「中華」にまつわる記事

【カレーフェス】「麻婆豆腐 + カレー」が最高にウマイ! 本格中華居酒屋『一心』が「麻婆咖哩」で新境地!

今年で4回目を数える「下北沢カレーフェスティバル2015」。10月9日から10日間の日程で、約130店舗が出店し、カレーの美味しさを競っている。この期間だけは下北沢がインド化しているといっても過言ではないが、このフェスの楽しみ方の1つが、普段はカレーを出さないお店の「オリジナルカレー」を食べることだ。

そんなオリジナルカレーの中でも、筆者が自信をもって紹介したいカレーは、中華居酒屋『一心』の一品である。なんと本格中華を得意料理とする店主が今回のフェス用にカレーを作ったらしい。実は、すでにフェスを十分に楽しんで満腹だった筆者ではあったが、そんな情報を聞いてしまったら行くしかないだろーーー!!

続きを全部読む

渋谷最強の大衆中華料理店! 何でもウマいが大穴『正油焼きそば』はマジ絶品!! 東京・渋谷「兆楽」

以前の記事で、渋谷にある大衆中華料理店「兆楽」をご紹介した。その際、渋谷のDJたちが絶賛する『ルースチャーハン』がめちゃめちゃウマいとお伝えしたが、兆楽は決して『ルースチャーハン』だけが美味しいお店ではない……!

結論から言ってしまうと、基本的には何を食べてもウマいのだが、兆楽に通って25年以上の筆者が猛プッシュするのが『正油焼きそば』である! しかも激ウマなのに食べてる人を滅多に見ないという大穴メニューなので、兆楽を知る人にこそぜひ食べてほしい1品なのだ。

続きを全部読む

【おすすめランチ速報】超有名人も多数来店 / 高級中華「倶楽湾(くらわん)」で優雅なランチが1050円から堪能できる!

ランチタイムは、ディナーと比べてかなりリーズナブルな価格のメニューを展開しているお店が多い。今回は、港区芝浦の旧海岸通り沿いにそびえる高級中華料理店「倶楽湾(くらわん)」の、とっても贅沢なのにリーズナブルなランチをご紹介。

オープン時に長島監督や石原慎太郎氏が訪れたり吉永小百合さんからのお花が飾られていたりSMAPが撮影に利用したり……と、セレブ感漂うラグジュアリーなお店。そんな一流の中華料理店も、ランチをなんと1050円から提供している……!

続きを全部読む

【掟破り】日本有数と思われる破天荒かつ型破りな中華料理店を発見した! Byクーロン黒沢

上野界隈をぶらぶらしていたある夜、偶然見っけたとてつもなく難しい名前のお店。

JR山手線「鶯谷」駅前にある伝説の24時間居酒屋「信濃路」の従業員が独立。鶯谷でもひときわ怪しいホテル街のどまん中に、おかしな名前の居酒屋をオープンした……というのは、実は後から知った話。

「東瀛」と書いて「とうえい」と読むコチラのお店。古代中国の人ぴとは日本のことを “仙人が住む神の山” と位置づけ「東瀛」と呼んでいたらしい。そんなウンチクのあるステキな名前だが、敷居の高さは半端なかった……。

続きを全部読む

21世紀にコレかよ!? 中華圏で画期的なドラマの撮影方法が編み出されたと話題

映画やドラマの宣伝で「製作費○億円!!」と言われることがある。確かにスゴイことだが、逆に言うと、お金がなければ、いい作品は作れないってこと? ……否(いな)!! いま、中華圏でお金をかけないドラマの撮影方法が編み出されたと話題になっている。

「21世紀にコレかよ!?」と言いたくなるが、逆に一周回って目からウロコ! その方法は、早速、動画「Ladies in a carriage – unexpectedly」で確認だ!!

続きを全部読む

電通近くの地下駐車場にあるアンダーグラウンドな中華料理屋『帝里加』が渋ウマすぎる件 / レバニラ定食500円

日本最大手の広告代理店『電通』。オフィスのある汐留には日本テレビなどの大企業が軒を連ねており、とても華やかなイメージがある。

だが、そんな電通のすぐ近くにある暗い雰囲気の地下駐車場に、汐留にあるとは思えないアンダーグラウンドな中華料理屋が存在する。

続きを全部読む

【乱闘動画】なんや! なんやなんや! 大晦日の夜にカナダの中華料理店で中国人VS黒人の大乱闘発生

大晦日の夜は、紅白でも見ながらのどかにすごしたいものだ。衛星放送を受信すれば、海外でも紅白は見ることができたりもする。だがしかし、大晦日の夜にトンデモない大乱闘が起きてしまったようだ。

場所はカナダのモントリオール。YouTubeにアップされた「Chinese VS Blacks Brawl at Chinese Restaurant, Montreal」という動画には、その乱闘シーンの一部分が収められている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2