「ロボット」にまつわる記事

【ウソだろ】約40年前からロボットがバリバリ働くお好み焼き屋さんに行ってきた / 岡山市『真珠』

ロボットや人工知能は急速に進化を続けている……という話は本当なのだろうか。近い将来「ロボットが台頭し、人間は仕事を奪われる」なんて怖い話も最近よく耳にするが、岡山県には約40年前からお好み焼き屋でバリバリ働くロボットがいるらしい。

──ということで今回は、「ロボットと人間が仕事を分担している」岡山市のお好み焼き屋さん『真珠』に行ってきたのだが……マジだった。マジのマジで現役バリバリ過ぎるロボットが働いていたのだ。アレが40年前からいるってウソでしょォォォオオオオーッ!!

続きを全部読む

【大人の自由研究】「ムカデロボット工作セット」を作ってみた

お盆が過ぎて、地域によってはいよいよ夏休みも終盤だ。子供の頃、課題を仕上げるために最終日ギリギリでいつも焦っていたような気がするなぁ……。

平成最後の夏、筆者は再び少年の心を呼び起こしてみようと、ちょっとした工作セットを買ってみた。その名は『ムカデロボット工作セット』だ。まるで生きているように動くムカデロボットが作れるらしい。マジかよっ!

続きを全部読む

【動画あり】視覚に頼らない新型の四足歩行ロボット「チーター3」が有能すぎてマジすごい! 自由自在に動いて悪路だって何のその!!

有名な四足歩行ロボットといえば、ボストン・ダイナミクス社の「SpotMini(スポットミニ)」が挙げられる。日本では建設現場で同ロボットを使った実証実験が行われるなど、実用化を準備する段階まできている。

そんななか、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が超高性能な新型四足歩行ロボットの動画「Vision-free MIT Cheetah」を公開した。「Cheetah(チーター)3」と呼ばれるロボットの主な特徴は、視覚(カメラ)に頼らず行動する点とのことだが、いったいどんなロボットなのか? 動画で詳細を見ていこう。

続きを全部読む

【ほぼ人間】2足歩行ロボット『アトラス』さん、今度は軽やかにジョギングをする

スゲェ、こりゃマジでスゲェ! 驚異の高性能ロボットを数多く生み出している米国のボストン・ダイナミクス社が、またスゲェ動画を公開した。今回は2足歩行ロボット『アトラス』がジョギングだ

パッと見たところ、あまりに動きが自然すぎてほぼ人間。いよいよロボットも来るところまできたなって感じがしてきたぞ……。

続きを全部読む

【動画あり】2人搭乗型の変形ロボ「J-deite RIDE」をソフトバンクグループなど3社が公開! 人型と車型に変形可!! トランスフォーマーかよォォォオオオ!

ついにキタ……変形ロボの時代が! なんと2018年4月26日、ソフトバンクグループのアスラテック、三精テクノロジーズ、BRAVE ROBOTICSで構成される「ジェイダイト・ライド有限責任事業組合」が4mの変形ロボを公開した

人が最大2人まで乗用可能なこのロボット。人型から車型に変形する動画がすでに公開されているが……トランスフォーマーかよォォォオオオ

続きを全部読む

【シンクロ率100%】1372体ものロボットが同時にダンスを踊ってギネス記録を更新

ロボットに関する話題が絶えない昨今。技術の発展に伴い、さまざまな記録が更新され続けているが、またしてもビックリするような世界記録が生まれた。ジャンルは「同時にダンスを踊ったロボットの数」である。

2017年8月に樹立された記録は1069体だったが、果たして今回は何体なのか……? ギネスが公開した動画「Most robots dancing simultaneously! – Guinness World Records」とともに内容を見ていこう。

続きを全部読む

ウィル・スミスがAIロボットと初デート! 会話が全く噛み合わずタジタジになる動画が超オモロい!!

「世界で最もセクシーな男性」ランキングの上位に食い込んだこともある人気ハリウッド俳優ウィル・スミスは、50歳を迎えた今も変わらない若々しさを振り撒いている。そんな素敵な彼が、どういうことかAIロボットと初デートに挑むことになったというのだ。

ところが、さすがの色男もロボットが相手では勝手が違うのか、全く会話が噛み合わずにタジタジ状態に! 困り果てたウィルに思わず笑ってしまうこと間違いナシなので、その動画を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【動画】最先端の2足歩行ロボと4足歩行ロボは無音の部屋で楽しげに踊り始めた。まるでお互いを意識しているかのように

助け合いながら行動する犬型ロボットや、恐るべき精度でバスケットのシュートを決めるヒト型ロボットが登場し、注目を集めているロボットの世界。その目覚ましい進化にはいつも感心させられるばかりだ。

そんななか、2体の奇妙なロボットがダンスを踊る様子が公開された。プロダンサーのロボットダンスのようにキレッキレの動き……とは程遠いが、ぜひ動画『Robot playdate』でそのシュールな姿をご覧いただきたい。

続きを全部読む

動きが超リアルな「魚型ロボット」現る / しかも操縦機はスーファミのコントローラー

有名な高性能ロボットといえば、ホンダの2脚歩行ロボット「ASIMO」や、ボストン・ダイナミクスの4脚歩行ロボット「SpotMini」などが挙げられる。いずれも生き物のようにスムーズに歩く姿が印象的だが……

今回は2脚でも4脚でもない、ちょっと変わったロボットをご紹介したい。いったいどんなロボットかというと、まるで生き物のように動く魚型ロボットである! それではさっそく、そのリアルな泳ぎを動画でご覧いただこう。

続きを全部読む

プロのバスケ選手と人型ロボットがシュート対決してみたって動画 / トヨタ開発のロボット「CUE」がエグいシュート成功率を見せつける

日本を代表する自動車メーカーのひとつであるトヨタ 。最近では自動車のみならずヒト型ロボットの開発にも注力しており、昨年はまるで人間が中に入っているかのような滑らかな動きをするロボット「T−HR3」を発表して世界を驚かせた。

そのトヨタが開発したあるヒト型ロボットの動画が、つい先日YouTubeで公開され注目を浴びている。その名は「CUE(キュー)」。なんと、恐るべき精度でバスケットのシュートを決めるというから見逃せない!

続きを全部読む

【待ってた】須藤元気さん率いる『WORLD ORDER』が新作MVを公開!  ネットの声「お笑い芸満載」「面白くて素敵」など

世界中に多くのファンを持つダンスパフォーマンスユニット『WORLD ORDER』。元格闘家の須藤元気さんが男性ダンサーとともに結成した同ユニットは、今まで様々なMVをリリースして高い評価を獲得してきた。

その『WORLD ORDER』がこの度、新たなMVをYouTubeで公開。2015年からプロデューサーに専念していた須藤元気さんもダンスに参加し、時事ネタやお笑いネタをこれまでになく大胆に取り入れた、遊び心溢れる作品に仕上がっているゾ!

続きを全部読む

ブババッ!! たった0.38秒でルービックキューブを完成させるロボットが爆誕! ウソのようで本当の動画がこちらです

1974年に開発されてから今にいたるまで、世界中で変わらず親しまれているルービックキューブ。色を揃えるだけのシンプルな遊びで簡単そうに見えるも、実際にやってみたらこれがなかなかどうして難しい。

世界トップクラスの猛者(もさ)ともなれば完成タイムは5秒を切ってくるものだが、ついにロボットがウソのような本当のタイムを刻んだ。ロボットがルービックキューブを1秒で攻略したのは、約2年前のこと。しかし月日は流れ、完成時間は0.38秒まで縮まった。

続きを全部読む

自力でドアを開ける「キモい犬型ロボット」がやっぱりスゴい! 人間に妨害されても正常に動いてミッション遂行

「ボストン・ダイナミクス社」といえば、高性能ロボットを次々と発表している米国の有名企業である。つい先日、助け合いながら行動する「キモい犬型ロボット」の動画を公開したばかりだが、またしてもインパクト抜群の性能を明らかにした。

動画「Testing Robustness」には、性能テストのため、人間から妨害されるロボットの様子が収められている。ただ、アレコレ妨害されながらも「キモい犬型ロボット」は正常に動くから大したものだ。

続きを全部読む

「キモい犬型ロボット」が進化しすぎ! ドアを開けるだけでなく助け合うことも可能に

数々の高性能ロボットを発表している米国の企業「ボストン・ダイナミクス社」。同社が開発したロボットの中でも、世界的に有名なモデルのひとつが不気味な動きの4脚歩行ロボットである。

近年、その4脚歩行ロボットがスタイリッシュになったことは以前の記事でお伝えしたが……なんと今度は、助け合いながら行動するように進化したというのだ! それでは、さっそく進化したロボットの姿を動画と共にご紹介しよう。

続きを全部読む

日本の「ロボット相撲」が海外から熱視線 / 特集したドキュメンタリー映像が驚きの連続で興味深い

海外で人気の日本発文化にもさまざま。漫画やアニメをはじめ、和食や武道など、伝統のものまでと幅広い。いまやインターネットの時代ということもあって、情報は恐るべきスピードで海を渡って伝わっている。

中でも「ロボット相撲」は右肩上がりで人気が上昇。聞きなれない言葉かもだが、半年ほど前にも土俵上の高速決戦が海外で話題となり、またしても海外メディアに取り上げられた。新たに公開された動画「The Freakishly Fast World of Robot Sumo」では、ドキュメンタリー形式で特集されている。

続きを全部読む

【未来キタ】まるでマンモス! 重量3.6トン以上なのに時速32キロで歩ける「ロボットスーツ」が海外で登場!

バク宙するロボットが登場したり、全長8.5メートルの超巨大な2速歩行ロボットも開発……さらには新型AIBOが発売されたりと、話題には事欠かないロボット業界。

そんななか、米国の電子機器メーカーが、重量3.6トン以上ありながらも時速32キロで歩けるロボットスーツを開発しているという。今回はその製品の全貌が見られる大迫力の動画をご紹介したい。

続きを全部読む

触れた時に心地いいだと…! ホンダの新型ロボットが超カワユ〜イ!

日本の工業メーカーの中でも屈指の技術を誇るホンダ。高性能な自動車やバイクのほか、世界初の本格的2足歩行ロボット「ASIMO」を開発したことでも知られている。

そんなホンダが何とも興味深いロボットを発表した。新型ロボットの名前は「3E−A18」だ。ASIMOに比べてずいぶんと機械的なネーミング……と思いきや、人の感情を認識するだけでなく、触れた時に心地いいロボットだという。

続きを全部読む

【動画アリ】搭乗・操縦可能!! 全長8.5メートル総重量7.3トンの2足歩行ロボ「MONONOFU」が超スゴイ!! 製造裏話がヤバい!

ここ数年、ロボット技術は目覚ましい進化を遂げている。米ボストン・ダイナミクス社の4脚歩行ロボ「SpotMini」は従来より動物的な動きをするようになり、同社の2足歩行ロボ「アトラス」は人間のようなバランス感覚を備えている。トヨタのヒューマノイド「T-HR3」は人間のようにしなやかに動く。

でも! おじさんたちが望んだロボット技術はそれじゃない! 「わしゃあロボットに乗りたいんんじゃ!! 乗って動かしたいんじゃああああッ!」というロボ好きなおじさんたちに超朗報だ!! 搭乗して操作できるロボはもうあるぞ。全長約8.5メートル、重量7.3トンの巨大ロボットが群馬県に誕生していた! そしてその製造裏話がスゴかった。

続きを全部読む

【トヨタの本気】ヒト型ロボット「T−HR3」がもはや人間 / 中に誰かが入っているかのような動きで遠隔操作も可能

日本の自動車メーカーが開発したヒト型ロボットといえば、ホンダのASIMOが有名だが、トヨタも負けてはいないようだ。先日、発表された新型のヒューマノイドロボットは、もはや人間のように滑らかな動きをする。

同社の情報によると、ロボットは操縦者の分身であるかのような感覚で操作できるほか、人間のしなやかな動きも実現しているとのこと。今回は、トヨタが先端技術をつぎ込んだというロボットの全貌を動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

ロボットがバク宙だと… 2足歩行ロボット「アトラス」の新作動画がマジやばい

高性能ロボットを多数発表している「ボストン・ダイナミクス社」が、またしても驚くべき動画を公開した。今度は、以前ご紹介した2足歩行ロボット『アトラス(Atlas)』の劇的な進化を示すものだ。

同社の公式YouTubeチャンネルにアップされた新着動画「What’s new, Atlas?」を確認すると……ロ、ロボットがバク宙だと! もはやロボットとは思えない身体能力を備えているではないか!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8