「ロボット」にまつわる記事

まるで擬似的な幽体離脱! ロボット遠隔操縦システムがすごすぎる

2011年11月9~12日の日程で、東京・ビッグサイトで開催されている「2011国際ロボット展(iREX2011)」。今年で19回目を迎えるこのイベントは、世界最大のロボット見本市である。国内外からロボット・関連機器メーカー、大学・研究機関などが参加しており、今回は過去最大級272社(団体)の参加となった。製造分野のロボットの出展が中心なのだが、近年はサービス分野の出展も増えつつある。

特にここ数年で、各社ともサービスロボット(サービス業で使われるロボットを指す)の開発が進められており、第3次産業での活躍が期待されているようだ。

また東日本大震災以降、人間に代わって危険作業を行うロボットの開発も急速に進められている。たとえば、ご紹介する「FST」もそのひとつだ。これは、ロボットの遠隔操縦システムである。ヘッドマウントディスプレイとグローブ、そしてセンサーチューブを装着すると、まるで自分がもう一人現れたような感覚で、ロボットを操縦できるようだ。

続きを全部読む

中国人が車の部品で作り上げた「トランスフォーマー」の顔がカワイイ

中国の溶接工の男性が、車の部品からトランスフォーマーを作り上げ、注目を集めている。彼は、数千にもおよぶ自動車部品をかき集めて、高さ約4メートルのロボットを完成させたのだ。大変秀逸に作られているのだが、このトランスフォーマーは顔がどことなく可愛らしいせいか、和やかな雰囲気をかもしているのである。

続きを全部読む

世界一のタフガイを決めるタイマンロボット対戦ゲームがアツい! SNSバトルコンテンツ『G’zOne Tough Battle』

時間がなくて久しくゲームをしていないという人にオススメしたいWEBゲームがある。その名も『G’zOne Tough Battle』。世界中のユーザーとロボットで一騎打ちするゲームであるが、シンプルながらパズル的な要素もあり、これがなかなかハマるのだ。

内容を簡単に説明すると、障害物のあるフィールド上で、お互い交互に弾を出しあい、命中すれば勝ち!というもの。ダイレクトで狙ってもよいが、シールド機能があるので防がれる。フィールドの壁に弾が当たると、「ブロック崩し」的に跳ね返るので、角度を見極めてサイドやバックを……狙うのがセオリーだ。

続きを全部読む

わずか5秒でルービックキューブを揃えちゃうマシンがすごい! しかもレゴ製

仕組みやコツがわかっていないと、なかなか揃えることのできないルービックキューブ。世界チャンピオン級の猛者ならば、10秒以内に揃えることも余裕で可能だが、今回ご紹介するマシン「CubeStormer II」はさらにスゴイ!

揃っていないルービックキューブをセットすると、わずか5秒チョイでガシガシガシと揃えてしまうのである。

続きを全部読む

世界一人間に近い隔操作型ロボット「ACTROID-F」に男性版が登場 / なかなかのイケメン

以前、『世界一人間に近い遠隔操作型ロボット「ACTROID-F」が怖いほどリアル』というニュースをお伝えした。怖いほどリアルな女性型ロボであるが、「かわいい!」との声もあり、実際にカワイイ。

そんな「ACTROID-F」の男性版が完成したとのことで、これまた「なかなかのイケメン」と話題になっている。

続きを全部読む

3000万円かけて作った最新ロボはウンチも拾う

ペンシルベニア大学のGRASP研究室が、40万ドル(約3070万円)を投じて開発したロボット、PR2が話題になっている。なんとウンチ拾いの機能が付いているというのだ。

英語でウンチのことをpoopというが、PR2が拾うのは必ずしもウンチだけでなく、人が触れたくないもの全般という意味でPOOP(Potentially Offensive Objects for Pickup=拾うのが嫌なもの)とされている。いずれにせよ、poop(ウンチ)はPOOP(拾いたくないもの)の代表格だ。

続きを全部読む

【動画あり】指はなんと19本! 人間のテクニックをも超えるピアノ弾きロボット

ロケットニュース24でも、中国の刀削麺が作れるロボ台湾のちょっと不気味な歌が歌えるロボなど世界の様々なロボットをご紹介したが、イタリアでピアノが弾けるロボットが開発されていたことがわかった。なんと彼の指は19本。そのスピード、テクニックともに人間を超えた音楽の才能を持つロボットなのである。

続きを全部読む

人気アイドルグループ「AKB48」が、アニメ化することが判明した。総合プロデュースは秋元康氏が務め、制作には河森正治氏をはじめとするアニメ界のベテランが参加するという。

声優は、AKB48のほかSKE48、NMB48、HKT48の総勢200人からオーディションを行い、最終的に9人に絞り込まれる予定だ。現在のところ、登場人物が9人であること以外、アニメの設定については不明である。大手メディアで報じられるところによれば、最先端映像技術を駆使して、新しいアイドル像を提示する作品になるとのことだ。

このニュースについて、インターネットユーザーからは「(AKB48は)順調にコンテンツを制覇していってる」、「新しい声優アイドルユニットを作りたいんだろ」など、さまざまなコメントが寄せられている。

続きを全部読む

まさにモビルスーツ! 米軍事メーカーが作った2アームの重機がスゴイ

このほど米軍需製品メーカーが、従来の重機械に革命を起こすような画期的なマシンを発表した。そのマシンは巨大な2つのアームを持っており、これを操作することにより、土木作業をスムーズにこなすことができる。しかも今までの重機のようなレバーやボタンはなく、操作技術を習得するためのトレーニングも不要、誰でも簡単に操縦できるというのだ。まさにモビルスーツと呼ぶに相応しいマシンではないだろうか。

続きを全部読む

まるで本物! ロボットが飛翔する姿が美しい

「鳥のように空を飛んでみたい…。」そう思ったことのある人は多いのではないだろうか。美しく優雅に悠々と飛んでいる鳥を思い浮かべ、この動画をご覧いただきたい。一見すると鳥が実に美しく飛んでいるのだが、この鳥は本物でもなくCGでもない。

続きを全部読む

ちょっとかわいい! スマホを「デジタルペット」にするスタンド

米カリフォルニア州で、2011年9月12日から3日間の日程でIT系企業の展示会が行われた。その展示会で、大変ユニークな商品が紹介され話題を呼んでいる。その商品とは、スマートフォンをデジタルペットにしてしまうスタンド(ドック)だ。ただ動き回るだけでなく端末のフロントカメラを使って、ご主人を認識するというのだ。

続きを全部読む

抱腹絶倒! チャットボット同士の会話が支離滅裂すぎて海外で話題に

現在海外で、ある2人の会話が話題となっている。その2人とは、人間と話をするようプログラミングされたチャットボットCleverbotで、その会話がハチャメチャ過ぎて面白いのだ。

そのハチャメチャ度はまさにチャットボットならではのもので、人間の会話にはない独特の面白さがそこにはある。それでは、多くの海外ユーザーを魅了する彼らのぶっとび会話を見ていこう。

続きを全部読む

台湾で開発された「歌うロボット」がなんか怖い件

国立台湾科学技術大学の研究者が画期的なロボットを開発し、注目を集めている。このロボットは、楽譜と歌詞を読み歌うことができるのである。プロの音楽家が楽譜を記憶するよりも速い速度で記憶できるらしいが、正直、見た目が不気味である。

続きを全部読む

日本の研究者が開発した「発話ロボット」が不気味すぎる

7月13~15日の日程で、東京ビッグサイトで「ROBOTECH-次世代ロボット製造技術展」が開催されている。日本全国から最新技術を搭載したさまざまなロボットが出展されており、国内だけでなく海外からも高い関心が寄せられているのだが、取り分け注目を集めているロボットがある。

それは発話ロボットだ。これは合成音声ではなく、人間の喉により近い形を再現して作られたものだ。とても優れた技術を用いているのは理解できるのだが、見た目も発話の動きも不気味と言わざるを得ない

続きを全部読む

軽快な動きと鋭いパンチ! バトルアーマー開発中

ロボットといえば男子の憧れ。ロボットを扱った漫画やアニメを見て育ったという人も、多いのではないだろうか。そんな憧れを叶えてくれる会社が群馬県に存在する。

この会社は、主に環境保全機械や畜産向け飼料装置などの製造開発を行っているのだが、アミューズメント機器の製造を社員教育の一環として行っており、搭乗型ロボットや乗り物、遊具を開発しているのだ。

同社のロボットは海外でも注目を集めており、最近新たな機器を開発しているという。その機器とは、軽快に移動しパンチを繰り出すバトルアーマーだ

続きを全部読む

木人拳のようなトレーニングマシン

ジャッキー・チェンの代表作といえば、皆さんは真っ先に何を思い浮かべるだろうか? 酔えば酔うほど強くなる『ドランクモンキー酔拳』だろうか。もしくはサモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウと共演し、ゲームにもなった『スパルタンX』だろうか。

いやいや、ジャッキーファンが忘れてはいけない作品がある。それは『少林寺木人拳』だ。少林寺の修行の集大成、木製からくり人形との闘いのシーンは、ジャッキーの歴史を語るうえで、欠くことができない。その木製人形を彷彿させる、トレーニングマシンが存在するのだ。

続きを全部読む

人間そっくりのロボットと言えば、株式会社ココロが開発した「ACTROID-F」が有名なのだが、このほど、デンマークの研究者がこの技術をベースに、表情豊かなロボットの開発を進めていることを発表した。3月5日Youtubeに技術テストの様子が公開されているのだが、それを見ると、もはや人とロボットの見分けがつかないほど、リアルなのだ。海外のネットユーザーからは、「怖ええ…」、「不気味だ」との声が上がっている。

続きを全部読む

Boston Dynamics社は、米国防高等研究計画局(DARPA)から資金提供を受けて、高速軍用ロボット「Cheetah(チーター)」の開発に着手していることが明らかになった。

頭部や背骨は関節によって柔軟に動かすことができ、素早く方向を変えて、曲がり角も自在に移動可能。現時点でのトップスピードは時速48キロメートルほどで本物のチーターの半分にも満たない速さだが、将来的には時速100キロメートル前後にすることも検討されているという。

続きを全部読む

こいつはスゴイ! アメリカ人男性がまるで映画に登場するようなマスクを開発した。カメラを搭載したサイボーグ・マスクである。カメラはただのレプリカではなく、手ぶらで操作できる優れものだ。操作方法が非常にユニークで、なんと鼻息でコントロールできるという。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8