「稲葉翔子」の記事まとめ

解約寸前だった「Netflix」がなくてはならない存在にまでなった理由

今ではすっかりお馴染みになったサブスク。動画をはじめ、音楽、ファッション、さらには車などなど、いろんな分野でサービスが展開されている。

多くの人が1つくらい入っているだろうが、サブスクと切っても切れないのが「解約」の存在だ。ほったらかしにしておくと、ズルズルお金だけ引き落とされていくのはご存じの通り。

続きを全部読む

【いまさら感動】業務スーパーの『スパイシーカレーチキンレッグ(365円)』が神懸かったコスパとウマさ! カレー屋で出されても気付かないレベル

個人的に業務スーパー、イコール「安さに特化した店」というイメージがずっとあった。デカい! 大容量!! なのに安い! 最高ォォォオオ!! それが私(あひるねこ)の中の業スーだったのだが……まさかあんなウマい商品があるとは。

ええ、恥ずかしながら初めて食べましたよ。業務スーパーのレトルト食品『スパイシーカレーチキンレッグ』。各所で話題になっているのは何となく知っていたが、このウマさで税込365円って錯乱してんのか? 久々にスゴい商品と出会ってしまった。

続きを全部読む

【いまさら感動】オーケーで売ってる「トマト&バジルソース(314円)」が銀河最強のウマさ / 俺がプーさんだったらハチミツを捨ててこっちを舐めまくる

私(あひるねこ)は今、猛烈に感動している。そして同時に、猛烈に後悔している。激安スーパー「オーケー」で売られているパスタソース『ヴィット トマト&バジルソース』が、あまりにもウマすぎるからだ。

もっと早くこの商品の存在に気づいていれば……。悔やんでも悔やみきれないが、私のような人間をこれ以上増やさないためにも、今日はこの『ヴィット トマト&バジルソース』が銀河最強であることを全力でお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【動画あり】大谷翔平がアメリカでアニメ化! 第1話からドームの天井を突き破ってしまう……

メジャーに行く時は「通用しない」という業界人の声もあった大谷翔平選手。その後、メジャーリーグで巻き起こしている旋風はもはや説明の必要もないくらい報道されている。その報道を見る度、私(中澤)はこう思わずにいられない。「天才っているもんだなあ……」と。

アニメを越えた存在と言えるオオタニサン。そんな大谷翔平選手がなんとアニメ化されるという。アメリカで

続きを全部読む

ジャニーズ事務所「藤島ジュリー景子社長」の声明動画をジャニヲタはどう見たのか? 熱烈な香取慎吾ファンに聞いてみた

ジャニーズ事務所が激震に見舞われている。2023年5月14日、故・ジャニー喜多川前社長による性加害問題について、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長が動画で声明を発表した。これまでのいきさつについては割愛するが、ジャニーズ事務所にとってはかつてない試練であることは間違いない。

さて、ジャニーズを支えるジャニーズファンたちはこの声明をどのように捉えているのだろうか? 知人のジャニーズファン(特にかつては熱烈な香取慎吾ファンだった)の女性に意見を求めてみることにした。

続きを全部読む

【引退記念】おっさん9人が想像だけで「グレート・ムタ」に変身したらヤバいことになった!

男なら誰しも1度は「グレート・ムタ」に憧れるもの。そう、グレート・ムタとはプロレスラー「武藤敬司(むとう けいじ)」の別人格で「悪の化身」とも「魔界の住人」とも称される「愚零闘武多」のことである。

2023年1月、そのグレート・ムタは魔界へと去って行った。そして2.21(ニイテンニイイチ)東京ドーム大会では、武藤敬司もリングを去る。さようなら、グレート・ムタ。ありがとう、武藤敬司。今回は感謝の気持ちを込めて、おっさん9人が「グレート・ムタ」になってみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【競馬】2022年の世相から有馬記念のサイン馬券を大予想

2022年も残すところあとわずか。年末の風物詩にもいろいろあるが、絶対に外せないのが有馬記念である。言わずもがな年末の総決算とも言える競馬の大レースで、第67回を迎える今年の開催日は12月25日(日)──なんとクリスマス決戦だ。

当たり馬券という名のクリスマスプレゼントが届くのか、あるいはサンタさんからカツアゲされて寒い年末を過ごすことになるのか。それは天のみぞ知るところだが、できることなら当たる確率を高めたい。ってことで、2022年の世相から読み解く「サイン馬券」をお届けしよう。

続きを全部読む

※追記あり【実話】エヴァの「冬月コウゾウ」を結果的にストーキングしてしまった話 / 声優・清川元夢さんをしのんで

漫画やアニメのキャラクターにどれだけ会ってみたいと願っても、それが絶対に不可能であることを我々は知っている。小学校……いや、幼稚園に入る頃には「あ、どうやらこれは無理っぽいな」と気付き始めている。人はそうやって大人になっていくのだ。

しかし、その上であえて言わせてもらうが、私(あひるねこ)は過去に『エヴァ』の冬月コウゾウに会ったことがある。正確には、少し離れたところから見たことがある。さらに正確に書くなら……これは誤解を招く表現かもしれないが、数十分間にわたり跡(あと)をつけたことがある。

続きを全部読む

【韓国の今】BTSの兵役問題、団体活動休止や株価にまで影響しているんだと!? 一連の流れを詳しくまとめてみた

みんな元気セヨ! 今韓国を代表するK-POPアイドルグループは間違いなく防弾少年団、「BTS」だ。日本や中国などの韓国と文化的に近い国々では、ヨン様をはじめTWICEまでいわゆる「韓流」の人気は続いていたが、ここまで世界を舞台とするグループは今までなかった。

そんなBTS、彼らは今韓国で音楽活動ではなく別の問題で注目を浴びている。それは韓国人の男なら誰しもが一度は面と向かうこととなるイベント。「兵役問題」だ。今回の団体活動休止の件も兵役問題の影響もあると見られている中、そのBTSの兵役問題について詳しく書いてみた。

続きを全部読む

宮迫さんの「牛宮城」と同月に渋谷でオープンした “悲運の焼肉屋” に行ってみたら…めっちゃ穴場だった

牛宮城(ぎゅうぐうじょう)といえば、いま日本でもっともアツい焼肉屋であろう。ぶっちぎりの話題性といい、圧倒的な注目度といい、牛宮城は渋谷の新観光スポットといっても過言ではない。

そんな牛宮城と同じ時期に渋谷でオープンした焼肉屋は、一体どうなっているのだろう? もしかしたら、店の開店をどれだけ告知しても牛宮城の話題にかき消されて誰も来ない……という最悪な事態になっているのではないか? 

気になった私が実際に行ってみたところ、当初の予想とは全然違ったので報告したい。

続きを全部読む

アメリカAmazonで高評価90%の実写映画『悟空伝』が最高すぎた! 現代中国がガチで作った西遊記がドラゴンボールを超えてる!!

『鬼滅の刃』の変な商品とかないかなあ。そんな気持ちでアメリカのAmazonで「Demon Slayer(鬼滅の刃の英語タイトル)」と検索してみたところ『Immortal Demon Slayer』という映画がヒットした。何だコレ? 実写映画なんですけど。

しかも、プレビューの動画を見ると登場人物は全員アジア系だ。英語タイトルで登場人物がアジア系ばかりというところに匂い立つようなB級感を感じる。が、レビューを見てみたところ、なんと90%もの人が高評価をつけているではないか。ますます何だコレ!?

続きを全部読む

【競馬】2021年の世相から有馬記念のサイン馬券を大予想

昨年に引き続き、新型コロナウイルスに翻弄された2021年もあとわずか。クリスマスが終わればすぐに大晦日と言いたいところだが、1年を締めくくるレースの存在を忘れちゃいけない。12月26日に中山競馬場で開催される有馬記念である。

不思議なもので同レースは何かと世相を反映することで知られている。過去には9.11事件の年にマンハッタンカフェ&アメリカンボスの大波乱決着、1年を表す漢字の「北」からキタサンブラックが優勝などあったが、果たして今年はどんなサインが出ているのだろうか。

続きを全部読む

肩こりが酷すぎるので病院に行ったら「病名」を聞いてショック … だったが良い発見もあった

これぞまさしく怪我の功名。なぜなら、肩の痛みがキツくなり病院に行ったことで、素晴らしいグッズを発見できたのだから。30年以上にわたる私と肩こりの戦いの中で、最強のウェポンを手にしたと言っても過言ではない。

もちろん、以下で紹介するのは私にとっての最強ウェポンって話であり、誰にとっても最強だとは限らない。ただ、この体験は同じ症状に悩む誰かの役に立つのではないか……と思ったので紹介したい。

続きを全部読む

【素朴な疑問】ラッキィ池田ってどこが凄いのか? プロの振付師に聞いてみた結果

華やかな反面、裏側のことは全く分からない芸能の世界。そんなよく分からなさゆえに、ゴシップも後を絶たないわけだが、私(中澤)にはずっと疑問に思っていることがある。それは「ラッキィ池田って凄いのか?」ということ。

頭にジョウロをつけている見た目のインパクトで、子供の頃はお笑い芸人だと思っていたが、どうやら本職は振付師らしい。しかも「天才」と呼ばれている。だが、ダンスが凄かった記憶も特にない。ますます謎である。そこでプロの振付師に聞いてみることにした

続きを全部読む

【実話】74歳の父がうっかり「BL映画」デビューしてしまった話

10年前と比べると、BL(ボーイズラブ)というジャンルが完全に定着した感がある。思えば2018年に大ヒットし、その年の流行語にもなった「おっさんずラブ」もBLがテーマのテレビドラマであった。

とはいえ、私、P.K.サンジュン自身はBLの知識に乏しく、その道のイロハの “イ” もわかっていない。43歳の私がこうなんだから、ご高齢の方はBLとほぼ無縁なハズ……と思いきや。つい先日、私の父「ヨシオさん」がBL映画デビューを果たしたというから驚きだ。

続きを全部読む

【予測不可】ペヤング超大盛やきそば「社員が思う一番美味しい辛さ」を食べてみた → 逆に泣いた

ちょっとこれは予測できない──。なんの話かというと、2021年10月19日からローソンで先行発売されているペヤングの新商品『超大盛やきそば 社員が思う一番美味しい辛さ』のことである。中辛なのか大辛なのか激辛なのか? 全くもって予想できない。

辛いペヤングでといえば、鬼のような辛さを誇る『獄激辛シリーズ』が思い出されるが、果たして本商品はどんな辛さなのか? 食べてみた結果、全俺が泣いた──。

続きを全部読む

【感動】上司が中井貴一に似すぎているので「ミキプルーンの苗木」を植えに行ったらCMみたいになった

昨年、美容室で「キムタクにしてください」とお願いした結果、なぜか中井貴一みたいになった当サイトのボス・Yoshio。気を取り直して今度は「反町隆史にしてください」とお願いしてみるも、やはり中井貴一になってしまうのだった。

私(あひるねこ)は思った。キムタクになろうとしたら中井貴一になって、反町になろうとしても中井貴一になったら、それはもう中井貴一ではないのか? もしかしたらYoshioとは、中井貴一さん本人なのかもしれない……。

続きを全部読む

【激突】長文を3行にまとめる要約AIイライザダイジェスト vs ロケットニュース24の記事「全員、反町」

東京大学松尾研発・AIスタートアップの株式会社ELYZAが凄いAIを発表した。その名も『ELYZA DIGEST(イライザ ダイジェスト)』。入力したテキストデータを3行に要約するAIで、社内検証では人間に匹敵する正確な内容の要約文を出力できるという結果になったという。

日本語でAIが人間に匹敵する要約を出力するって超凄い。だって、主語とか省略しまくりやん。文脈読めないと厳しくね? とりあえず一般公開されているイライザダイジェストのデモサイトで、ロケットニュース24の記事「全員、反町」を要約してみたぞ。

続きを全部読む

【衝撃】オッサン5人が美容室で「全員、反町隆史にしてください」と言ったらヤバイことになった / あるいは反町だらけのビーチボーイズ

いつからだろう? 夏が楽しみじゃなくなったのは。以前、夏の名作ドラマ『ビーチボーイズ』を24年ぶりに見たところ、私(中澤)はそう考えさせられた。気づけば失くしていた子供の頃のキラキラした眩しさ。主人公・桜井広海(反町隆史)の以下のセリフが今も心に残っている。

「ガキの頃って、夏休み楽しかったよねぇ。結局大したことなんか出来ないんだけど……何で大人にはないんだろ?」──。いや、本当に。39歳のオッサンな上、引きこもり気質な私だが夏を楽しめるようになりたい、もう1度。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonのフリをした詐欺SMS「プライム会員の支払い方法に問題があります」をよく見たら…震えた

その詐欺SMSは何かが違った。文面や手口はありきたりと言えばありきたりなのだが、よくよく見ると1番大事なところがズレている。詐欺グループは、絶対に間違えてはいけないところで致命的なミスを犯しているのだ。

だからこそ、私は震えた。ボケたSMSのせいで、ある光景を連想してしまったから。おそらく、私と同様の想像してしまった人は、似たような気持ちになるはずだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10