「レトロゲーム」にまつわる記事

浅草の超老舗喫茶店『デンキヤホール』が昭和過ぎた / レトロゲームをしながらオムマキが食べられるぞ!

下町情緒あふれる浅草に『デンキヤホール』という名の超レトロな喫茶店がある。創業は100年を超え “初代店主が電気屋を創業し、その後ミルクホール(喫茶店)となった” というのがチョイ変わった店名の由来なのだが……変わっているのは店名だけではないらしい。

なんでも昭和レトロな店内には、一昔前に多くの若者を熱中させたテーブルゲームがあり、今なお現役バリバリで稼働しているのだとか。レトロな喫茶店でテーブルゲーム……う~ん、とてもヨロシイですね~。ということで、行ってみることにした。

続きを全部読む

【さらに大きく復活へ?】日本最大級のレトロゲーム博物館をめざして。修復作業の舞台裏を目撃した! Byクーロン黒沢

愛知県犬山市の「日本ゲーム博物館」といえば、骨董級のピンボールから巨大なレトロ体感ゲーム、いにしえのレトロビデオゲームが入場料だけで「フリープレイ」。遊び放題という、まさに夢のような博物館だった──。

館内には維持やメンテナンスがとりわけ難しい「大型筐体」がずらりと並び、まさに「ここでしかプレイできない」古代の名作ゲームが目白押し。雰囲気は80年代、90年代のゲーセンそのもの。レトロゲームに思い入れがある人も、当時を知らない若い世代も平等に楽しめる、レトロゲームの平等院と呼ぶべき聖地……だったのだが、2016年1月、惜しまれつつも休館。

経営難から廃業か……。と思いきや、実はスーパー・リニューアル・オープンに向け、壮大なレストア作業の真っ最中だった!

続きを全部読む

約24年前の中古ゲームショップ「カメレオンクラブ」のチラシをGET! あのソフトが驚きの買取価格だった!!

中古ゲームショップ「カメレオンクラブ」をご存じだろうか。現在ではゲームのほかにもフィギュアやエアガンといった商品の買取も行っている買取専門店だ。買取や中古販売でお世話になった方も多いことだろう。

そんなカメレオンクラブが1994年に発行したチラシをひょんなことからGETできた。約24年前のスーパーファミコン全盛期のラインナップに懐かしさを覚えて眺めていたところ、とあるソフトの買取額が驚きの金額だったので紹介したい!

続きを全部読む

【必見】レトロゲーマーならテンションが上がるRAPが登場! その名も『1UP』!

ウチの嫁はゲームのことを「ピコピコ」と言う。私がゲームに夢中になっていると「またピコピコやってるの」なんて言ってくる。それがファミコンでもポケモンGOでもピコピコだ。ある一定の世代より上の人にはゲームはピコピコで通じる。もちろん私もその世代だ。

そんなピコピコ世代のテンションを上げてくれるオススメのRAPを紹介したい。その名も『1UP』! タイトルだけでテンションが上がるこのRAPは2016年8月3日に公開されたばかりの新曲だ!

続きを全部読む

【ファミコン世代感涙!】伝説の漫画『ファミコンロッキー』仕様のファミコンカセットをGET!

『ファミコンロッキー』という漫画をご存知だろうか。『ファミコンロッキー』はタイトルの「ファミコン」が示すとおり、ファミコンブーム真っ只中の1985年から1987年まで小学館のコロコロコミックに連載されていた伝説の漫画だ。

その『ファミコンロッキー』仕様のファミコンカセットをGETした。ファミコン世代&当時のコロコロコミック読者には感涙モノの一品に仕上がっているので紹介したい!

続きを全部読む

【マイコン聖地巡礼】今なら間に合う! 超貴重なお宝ゲームがたったの510円でフリープレイ「あそぶ!ゲーム展」に急げ!  Byクーロン黒沢

博物館級のレトロアーケードゲームから伝説級のタイトルをよりすぐり、入場料だけでフリープレイ!という号泣モノの太っ腹イベントが、目立たず、ひっそりと行われているのをご存知だろうか。

埼玉県が誇る「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム」で開催中のレトロゲームイベント「あそぶ!ゲーム展 – ステージ1:デジタルゲームの夜明け」は「実物プレイ」にこだわった異色の展覧会。ガラス越しに眺めるだけでなく、聖なる存在だった憧れのレアマシンを入場料のみで遊び倒せるという見逃せない内容。

実はこれ、昨年秋から催されている息の長いイベントだが、あえてじっと我慢。終了日の2016年2月28日が迫った平日の昼下がり、サラリーマンに真似できない反則タイミングでふらりと突入すると、そこには桃源郷が! てなわけで、この素晴らしさを未だ見ぬファンに伝えるべく緊急報告!

続きを全部読む

【マイコン聖地巡礼】山のふもとの夢の図書館でスーパーレトロな国宝級マガジンを読み漁ってきたよ! Byクーロン黒沢

高尾山のふもと、東京・八王子市は高尾駅。登山客で賑わう東京の果てまで来たのにはわけがある……。この少々不便な地に、明治・大正から現在までの技術雑誌。いにしえのマイコン雑誌を総勢約8千冊も集めた超マニアックな「夢の図書館」なる施設がプレオープンしたのだ!

ピチピチの半ズボン姿でランドセルを背負っていた80年代の「マイコン雑誌」は、実家にも何十冊かある。だがそれも、気付かぬ間に母の手で闇に葬られ、古本で集めなおそうかと思いきや、いつの間にやら目玉が飛び出す勢いで値上がりしていた。

高尾駅からバスに乗り換え「とんでもないことしてくれたな。母ちゃん」とつぶやきながら揺られること十数分。静かな住宅街でバスを降りると、目の前に真っ白い大きな建物。やって来ました。元マイコン少年の聖地に! 

続きを全部読む

【マイコン聖地巡礼】信長の野望を熱く語れるフランス人! ゲーム保存協会の保存魂に感涙! Byクーロン黒沢

レトロゲームと言われてまず頭に浮かぶのは、ファミコン、メガドライブなどの家庭用ゲーム機。ゲームセンターで遊んだアーケード機などだろう。しかし忘れてならないのが、WindowsもMacOSも無かった80年代、日本に群雄割拠していたパソコンの数々である。

NEC、富士通、シャープ、日本の誇る有名メーカーが怒涛の勢いでリリースしていた独自仕様パソコン。様々なゲームが発売されていたが、お世辞にも丈夫と言い難いフロッピーディスクに記録されたそれらは、数も少なく、日々劣化し腐りかけている。

悲しいことに、当時の作品を「黒歴史」と捉えるゲームメーカーも多く、それが証拠に今や年間数百億の売上を誇る某社の社史からも、80年代の作品はバッサリ無かったことになっている始末。そんな状況のなか、ひとりのフランス人が立ち上がった!

続きを全部読む

【必見】ファミコンの『マッピー』の曲をラブソングにすると超カッコよくなる!

古今東西さまざまな形で歌われてきているテーマといえば「愛」。つまりはラブソングだ。みなさんにもお気に入りのラブソングが一つや二つはあるだろう。

そんなラブソングにファミコン世代にはたまらない超カッコいい曲が2016年1月22日に公開された。ファミコンのマッピーの曲で愛を歌った、その名も『MAPPY’s LOVE SONG』だ!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】レトロゲーム販売の有名店「スーパーポテト」福袋(3000円・500円)の中身はコレだよ!

東京の秋葉原といえば、オタクカルチャーの聖地である。東京の観光名所としても、外国人に人気のエリアだ。そのアキバでレトロゲームの販売店として有名な「スーパーポテト」も、福袋を売っていたぞ!

ファミコンゲームをまとめてお得に購入したいな~と、私(佐藤)はひそかに考えていたのだが、ファミコン福袋は2016年1月2日の午後時点で完売! マジかよ、いまだに人気は衰えないのか。仕方なくPSPの福袋2種(3000円・500円)を手に入れてみたところ、想像以上にお得だった!!

続きを全部読む

【必見】レトロゲーマーなら共感できるアツいRAPが登場! あなたは今まで亀を何匹潰してきた?

気にしたことはなかったけれど改めて言われたら気になってしまうことはよくあると思う。人から言われたことだけでなく、テレビから聞こえてくる声だったり街中で流れている曲のフレーズでハッとさせられたことが誰しもあるだろう。

筆者が最近ハッとさせられたのは聴いていた曲から「今まで潰してきた亀の数」のことが聞こえてきたときだ。亀を潰したことなんて……。ある! 俺、亀を超潰してきたよ! ファミコンのスーパーマリオブラザーズで遊んだことがある人は間違いなく亀を潰している!

そんな潰した亀の数を考えるキッカケになった曲はファミリーコンティニューの『8bit boy』。2015年10月9日に公開されたばかりの新曲だ。

続きを全部読む

【90年代ゲーム・キッズに捧ぐ】台湾のゴージャス長距離バスであの超有名人とニアミスした! Byクーロン黒沢

飛行機が遅れに遅れ、台湾の玄関口・桃園国際空港に着いたのは夜11時過ぎ。空港の現地シムカード売り場はすでに閉店。

真夜中、台北駅前の微弱な公共Wi-Fi電波「Taipei Free」でホテル予約を試みるも、普段の行いが悪いせいかブチブチ切れまくり。クソーっと顔を上げると目の前に煌々と輝く不夜城のような台北長距離バスターミナルがあった。ここから台湾南端にある第二の都市・高雄までは高速バスで約5時間半の道のり。

時計は深夜1時過ぎをさしていた。今バスに乗れば高雄に着くのは朝6時ごろ。競争が激しい台湾のバスはリーズナブルで超豪華ともっぱらの噂。それが本当ならホテルと新幹線代を効率よく節約できそう。てなわけで台湾の深夜バスに乗ってみたところ、昔のトラウマと遭遇してしまったお話。行きましょうか……。

続きを全部読む