「日本」にまつわる記事

並び始めて10分もしないうちに、割り込み、クレーム、そして小競り合い。中国人は長時間並ぶことが苦手というのは度々報じられているが、そんな中国メディアが日本人の災害時の冷静な対応に賞賛の声を寄せている。

避難中の渋滞でも、誰一人クラクションを鳴らす人もいない、それどころかむしろお互い気を遣い合っている。避難所では物資の支給に大人も子どもも整然と列をなして順番を待っている。こういった被災者の様子が、中国版ツイッター「ミニブログ」で公開され、驚きと共に中国に広がっている。

続きを全部読む

地震発生から時間を追うごとに、甚大な被害状況が明確になっている。日本のみならず、海外でも報道され、支援に関する働きかけが、TwitterやFacebookでも展開されているようだ。

レディー・ガガがブレスレットをデザインし、販売とともに寄付を呼びかけているのをはじめ、マドンナも公式ページのトップに赤十字のバナーを貼り、寄付への参加を働きかけている。そのほか、発生直後から寄せられている海外アーティストたちの励ましの言葉をご紹介したい。

・パリス・ヒルトン(モデル・デザイナー・歌手・女優)
「ニュースの映像を見て、悲しい気持ちになりました。日本の皆さんが心配です。日本の皆さんの心痛をお察しするとともに、神のご加護があることを願います」

続きを全部読む

東日本を恐怖に陥れた東北地方太平洋沖地震。被災地や被災者に、私たちができることはないものでしょうか? 小さい力でも、力を合わせれば大きくなります。

たとえば、義援金を送ることも立派な支援のひとつです。そこで今回、寄付や募金ができるページをまとめました。現金の振り込みだけでなく、クレジットカードでも寄付・募金ができるようです。

続きを全部読む

レディー・ガガ、日本のためにブレスレットを販売開始

日本の巨大地震の様子は、時間が経過するとともに海外のメディアでも詳しく報じられている。海外のセレブや要人たちも、メディアのインタビューや公式Twitterで、お見舞いの言葉を発言しているのだ。そんななか、アーティストのレディ・ガガが自身のオンラインストアで、自らデザインしたブレスレットの販売を開始するとともに、寄付を呼びかけている。

続きを全部読む

3月11日に発生した日本の観測史上最大規模の地震。発生から約24時間を経過し、被害の様子が徐々に明らかとなっている。現在、テレビ・ラジオの放送各社は24時間体制で、番組を放送し、より正確な情報を配信するのに全力を上げている。また、インターネットでは、UstreamでNHK、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の番組を配信している状態だ。

そのほかにも安否情報など災害に関するサイトが、数多く開設されている。以下を参考にして頂きたい。

続きを全部読む

大地震で新宿が混乱 / 歌舞伎町では看板が歪み立入禁止

3月11日14時46分に発生した東北・関東を中心とした大地震。その影響で、東京新宿は大混乱の様相を呈している。電車は全線運転を見合わせており、復旧の目処はたっていない。駅周辺の歓楽街では、通りに人が溢れ、店舗の多くは急遽営業を取りやめ、従業員も避難する騒ぎとなっている。

歌舞伎町の靖国通りの雑居ビルでは、看板が歪む事態が発生している。警察が出動し、建物前の歩道を通行止めにしているのである。

続きを全部読む

台湾のアニメニュース「NMA.TV」で、日本が戦後初めて諜報機関を設立したと報じられた。愉快なアニメーションを繰り出しつつも、内容は至ってマジメ。シュールすぎて、逆に怖いくらいだ。

NMA.TVによると、「日本は自衛とテロ対策の一環として、対中国・北朝鮮の諜報機関を設立した」とのこと。戦前は日本も諜報機関を有していたが、戦後65年も過ぎ、諜報活動については既に経験豊富とは言いがたい。新たな諜報機関は、アメリカ・ホワイトハウス直属の情報機関CIAや映画007シリーズでお馴染みのイギリス情報局秘密情報部MI6をモデルした機関になるらしい。

ちなみにイメージ映像で諜報活動をしているのは、刀を背負った忍者である。

続きを全部読む

自国・日本のことを、すべてわかったような気になっている我々国民も、日本について知らないことは山ほどある。特に、地名は興味深い。近年若いお母さんたちが子供に名づけるドキュンネームのように、読み仮名を知らないと絶対に読めないものや、あきらかに疑問を感じるものが多々存在するのだ。本日は、そんな特徴的な地名をいくつかご紹介しよう。 続きを全部読む

第1回の『日米の料理番組の比較』では両国の番組の特徴を列挙しその違いを説明してきたが第2回は日米の心霊番組の違いについて説明していきたいと思う。

記者が見ている番組で「Ghost Hunters」というアメリカの番組がある。内容は「幽霊が出て困ってます」という家庭や会社、建物などにゴーストハンターのチームが行ってサーモカメラやボイスレコーダーなどを設置、本当に出るかなどを検証するというもの。ここまでであれば日本でもありがちな番組なのだが、基本的にこの番組のコンセプトは人を怖がらせるというものではなく、「本当に幽霊屋敷なのか科学的に見てみよう」というもので、例えば「音がする」「ドアが開く」「寒気がする」というような現象は、科学的に分析されることも多い。それでも幽霊の証拠らしきものがとれることもあり、これがなかなかおもしろいのだ。ここからが本題。日本とアメリカの心霊番組の違いとは? 続きを全部読む

24日に行われた第二回WBC ( ワールド・ベースボール・クラシック )決勝戦は米ドジャースタジアムで行われ日本は延長10回にイチローの決勝打で5-3とし第一回大会に続く連覇となった。日本ではWBC優勝でお祭りムードであるが、韓国ではまた日本とは違った報道やユーザーの声がネットを支配している。ある大手メディアの報道では「これは戦争」だったとした上で、ある日本の選手はあまりにも危険だったと報じている。 続きを全部読む

WBC準決勝で日本がアメリカを9-4で下し日本中は一時お祭りムードとなったが既にネットでは明日の決勝の行方を予想するなど異様な盛り上がりを見せている。その中でも、韓国もしくは日本が負けたらどんな言い訳をするかを予想する掲示板(スレッド)がにわかに人気だ。 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10