「炎上」にまつわる記事

【炎上】マクドナルド「マックフライポテトが全サイズ150円!」→ 告知に批判が殺到「舐めんじゃねぇ」「汚いやり方」

マクドナルドでハンバーガーよりマックフライポテトが好きという人は、私(中澤)以外にも数千人はいると思う。お腹が減ってなくとも、「ついついつけちゃう度No.1」のマックフライポテトはサブメニューの王者と言っても過言ではない。

そんなマックフライポテトが2018年8月20日から全サイズ150円になるぞ! Lサイズは半額以下!! 待ってたぜこのキャンペーンを! しかし、告知ツイートにはなぜか批判が殺到していた

続きを全部読む

【剛力無双】剛力彩芽さん、インスタ全削除について「彼を連想させる投稿をしたからではない」恋人・ZOZO前澤社長の寝姿と共に投稿

剛力彩芽さんの熱愛が注目を集めている。恋人の「ZOZOTOWN」前澤友作社長とのW杯デートを匂わせる投稿から炎上し、インスタグラムを全削除したことは記憶に新しい。

そんな中、新たに更新されている剛力さんのインスタグラムでは全削除の理由が語られている。削除について「彼を連想させる投稿をしたからではない」としたコメントと共に投稿された画像は、寝ている前澤友作社長だった。強い

続きを全部読む

【悲報】映画『この世界の片隅に』の公式ツイートで、TBS製作のドラマ版に対するヘイトが上昇中

2016年11月12日の封切り後、2018年7月24日現在も脅威のロングラン上映が続いている映画『この世界の片隅に』。ちょっとした社会現象を巻き起こした感のある大ヒット作でご覧になった方も多いのではないだろうか。

こちら、実は原作を同じくする同名のTVドラマがTBSにて放送中なのだが、映画版公式Twitterのあるツイートが物議を醸し、TVドラマ版に対するヘイトが上昇しつつある事態となっている。

続きを全部読む

【それな】「LGBTは生産性が低い」と発言した杉田水脈議員が大炎上 → スマイリーキクチさんの指摘が的確すぎると話題

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員の「LGBTの人は生産性が低い発言」が大炎上の様相を呈している。これは月刊誌に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり生産性がない。そこにみなさんの税金を投入することが果たしていいのかどうか?」と自身の考えを表明したことから起こったものだ。

基本的人権の尊重を完全に無視した暴言に、当然ながら杉田議員のTwitterは大炎上。中には殺害予告も届いているようなのだが……。今回は一連の展開に一言申したタレントのスマイリーキクチさんのツイートが的を射すぎていると話題になっているのでご紹介したい。

続きを全部読む

「軍歌」と批判が殺到したRADWIMPS『HINOMARU』炎上騒動についてアメリカ人に意見を聞いてみた

アニメ『君の名は。』の主題歌も手掛けた若者のカリスマ的ロックバンド・RADWIMPS。そんなRADWIMPSの新曲『HINOMARU』が炎上している

「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」「気高きこの御国の御霊」などの表現が多用されるこの曲。ネットでは「軍歌」との批判が殺到し、2018年6月11日、ボーカルの野田洋次郎さんはTwitterやInstagramで謝罪する事態に。

「謝罪は必要か?」などの表現の自由を問題視する声も上がっている本件についてアメリカ人に意見を聞いてみた。

続きを全部読む

【炎上】飛行機で荷物を預けるのが怖くなる…航空職員が荷物を乱暴に扱う動画に批判集中!

飛行機に乗る時、スーツケースなどの大きな荷物は機内持ち込みではなくカウンターで預けることがほとんどだ。運送上、仕方がないとはいえ、スーツケースやカバンの中身が破損していた……といったトラブルはまれに起こりうる。

ただ、偶然が重なって破損するばかりではないようだ。この度、荷物を乱暴に扱う動画が激撮されて大炎上。あまりにひどい光景には「追加料金を払っている荷物もあるのに……」といった批判の声が数多く挙がっている。

続きを全部読む

長友佑都選手のTwitterが炎上「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人。」との発言に批判殺到

2018年5月31日、ついにロシアW杯に挑む日本代表23名が発表された。周知の通り、大きなサプライズはなし。代わり映えしないメンバーに対し、ネット上では西野監督の選考に疑問の声が続出した。

しかし、選ばれたからには、選手たちも決死の覚悟。残された時間が少ないながら、本番まで死力を尽くす……はずなのだが、ここにきて長友佑都選手(31)のTwitterが炎上する事態になっている。事の発端は6月1日につぶやいた一言だ。

続きを全部読む

アニメ化発表直後に炎上した『ブギーポップは笑わない』、ブチギレた原作イラストレーターと和解 / 緒方先生「応援させていただきます」

2018年3月にアニメ化が発表された『ブギーポップは笑わない』。ライトノベルの伝説的作品のアニメ化プロジェクトだけあって、トレンド上位にもその名が登場するなど大きな話題となった。だがしかし……

直後に原作イラストレーターがブチギレ。作品側とモメていることをツイートで暴露したことは以前の記事でお伝えした。以来、更新が止まった公式TwitterとHP。どうなる2018年公開……。不安に思っていたファンも多いと思うが、どうやら和解したようなのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」

単なるプレイ中の反則にとどまらず、いまや社会問題にまで発展した日大アメフト部による、いわゆる悪質タックル問題。やってしまったことは許されるわけではないが、宮川選手の全てをさらけ出した記者会見に胸を打たれた人は多いことだろう。

その一方で、日大には非難の声が集中しているが、2018年5月23日に行われた「内田前監督と井上コーチの記者会見」を受けて、被害者選手の父が宮川選手の救済に乗り出した。被害者選手の父が「お願いしたいこと」とは果たして──。

続きを全部読む

山口達也さんの件についてデヴィ夫人が持論を展開「泥酔男のたかがキス」「うがいすればOK」「無期限謹慎なんて厳しすぎる」

女子高生への強制わいせつの疑いで書類送検されたTOKIOの山口達也さん。2018年4月26日に行われた会見で「無期限謹慎」が明かされたが、国民的人気アイドルが起こしたまさかの不祥事だけに騒動はしばらく落ち着きそうもない。

この件は連日のようにテレビでも取り上げられ、多くの著名人から山口さんに対し厳しい指摘が相次いでいるが、中には「無期限謹慎なんて厳しすぎる」と考えている人もいるようだ。その1人が “デヴィ夫人” こと「デヴィ・スカルノ」さんである。

続きを全部読む

炎上覚悟! 兵庫の自虐PR動画に明石市が抗議 → マッハで削除という事態に / なら明石の全国的に誇れる魅力って何よ? 考えてみた 

「地方創生」が叫ばれて久しい今日この頃。各所でさまざまなPR活動が行われているが「そんな守りに入ってたら、届かないでしょ……」とツッコミを入れたくなるものがある一方で、ゆるキャラや、オモシロ動画でブレークした自治体も多い。

そんななか、いまある地方のPR動画が物議をかもしている。県が炎上覚悟で作った自虐系PR動画に、市長が「そこまでマイナーではない」と抗議、削除される事態になったというのだ。

続きを全部読む

【炎上】閉鎖した漫画村が『漫画タウン』として復活? 自称公式Twitterがオラつきまくる「サイトのせいで漫画の売り上げ落ちたの? 本当に?」

人気タイトルを無許可で配信する、いわゆる “海賊版漫画サイト” として問題となっていた漫画村。つい先日「漫画村」のアクセス遮断を政府が認め、この件は一件落着かと思われていた。だがしかし……。

漫画村が閲覧不能になった期間はほんの一瞬だったのかも? というのも、漫画タウン公式を自称しているTwitterアカウントが「漫画村が漫画タウンとして復活したよ」とツイート。しかもそのアカウントは開き直りとも取れる自論を展開し、炎上の様相を呈している。これは……ひどい。

続きを全部読む

【大炎上】日本相撲協会、去年まで「ちびっこ相撲」に参加できていた女子児童を今年から排除へ

このところ炎上に次ぐ炎上を繰り返す大相撲の世界。元横綱・日馬富士の暴行問題を皮切りに、貴公俊の暴行問題、最近では救命処置を行った女性を土俵から降ろそうとする「女人禁制問題」が取り沙汰されてきたが、またもや……またまたもや問題が発覚した。

東京新聞によれば2018年4月8日に行われた大相撲春巡業「ちびっこ相撲」に、毎年参加していた小学生の女子生徒が今年から参加できなかったという。しかもその理由が「女の子は遠慮してほしい」という日本相撲協会からの要請だというから炎上しても仕方がない……。

続きを全部読む

【要注意】“正規店” を名乗る店で iPhoneを電池交換に出したら爆発炎上 → Apple「補償はしません」→ その理由

Appleは、バッテリーが劣化した iPhoneのパフォーマンスを意図的に落としているらしい。2017年12月にこんな衝撃的なニュースが話題となった。もちろんAppleは「意図的」であることは否定。

しかしバッテリー劣化が性能低下につながることは事実であり、その後、電池交換プログラムなどを発表。交換を検討している人も多いだろう。さて、そんな電池交換について、同情を禁じ得ないニュースが飛び込んできたので紹介したい。これ、よく考えたら他人事じゃないかも。

続きを全部読む

【悲報】舛添要一さんの現在がヤヴァイ

政治学者から参議院議員となり厚生労働大臣も務めた舛添要一さん。東京都知事を不正疑惑で辞めてからテレビでも見かけなくなったので、いまだ当時のイメージが強く残っている人も多いだろう。そんな舛添要一さんが現在ヤヴァイことになっている

続きを全部読む

【炎上5秒前】東京オリンピックがボランティアスタッフを合計11万人募集 / 識者「スポンサーから4000億円以上集めてるのにタダ働き?」

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで残すところ2年ほどとなった。都内では急ピッチでオリンピック関連施設が建造されているが、いまオリンピックにまつわる “ある話題” が注目を集めていることをご存じだろうか?

2018年3月下旬、東京オリンピック・パラリンピック競技組織委員会は「大会ボランティア募集要項案」を発表した。それによると案内係から移動サポート、さらにはヘルスケアまで合計8万人を募集するというのだ。東京都のボランティアスタッフ3万人と合わせると11万人にもなるが、当然ボランティアということは “タダ働き” ということになる……。

続きを全部読む

【炎上】アニメ化発表直後に監督が降板!?『ブギーポップは笑わない』原作イラストレーターがブチギレ

今では日本の一大文化となったアニメ産業。ゲーム化やマンガ化、実写化など、大々的なメディアミックスが行われる例も少なくない。関係者が多いだけに、1つボタンを掛け違えると取返しのつかないことに発展するケースも

2017年、『けものフレンズ』の監督降板騒動は記憶に新しいが、先日、アニメ化が大きく話題となった『ブギーポップは笑わない』が早くも炎上している。発表直後なのに監督降板ってマジかよ!?

続きを全部読む

【炎上】「そだねー」を商標登録申請した六花亭が声明を発表「独占ではありません」

先日まで開催されていた平昌冬季オリンピックでは、過去最高となる13個のメダルを獲得した日本。羽生結弦選手の神がかり的な演技を始め印象的なシーンは多々あったが、「流行語」といえばやはり女子カーリングの「そだねー」が外せないハズだ。

おそらく年末に行われる「新語・流行語大賞」にもノミネートされるだろうが、いまこの「そだねー」が女子カーリングとは無関係な企業により商標登録申請され波紋を呼んでいる。

続きを全部読む

【炎上芸人】キングコング西野さん、ブログで『アンチとの対話』を明かす / 元アンチ「Amazonのレビューで☆1にしてました」

最近では安田大サーカスのクロちゃんが炎上芸人として名を馳せているが「元祖炎上芸人」といえば、ご存じキングコングの西野亮廣(にしの あきひろ)さんだ。西野さんに時代が追い付いていないのか、それともシンプルに嫌われ能力が高いのかはわからないが、他の芸人と比べても風当たりが人60倍くらい強いことだけは確かである。

そんな西野さんには当然ながら「アンチ」が多く存在する。要するに西野さんのことが大嫌いな人たちのことだが、果たしてアンチとは具体的にどんな人でどんな活動をしているのだろうか? 2018年3月7日、西野さんのブログに『アンチとの対話』なる投稿がされ、その内容が非常に興味深いのでご紹介したい。

続きを全部読む

『あたし おかあさんだから』の炎上騒動について だいすけお兄さんが謝罪 / ネット上では「謝ることない」との声多数

NHK教育番組『おかあさんといっしょ』の第11代目歌のお兄さん、横山だいすけお兄さん。2017年3月30日に番組を卒業し、現在は動画配信サービスの「Hulu」で初の冠番組『だい!だい!だいすけお兄さん!!』に出演している。

その番組の最新話で発表した曲の歌詞がネット上で物議をかもし、炎上する事態となった。これを受けて、だいすけお兄さんはブログで謝罪をしている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6