「とんかつ」にまつわる記事

【卵とじないカツ丼を探せ】渋谷のかつ丼屋『海老山』がとじてない! クリスピーな焼きカツ丼が1000円!! かつ追加しても1350円!

わお! 珍しくちょっと興奮しちゃった。2023年が始まってから卵とじないカツ丼を猛烈に追っている私(中澤)。中でも、卵が卵焼きとなっていてタレが鰻丼かよってくらい濃厚な焼きカツ丼が好きなのだが、これの相場は大体1100円~2000円くらいだった。

しかし、この度、流行りのちょっと上等な焼きカツ丼味なのに1000円の丼に出会ったのである。こいつはコスパ良いぞ! 私がそう思ったのは渋谷『海老山』だ。

続きを全部読む

【卵とじないカツ丼を探せ】第10回:コスパ系とんかつ店『ツキウマ』のかつ丼がとじてない! でも検索で出ない理由 / 渋谷

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に、私(中澤)が感動したことから始まったのが本連載『卵とじないカツ丼を探せ』だ。しかし、足を踏み入れてみて気づいた。とじないカツ丼を出している店が予想以上に多いことに。

検索で出てくるのなんて氷山の一角も一角。独自の研究の末同じ答えにたどり着いたシンクロニシティ的なものがなんと多いことか。そんな中、また貴重なタレコミをいただくことができた。「ここにもとじないカツ丼ありましたよ」と

続きを全部読む

新大久保で1人でも食事できる「COZYPLACE」のチーズトンカツがやたらと映えるのです

東京・新大久保は日本最大級の韓流文化の街、コスメやグルメなどを求めて多くの観光客で日々にぎわっている。近年は他のアジアのお店も増えており、客足はコロナ前の状況に戻りつつある。そんな新大久保で1人で食事をするのは難しい

というのは、2名以上の客向けのメニューを置く店が多いからだ。1人用メニューを提供してくれる店は、私(佐藤)のような単身行動の多いおっさんにはありがたい。「COZYPLACE(コージープレイス)」もそんな単身にやさしい店の1つだ。ここのチーズトンカツがなかなか映える一品だったので紹介しよう。

続きを全部読む

【卵とじないカツ丼を探せ】第9回:これはかつ丼なのか? 虎ノ門『つかんと』のかつ丼がとじてないけど……!

とじないカツ丼の店ってこんなに多かったんだな。正直、「とじないカツ丼」とか「焼きカツ丼」と検索しても、どの記事も同じ店をまとめてるもんだから4~5店舗くらいで終わると思っていた。

しかし、実際足を踏み入れてみるとあるわあるわ。そこで自分のためにもアーカイブしようと思ったのが本連載「卵とじないカツ丼を探せ」である。ブームである焼きスタイルから半分とじかつ丼まで多種多様な進化が見られる卵とじない系。今回はその中でもかなり個性的な一品だ。っていうか、これはかつ丼なのか……?

続きを全部読む

口コミが謎すぎる高田馬場のとんかつ専門店『揚げ太郎』に突撃してみた結果…… 【卵とじないカツ丼を探せ】第6回

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に出会ったことにより、空前のかつ丼ブームが到来している私(中澤)。寝る前にネットでかつ丼サーフィンをするのがここ最近の日課である。どんなかつ丼を食べるか考えるだけで明日が楽しみになるのだ。

だがしかし、そんな至福のかつ丼サーフィン中に、謎すぎる口コミの店を発見してしまった。なんだこの店……? 一体どっちが本当なんだ?

続きを全部読む

【卵とじない】ガッツリ系チェーン「とんかつは飲み物。」のかつ丼が実はとじてない! しかもジャンクにウマイ男の焼きカツ丼!!

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だが、ここ最近、ふつふつと話題になっているのが「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」と呼ばれるとじない系である。

卵とじずにとんかつが別に置かれているこのかつ丼。卵のハーモニーを失うことなく、とんかつのサクサクさを獲得したその発想は、おにぎらず以来の衝撃と言えるのではないだろうか。

しかしながら、ググっても出てこない店があることは以前の記事でお伝えした通り。また、そんな隠れ焼きカツ丼の店を発見したためお伝えしたい。

続きを全部読む

【実録】かつやの新商品「ふわたま白カツ丼」を食べに行ったら隣のおっさんにブチギレられた

最近、当編集部の中澤星児とGO羽鳥が “焼きカツ丼” なるものにやたらとハマっており(とじないカツ丼のことらしい)、会社でそんな話ばかりしている。つい先日も焼きカツ丼の話題で盛り上がっていた……と思ったら、その2日後に「かつや」が発売してきた。え、話聞いてたん?

2023年1月13日より販売が始まったのは、『ふわたま白カツ丼』という期間限定メニューだ。要は卵でとじずに、卵をのせたカツ丼なのだが、偶然とは言えいくらなんでもシンクロしすぎだろう。中澤の言う通り、本当に今年は “とじないカツ丼” がくるのかもしれない。

続きを全部読む

【2022年まとめ】「かつや」の意味不明な期間限定メニューを振り返ってみた結果 → ぶっちぎりの優勝がいた

激動の2022年が間もなく終わろうとしている。ならば今年も振り返っておかねばなるまい。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が発売した壮絶な期間限定メニューの数々を──。

生粋の “かつや者” として、今年登場したすべての限定メニューを制覇してきた私(あひるねこ)。今回はその中から、特に頭がおかしかったものを厳選してご紹介しようと思うぞ。果たしてあなたの “推しカツ” はランクインしているだろうか? 以下、永久保存版なり!

続きを全部読む

【許せん】かつやの新商品「味噌カツ丼」が鬼畜仕様すぎて人生初の〇〇する羽目になった

年に一度の激安揚げ物フェス「年末感謝祭」の熱も冷めやらぬまま、昨日2022年12月14日に発売された「かつや」の新商品『味噌たまカツ丼』。どういうワケか俺たちの「かつや」は師走に味噌カツを食べさせたがる傾向にあり、今回約2年ぶりの登場とあいなった。

詳細については当時の記事をご覧いただきたいが、ぶっちゃけるとこのメニュー、「かつや」の新商品としては少々地味な部類に入る。平凡、と言い換えてもいいかもしれない。ところが……。

こちらの予想に反して今年の味噌カツは、近年まれに見る鬼畜仕様へとアップデートを遂げていたのだ。おかげで人生初の〇〇をすることになったぞ……。

続きを全部読む

何度も言うけど「かつや」の『年末感謝祭』は1品だけ割引額がバグっている / 12月11日まで

俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が毎年この時期になると開催する『年末感謝祭』。年に一度だけ開かれる奇跡の激安揚げ物フェスティバルである。訓練された “かつや者” は、このイベントによって師走の気配を感じ取るとか感じ取らないとか。

さて、今年の『年末感謝祭』は2022年12月8日から12月11日までの4日間開催。期間中は人気メニュー4品がすべて税込605円で販売されるぞ。どうもありがとう。それでは以下で詳しい内容を見ていこう。

続きを全部読む

【大後悔】なぜ俺は「いっぺこっぺ 」に気付かなかったのか? ただいま週3でカツカレーにドハマり中

出だしからこんなことを申し上げるのはどうかと思うが、個人的に「カツカレー」がさほど好きではない。詳細については後述するが、これまでの人生で「感動するほどウマいカツカレー」に出会ったことは1度も無かった。だがしかし……。

ここ3週間ほど、私、P.K.サンジュンは週3ペースでカツカレーを食べている。なぜならば、禁断症状すら起こしかねない激ウマカツカレーに出会ってしまったからだ。というか、なぜ俺はもっと早く『いっぺこっぺ』に気付かなかったのだろうか──?

続きを全部読む

「木村屋総本店」と「まい泉」の 老舗×老舗 コラボ商品『あんバターサンド』を食べてみた!

1965年創業のとんかつの老舗「まい泉」と1869年創業の老舗製パンメーカー「木村屋總本店」。この2社による老舗 × 老舗の強強(つよつよ)コラボ商品が登場しているぞ!

まい泉のパンを使って木村屋の餡子を使った「あんバターサンド」(税別340円)が販売している。そんなのどう考えたって美味いに違いないだろ! ってことで実際に食べてみたぞ!!

続きを全部読む

【最強とんかつ】宮中献上の豚ロース肉! 浅草橋の老舗洋食屋・大吉の「岩中のロースカツ」を食べたら三度驚いた!!

サクッとした衣を噛むと豚の旨みがじゅわあ。とんかつが嫌いな者は手を上げろ! よし、いないな!! 揚げた豚肉にソースをかけて食べるんだからマズイわけがないだろッ! とんかつコノヤロー!! 

失礼、その優等生っぷりに思わずキレてしまったが、逆に言うと、どこで食べてもあんまり変わらないのもまたとんかつである。グッドは多いが、エクセレントは少ない。そんな状況の中、最強と言っても過言ではないとんかつに出会った。自信を持って言える。「人生の中で一番ウマイとんかつだった」と

続きを全部読む

【悲報】かつやの新商品『カツ煮冷やしそば』が冗談抜きで修羅場すぎた / 今すぐ店から立ち去りたいレベル

とんかつチェーン「かつや」を心から愛する我々 “かつや者” にとって、「かつや」の新メニュー発売は月に一度のスペシャルイベントに等しい。皆、当日はそれぞれに新メニューとの甘い時間を楽しむものと思われるが……。

よもや、この私(あひるねこ)がだ。生粋の “かつや者” であるこの私が、「かつや」の新メニューを前に店から立ち去りたくなるとは想像もしなかった。本日2022年9月2日より期間限定で販売が始まった『カツ煮冷やしそば』。ハッキリ言おう。あれは修羅場そのものである──。

続きを全部読む

タルタルソースと揚げ物を堪能できる「タルタルNUMA」がマジの沼で、まんまとハマってしまった!!  東京・渋谷

エビフライにタルタルソース、この組み合わせは王道にして鉄板だ。しかしエビフライを食べ切るにはタルタルの量が少ない場合がある。もっとタルタルしてくれよ! そんなタルタル好きの願いを叶えてくれるステキなお店が、東京・渋谷に誕生していた!!

その名も「タルタルNUMA」、名前からして最高じゃないか! お店に行ってタルタルを堪能したらマジで沼だった! 1発でハマってしまったよ。

続きを全部読む

【朗報】「かつや」のテイクアウト限定『かつや盛り』を開けたら “ほぼ揚げ物の塊” で笑った! 見渡す限り揚げ物しかいない揚げ物ディストピア!!

俺たちの「かつや」が昨年生み出した汎用弁当型決戦兵器『全力おかず盛り』を覚えているだろうか? 全力を出しすぎるあまり、弁当なのにご飯が入らなくなるという世紀のポカをやらかした伝説のアホ商品である。

そんな『全力おかず盛り』が2022年4月22日、さらなるパワーアップを遂げて帰ってきたぞ。その名も『かつや盛り』! 商品名にセルフタイトルをつけるとは ただ事ではない。この時点で本年度屈指の名盤確定だろう。まあ、どうやってもアホな予感しかしないが……。

続きを全部読む

もう限界だ! 考えることを止めてしまった労働者! 四コマサボタージュDE第3回「疲れきったとんかつ屋さん」

続きを全部読む

【注意喚起】本日2月17日、「かつや」に絶対に行ってはいけない理由

自他共に認める “かつや者” でやらせてもらっている男、あひるねこだ。そんな私がこんなことを言っていいのか非常に迷うのだが、緊急事態なので言わせてもらう。本日2022年2月17日だけは絶対に「かつや」に行くな。いいな、「かつや」にだけは行くんじゃないぞ。

なぜかと言うと……おい、聞いてなかったのか。「かつや」には行くな。それは……だから「かつや」には行くなって言ってんだろ。えー、実は明日2月18日から……待て待て待て、いいから戻ってこい。6日間限定で……いや入ってんじゃねェェェェェェエエ!!!

続きを全部読む

【衝撃】かつやの新商品「ロースカツと豚スタミナ焼肉」、実は史上まれに見る “超激レアメニュー” だったことが発覚! これはヤバイ…

2022年1月28日、俺たちの「かつや」が期間限定の新商品『ロースカツと豚スタミナ焼肉』を発売した。字面からして、いかにも「かつや」らしい年中無休のわんぱく男子校メニューである。これはいやが上にも期待が高まるというもの。

ただ……同時に私(あひるねこ)は、奇妙な違和感に襲われていた。なんだろう、何かが引っかかる。合い盛りの内容自体はごく普通のはずなのに、この胸のザワつく感じは一体……? もしかするとここには重大な秘密が隠されているのかもしれない。

続きを全部読む

【2021年まとめ】「かつや」の意味不明な期間限定メニューを振り返ってみたら、頭がおかしいヤツだらけで笑った

ついに始まった2022年。だがしかし、何かやり残したことはないだろうか? 私(あひるねこ)は……ある。一つ大切なことを忘れていた。去年の「かつや」の期間限定メニューを振り返っておかなければ。じゃないといつまで経っても新年が始まらないぞ!

2021年も全力でバグりまくっていた俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」。生粋の “かつや者” である私は、期間限定メニューのほとんどを食べてきた。今回はその中から特に頭がおかしかったメニューを厳選してご紹介したいと思う。言うまでもなく永久保存版である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6