「新大久保」にまつわる記事

【ときは第3次ブーム】韓流ファンのお姉さんに新大久保の歩き方を教わってきた

新大久保……特にコリアンエリアの混雑ぶりはどんどん激しくなってきている気がする。平日でも昼間っから歩道で立ち往生するほどだ。「あいかわらずBIGBANGの人気はスゲエな」と感じていたところ、現在の韓流トレンドは別のアイドルらしいと聞いて愕然としたワタシ。

「韓流アイドルといえばBIGBANG」と思っている30代の私は『第2次韓流ブーム直撃世代』ということになるようで、現在は『第3次ブーム』の真っただ中なのだという。

そんなバカな……知らないうちにブームが終わり、なおかつ新ブームが始まっていた……?

続きを全部読む

【新大久保】もうブームは去っただろうと「チーズタッカルビ」発祥の店に行ったら90分待ったでござる → 楽しみ方は人それぞれであると悟った話

もう2年ほど前になるだろうか? 女子高生を中心に韓国料理「チーズタッカルビ」が一大ブームを巻き起こした。その熱狂的な人気ぶりはテレビなどで連日紹介され、コンビニや飲食チェーンがこぞって類似商品を発売したことは記憶に新しい。

とは言えですよ。さすがにもうブームは去ったっしょ。今の流行りはチーズドッグとかじゃないの? 興味はあっても、結局一度もチーズタッカルビを食べたことがなかった私(あひるねこ)は、満を持して東京・新大久保を訪れることに。しかし、そこで私を待っていたのは、想像を遥かに超える光景だった。

続きを全部読む

埼玉・西川口で見かけた「注意喚起のポスター」に軽く戦慄した話

日本屈指のコリアンタウンといえば、東京・新宿のJR新大久保駅およびJR大久保駅周辺である。ここに行けば、韓国料理を堪能できるだけでなく、韓国のトレンドを知ることもできる。そして最近、埼玉県南部のJR西川口駅周辺がチャイナタウンのような変貌を遂げていると話題になっている。

まさか街並みが新大久保のように変化しているのだろうか? 気になったので、実際に行ってみたところそうでもなかったが、他の地域ではあまり見かけることのない注意喚起ポスターを目にして、軽く戦慄してしまった……

続きを全部読む

新大久保の中国人専用ネットカフェに行ったら…そこは完全に中国だった

中国人ってめちゃくちゃゲームをする」というのが、私がここ半年の間に中国人と関わりまくって感じた驚きである。それもテトリスとかそういうカワイイやつではなく、パソコンのオンライン上で攻撃し合うガチなタイプだ。

ここ日本で「休日は基本的にゲームをやっている」などと聞くと、たとえそれが偏見だったとしても「友達いないのかな」「オタクなのかな」という印象を持つ人がいるのは事実だ。

しかし中国人は臆することなく「趣味はオンラインゲーム」と発言する人が多いし、そういう人に限って見た目はいかにもクラブで踊っていそうなイケメンだったり、エリートサラリーマンだったりすることが多い。

つまり、中国人にとってオンラインゲームをするのはとっても普通のことなのではないか。世界的にもゲームをスポーツと定義する動きがあるなか、もしかすると遅れているのは日本のほうなのかもしれない。

続きを全部読む

東京・新大久保で売っている「ウサギ帽子」がめちゃクソ可愛い! ちょっとした仕掛けにビックリしちゃうぞッ!!

若者文化の発信地といえば、東京・原宿である。そしてもう1カ所、流行りモノが最初に火がつく場所として、東京・新大久保も挙げておくべきだろう。K-POPに代表される韓国エンタメの情報発信地であり、チーズタッカルビのような韓国で流行りの食文化が、日本で最初に広まる場所が新大久保だ。

ここで最近見つけた、可愛らしい帽子について紹介したい。その商品「ウサギ帽子」はちょっと変わった特徴があり、韓国だけでなく、すでに原宿でも販売されているそうだ。実際に買ってみたぞ!

続きを全部読む

初めて東京・新大久保で「チーズドッグ(ハットグ)」を食べて気づいたこと

最近急激に店舗が増えているのが、タピオカミルクティーのお店である。JR新宿駅の周辺には、半径50メートル以内に複数のお店が点在しており、時間帯によってはそのすべてに行列ができていたりする。めちゃくちゃ並んでるぞ、いつも! マジで!!

同じように急激にお店が増えたのが、「ハットグ」のお店である。ハットグ(もしくはハッドグ)とは、韓国のチーズドッグのことをさす。気にはなっていたのだが、なかなか食べる機会のなかった私(佐藤)は、思い切って食べてみることにした。実際に食してみた感想を正直にお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【超コスパ】500円でライスもカレーもおかわり可! ネパール料理「アーガン」の『ダルバットセット』が至高すぎた / しかもウマい!! 東京・新大久保

東京屈指のコリアンタウン・新大久保。平日の午前中だというのに幅広い年代の女性が街を埋め尽くしており、近年の K-POP、韓流アイドル人気の凄まじさを改めて実感する。

だがあえて言おう。新大久保で韓国料理屋に入るなんてのは素人。本当に分かってるヤツはネパール料理を食う。「ネパール民族料理 アーガン」の『ダルバットセット』は、500円でライスもカレーもおかわり OK という、まさに至高のメニューなのだ!

続きを全部読む

【新スポット】アジア8カ国の料理が勢ぞろい「新大久保アジア屋台村」がアツい! しかも昼から酒が飲めるぞォォオオ!!

人間はワガママだ。特に食に関してワガママだ。インドカレーも食べたいけれど、同じくらいトムヤムクンを食べたい日だってたまにはある。インド料理屋に行くべきか、それともタイ料理にするべきか? そんなときは今回ご紹介する「新大久保アジア屋台村」をぜひ思い出してほしい。

2018年2月半ばにオープンした「新大久保アジア屋台村」は、タイ・ベトナム・シンガポール・マレーシア・韓国・中国・インド・ネパール……と、合計8カ国の料理が一堂に集結したワガママさんたちにピッタリな食の新スポットである。

続きを全部読む

【焼肉】新大久保「韓国料理マニト」の赤字セットがマジで赤字を覚悟している件! 600グラムの肉が驚きの値段

現在週2回のペースでポールダンスのレッスンを受けている私(佐藤)。以前にもまして身体づくりに励んでおり、最近は食事にも気を付けるようにしている。その影響なのか、時々猛烈に腹が減る! いくら食っても腹が減ることもあり、肉を食いたい衝動を抑えきれなくなった!

ニクーーーッ! ニクを食いたい、猛烈に食いたい!! その欲求を満たす、幸いリーズナブルなお店を発見できた。東京・新大久保の「韓国料理 マニト」は、赤字セットを提供しており、これがコスパ超高い! 600グラムのお肉の値段に驚きを禁じ得ない!

続きを全部読む

【タトゥー温泉】第7回:新大久保コリアンタウンに昔っからある銭湯『万年湯』が知らぬ間にリニューアルされていた! 雰囲気最高で完全にオアシス!!

東京最大のコリアンタウン「新大久保」をくまなく歩いたことがあるならば、おそらく『万年湯』のことは知っているのではないだろうか? 大久保通りから少し入った場所にある銭湯で、なんと昭和36年(1961年)から創業しているのだという。

そんな歴史古き銭湯『万年湯』が、知らぬ間にリニューアルされていたーっ!! なんでも昨年2016年8月に改修工事が終わっていたらしい。どんな感じで生まれ変わったのかなァ〜……と行ってみたら、これがマジで雰囲気最高のオアシスだったのである!

続きを全部読む

東京・新大久保で1人焼肉できない! それなら「中央市場」に行け!! 何人で食べても2000円メニューがあるから

2016年がそろそろ終わろうとしていた頃。「今年の肉納めをしたい」と思った私(佐藤)は、韓国系の飲食店が立ち並ぶ東京・新大久保へと1人で足を運んだ。すると、そこで思わぬことに気が付いたのだ。

実は、1人前の焼肉ランチセットを提供しているお店が少ない! 多くのお店が「2人前から」になってるじゃないか。ケチくせえ! 肉くらい食わせろ!! と思ってさまよい歩いていたら、いい店を発見したぞ!! 通称イケメン通りにある「中央市場」だ。

続きを全部読む

東京・新大久保に2017年を占いに行ったら、自分の「前前前世」までわかった話

2016年ももう残り数日。来る年はどんな一年になるのだろうか? 意外と「占い好き」の私(佐藤)は、2017年を迎えるのに先立って、占ってもらうことにした。

訪ねたのは、東京・新大久保。韓国系の飲食店やショップが立ち並ぶこの街で、一際目を引くのが、霊感透視の大光寺である。以前から気になっていたので、占いに行ってみると、私の前前前世までわかってしまったのだ。私は過去世でも、○○が下手だったのか~!

続きを全部読む

マジかよ300円で釣りが来る! 東京・新大久保「ニハマル弁当」は唐揚げ弁当290円だぞ~ッ!!

安くでボリューミーな唐揚げ弁当を求めて、さまざまな場所を徘徊している私(佐藤)。ここのところ、立て続けに東京都板橋区のお店を訪ねたのだが、意外と身近にも安い唐揚げ弁当が売っていることを発見した。

そのお店「ニハマル弁当」は以前、その名前の通りに、すべてのお弁当が280(ニハマル)円だったらしい。現在は10円値上げ、それでも290円! 290円で唐揚げ弁当が食えるぞ~ッ! これは超お得だ。ということで、さっそく弁当を買いに行ってみた!!

続きを全部読む

東京・新大久保で見つけたパンケーキが斬新すぎる! 「プルコギパンケーキ」や「ハラミパンケーキ」「ケバブパンケーキ」など

世の中知らないことばかり。探せば探すほど、その深みは増していくばかりだ。いろいろなものを食べ歩いているけど、やっぱり料理には限界はないんじゃないかと、改めて思わされる日々。

最近東京・新大久保の界隈を歩いていたら、進化系パンケーキを見つけたぞ。パンケーキといえば、説明するまでもなくスイーツだ。しかし発見したその品は、「チーズプルコギパンケーキ」と記されている。プルコギって韓国料理だろ? それとパンケーキが合体!? 良く分からなんからとりあえず食べてみた!

続きを全部読む

【韓流グルメ】初めての新大久保で絶品韓国料理を堪能 / グンちゃんや東方神起も来店の「味咲(あさ)」

日本人は韓国料理が大好きだ。もちろん私(筆者)も大好きなのだが、あいにく私の近所にはあまり韓国料理店がない……。

そこで先日、新大久保にある韓国料理屋さんに行ってみたところ、そのお店がとってもアットホームかつ美味しいお店で、私のハートと胃袋をわし掴みだったのでご紹介したい。

続きを全部読む

【グルメ】見た目がウンチの韓国スイーツ「トンパン」日本に上陸! 匂いも食感も申し分ない逸品と判明

以前の記事で、韓国にウンチ型のタイ焼きが存在することについてお伝えした。販売しているのはソウルの仁寺洞(インサドン)。若者に人気でなかなかの売れ行きなのだとか。

実はその商品が日本の上陸していたことが判明。日本では、韓国語でウンチを意味する “トン” という名前のついた「トンパン」として販売されているのである。これは食べてみるしかない! ということで早速販売している、東京・新大久保へと向かってみた。そして実際に食べてみたところ、味も匂いも食感もなかなかのトンパンだったのである。

続きを全部読む

【八本足のハムスター!?】一度見たら忘れられない謎のペットショップに潜入! Byクーロン黒沢

東京・新大久保駅から徒歩5分のペットショップ『ZOO』。ガラス張りトリミングスペースに、各種ペット用品、爬虫類、魚類のコーナーが点在する、ごく普通のペット屋さんである。だが、2階の「珍獣コーナー」は全然普通じゃなかった。

「あそびにおいでよ!」という看板に従って階段を登ると、定価8万円の「ヤギのメーコさん」が登場。辺りをフンまみれにしながら愛想をふりまいていたのだ!

続きを全部読む

【モロヤバ】新大久保の脱法中国人マートは涼しい顔で凄いもの売ってるぞ! Byクーロン黒沢

反韓デモ、ヘイト落書き、近頃何かとキナ臭い東京・新大久保。道行く人が異国の言葉で語り合い、裏通りには一泊2千円の謎宿があったりと、異国情緒ありすぎだ。

そんな新大久保の表玄関・JR新大久保駅から徒歩わずか1分の至近距離に、地下と2階に中華スーパー。3階が中国人専用のブックストアという、中国人御用達の不思議な総合ビルがある。スーパーでお買い物も楽しいが、特筆すべきは3階の書籍コーナー。中国大陸の雑誌や書籍を販売する平凡な中華書店と思わせながら、アキバでこそこそ売っている類のものが、実に堂々と陳列されているのだ!

続きを全部読む

【ここが穴場!】超有名スポットに隠れた東京の散策&観光エリアベスト5

東京に在住している人の中には、「都内でお気に入りの散策エリアがある」という人は多いだろう。だが、毎回同じ場所だと、どうしても飽きてしまうもの。そして、人気のスポットは、えてして多くの人で溢れてしまいがち。

そこで、旅行コンサルタントの中西茂さん(仮名)に、「多くの人が集まる東京の超有名スポットの近くにあるものの、魅力では決してひけを取らない穴場」という観点で、おすすめの東京散策スポットベスト5を選んでもらった。

続きを全部読む

【グルメ】老舗の味を今に伝える都内唯一のアイヌ料理店「ハルコロ」 / 東京・新大久保

沖縄に行ったことがないという人でも、沖縄料理は食べたことがあるはず。それくらい沖縄料理店は全国各地に存在します。

それに比べると、北方先住民族のアイヌ料理のお店はあまり見かけません。東京都内にはなんと一軒しかないのだとか。そんなアイヌ料理を専門に提供するお店をご紹介しましょう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2