「日本」にまつわる記事

【悲報】日本の携帯料金、世界規模で見ても割高だったことが判明…

家賃・ガス代・水道代・電気代……などと並ぶ、固定費の1つが「携帯電話料金」だ。最近では格安SIMの台頭で携帯料金もだいぶ安くなってきたが、それでも世界的に見ると日本の携帯料金はメチャメチャ割高らしい……。

というのも、2018年9月に総務省が発表した「電気通信サービスに係る内外価格差調査」によると、総合的に見て日本の携帯電話料金は「世界の主要国よりも割高である」と判明したのだ。

続きを全部読む

【コラム】大坂なおみさんへの反応について在日韓国人が思うこと / 国籍や肌の色「日本人の定義とは何なのか?」って話

日本男女を通じて史上初となる「4大大会シングルス優勝」の快挙を達成したプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手。祝福の声が殺到とするとともに、特にインターネット上では “微妙な空気” が流れている。

ズバリ言ってしまえば「大坂なおみ選手を日本人と言い切ってしまって良いのか?」みたいな雰囲気があるが、今回はこの件に関して在日韓国人である私、P.K.サンジュンが「日本人の定義」について思うところがあるのでお話したい。

続きを全部読む

米国青年が日本&米国のセブンイレブンを比較! 試食しまくった結果…「蒸しパンの美味しさ」にノックアウト!

日本の街なかには1ブロックごとにコンビニが点在することは珍しくなく、時には通りの向いに別のコンビニがあったりで、まさに「コンビニ天国」である。

しかも、他コンビニ店と競い合うかのように新商品を次々とリリースしているためか、商品の充実度もハンパない。そんな日本のコンビニの1つ、セブンイレブンの商品をある米国青年が試食しまくり、アメリカと比較することに!  元はアメリカ発となる日本のセブンイレブンの商品に、青年はどんな感想を抱くのだろうか?

続きを全部読む

『日本の駐輪場がハイテクすぎてスゲえぇぇっ!』と海外ネットユーザーがどよめく 「フィリピンより100年進んでる!」など

世界における自転車大国といえば中国とオランダが代表的だが、日本も負けていないと思う。車と違って小回りが利くチャリンコは便利だが、駅前などの違法駐輪が問題になることもある。

そういった問題の解決策として、日本でスペースを最大限に利用した地下駐輪場が設置される町が登場。そんな駐輪場の動画を海外ニュースサイトが投稿したところ、海外ネットユーザーが「ハイテクすぎてスゲえぇぇっ!」とどよめいているというのだ。

続きを全部読む

【海外の反応】日本は他の国に比べてココがスゴい! 外国人が日本に来て感動したこと

日本に来て感動したところは!? 外国人にそう問いかけると、電車の時間が正確だったり、商品の包装が丁寧だという返答が定番だ。確かに日本人から見ても納得なのだが、どうやら日本の良さは他にももっとあるようだ。

ということで、紹介したいのが「日本は他の国に比べてココがスゴい!」って動画である。あまりに日常すぎて気がつかないことでも、外国人旅行者からすると印象に残っていることは多いようだぞ。

続きを全部読む

日本のスマホはなぜカメラのシャッター音が鳴るの? 海外ネットユーザーが理由を知ってザワつく

スマホで写真を撮ったら、カシャッという音がするのは日本だと当たり前だ。しかし実を言うとこれ、世界から見たら珍しいことなのである。公式の発表はないようだが、世間では「盗撮防止」のためだと言われている。

日本人は慣れっこになっていることでも、日本でスマホを買う外国人にとっては「余計なお世話」でしかないだろう。そしてそんな体験談が海外掲示板に投稿されたところ、ネットユーザーがザワついているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【いつか行きたい】『夕日絶景ランキングTOP10』が発表される / 第1位は「日本のウユニ塩湖」

1日の終わりを告げる夕日。天気やタイミングなど本当にキレイな夕日を拝むには運も必要だが、地上をオレンジで染めあげる夕日に何も感じない人はいないだろう。SNSを利用していてもしていなくても関係ない、夕日には人間に訴えかける “何か” があるのだ。

2018年8月22日、旅行情報誌「じゃらん」が夕日にまつわる興味深いアンケート結果を発表した。それが『映える夕日絶景ランキングTOP10』である。どれもいつかは訪れてみたい絶景ばかりだから、ぜひ以下で確認して欲しい。

続きを全部読む

徳島県にある『人口1500人の町』が海外メディアで紹介される → 「夢のような町」などの声が相次ぐ / 上勝町の “ごみゼロ” 運動

最近はゴミ出し時の空き缶や瓶の分別が定着しつつあるが、徳島県上勝町ほど細かいゴミ分別を実行し、「ゴミを出さない町作り」を目指している場所は他にないのでは……と思う。

そんな、「ごみゼロ」をスローガンに掲げている上勝町が海外メディアで取り上げられたというので紹介したい。町民の体験談を耳にしたら、ゴミの分別や環境問題について大いに考えさせられるに違いない。

続きを全部読む

「海外人気YouTuberに日本のCMを見せたらこうなった」って動画 / 牛乳のCMに全員が腰を抜かす!

海外で人気の日本文化といえば、最近はアニメなどのポップカルチャーや、サンリオをはじめとする “カワイイ” 系が取り上げられがち。これらは、日本発のカルチャーとして世界的に人気。なのだが……どうやら日本のCMも、海外の人にとっては物珍しいようだ。

というのも、「海外人気YouTuber に日本のCMを見せたらこうなった!」って動画を確認したところ……彼らの見せる反応がめちゃくちゃオモシロいのである。

続きを全部読む

アメリカの子供達に納豆を食べさせたらこうなった! ほぼ全員が吐き出し「ゴミ山を食べたらこんな味かも…」と散々な評価に

日本が誇る料理は寿司やタコ焼き、天ぷらなど数あれど、ちょっと “変わり種” 路線でいえばダントツで納豆がトップに挙がりそうだ。

日本人でさえ大きく好き嫌いが分かれる納豆。そんな食品をアメリカの子供達に試食させたらどうなるのか……という実験動画が、散々な結果になっていたので紹介することにしたい。

続きを全部読む

【共感の嵐】あるスペイン人のツイートに “わかりみ” が止まらない!「日本人は時間を守るって言うけどさ…」

一般的に日本人は何事にもキッチリしたイメージがある。大多数の人が規則正しく行動できることは日本人の特性であり、世界に誇るべき美点であることは間違いないだろう。例えば「日本人は時間を守る」なんてことはよく言われる話である。だがしかし……。

果たして日本人は本当に時間を守る民族なのだろうか? 2018年8月、あるスペイン人が投稿したツイートがメチャメチャ話題になっているのでご紹介したい。

続きを全部読む

日本に住む外国人が感じた『母国にも欲しい日本のアイテム6選』 ウォシュレットやキューピーマヨネーズなど

外国に滞在していると、母国の食べ物などが恋しくなるのはよくあること。だが逆に「外国のコレが自分の国にもあったらなぁ〜」と思うこともある。例えば、日本人のジュンさん&アメリカ人のレイチェルさんは、YouTubeの動画『10 Japanese Things America Needs』で「アメリカに欲しい日本のアイテム」について語っており、便座カバーや砂の猫トイレなどを挙げている。

その動画を見てみると……確かに! 筆者の知り合いも似たようなことを言ってる!! というわけで今回は、筆者の周りにいる外国人の友達の意見をもとに、日本に住む外国人が感じる「母国にも欲しい日本のアイテム6選」を、筆者が選んでみたいと思う。

続きを全部読む

【行ってみたい】「世界の人気テーマパーク2018」が発表される → 日本からはあのテーマパークがランクイン!

子供はもちろん大人だってワクワクしてしまうテーマパーク。ただ普通にテーマパークに出かけるだけでワクワクしてしまうのに「世界一のテーマパーク」に足を踏み入れたら人はどうなってしまうのだろう? 逆に怖い気もする。

それはさておき2018年7月、大手旅行サイト・トリップアドバイザーが『世界の人気テーマパーク2018』を発表した。著名なテーマパークから日本ではあまり馴染みのないテーマパークまでがズラリと名を連ねているぞ。

続きを全部読む

【猛暑】米デスバレーで気温50℃を経験した男が語る、日本の夏の方がデスバレーよりヤバイ理由

日本がとんでもないことになっている。ウェザーニュースによると本日2018年7月23日、埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上昇し、日本歴代最高を5年ぶりに更新したというのだ。また、都内でも青梅市で40.8℃を記録。都内で40℃になるのは観測史上初めてのことらしい。

この異常事態に対し、かつてアメリカ「デスバレー国立公園」気温50℃以上を経験した男はこう語る。「日本の夏は、デスバレーよりもヤバイ……」これは一体どういう意味なのか?

続きを全部読む

マイクロソフトが話題の新機種『Surface Go』の国内価格を発表! 一般向けは6万4800円から / ネットの声「高すぎ」「急速に興味を失った」

米マイクロソフトが発表した、タブレットPCの新機種『Surface Go』。海外では一般向けモデルが399ドル(約4万4000円)となっており、Surfaceシリーズとしてはこれまでになくお手頃価格であることは以前の記事でお伝えした。

さらに昨日、日本マイクロソフトも「Surface Go」の国内販売についての詳細を発表。価格を見ると、どうやら海外よりもかなりお高いようだ。同社が発表した価格は次の通りである。

続きを全部読む

【W杯の裏側】日本代表チーム敗北後のロッカールームが凄い! FIFAの運営スタッフがツイート → 世界中で絶賛の嵐「我々は本当の勝者を発見した」

負けた……でも良い試合だった! 本当に感動をありがとう!! ニッポン!!! W杯ベスト8をかけたベルギーとの試合、日本代表は惜しくも敗北。

しかしながら、優勝候補の一角ベルギー相手に、あわや勝利という瞬間もある見せ場の多い試合だったため、爪痕を残した負けだったと言えるだろう。そんな中、FIFAの運営スタッフが日本代表チームを絶賛しているためお伝えしたい

続きを全部読む

【W杯の裏側】日本のテレビ局に対しポーランド政府観光局が遺憾の意「FIFAの件でTVからたくさん電話が来ます。ただ……」

大波乱のW杯。はたして、日本はグループリーグを勝ちあがり決勝トーナメントに駒を進めることができるのか? 今夜行われるポーランド戦は注目の一戦と言えるだろう。

そんな中、ポーランド政府観光局東京支局が、日本のテレビ局に対して遺憾の意をTwitterに投稿しているためお伝えしたい

続きを全部読む

【漫画】「アフリカ少年が日本で育った結果」が色々と考えさせられる / 知らないうちに誰かを傷つけていませんか?

人間生きていれば、知らず知らずのうちに誰かを傷つけてしまうもの。「俺は絶対にない」「私だけは大丈夫」と思っていても60億人以上の人と共存している以上、ふとしたことが誰かをチクリとでも傷つけてしまうことがあるのだ。

もちろん、そればかりを気にしすぎて自分が生きづらくなるのは考えものだが、なるべくなら「知らずに人を傷つけない人間でありたい」と願う人は多いことだろう。そんな人は今回ご紹介する漫画『アフリカ少年が日本で育った結果』をご一読いただきたい。

続きを全部読む

【悲報】日本人、キャッシュレス化の流れに頑なに抗い続ける! ローソン「いまだに客の8割が現金を出してくるので自動釣銭機を導入します……」

世界的に進むキャッシュレス化の流れ。すでに中国のマクドナルドでは、現金用のレジが見当たらないというところまで来ているのは以前お伝えした通りだ。この流れは今後ますます勢いを増し、現金払いという概念自体がなくなる時代も近いのかもしれない。

日本でもキャッシュレス化を推進するべく、経済産業省が動き出している。が、今のところあまり普及していないのが現状だろう。スーパーやコンビニなどで見ていても、財布から現金を出す人の多いこと多いこと。キャッシュレス化を進めているはずのローソンは、現金払いの客に対応するため、何とも時代遅れなレジを導入せざるを得ないようである。

続きを全部読む

【実話】祖父が7歳のときに韓国から日本へ渡ってきた理由

「事実は小説より奇なり」とはいったもので、世の中には架空の話よりも驚くべき実話が往々にして存在する。例えば私、P.K.サンジュンの友人のお父さんは「元プロボクサーで現在は布団屋」なのだが、そんな設定は誰一人として考えつかないハズだ。

今回ご紹介するエピソードもまた「誰も想像できない実話」である。話の主人公は私の母方の祖父──。祖父が7歳の頃、韓国から日本に渡ってきた話だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10