「ミニカ物語」にまつわる記事

【さらば痛車】遊び倒したフルラッピングを完全に剥がしたらこうなった

ついにこの時が来た。さらば、佐藤の車!!

我が愛車、980円で購入した三菱ミニカは約2年前、“吐き気がするほどキモいおっさんの痛車” こと「佐藤の車」へと改造されたが、昨年冬に敢行した「油性マジックで全塗装」が大成功し、佐藤の呪いは消えたかと思われた……が!

その後、オーナーである私のいぬ間に「洗車機」に通されたり、ボンネットで「もんじゃ焼き」を作られたりしているうちに、うっすらと、まるで亡霊のごとく……

続きを全部読む

「あ、これ車のホイールキャップになるんじゃね…」と思ったアルミ製品があったので、そのまま付けてみた結果

これまでいくつかの車改造ネタを執筆・公開してきたが、何人かの読者の方から「次はホイールですね」との言葉をいただいた。なるほど。たしかに。ホイールキャップには気が回っていなかった……というより、私は「鉄チンホイール(スチールホイール)」が好きなので、このままで良いと思っていた……のだが!

あるとき、ショップで「ソレ」を見た時、「あ、これ車のホイールキャップになるんじゃね……?」と思ってしまった。それからだ。地道な研究が始まったのは。

続きを全部読む

【100均検証】軽自動車の両サイドをダイソーの「リメイクシート」でウッドパネル風にしてみた結果…

誰にでも「憧れの車」があるはず。でも、よほどのお金持ちでない限り、憧れの車には乗れていないのでは? 多くの人は少しの妥協や我慢をしながらカーライフを楽しんでいるはず。私もそう。だって愛車は980円の軽自動車なんだぜ。

そんな私の憧れの車は……何台かあるのだが、その中のひとつがジープの「グランドワゴニア」である。車の両サイドが木目調(ウッドパネル)になっている激シブ仕様で実にカッコイイのだ……。ということで、100円グッズで再現してみた。

続きを全部読む

【感動巨編】980円で買った軽自動車のマフラーを交換しようとした結果…

私の愛車は980円で購入した三菱ミニカノンストップで東京から金沢まで爆走したり、恥ずかしすぎる痛車に改造されたり、油性マジックで黒塗りにされたり、知らぬ間にボンネットで「もんじゃ焼き」をされていたりと、実に波乱万丈な人生(車生)を送っているが、これまでメカ的な部分には手を入れてこなかった。

本心を言えば、もっといい音(排気音)で走りたい。爆音でなくても良いので、違った音で走りたい。「擬似的なエンジンサウンド」なんかじゃ満足できない! ということで、ついに「ミニカ用」のマフラーをヤフオクで落札したのである。

続きを全部読む

【猛暑グルメ】車のボンネットで「もんじゃ焼き」を作って食べてみた結果!

暑い……外を歩くだけで蒸し焼きにされているようだ。暑い暑い! 暑いという言葉さえ生ぬるいほどクソ暑い!!

何をやってもどうせ暑いなら、この熱を利用してみようと思う。というわけで、チンチンに熱された車のボンネットでもんじゃ焼きを作ってみることにしたぞ!

続きを全部読む

980円で買った軽自動車に「約2000円で売ってるPC用のサブウーファー付き2.1chスピーカー」を搭載したら最高のサウンド空間になった!

もっといい音でドライブしたい!! 980円で購入した我が愛車「ミニカちゃん」のフロントドアに内蔵されているカースピーカーから、AUX端子に接続したiPhoneが奏でるiTunesの曲が「バホッバホッ♪」と下品な低音で響くたびに、そう思っていた。

となれば、もっと良いスピーカーに交換……するのが普通だと思うが、あいにく私は “改造は好きだけどカネはない” という、いわば「貧乏な所ジョージ」みたいな人間なので、できるだけ低コストで解決させたい。ということで目をつけたのが、2000円チョイで売ってるPC用スピーカーなのであった。

続きを全部読む

【100均検証】油性マジックで全塗装した車を『100円の布テープ』だけでレーシング仕様にしてみた

2017年、自動車の塗装界に、新たなペイントカラーが彗星のごとく誕生した。通称「マジックブラック(MAGIC BLACK)」。寺西化学工業の油性マジック『マジックインキ』で塗られた車が放つ “漆黒の艶” からは、謎の高級感さえ漂っている。

その後、オーナーに無断で洗車機にかけるという非道なイタズラに遭ったものの、マジックブラックは無敵なり。むしろより艶やかになって帰還した。ここまできたら、もっと高級感を出してみたい……。ということで、豪勢にドレスアップをすることにした。

続きを全部読む

【衝撃】油性マジックだけで全塗装した車を「洗車機」に通してみた結果

何かとお金のかかる車のカスタマイズ。以前の記事で、油性マジックだけで軽自動車を全塗装するレポートをお届けした。

かかった金額は合計4000円以内と高コスパだったものの、油性と言えど所詮マジック……塗装が落ちたりしないのか? そこで、油性マジックだけで全塗装された軽自動車『三菱ミニカ』を洗車してみることにしたぞ。

続きを全部読む

油性マジックだけで軽自動車を全塗装してみた! かかった時間は2時間11分、使ったマジックは9本のみ

約3年ほど前に980円で購入した軽自動車『三菱ミニカ(通称ミニカちゃん)』が、吐き気がするほどキモいおっさんの痛車こと「佐藤の車」に変身してから、はや1年以上が経過した。私の愛するミニカちゃんが、なぜ痛車に……。しかも佐藤……。

実はみなさんが想像している以上に、あの痛車を運転するのは恥ずかしかった。どこを走っても人に見られる。激写もされる。宣伝にはなっているかもしれんが……もう我慢できんッ! ということで、油性マジックだけで全塗装することにした。

続きを全部読む

【実録】車のエンジン音を架空請求にしてみた

車を運転している時、きっと誰しもが「エンジン音が●●●だったらなァ〜」と妄想したことがあるだろう。ある人はV8エンジン! またある人はフェラーリのV12エンジン、またある人は大型バイクのVツインエンジン……と、その妄想は人それぞれ。

そんな妄想を実現させる夢のガジェットが、以前紹介した『SoundRacer X』なのだが……実はコレ、「自作のエンジン音」を追加することも可能なのだ。妄想が現実に! ということで、少し前にバトルした架空請求の音声をエンジン音にしてみた。

続きを全部読む

【動画あり】車のエンジン音をあえぎ声にしてみた

車を運転している時、きっと誰しもが「エンジン音が●●●だったらなァ〜」と妄想したことがあるだろう。ある人はV8エンジン。またある人はフェラーリのV12エンジン、またある人は大型バイクのVツインエンジン……と、その妄想は人それぞれ。

そんな妄想を実現させる夢のガジェットが、以前紹介した『SoundRacer X』であるのだが……実はコレ、「自作のエンジンサウンド」を追加することも可能なのだ。妄想が現実に! ということで、さっそく自分の「あえぎ声」をエンジン音にしてみた。

続きを全部読む

キモい痛車で車検に落ちた! 2度目のチャレンジで見事合格 / 2年ぶり2回目の軽自動車「ユーザー車検」総費用は自賠責保険料込みで3万7900円のみ!!

もうかれこれ4カ月ほど前の話になるのだが、キモい痛車で車検に落ちた。痛車というのは、我が愛車の「ミニカちゃん」こと、約3年前に980円で購入した軽自動車の三菱「ミニカ・グッピー」……を、吐き気がするほどキモいおっさん仕様にした車だ。

いちおう、ミニカちゃんの所有名義は私(羽鳥)であり、名古屋に税金を納めているのも私なのだが、ハッと気がついたらキモい痛車「佐藤カー」になっていた。そして……佐藤カーになってから数十日の間に、車検の満了日を迎えてしまったのである。

続きを全部読む

【動画あり】吐き気がするほどキモいおっさんに「吐き気がするほどキモいおっさんの痛車」をプレゼントしたらこうなった

自動車の車体に漫画やアニメ、ゲームなどの関連キャラクターを装飾した痛い車、通称・痛車(いたしゃ)。以前の記事で「アニメなんか全然痛くない! 本当の痛車を作ってやる!!」ということで、吐き気がするほどキモいおっさんをモデルに『正真正銘の痛車』を製作したことをお伝えした。

実はこのプロジェクト、モデルとなった佐藤には秘密で行われたもの。今回は佐藤に、世界が震える痛車をプレゼントした結果をお伝えしたい。

続きを全部読む

【衝撃】吐き気がするほどキモいおっさんの「痛車」を作ったらこうなった

みなさんは「痛車(いたしゃ)」をご存じだろうか? 自動車の車体に漫画やアニメ、ゲームなどの関連キャラクターを装飾した “痛い車” のことである。なるほど、いい歳してそんな車に乗るのは確かに痛いかもしれない。だがしかし……。

記者はかねてからこう思っていた。「痛車って本当に痛いのか? もっと痛く出来るのではないか?」と。そこで今回は、吐き気がするほどキモいおっさんをモチーフに、万人が認める『正真正銘の痛車』を製作してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

車内「だけ」スーパーカー&バイクのエンジン音になるガジェット「サウンドレーサー」の進化版『SoundRacer X』が最高すぎ! 収録音は6種類!!

V8! V8! V8! 日本には「ボロを着てても心は錦」という言葉があるが、「980円で買った軽自動車に乗ってても心はV8エンジンのスーパーカー」なのである。もしくはV10エンジンのランボルギーニー、はたまた、バイクの「スズキGSX」と思うことも可能。

何の話をしているのかというと、クルマのシガーソケットにぶっ刺すだけで “車内だけ” がスーパーカーのエンジン音になってしまうガジェット「サウンドレーサー」の進化版『SoundRacer X』のことである。試してみたら、想像以上にスゴかった!!

続きを全部読む

【超裏技】声が変わってしまったGoogleマップの「元の声」で音声案内ドライブすることに成功!

ウルトラ方向音痴にとっての命綱、それが「Googleマップ」である。カーナビの付いていないクルマでのドライブ中はもちろんのこと、徒歩移動中も、海外でも……たまに “思い切り遠回りだろコレ……” 的なボケをかましつつも、確実に案内してくれる。

特に美しい声での “音声案内” が最高だった。声の主は、野口美穂という美女だった……が! そんなGoogleマップの音声案内(野口ボイス)が、糞ダサい声に変更されてしまったのは以前お伝えした通り。なんという改悪だろうか。──ところがどっこい! とある裏技を使うことによって、あの野口ボイスでの音声案内が復活するのだ!!

続きを全部読む

【オススメ東京→金沢行き方まとめ】北陸新幹線だけじゃない! 軽自動車で11時間かけて金沢まで行ってみた / 総走行距離535.9Kmで高速&ガス代1万2460円

2015年3月14日、ついに東京駅から金沢・富山間の北陸新幹線が開通する。東京駅から金沢駅までにかかる時間は、なんとたったの2時間28分。富山駅までは2時間8分! 新幹線の席に座っているだけで到着するのだ。これはもう行くしかない!

だが、はたして本当に新幹線がベストな交通手段なのだろうか? たぶん違う。これまでにもロケットニュース24編集部記者たちが、各自なりの「東京 → 金沢」の行き方を紹介してきたが、私(筆者)がオススメするのはマイカーでの旅である。

続きを全部読む

【ミニカ物語】980円で買った軽自動車をLEDドレスアップしまくったら車内が映画『トロン(Tron)』みたいな鬼サイバーな雰囲気になった

昨年2014年5月に980円で購入した、三菱の軽自動車「ミニカ・グッピー」への愛が止まらない。これまでの足跡はシリーズ『ミニカ物語』の過去記事を参照して欲しいのだが、とりあえず外観的には、カッパ風のキュートなクルマへと変貌を遂げた。

次の段階はインテリアである。なにせ車内から外観は見えない。楽しい気持ちで運転するには、車内の雰囲気作りが重要なハズだ。ということで用意してみたのが、様々な種類のLEDライト。当初は “笑えるくらいにラグジュアリー” という目標だったのだが、結果的には……車内が映画『トロン(Tron)』みたいな雰囲気になったのだ!

続きを全部読む

【ミニカ物語】980円で買った軽自動車を「MINI」みたいにしようと油性マジックとカッティングシートでドレスアップしたらカッパみたいになっちゃった

昨年2014年5月に980円で購入した、三菱の軽自動車「ミニカ・グッピー」。11月にはギリギリのタイミングで車検にも合格し、つい先日、購入後9カ月目にして初の洗車も体験した。ウキウキ状態のミニカだが、まだまだ “すっぴん” の状態だ。

というのも、前々から私(筆者)は、こう思っていた。「こいつはダイヤモンドの原石だ。化粧をすれば……化ける!!」と。そこで用意したのが白いカッティングシート。目指すはBMWのオシャレカー『MINI(ミニ)』である。いざカスタム開始!

続きを全部読む

【ミニカ物語】購入後初洗車! 980円で買った軽自動車を練馬の「東京AUTO洗車」でピカピカにしてきた

昨年2014年5月に980円で購入した、三菱の軽自動車「ミニカ・グッピー」。その後、ドレスアップされることもなく地味に “足” として使われ続け、11月には車検も合格。タイヤの溝が基準ギリギリだったとのことで、新品タイヤに付け替えた。

ヘッドライトも明るいモノに変更しつつ、ドラレコ&レーダーも導入。となると「そろそろ外観もドレスアップするかぁ!」という気持ちになったのだが、あまりにもホコリだらけ&内部もバッチィとの指摘を受けたため、洗車をすることと相成った

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2