「フライドポテト」にまつわる記事

【メルカリ発掘】家で作れるマクドナルド「フライドポテト スナックメーカー」はどこまで “ほんものそっくり” にできるのか?

アプリをちょっとイジるだけで商品が購入できるメルカリ。個人の取引なので、現在販売されていない謎の品も結構出品されていたりする。今回発見したのは、マクドナルド「フライドポテト スナックメーカー」だ。

クッキングトイである本グッズ。箱には「ほんものそっくりのマクドナルドのフライドポテトをつくろう」と書かれているが、はたしてどこまで “ほんものそっくり” にできるのか? さっそく購入してみた!

続きを全部読む

【断トツ】4大回転寿司ガチ食べ比べ「フライドポテト」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第6回

お子様を連れて出かける方はわかると思うが、回転寿司の「フライドポテト」のウマさと心強さは異常である。基本的には揚げたてサクサクが提供されるうえ、子供はフライドポテトが大好き! かっぱ巻き・枝豆・フライドポテトあたりがお子様の鉄板メニューではなかろうか?

さて、10年前までは「フライドポテト = ハンバーガーショップ」だと思われていたが、個人的には「回転寿司のフライドポテトの方が全然ウマい」と確信している。第6回目を迎えた『4大回転寿司ガチ食べ比べ』は、そのフライドポテトを食べ比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【歓喜】マックのポテトが「全サイズ販売再開」キタァァァァアアア! 久しぶりに食べて気付いた『ポテトL』の魅力について

待ってた……という言葉はこの時のためにあったのかもしれない。原材料の輸入遅延により、長らくSサイズのみの販売となっていたマクドナルドの『マックフライポテト』だが、昨日2022年2月7日よりついに全サイズでの販売が再開されたのだ。待ってた……!

マックがポテトM・Lの販売を休止したのが今年1月9日。約1カ月間とはいえ、マックのポテトを愛する者たちにとっては永久(とわ)くらい長い時間であったことだろう。私(あひるねこ)もその一人である。これは……今すぐ食べねばなるまい!

続きを全部読む

【ケニア】ケンタッキーのポテトがまだ品切れ中なので、“ケニアのスタバ” と言われるオシャレカフェのポテトを食べてみた結果… /  カンバ通信:第127回

ジャンボ〜! カンバ族タクシードライバーのオレ・チャオスがお届けする「カンバ通信」の時間がやってきたよ。もはや「ポテト通信」になりつつある今日この頃だけど、今回は “ケニアのスタバ” とも言われるオシャレカフェ『JAVA HOUSE』に行ってきた!

こちらの店は、“ケニアのスタバ” と言われる通り、ハイクラスな人しか利用しない。しかしケンタッキーと客層がかぶるため、ケンタッキーからポテトが消えた時は、みな一斉にJAVAへポテトを求めに行った……ってな背景がある。はたして、そのポテトとは……!?

続きを全部読む

週1ペースでポテトを食べるマサイ族の戦士が、ケニアでの「ケンタッキーのポテト品切れ」に困らないたったひとつの理由 / マサイ通信:第510回

スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。え? なに? ポテト? フライドポテト? 食べるよ。週1のペースで食べているよ。え? なんでそんなに驚くんだ? ウソじゃないよ。オレは週1ペースでポテトを食べてる。

なぜって、週1ペースでキマナの町に行くからさ。用事? 教会? 違う違う。いろんなモノの買い出しにキマナに行くのさ。そして、必ず行くのが『kimana fries』ってレストランで、必ず食べるのが……

続きを全部読む

【マック】ポテトが品薄なので、“いつの間にかいた” サイドメニュー「えだまめコーン」を初めて食べてみる

周知の事実かとは思うが、物流網の乱れに伴い、2022年1月9日よりマクドナルドでのポテト販売がSサイズに限定されている。M・Lサイズの販売休止期間は1ヶ月程度とのことだ。

Sサイズでは満足できない身体になってしまった方たちにおかれては、さぞ悲嘆に暮れておいでだろう。筆者も同類だ。ひと月の我慢とはいえ、拭えぬ鬱屈が胸を占めている。何か楽しいことがあっても上手く笑えていない自分がいるし、最近ふと虚空を見つめる機会が増えた。

そんな現状を打破すべく、ポテト以外の存在に癒しを求め、つまりはサイドメニューの新規開拓を試みてマックの公式HPを眺めていた時のことだ。一体いつからそこにいたのか、全く見知らぬ顔がメニューに紛れ込んでいることに気付いた。その名も「えだまめコーン」である。

続きを全部読む

【挑発か?】フレッシュネスバーガーがこのタイミングでポテト増量キャンペーン開始! 「ポテト、あります」ってマクドナルド煽ってんの?

国際的な物流の混乱で、「マクドナルド」や「びっくりドンキー」でポテトの販売に影響が出ている。そんななかで影響を免れているコンビニ「ミニストップ」はバケツポテトの緊急販売を開始した。

そして、北海道産のじゃがいもを使っている「フレッシュネスバーガー」もここへ来てポテトを25%増量で販売開始したのである。そのキャンペーンがちょっと煽り過ぎているような……

続きを全部読む

【戦争】ミニストップ、このタイミングでマクドナルドを煽りまくってしまう / 超ボリュームの新商品「バケツポテト」を緊急発売へ!

北米からのポテトの輸入遅延を理由に、『マックフライポテト』のMおよびLサイズの販売を一時休止している日本マクドナルド。マックのポテトがSサイズしか買えないなんて……。これはフライドポテトファンにとって由々しき問題である。

そんな中、コンビニチェーンの「ミニストップ」が本日2022年1月14日、とある新商品を緊急発売した。その名も『バケツポテト(税込641円)』。繰り返す、『バケツポテト』である。ミニストップさん、このタイミングでマックをゴリゴリに煽りまくっております。

続きを全部読む

【救済】マックフライポテトがなくても、俺たちには「シューストリングポテト」がある!! 業務スーパーにも売ってるんだぞ~!

マクドナルドの人気商品マックフライポテトの販売が、本日(2021年12月24日)からSサイズのみになってしまった。M・Lサイズは販売休止(1週間)! マックのポテトを思う存分に食べることができない。そんな生活耐え切れない! って人に耳よりな情報だ。

業務用スーパーの「アミカ」にも「業務スーパー」にも、マックのポテトに近い商品が格安で売ってるんだ!! これで危機的状況を乗り越えるんだ!

続きを全部読む

【検証】元店員の裏技「フライドポテトをシナッとさせずに持ち帰る方法」とは / あるいは「望んだ結果が欲しい」という実験者バイアスについて

いうまでもないことだが、フライドポテトは鮮度が命! どんなに急いで帰っても、テイクアウトしたものはシナシナのヨレヨレ。いかに美味しく持ち帰るかは人類共通の課題だ。

そんなポテトのテイクアウトに、オーストラリアの元マクドナルド店員が語ったライフハックがあるという。だれよりも商品をよく知る店員の知恵なら信憑性がありそうだ! 実際に効果があるのか検証してみたい。

続きを全部読む

無料ポテトだけじゃない! 快活CLUB限定、お箸で食べる「ピザポテト」こそ必食!!

フライドポテト&トースト食べ放題の驚異的モーニングサービスのほか、無料シャワーを備える店舗まであり、ライダーやバックパッカーなど旅人の拠点としても絶大な支持を得る快活CLUB。

最近ではテレワークに使う、という新しい利用方法も出てきていると思うが、快活CLUBでしか食べられないカルビーポテトの商品があるって知ってた?

続きを全部読む

【半額】ケンタッキー「ポテトBOX」が1週間限定で320円に! マクドナルドのポテトLより安いやんけッ……!! 5月26日から!

朗報! ポテト好きに朗報すぎる情報が入ってきたのでお伝えしたい!! なんと、ケンタッキーの「ポテトBOX」が2021年5月26日から1週間限定で半額の320円になるという! マ、マ、マ、マジですか~~~~!? マクドナルドのマックフライポテトLより安いやんけッ……!!

ところで、ポテトBOXって何? 一応、驚いてみたものの、私(中澤)はケンタッキーのポテトをほとんど買ったことがない。そこで320円が本当に安いのか、半額になる前に買って調査してみることにした。

続きを全部読む

欲張りすぎる謎の新商品『モスバーガーポテト』に脳がバグった! テリヤキバーガーでありポテトでありスナックでもあり…

「柿の種」「ばかうけ」「キャラメルコーン」など、メーカー問わずいろいろなものに化けるモスだが、今度はポテトになった。は?

「ミスドがドーナツの取り扱いを開始!」というくらい意味がわからないと思うが、つまりポテトスナックが誕生したのだ。「サバチ」や「ツナチ」でおなじみ有限会社 味源とのコラボ。

『モスバーガーポテト テリヤキバーガー風味』という商品名も、「結局なにバーガーだよ」と少々混乱するトリッキーな謎ネーミング。テリヤキバーガーでありポテトでありスナックでもある欲張りすぎなこの新商品、一から十まで気になり過ぎるので、ぜひレポートしたい。

続きを全部読む

【レビュー】冷めたポテトがホカホカになる「揚げ直し名人」の実力を検証! 油を使わず最高200℃の熱風調理

LITHON(ライソン)といえば、ペヤング専用ホットプレートや、居酒屋気分で家飲みができる「せんべろメーカー」など奇天烈家電……もといユニーク家電のメーカーだが、油を使わず食品の温め直しができる「揚げ直し名人」がいま注目されている。

「おうちご飯」が充実する便利アイテムとして、テレビの情報番組でも取り上げられたという。これは3日に1度はフライドポテトを食しているポテトフリークとしては黙っていられない……ということで早速レビューだ。

続きを全部読む

顔が隠れてしまうほどのサイズ感!! 夢のような「ウルトラまんが盛りポテト(500円)」がロッテリアで11月1日まで買えるので急げ〜っ!!

漫画に出てくるデカ盛り料理に憧れたことはあるだろうか。筆者にはある。そのうちの1つが、バケツに山盛り入ったフライドポテトだ。しかしそんな山盛りポテト、自分で作るならともかく買える機会なんて──と思っていたが、あった。

ロッテリアでたまに開催されている「ウルトラまんが盛りポテト」キャンペーンが、思っていたよりも盛り盛りそうなのだ。名前通りか否か、実物を見てみるしかない。2020年10月26日から11月1日まで開催中なので、さっそく食べてみたよ。

続きを全部読む

【乱心】ドミノ・ピザにて『3㎏ポテトフライ』爆誕 / 多すぎて永遠に終わらない気すらするポテトヘヴン

2020年7月13日から26日までの期間限定で、ドミノ・ピザが「裏ドミノ」シリーズの第2弾を販売開始した。昨年、同シリーズの『ツンデレピザ』などが話題になったのを覚えている方もいるだろう。

今年のラインアップも『背徳の高麗カルビ』や『禁断の炭火焼ビーフ』など、商品名を見るだけでウマそうなものが並んでいる。しかし、その中に一見して様子のおかしいメニューが。『3㎏ポテトフライ』である。

チーズを1㎏乗せてしまったピザも相当ヤバかったが、今度は普段からあるポテトを3㎏まとめてご提供。なんという凶行。さすがに3㎏はやりすぎだろ! 誰か止めなかったのかよ! ということで、さっそく買ってみることに。

続きを全部読む

消えた○○の謎……ツッコミどころ満載の輸入菓子「ランチセットグミ」でアメリカンランチをしよう!

クラシエの知育菓子をトップに、「遊びながら食べられる」お菓子の進化がすごい。電子レンジや冷蔵庫を使うのはもはや当たり前、完成品も驚くほどリアルで、あまりの感激にいくつか記事を書かせてもらった。

子ども向けの商品なのに、こんな凝ったことをするのは日本人くらいだろうと思っていたのだが、それは大いなる偏見だったようだ。ファストフードそっくりに作った、輸入品らしき「gummi Lunch(ランチセットグミ)」というグミ菓子。Yupi(ユピ)というのはインドネシアの大手グミメーカーだとか。

パッケージを見ると、ハンバーガー、ホットドッグ、フライドポテト、ピザ、コーラが入っている様子。子どもの「ごっこ遊び」を想定しているのだろう。総カロリーいくらだ、というアメリカンなランチメニューである。

続きを全部読む

【レビュー】フライドポテト愛好家へ捧ぐ! 「おひとりフライヤー」があれば熱々の揚げ物が自宅で食べ放題!!

フライドポテトが食べたい。それも揚げたてホックホクが。外出自粛で揚げ物を食べる機会がめっきり減ってしまい、フライドポテト欠乏症だ。デリバリーやテイクアウトはあるが、食べるまでにどうしてもタイムラグが生じる。持ち帰るあいだにヘナヘナに腰砕けになったヤツや、レンチンで何本もくっついて馴れ合っているヤツはもう嫌なのである。

そんな筆者の同好の士へ、卓上で簡単に揚げ物ができる「おひとりフライヤー」(ライソン株式会社)をご紹介したい。なお、筆者は普段ほとんど料理をしない。そもそも料理が得意な人は、普通に鍋とコンロできれいに揚げ物ができると思うので、この記事はスルーしていただきたい。「料理しない」「片付けも嫌い」「とにかく楽して食べたい」という方に向けての製品レビューである。気になる後片付けのしやすさもレポートするぞ。

続きを全部読む

【秘伝】シェーキーズが「フライドポテト」の公式レシピを公開! さっそく作ってみたゾォォォオオオ!!

新型コロナウィルスに世界が右往左往する2020年3月、Twitterにひっそりと衝撃のレシピが投稿された。なんと、あのピザ食べ放題の『シェーキーズ』が「シェーキーズポテト」の作り方を公開したのだ。……ちょ、待てよ。マジでそんなの明かしてええんか?

いまではすっかり店舗数が少なくなってしまったシェーキーズだが、シェーキーズポテトのウマさだけはガチ中のガチ。これは門外不出とされる「コカ・コーラ」や「ビッグマックソース」に匹敵する衝撃ではなかろうか? これは作るしかないヤツ……いや、作らなきゃいけないヤツである!

続きを全部読む

【衝撃】伝説の『ペヤング激辛やきそばEND』がなぜかフライドポテトになって登場! 食べたらウマすぎてマジでENDしかけた

去年発売された『ペヤング激辛やきそばEND』。ペヤング史上最強の激辛というだけあって、あれはマジで辛かった。台風が首都圏を直撃した際、店からほとんどの食品が消えたにもかかわらず、このペヤングだけは大量に残っていたと話題になるくらい辛いのだ。

そんな伝説級の辛さを誇る『ペヤング激辛やきそばEND』が、なんと今回フライドポテトになって発売されるという。な、何だってェェェェェエエエ!? 

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3