記事」を年末に発表する企画だが、この時期になると私(和才)はいつも頭が痛い。というのも……他のライターならいざ知らず、そもそも「私の私的ベストに興味がある人なんているのか?」と思わずにはいられないからだ。

ただひとつ確信を持って言えるのは、私の家族は楽しみに待ってくれているだろうということ。というわけで、ここはもう開き直り、自分の家族だけをターゲットに紹介をしたい。オトンと妹、見てるか? 要チェック……でもないわ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7