「ロボット」にまつわる記事

【速報】プレイステーション4の公開直後に「謎の巨大ロボットと巨大広告」がE3会場に現れたぞーッ!

米国時間2013年6月11日~13日、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大規模のゲームイベント『E3』。その開催を前に、ソニーコンピュータエンタテイメントが次世代ゲーム機「プレイステーション4」をプレスカンファレンスで初披露し大きな注目を集めている。

そしてプレイステーション4公開直後、E3の会場となる「コンベンションセンター」に謎の巨大ロボットと巨大広告が現れた。これは一体、何なんだーーーッ!?

続きを全部読む

【コラム】秋葉原ラジオセンターの「壁画」が消えた時どう思った?

よく「昔の秋葉原はよかった」と言う人がいる。その人が言う「昔の秋葉原」の時代にも、「昔の秋葉原はよかった」と言う人がいたことだろう。いつの時代が最高だったなんて、どうでもいい。自分の好きな時代の秋葉原があることは幸せなことだ。

だが! だが! 自分が勝手に「アキバの象徴」だと思っていたモノが突然なくなったら……やはり「昔の秋葉原はよかった」と思ってしまうのである。私の場合は、秋葉原ラジオセンターの「壁画」だった。

続きを全部読む

【動画】大阪城で「レイ・チャールズ」ロボットを発見! サザンの「いとしのエリー」を大熱唱

技術大国日本。ロボット分野では、世界から「ロボット大国」と呼ばれるほどその技術力には定評がある。

その技術は大手企業だけのものではないぞ。なんと大阪のストリートミュージシャンが集う場所で歌うロボットがいるらしい。マジか!? そんな庶民的な場所にロボットがいるとは興味深い! ということで、実際に大阪まで飛んで確かめてきた。

続きを全部読む

【噂ニュース】鉄腕アトムの記憶容量は約2テラバイト / 同容量のHDDはヨドバシで1万円くらい

不朽の名作『鉄腕アトム』! 主人公のロボット・アトムは、自分で考え、自由自在に空を飛び、パワーは10万馬力、60カ国語以上を話し、しかも人間の心の善悪まで感じることができる。

その現在のテクノロジーでも実現できないスーパーロボット・アトムの記憶容量をご存知だろうか? 一説によると15兆8000億ビット、換算すると約2TB(テラバイト)なのだという。

続きを全部読む

スゴイを通り越して怖いくらい! とても豊かな表情の赤ちゃんロボが公開され衝撃を与える

産業ロボ、ガンダムタイプの大型ロボ、人間ソックリな動きをするアンドロイド……人類のロボットへの夢はつきるところを知らない。

先日、アメリカで開発中の赤ちゃんロボの動画が公開された話題となっている。このロボの織り成す表情が異常なまでにリアルなのである。ロボットの名はDiego-san(ディエゴ-サン)。1才児である。

続きを全部読む

寸分狂わぬ演奏と激しく揺れるメタルボディ! 超絶演奏を見せるロボット・ロックバンドが世界で話題に!!

現在あるユニークなロックバンドが世界の注目を集めている。そのバンド名は「Compressorhead」といい、なんとメンバーが人間ではなく、ロボットだというのだ! ナニーーーッ!?

彼らは動画「Compressorhead Ace of Spades」のなかで、バンド名の由来になっていると思われる英国バンド「モーターヘッド」の名曲『Ace of Spades』を演奏しており、その超絶パフォーマンスに世界中の人が衝撃を受けている。

続きを全部読む

これ人間の動きじゃないだろッ! 4人のダンサーが見せる人間離れしたロボットダンスが凄すぎると話題に!!

彼らは人間ではなく、ロボットではないか? そう疑ってしまうほど人間離れしたロボットダンスが、現在世界のネット上で大きな話題になっている。

「DRAGON HOUSE | ILLUSION OF CHOICE | DUBSTEP」という動画には、ダンスグループ「DRAGON HOUSE」のメンバー4人が登場する。彼らは「ダブステップ」というロンドンに起源を持つエレクトロニック・ダンス・ミュージックに合わせて踊っていくのだが、その動きがとにかくありえない!

続きを全部読む

世界よ! これが日本の超合金だッ!!  ミッキー&フレンズのオリジナル変形ロボットキターーーッ!

株式会社バンダイは、2013年3月にディズニーキャラクター7体が合体する超合金ロボットを発売すると発表した。もう一度言おう、ディズニーの合体ロボが発売されるぞッ!

おい! ディズニーで合体ロボなんて今まで誰が想像しただろうか? 世界広しといえども、そんな奇抜な発想が生まれるのは、日本だけだぞッ! ミッキーが! ドナルドが! グーフィーが! 超合金合体するのである。キターーーッ! ディズニーロボキターーーッ!!

続きを全部読む

【ロボ好き必見】ガンダム好き開発者が作った「双腕油圧ショベル」がいよいよ発売開始ッ!!

ロボット好きを自負するすべての人に朗報だッ! 2012年9月14日、重機の歴史にその名を刻むことになるであろう素晴らしい油圧ショベルが発売開始となった。

その名も「アスタコNEO」(以下、アスタコ)だ。この重機械は、従来の油圧ショベルと異なり二つの腕を持っている。その姿はまるで人気アニメ「ガンダム」シリーズに登場するようなモビルスーツといっても過言ではない。なんでもガンダム好きの開発者が手がけたというから、生粋のロボットファンには固唾ものではないだろうか。どう見てもカッコイイーーッ!

続きを全部読む

「アジア最大規模」と称する釜山ITEXPOに行ってみた! 出展されているロボットが怖すぎて泣けた

2012年9月6日から3日間の日程で、韓国・釜山広域市で「アジア最大規模」というITEXPO「2012 IT EXPOプサン」が開催された。地域の有望な中小ベンチャー企業をはじめ、海外IT企業が225社が出展するとのことで、実際に会場に足を運んでみた。そうしたところ、思いも寄らない物体に遭遇。おそらく女性ロボットではないかと思われるのだが、その顔つきが怖すぎて記者(私)は泣きそうになってしまったのである。

続きを全部読む

人類最終生物兵器か! 生きたゴキブリにマイコンを搭載し自由自在にコントロールする技術

人類の敵と言えば、コードネーム「G」ことゴキブリである。ほとんどの人がGとはお近づきになりたくないと考えているだろう。だが、そんなGにサイエンティストたちがアプローチを開始していた!

なんと生きたGにマイコンを搭載。自由自在に動かす技術が研究されていたのである。先日、その実験動画が公開され、彼らの技術は着実に精度があがっていることが見てとれる。それにしても一体何のために!?

続きを全部読む

アメリカ海軍開発の消防ロボが気味悪すぎる

人が入れないような危険な災害区域において活躍が期待されているのがレスキューロボだ。日本をはじめ世界各国で研究開発が進められている。

そんななか、アメリカ海軍が開発した消防ロボットが注目を浴びている。レスキューロボには珍しい人型ロボットだ。だが、注目されている理由はそれだけではない。その顔が尋常じゃないほど気持ち悪いからである。

続きを全部読む

【ロボ動画】まるでチーターのように高速ダッシュする動物型ロボットがスゴいんだけどチョット怖い

もはや何でもロボットになってしまう時代、それが今だ。人間はもちろん、空を飛ぶ鳥も水中を及ぶ魚も……そして大地を駆け巡るチーターまでもがロボットとして開発されているのである。

今回ご紹介するのは軍用技術開発・研究を行うアメリカの国防高等研究計画局(DARPA)が発表したチーター型ロボット。動画も公開されているのだが、その走りっぷりはまぎれもなく……まぎれもなくこれはチーターだ!

続きを全部読む

なんじゃコリャ!? スウェーデンの整地マシンが男心をくすぐるカッコ良さ!!

なんじゃこりゃ~!? 漫画やアニメに登場するような雰囲気を醸しているこのマシンはなんじゃゃああ~!? 実はこれ、「ディスク・トレンチャー」と呼ばれる整地機械で、開墾されていない土地を耕すのに用いられるものだ。見た通り大きな腕を持っており、先端を回転させて土を耕すのである。

それにしてもカッコイイ! 「このまま地中に潜れるんじゃないのか?」と思わざるを得ない。1回でいい、1回でいいから乗ってみてぇぇえええッ!!

続きを全部読む

キミは常に監視されている! ロボットたちの精巧な「視覚」を集めた動画が話題に

近年、運動機能や知能が目覚ましい進歩を遂げるロボット工学。文明の発展は嬉しいものだが、その代償が少なからずあることも忘れてはならない。

例えば、室内や街の監視カメラや、自動車の車間距離識別装置など、すでに私たちの身の回りにも高性能の「眼」を持つロボットがあふれていて、私たちの行動を常に監視しているのだ。今日だってキミが通勤するまでに、いったい何台の監視カメラにキャッチされたことか。

いったいロボットたちは、この世界をどのように見てどのように情報を収集しているのだろうか。そして、アナタはいったいどのように常時見られているのだろうか?

本日は、そんなロボットたちの視線が良くわかる動画『Robot readable world』をご紹介しよう。 続きを全部読む

その姿まさにインベーダーゲーム! 20機の浮遊ロボットが見せる編成飛行があまりに精密すぎてちょっと怖い

アメリカ・ペンシルベニア大学のGRASP研究室がとんでもない実験を行った。彼らは「Nano Quadrotor」という小型浮遊ロボットを20機準備し、フォーメーション飛行の実験をしてみせたのだが、その飛んでいる様子が超未来的なのだ。

20機のNano Quadrotorは、4×5の四角の陣形から立体的なピラミッドへと陣形を変えたり、4機ごとにひとつのグループを編成し、窓状の穴を順番に通り抜けていったりと、目を疑うような飛行を次から次へと見せていく。

続きを全部読む

Kinectはすでにゲーム機を越えている! ロボットもKinectで操る時代到来

2010年11月にXbox360向けのゲームデバイス「Kinect(キネクト)」が発売されてから1年が経とうとしている。この機器は、ゲーム業界に多大な影響を与えただけでなく、実は他の産業にも大きな変化をもたらした。ロボット産業においてもその例外ではない。「2011国際ロボット展(iREX2011)」では、Kinectをコンソールとして操るロボットもいくつか見受けられ、特にインパクトがあったのはサービスロボットの遠隔操作での活用だ。

続きを全部読む

ぬいぐるみにもソーシャルの時代が到来! ネットワーク連携で相手の様子を把握できるぞ

日々進化を続けるロボット開発技術。製造建設の分野はもちろんのこと、最近ではサービス業にも新たな技術が用いられるようになって来ている。人間の作業を手助けするだけでなく、癒しさえもロボットが担う次代に入ってきているのだ。

2011年11月に開催された「2011国際ロボット展(iREX2011)」では、もっとも進んだ癒しロボットとして、富士通が開発した子ぐま型のロボットが出展されていた。見た目はぬいぐるみのように見えるのだが、侮るなかれ。なんとこれは「ソーシャルロボット」と位置づけられており、豊かな感情表現をするだけでなく、鼻に搭載されたカメラで相手の状況を把握することさえ可能なのである。

続きを全部読む

歌うヒューマノイドがほっぺたプルプルでめちゃめちゃカワイイ!

2011年11月9日から4日間の日程で開催されている「2011国際ロボット展」。世界最大級のロボット見本市とあって、会場の東京・ビッグサイトには日本の内外から272社(団体)が出展している。製造部門のロボットは、従来のものに比べて、よりスピーディで繊細な動きを実現しているようだ。

一方、最近需要が高まりつつあるサービス分野のマシンは、ロボットでありながらも癒しと温もりを与える存在へと、進化しつつある。特に、容姿については一昔前のロボットとは、随分異なり可愛らしいものさえ見受けられる。なかでも、歌って踊れるヒューマノイド「HRP-4C 未夢(ミーム)」(以下:未夢)は、本当にカワイイのだ。あまりに整った顔立ちに、男性であればおそらく一瞬「ドキッ!」とする感覚を禁じえないはず。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8