「ノーパンしゃぶしゃぶ」にまつわる記事

【伝説】石川県の「ノーパンしゃぶしゃぶ地獄」発祥の地で購入した『手作りのキノコ箸置き』が想像以上に味わい深く秀逸な商品だった件

この世には様々な地獄があるのだが、伝説の「ノーパンしゃぶしゃぶ地獄」といえば、石川県小松市の超ド級珍スポ『ハニベ巌窟院』だ。かつては、あった。だが、今はもう存在しない。まさに伝説の地獄、後世に語り継がれる名誉地獄と言えよう。

そんなノーパンしゃぶしゃぶ地獄を取材した時、ハニベ巌窟院のお土産コーナーにて、なにげなく購入したのが『手作りのキノコ箸置き』。使い始めてから3カ月──。今になって想像以上に秀逸な商品であることに気付いたので、ご紹介しておきたい。

続きを全部読む

【追跡】石川県小松市にあった伝説の「ノーパンしゃぶしゃぶ地獄」を追ってみた → 衝撃的事実が発覚!!

ノーパンしゃぶしゃぶ情報において他の追随を許さないメディアといえば、我らがロケットニュース24である。まもなくノーパンでも寒くない「春」がやってくるが、今年2015年はノーパンしゃぶしゃぶと共に幕を開けたといっても過言ではないだろう。

さて、そんな春の到来と共に、世間が「ノーパンしゃぶしゃぶ天国」になる予感もしている今日このごろだが、実は石川県の小松市には「ノーパンしゃぶしゃぶ地獄」がある……との有益情報を聞きつけたので、980円の軽自動車で現場に急行してみた!!

続きを全部読む

【社会人必見】上司に自分をアピールできる「意識高い系しゃぶしゃぶ」のお作法 / マスターすれば昇進間違い無し

社会人たるもの仕事ができるのも大事だが、上司や同僚と円滑なコミュニケーションをはかれるようになるのは、とても重要なこと。一緒に食事に行ったり休憩することで絆も深まり、仕事も気持ちよくできるようになるというものだ。

だが、人によっては上司を食事に誘ってもマナーがダメで叱られることが怖く、なかなか誘う勇気が湧かない人もいると思う。そこで今回は、上司に自分をアピールできる「意識高い系しゃぶしゃぶ」のお作法をお教えしたいと思う。

続きを全部読む

【最強レシピ】「生春巻きの皮」をしゃぶしゃぶして食べると激ウマッ! つるんとモチモチ食感最高!!

冬の食卓の絶対王者・鍋。特にしゃぶしゃぶは、「立って良し」「ノーパンで良し」「極寒でも良し」の三拍子がそろった、最強鍋と言えるだろう。先日の記事では「最強のタレ」をご紹介したが、今回はしゃぶしゃぶパーティーにぜひ加えてほしい、期待のニューフェイスをご紹介したい。

一般的なしゃぶしゃぶのパーティーは、「肉・野菜・きのこ・豆腐・うどん・餅」あたりがレギュラーだと言えるが、東南アジアから来た彼のポテンシャルも相当なもの……! 彼の名は『生春巻きの皮』くん!! 極薄で色白、パッと見貧弱そうな彼だが、実はしゃぶしゃぶとの相性は最高なのだ!

続きを全部読む

【最強レシピ】絶対に試してくれ! しゃぶしゃぶが100倍ウマくなるタレがこれだ!!

夏の定番メニューがそうめんなら、冬の定番メニューは鍋である。熱々の鍋は冷えた体だけではなく心まで温めてくれる、ある意味で究極の料理……。中でも「しゃぶしゃぶ」は手軽でウマくて最高! 最近では「立ちしゃぶ」や「ノーパンしゃぶしゃぶ」をする人もいるくらいだから、“最強鍋” であるといっても過言ではないだろう。

最強鍋である「しゃぶしゃぶ」には『最強のタレ』こそがふさわしい……。ゴマダレ? 大根おろし? ゆず胡椒? ――ノンノンノン。今回は「しゃぶしゃぶ道」を追い求めた筆者が辿りついた『最強のタレ』のレシピをご紹介したい。マジでしゃぶしゃぶが100倍ウマくなるぞーーー!

続きを全部読む

伝説の料理『ノーパンしゃぶしゃぶ』を食べてみた / 肉は同じでも普通の2倍ぐらい美味

『ノーパンしゃぶしゃぶ』といえば、1990年代後半に大蔵省の官僚たちのあいだで話題となった、斬新なスタイルで しゃぶしゃぶ を提供するお店である。

そんなヌーディストグルメ先進国である日本が誇った『ノーパンしゃぶしゃぶ』も、いまは国内に存在しない。でも、どうしても伝説の料理『ノーパンしゃぶしゃぶ』を食べてみたい!

続きを全部読む