「チーズ」にまつわる記事

久々に「クリスピー・クリーム・ドーナツ」に行ったら、ミートソースを挟んだドーナツがあってビックリした!

ドーナツといえばミスタードーナツ一強の時代である。以前、アメリカ発祥のクリスピー・クリーム・ドーナツ(KKD)が全国的に店舗を展開していたが、日本上陸10年の節目を迎えた頃に出店戦略を見直し。現在は都市部を中心に新店舗を出店している。

久しく足が遠のいていたので、改めてお店に行ってみたところ、今までにない新しい商品を発見した! ドーナツバーガーだと!? ミートソースを挟んでいるだと!? どんな味なんだ?

続きを全部読む

【松屋】新作「チーズボロネーゼコンボ牛めし」の偏差値の低さは異常! なぜか感じたサイゼリヤの気配…

2022年10月4日、松屋の新商品『チーズボロネーゼコンボ牛めし』が発売開始となった。単品価格は630円、その名の通り 牛丼にボロネーゼとチーズをぶっかけた偏差値低めの新作である。

ミートソースと言わず、あえて “ボロネーゼ” と命名するあたりも逆に偏差値の低さが隠しきれていないが、果たしてお味はどうなのか? 発売開始直後に食べてきたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【業スー VS イオン VS カルディ】3種のチーズ食べ比べてみたら決定的な違いを発見した!

スーパーで売っている食品を値段別に3種類買って比較してみる本企画。4回目はミックスチーズに挑戦してみることにした。

正直にお話しすると、実際に食べてみるまで筆者自身「多少高価になったからって大きな差があるわけないでしょ」と検証の意義に疑問を持っていた。

ところが、その予想は間違っていた。生で食べ、ビヨーンと伸ばし、炙って食べて比べてみた結果、決定的に違うポイントを発見してしまったのだから……!

続きを全部読む

【斬新】ついに「チーズ味」のふりかけが爆誕! 開封した瞬間、嗅いだことのある●●●の香りがブワッと漂う!!

ある日、スーパーに立ち寄った筆者は思わず足を止めてしまった。なぜなら、ふりかけコーナーでまず見ることのない「チーズ」という単語が目に飛び込んできたからである。

このコーナーに置いてあるということは、間違いなくふりかけなのだろう。しかし、チーズ味のふりかけなんて今までに聞いたことがない。

こんなの、チーズ好きとして試してみないわけにはいかない。さっそく購入してみることにした。

続きを全部読む

さけるチーズを切って焼いたら天国が見えた / 約5分で作れる雪印メグミルク公式の最強アレンジレシピ!!

裂いて食べてもそのまま食べてもおいしい「さけるチーズ」。

独特の食感が癖になってしまい今までに何本も食べてきているのだが、ある日このチーズに誰でもできる簡単なアレンジレシピが存在することを知った。

「さけるチーズ以外に材料も必要ないみたいだし、ちょっとやってみるか~」と軽い気持ちで手を出したのがいけなかった。

ウワ──ッッッ、なんで私いままでこの方法でさけるチーズを食べてこなかったんだ!?!??! やばいぞこれ、革命が起きる……!!

続きを全部読む

【和洋折衷】味噌汁にチーズを入れてみたら、おいしすぎて悶絶した…! 全人類騙されたと思ってやってみて!!

朗報! 朗報!! チーズ好きの皆様に朗~~~報~~~~!!!!

サラダにパスタにグラタンに……チーズって本当にどんな料理にも合う神みたいな食材だよね。誰とでも仲良くなれるその能力をちょっと筆者にも分けてほしいくらいだ。

そんな我らがチーズだけど……味噌汁に投入しても絶品だった!!!!!

続きを全部読む

【こんなはずじゃ】格安で食材が買える「KURADASHI」で5kgのチーズを買ってみたけど一言いわせてほしい【なかった】

えぇ……?

フードロス削減のため、賞味期限が近づいたり流通ルートが狭まったりした食べ物などを格安で提供してくれるショッピングサイト「KURADASHI」。

たまたまこのサイトを発見した際、商品一覧に5kgのチーズがあるのを見つけ、チーズが大好きな筆者は「これはおトクだ!」と飛びついたのだが……届いた商品を見て、思わず困惑してしまった。こ、こんなはずじゃなかったんだが……!?

続きを全部読む

【2022年福袋】今年の「北海道ふっこう福袋」は乳製品をチョイス! 店長が泣きながら厳選した7品はコチラ!!

昨年度は北海道の福袋として「北海道ふっこう福袋」を紹介した。ウニやホタテなどの海の幸がどっさり入っており、担当の砂子間記者曰く最強の福袋だったとのこと。

今年も海鮮系を注文しておけば勝利は間違いないのだが、せっかく担当を引き継いだことだし違う路線から攻めてみようではないか。

ということで注文したのはくしろキッチンの「北海道チーズ&畜産品 厳選7点セット(税込4980円)」。酪農王国である北海道で作られた乳製品の味が気になったのもあるが、なにより説明文中の「店長が泣きながら選んだ」という文面が気になって仕方なかったのである。

続きを全部読む

提供:雪印メグミルク

【衝撃の事実】雪印メグミルク「6Pチーズ」にはプレーン以外に5種類の味がある / 食べ比べたら…ウマ過ぎるやつを発見ッ!!

まだまだ世の中知らないことばかりである。半世紀以上も愛される雪印メグミルクの看板商品『6Pチーズ』の正式な読み方は、「ロクピー」ではなく「ロッピー」らしいし、誕生から現在まで生産されたパッケージを並べたら「地球4周以上」になるそうだ。

んで、さらに「プレーン」1種類だけかと思いきや、実は6種類の味があるという。正確に言うと、2021年9月から「ペッパー入り」が新発売となり……悲願の6種類となったのだとか。サラッとお伝えしているが、どれもかなり衝撃的。理解がまったく追いつかねえ。

よし、もうこうなったらロクピー……ではなく、ロッピーを全種類食べて “最強のロッピー” を選ぶべきだろう。ってことで、さっそく全種類用意してもらい編集部の3名で食べ比べを実施。公平にジャッジを下すことにした!

続きを全部読む

巨大チーズせんべいを作ってみた! チーズ好きによるチーズ好きのためのおつまみができたぞおおお!!

チーズせんべいなるものをご存じだろうか。スライスチーズをクッキングペーパーに乗せ、少し焦げ色がつくまで温め、粗熱を取るだけでできてしまう簡単おつまみである。

このおつまみに時々お世話になっているのだが、ある日ふと思ってしまった。

……物足りない……

チーズの量がぜんぜん物足りない……!!

続きを全部読む

【冷食検証】無印良品の「4種チーズのピザ」が簡単に作れるのに納得のウマさ! ただし、完成形が分かりにくい

ふとした時に食べたくなるものにもいろいろあるが、おそらくピザは上位に食い込んでくることだろう。何しろピザはみんな大好き。専門店がいくつもあるようにファストフードの王道でもあるからだ。

宅配するとやや高価なのが難点だが、冷凍食品のおかけで最近は安くウマく、そして早く食べられるようになった。何なら1人用もあったりと至れり尽くせり。そんななか、気になったのが無印良品の冷凍ピザだ。

続きを全部読む

全チーズ好きに伝えたい……なか卯「7種チーズの親子丼」のトロふわ幸せ食感を

諸君、私はチーズが好きだ。諸君、私はチーズが好きだ。諸君、私はチーズが大好きだ。パンに、ドリアに、パスタに、シュクメルリに、この地上で行われるありとあらゆるチーズ行動が大好きだ

熱されてトロトロに糸を引いている時など心がおどる。卵とのトロふわなハーモニーには感動すら覚える。日本全国のチーズ好きよ、君たちは一体何を望んでいる? さらなるチーズを望むか? 情け容赦のないトロふわを望むか? よろしい。ならば、なか卯の「7種チーズの親子丼」だ。

続きを全部読む

NEXTタピオカと言われている「ハットグ」の冷凍食品を食べてみた → 気になるチーズの伸びっぷりは…

来〜るぅ〜きっと来るぅ〜と言われながら、なんだかんだ「ハットグ」はタピオカほどまで爆発的人気になっていない。一応ハットグについて簡単に説明しておくと、これは韓国発のチーズドッグのこと。たとえ未経験だとしても、チーズがビョーーーンと伸びるさまはテレビで見たことあるだろう。

コリアンタウンである東京・大久保などではよく見かけるが、人気の導火線までいまひとつ。このままだと第1の波止まりで爆売れすることなく終わってしまうかも……なんて思っていたら、スーパーの冷凍食品コーナーに置いてあるのを発見した。もしかしたら知らないところで第2の波が来てた?

続きを全部読む

【新たな刺客】アイスランドの乳製品「Isey SKYR(イーセイ スキル)」を食べてみた / 高たんぱくのチーズ的なヨーグルト的な

なんでもアイスランドのSkyr(スキル、またはスキールとも)なる伝統的な乳製品が日本に初上陸していたらしい。2020年3月31日から、全国のスーパーやコンビニなどで販売開始となったもよう。商品名としては「Isey SKYR(イーセイ スキル)」。

ネットで話題になっていて知った本商品。そもそもアイスランドの食べ物が日本で話題になることが珍しい。アイスランドの伝統食と言えば、吊るしたサメや羊の頭や睾丸などのイメージしかないが、今回上陸したスキルとはなんなのだろう。その謎をあきらかにすべく、筆者は近所のコンビニ奥地へ向かった。

続きを全部読む

【発見】くら寿司の「チョコみかんブリ」を食べに行ったら、それ以上に気になる商品に遭遇してしまった!! しかも美味い!

お~い! バレンタインが来るぞ~ッ! まあ、昔ほどの盛り上がりはない訳だけど、それでもこの日にちなんだ商品やメニューを提供しているお店も多い。そんななか、大手回転寿司チェーンの「くら寿司」がちょっと変わった商品を期間限定で提供している。

それは「チョコみかんブリ」(1貫税別100円)である。一体どんな味なのか? 気になったのでお店に行ってみたところ、それ以上に気になる商品を発見! しかもそれが意外にも美味かった!! こんな変わり寿司、あったのか!!

続きを全部読む

35.712939139.792829

これぞ理想の喫茶店プリン! 東京・高円寺のチーズ喫茶「吾輩は山羊である」のカスタードプリンが素晴らしすぎる!!

昨年は空前のタピオカブームだった。その流れは2020年も続くのだろうか? はたして、タピオカはこの冬を越せるだろうか? 春を待たずに閉店するお店もあるかもしれない……。それはさておき、ブームの裏で静かに流行っていたものがある。「喫茶店のプリン」だ。

中でも、プリン好きを自負する私(佐藤)がかねてから食べてみたいと思っていたのが、東京・高円寺の「チーズ喫茶 吾輩は山羊である」で販売しているカスタードプリンだ。先日、ようやく念願が叶い、実際に食べることができた。結論を言うと、ここのプリンはまさに理想的。トラディショナルな喫茶店プリンであった。

続きを全部読む

【困惑】てんや、マクドナルドみたいな新商品を発売してしまう / チーズをなぜかポークで挟んだ『ダブルチーズポーク天丼』さん、登場

ハイパーエクストリーム天丼チェーンこと俺たちの「てんや」が繰り出す新年一発目の新商品は、正月休みで なまった感性に喝を入れるかのような過激なものとなった。というか、もはや天丼ではないナニカと表現した方が正しいかもしれない。

簡単にご説明しよう。2枚のポークの間にチーズを挟んで揚げたという、その名も『ダブルチーズポーク天丼』! てんやよ、一つだけ言わせてくれ。それマックや。マクドナルドにありそうなヤツや。通称ダブチや。さすが俺たちのてんや、新年早々やってくれる……。

続きを全部読む

道産子が激推しする『ぎょうざの宝永』の禁断の食べ方「チーズ餃子にピザソースをぶっかけ」が笑うほど美味!  もはや餃子ではなくメキシコ料理に!!

いちいち説明するまでもないが、邪道とは正しくないやり方を指す。しかし、見方を変えれば “ある意味正しい” ともとれるようになる。それこそ「邪道こそ王道」で知られる大仁田厚のように、だ。

そして今回、餃子を食べるにあたり「邪道こそ王道」がピタリと当てはまる一品を見つけた。それは北海道民が激推しする「ぎょうざの宝永」。同店の餃子は味よし・汁よし・サイズよし……なのだが、チーズ餃子は邪道であり王道でもあった

続きを全部読む

琉球王朝珍味でプチパニック! 真っ赤な「豆腐よう」を食べてみたら『ある食材』と激似だった!

琉球王朝珍味、「豆腐よう」──。名前からパワーワードなこの食べ物は、高級ながら見た目から食わず嫌いする人も多い珍味らしい。

それもそのはず、とにかく真っ赤。強烈な見た目をしているからだが、そこで気になるのが一体どんな味がするのかということ。沖縄・那覇空港のお土産屋で発見したので、実際に食べてみることにした!

続きを全部読む

提供:森永乳業

【衝撃】モッツァレラチーズを「カレー鍋」に入れてみたらヤバイことになった

あんなに暑かった夏も終わり、ようやく過ごしやすい季節になってきた。夕方になると肌寒さすら感じてしまうほどだ。こりゃいよいよ “アレ” の出番かもな……。そう! 鍋である!! こっから先は鍋のターンや。毎日毎日お鍋で行くで~~~。

チゲ鍋に豆乳鍋、すき焼きなどなど。味のバリエーションには事欠かない鍋料理であるが、私(あひるねこ)が特にオススメしたいのがカレー鍋である。ただし……! そこにモッツァレラチーズを入れるのは止めておいた方がいいだろう。マジでヤヴァイことになるぞ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4