「石川県」にまつわる記事

【懐かしい】かつて渋谷や六本木にあった『鬍鬚張(ひげちょう)魯肉飯』が石川県に残っていたので行ってみた / ハフハフ美味い安定のひげちょうだった!!

突然だが、皆さんは台湾屋台メシ「ルーローハン(魯肉飯)」をご存知だろうか? ご飯の上に甘辛く煮込まれた刻み豚肉がたっぷりのったB級グルメ。あったか~いところを、ガガッとかっこむと心もお腹も満足だ。

そんな「魯肉飯」、なぜか東京で知名度が高い。だって東京にはかつて渋谷や六本木に『鬍鬚張(ひげちょう)魯肉飯』があったから! 残念ながら東京の店舗はすべて閉店。もう日本から撤退していたと思ったら、なんと石川県で営業しているらしい。マジかよ、これは行くしかない!!!! さっそく石川県野々市市(ののいちし)の店まで行ってみたぞ!

続きを全部読む

【北陸最強スポット】超ド級の珍スポ!! 石川県小松市の『ハニベ巌窟院』は仏も地獄も入り混じったカオス空間だった

北陸新幹線開通で盛り上がる石川県には、「北陸最強」と名高い超ド級の珍スポットが存在するらしい。それが小松市の『ハニベ巌窟院』である。

何でも、『ハニベ巌窟院』は親子二代で作り上げたという壮大なスケール!! しかもしかも……なんと「究極の地獄」を体験できるらしい。名前を聞いただけで、愉快な香りがぷんぷんしてくるぞ。さっそく突撃してみた!

続きを全部読む

【オススメ東京→金沢行き方まとめ】北陸新幹線だけじゃない! 軽自動車で11時間かけて金沢まで行ってみた / 総走行距離535.9Kmで高速&ガス代1万2460円

2015年3月14日、ついに東京駅から金沢・富山間の北陸新幹線が開通する。東京駅から金沢駅までにかかる時間は、なんとたったの2時間28分。富山駅までは2時間8分! 新幹線の席に座っているだけで到着するのだ。これはもう行くしかない!

だが、はたして本当に新幹線がベストな交通手段なのだろうか? たぶん違う。これまでにもロケットニュース24編集部記者たちが、各自なりの「東京 → 金沢」の行き方を紹介してきたが、私(筆者)がオススメするのはマイカーでの旅である。

続きを全部読む

【気になるお店】石川県のソウルフード! 県民が「他にウマイものはあるが、なぜか食べたくなる」という『8番らーめん』とは何か? 実際に食べてみた!!

海の幸、山の幸、何を食べても美味しい石川県。そんなウマイもんだらけの石川育ちの人には、なぜかどうしても食べたくなるものがあるという。それは『8番らーめん』である。

県民いわく「他に美味しいものはたくさんあるはずなのに、なぜか食べたくなる」とのこと。特に県外に出た人だと、帰省の度に食べにいくレベルなのだとか! そんなに人の心をつかむラーメンとは、一体どんなラーメンなのだろう。

続きを全部読む

【石川グルメ】石川に行ったら是非食べて! 県外にほぼ流通しない幻の和牛「能登牛」は牛肉の概念をくつがえすウマさ / 甘い肉質はまるでブリトロ!!

2015年3月14日に開業を控える北陸新幹線。終点である金沢市を有する石川県と言えば、何と言っても海の幸! ……だけじゃない!! すばらしい肉質を持つ「黒毛和牛」の産地でもあるのだ。

その名は「能登牛(のとうし)」。食通もうならせる味でありながら、流通量が極めて少ないため “幻の和牛” や “伝説の肉” とも呼ばれているそうだ。……そんなにウマいなら食べてみたい。せっかく金沢まで来たんだから食べずには帰れない!! ということで、能登牛認定のお店に肉を食べに行ってみたぞ!

続きを全部読む

【北陸新幹線を使う人必見】金沢駅チカビジネスホテルまとめ

2015年3月14日は金沢・富山から東京までの、北陸新幹線が開通する日! すでに金沢駅付近のホテルは満室が多いようだが、これで北陸地方への旅行がぐっと楽になった。

そこで今回は、金沢駅周辺にある全国チェーンのビジネスホテル6軒を、それぞれ別の記者たちが宿泊しレビュー! ホテルにより、長所短所がまるで違うことが判明したので、ご紹介したいと思う。

宿泊したのは「R&Bホテル金沢駅西口」、「東横イン金沢駅東口」、「ホテルルートイン 金沢駅前店」、「ダイワロイネットホテル金沢」、「アパホテル 金沢駅前店」、「天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢」、計6軒。それぞれのレビューは以下のとおりだ。

続きを全部読む

【石川みやげ】石川で江戸時代に生まれた万能調味料「とり野菜みそ」で鍋を作ったら激ウマ! マジウマ!! ご飯と野菜が止まらない最強鍋になった

突然だが、皆さんは地方に旅行に行った際、お土産をどこで買うだろうか? 観光地や駅で買うのも悪くないが、記者(私)は地元スーパーやコンビニに行くのが好きだ。

先日、石川県に行った際、同じようにスーパーを数件物色していたのだが、あることに気がついた。どこに行っても「とり野菜みそ」というものが200円前後で売っているのである! 北の能登に行っても、南の加賀に行ってもどこにでもあるのだ! 

「とり野菜みそ」とは何なのか。果たして、「とり」なのか「野菜」なのか「みそ」なのか……気になったので買って食べてみた!!

続きを全部読む

自衛隊員が勤務中にエアーコンプレッサーを使って尻に空気を送りあう → 機械の不適切使用で厳重注意

ふざけてやったことがとんでもない事態を招くことがある。2013年6月上旬、自衛隊員2名が勤務中に車などのタイヤに空気を入れる機械「コンプレッサー」を使って肛門に空気を入れあっていたことが明らかになったそうだ

隊員は機械の不適切使用で厳重注意されたそうだが、コンプレッサーを肛門に入れていた隊員のうち1名が入院するという事態になっていたという。

続きを全部読む

埼玉で日本全国のアイスクリームが集まる『全日本アイスクリームコレクション』開催! あのババヘラアイスも登場予定

だいぶ陽気も暖かくなり、アイスクリームの美味しい時期がやってきた。コンビニやチェーン店のアイスも美味しいけど、日本全国にはたくさんの美味しいアイスが盛りだくさん!!

そんな日本にあるアイスクリームの名店が、埼玉県・越谷にある『イオンレイクタウン』で5月1日から開始されたイベント『全日本アイスクリームコレクション』にやってきたぞ! コレはアイス好きなら行くしかないでしょ!

続きを全部読む

【衝撃UFO伝説】江戸時代の日本にもUFOが来ていた!?  昔の人「鍋のフタが飛んで来て人をさらう」

ロマンとミステリーの塊、未確認飛行物体「UFO」。一般によく知られるようになったきっかけは、「空飛ぶ円盤」という言葉を生み出したアメリカのケネス・アーノルド事件(1947年)や、アダムスキー型UFOの語源にもなったジョージ・アダムスキーのUFO写真(1952年)である。

何かと外国での目撃情報が注目されがちだ。だが、石川県能登に伝わる民話によると実は、UFOは平安時代や江戸時代の日本にも来ていたかもしれないという。UFO伝説「そうはちぼん伝説」だ。

続きを全部読む

【石川スゲー】 石川県の博物館「コスモアイル羽咋」ではNASAやソ連の超貴重な宇宙船が至近距離で見られる

人類にとって最後にして最大のフロンティア「宇宙」!! かつてはアメリカと旧ソビエトが競い合って宇宙事業を進めていた。

そのNASAと旧ソビエトが開発し、現在の宇宙事業のいしずえとなったテクノロジーが、日本で展示されているのをご存知だろうか。そこには世界に1台しかない機体が何台もゴロゴロ! しかもモノによっては至近距離でじっくり見ることができるぞ。 

そんな夢のような場所は一体どこにあるんだ!? 東京でもない、大阪でもない。石川県の「宇宙博物館コスモアイル羽咋である。

続きを全部読む

レディー・ガガがレディー・カガにクレームでレディー・カガはレディー・ガガの対応に困惑 / レディー・カガはレディー・ガガに多額の金銭を払うことに

世界の歌姫レディー・ガガが、石川県加賀温泉の観光ユニット「レディー・カガ」にクレームをつけていたことが判明。これによりインターネット上に公開したPR動画の差し替えと、多額の金銭を支払う可能性があるという。どうして今になってレディー・ガガレディー・カガに苦情を訴えたのか。このことにレディー・カガ側レディー・ガガ側の対応に困惑しているという。

続きを全部読む

【異色のコンビネーション】 レンコンがドッサリ入ったケーキ「加賀レンコンチーズケーキ」を食べたみた!

レンコンといえば、シャキシャキ感が楽しめるおいしい野菜のひとつだ。しょっちゅう食べる野菜ではないものの、たまに食べるとウマイ!あの野菜である。そんなレンコンがなんと、チーズケーキとして販売され話題となっている。

続きを全部読む

石川県加賀温泉郷には「レディー・カガ」がいるんだよ

加賀温泉は石川県南部に位置する北陸有数の温泉郷。最も古いもので奈良時代からあるという日本きっての歴史を誇っている。この伝統ある温泉郷になんとレディー・ガガならぬレディー・カガが誕生していたことがわかった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2