「かつや」にまつわる記事

【実録】かつやの新商品「ふわたま白カツ丼」を食べに行ったら隣のおっさんにブチギレられた

最近、当編集部の中澤星児とGO羽鳥が “焼きカツ丼” なるものにやたらとハマっており(とじないカツ丼のことらしい)、会社でそんな話ばかりしている。つい先日も焼きカツ丼の話題で盛り上がっていた……と思ったら、その2日後に「かつや」が発売してきた。え、話聞いてたん?

2023年1月13日より販売が始まったのは、『ふわたま白カツ丼』という期間限定メニューだ。要は卵でとじずに、卵をのせたカツ丼なのだが、偶然とは言えいくらなんでもシンクロしすぎだろう。中澤の言う通り、本当に今年は “とじないカツ丼” がくるのかもしれない。

続きを全部読む

【2022年まとめ】「かつや」の意味不明な期間限定メニューを振り返ってみた結果 → ぶっちぎりの優勝がいた

激動の2022年が間もなく終わろうとしている。ならば今年も振り返っておかねばなるまい。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が発売した壮絶な期間限定メニューの数々を──。

生粋の “かつや者” として、今年登場したすべての限定メニューを制覇してきた私(あひるねこ)。今回はその中から、特に頭がおかしかったものを厳選してご紹介しようと思うぞ。果たしてあなたの “推しカツ” はランクインしているだろうか? 以下、永久保存版なり!

続きを全部読む

【許せん】かつやの新商品「味噌カツ丼」が鬼畜仕様すぎて人生初の〇〇する羽目になった

年に一度の激安揚げ物フェス「年末感謝祭」の熱も冷めやらぬまま、昨日2022年12月14日に発売された「かつや」の新商品『味噌たまカツ丼』。どういうワケか俺たちの「かつや」は師走に味噌カツを食べさせたがる傾向にあり、今回約2年ぶりの登場とあいなった。

詳細については当時の記事をご覧いただきたいが、ぶっちゃけるとこのメニュー、「かつや」の新商品としては少々地味な部類に入る。平凡、と言い換えてもいいかもしれない。ところが……。

こちらの予想に反して今年の味噌カツは、近年まれに見る鬼畜仕様へとアップデートを遂げていたのだ。おかげで人生初の〇〇をすることになったぞ……。

続きを全部読む

何度も言うけど「かつや」の『年末感謝祭』は1品だけ割引額がバグっている / 12月11日まで

俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が毎年この時期になると開催する『年末感謝祭』。年に一度だけ開かれる奇跡の激安揚げ物フェスティバルである。訓練された “かつや者” は、このイベントによって師走の気配を感じ取るとか感じ取らないとか。

さて、今年の『年末感謝祭』は2022年12月8日から12月11日までの4日間開催。期間中は人気メニュー4品がすべて税込605円で販売されるぞ。どうもありがとう。それでは以下で詳しい内容を見ていこう。

続きを全部読む

浅草で発見した「天ぷらそばバーガー」が予想外に美味かった! お店のプロデュースはアノ会社の元社長

先日、東京・池袋で行われた「IKEBUKUROパン祭」の会場で、私(佐藤)はカツ丼・親子丼・鰻丼(うなたま丼)のハンバーガーに遭遇してしまった。和食 × パンの組み合わせは、もはや珍しいものではなくっているらしい。

というのも、浅草でさらなる新しい組み合わせを発見した! 「天ぷらそばサンド」(税込650円)。そう、パンの間に天ぷらそばが挟んである!! 食べてみたら、予想に反して美味かった!!

続きを全部読む

【喝】かつやの新商品「牛バラ焼きとささみタレカツの合い盛り丼」は今すぐ商品開発からやり直した方がいい

ほぼ月イチで発売される「かつや」の新商品を食べるのが恒例となっている私(あひるねこ)。というワケで、本日2022年11月4日より販売開始となった『牛バラ焼きとささみタレカツの合い盛り丼』をさっそく食べてきた……のだが。

結論から言ってしまおう。喝だよ喝! 喝、喝、カーーーッツ! カツだけに大喝だァァァァァアアアア!! 生粋の “かつや者” を自称する身としては、今回「かつや」が犯した致命的なミスを見過ごすことなど到底できぬ。今、この場でハッキリ断罪してくれる……!

続きを全部読む

【注意喚起】かつやの新商品「秋の海鮮フライ定食」は定食で頼まない方がいい

毎月のように発売される「かつや」の期間限定メニュー。生粋の “かつや者” を自称する私(あひるねこ)はここ数年間、そのほとんどを食べ、そのほとんどを記事にしてきたが、実は何度もスルーしてしまっている商品がある。それは海鮮系のメニューである。

どういうワケか「かつや」は、海鮮をメインに据えた新メニューを出す時、いつもより大人しくなる傾向があるのだ。本日2022年10月14日に発売された『秋の海鮮フライ定食』などがまさにそうで、内容はカキフライとエビフライの合い盛りとなっている。

そう、ハッキリ言って記事にしにくい。「かつや」なのにまとも。普通すぎる。そんなん「和幸」でやれ。が……! 私も “かつや者” の端くれだ。今回はあえて土俵に上がり、鬼門の海鮮メニューと一戦交えることにしたい。

続きを全部読む

【激白】かつやの新商品「ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼」をさらに “肉増し” で頼んだのに、全然多く感じられなかった理由

生粋の “かつや者” として相当数の「かつや」新メニューを履修してきた私(あひるねこ)であるが、このことに気付いたのは、もしかしたら初めてかもしれない。これまで予想だにしなかった衝撃の事実である。

きっかけは、本日2022年9月16日に期間限定で発売された『ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼』だった。名前からしてすでに超ボリューミーな同メニュー。しかも今回は “肉増し” が可能だという。いやいや、そんなん絶対完食できんやろ……と思いきや──。

続きを全部読む

【悲報】かつやの新商品『カツ煮冷やしそば』が冗談抜きで修羅場すぎた / 今すぐ店から立ち去りたいレベル

とんかつチェーン「かつや」を心から愛する我々 “かつや者” にとって、「かつや」の新メニュー発売は月に一度のスペシャルイベントに等しい。皆、当日はそれぞれに新メニューとの甘い時間を楽しむものと思われるが……。

よもや、この私(あひるねこ)がだ。生粋の “かつや者” であるこの私が、「かつや」の新メニューを前に店から立ち去りたくなるとは想像もしなかった。本日2022年9月2日より期間限定で販売が始まった『カツ煮冷やしそば』。ハッキリ言おう。あれは修羅場そのものである──。

続きを全部読む

【事件】かつやの新商品「海老カツと鶏カツの合い盛り丼」発売の裏で、ひっそり “謎の物体” が爆誕していた話

その日、いつも通り席に着いた私(あひるねこ)は、お茶が運ばれると同時に『海老カツと鶏カツの合い盛り』を注文した。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が昨日2022年8月17日、期間限定で発売した新商品である。

丼が税込759円、定食は税込869円となっており、私が選んだのは丼。あとは料理が出来上がるのを待つだけ……だったのだが。待っている間、何気なくメニューを眺めていた私は、そこに見覚えのない “謎の物体” を発見してしまった。な、何だコレは……。

続きを全部読む

【意味不明】俺たちの「かつや」、朝ごはんみたいな新商品『ベーコンエッグソースカツ丼』を発売! でもまったく朝ごはんじゃねぇ!!

とんかつチェーン「かつや」には店舗限定の朝食メニューが存在するのだが、『朝ロースカツ定食』や『ミニカツ丼セット』など、朝食感が1ミリもないあたり実に「かつや」である。せめて朝飯の時くらいカツから離れられないのか?

そんなワケで、私(あひるねこ)も「かつや」に朝食のイメージを抱くことは、これまであまりなかった。ところが……! 2022年7月22日より期間限定で販売が始まった新商品について、俺たちの「かつや」はこう説明しているのだ。

まるで朝ごはん、と──。

……あまり信用はできないが、試しに行ってみる価値はあるだろう。

続きを全部読む

【どうした?】かつやの新商品『シビ辛麻婆チキンカツ』を熱狂的かつやファンが食べたら〇〇すぎて心配になった

ほぼ月イチのペースで発売される「かつや」の新商品は、我々 “かつや者” にとって最大の関心事の一つである。次は一体どんな頭の悪いメニューが飛び出すのか? ワクワクしながら情報解禁を待っているのは私(あひるねこ)だけではあるまい。

ところが、今回ばかりは嫌な予感しかしなかった。2022年7月1日より期間限定で発売された『シビ辛麻婆チキンカツ』。これは……ヤバイ気配がする。熱心な “かつや者” ならお分かりだろう。「かつや」の激辛系はマジでシャレにならんと。完食をためらうくらい鬼辛いのだ、と。

続きを全部読む

【想定外】かつや監修の駄菓子『カツっ! 全力かつやカツ丼味』がメガサイズすぎて笑った! 本当にカツ丼の味がするのか? 確かめた結果…

先日、俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」から、なんと私(あひるねこ)宛てに荷物が届いた。裸(ら)のカツが入っていたらどうしようかと思いながら開封してみると、中から出てきたのはしっかり包装されたカツ。結局カツかよ!

ただし、本物のとんかつではない。2022年6月13日より期間限定で販売が始まった『カツっ! 全力かつやカツ丼味』という商品だ。おつまみの「なとり」と「かつや」のコラボによって誕生した新たなカツ製品である。生粋の “かつや者” として、これを見逃す手はないだろう。

続きを全部読む

【は?】「かつや」が二郎みたいなヤバイ新商品を発売! なんと野菜マシマシも可!! 実際に頼んでみた結果 → レシートを見て愕然とした

禁断の出会いとは、まさにこういうことを言うのだろう。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が本日2022年6月3日、期間限定で新商品を発売したのだが、一言で表すならそれは “二郎インスパイア系カツ丼” であった。

ラーメン二郎と「かつや」……。何やらジャイアンとブタゴリラみたいな組み合わせであるが(悪夢じゃん)、いい意味で悪い予感しかしないため注文してみようと思う。もちろん、野菜マシマシで。

続きを全部読む

お子様ランチ発祥の地といわれる『日本橋三越本店』のお子様ランチを食べたら、究極のメニューで度肝を抜かれた!!

とんかつチェーン「かつや」は、2022年5月12日より大人向けのお子様ランチ「大人様ランチ」(税込759円)の販売を開始。これがバカ売れしているらしく、想定の3倍の売上を叩き出すヒットとなっているそうだ。

そんなお子様ランチなのだが、発祥をご存じだろうか? それは東京・日本橋三越本店と言われている。その三越本店で大人もお子様ランチを注文できるので、実際に食べてみたら、技術の粋(すい)を集めた究極のグルメメニューであることがわかった。これ、スゴイぞ!!

続きを全部読む

【感動】かつやの新商品『大人様ランチ』が最高すぎた / 数多の暴走の果てに辿り着いた至高の桃源郷

俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が昨日2022年5月12日、『大人様ランチ』という名の新商品を期間限定で発売した。なんでも「かつや」曰く、大人のためのお子様ランチとのこと。この時点で勝利を確信した “かつや者” は私(あひるねこ)だけではあるまい。

で、さっそく昨日食べてきたのだが、結論から申し上げると……これは「かつや」最高傑作の可能性がありますね。と言っても、ただウマいとかコスパが良いとか、そういった単純な話ではない。その理由をこれから説明する。

続きを全部読む

【朗報】「かつや」のテイクアウト限定『かつや盛り』を開けたら “ほぼ揚げ物の塊” で笑った! 見渡す限り揚げ物しかいない揚げ物ディストピア!!

俺たちの「かつや」が昨年生み出した汎用弁当型決戦兵器『全力おかず盛り』を覚えているだろうか? 全力を出しすぎるあまり、弁当なのにご飯が入らなくなるという世紀のポカをやらかした伝説のアホ商品である。

そんな『全力おかず盛り』が2022年4月22日、さらなるパワーアップを遂げて帰ってきたぞ。その名も『かつや盛り』! 商品名にセルフタイトルをつけるとは ただ事ではない。この時点で本年度屈指の名盤確定だろう。まあ、どうやってもアホな予感しかしないが……。

続きを全部読む

【意味不明】かつやの新商品『辛出汁チキンカツ』がどう考えても辛すぎる件 / 今すぐ『獄辛出汁チキンカツ』に改名した方がいいレベル

私(あひるねこ)は辛いものがあまり得意な方ではないし、自分からすすんで食べることもそうそうないのだが、これだけはハッキリ分かる。「かつや」が2022年3月25日に発売した期間限定メニュー『辛出汁チキンカツ』はどう考えても辛すぎると。ちょっと想像を超えてきている、と。

いやいや、とんかつチェーンが出す辛い系メニューだ。そんな大したものではないだろう……という油断はマッハで命取りとなる。事実、何の心の準備もせぬまま注文した私は、一口食べた瞬間「マジか」と呟きかけた。各自、取り扱いにはくれぐれも注意されたし。

続きを全部読む

【悲報】出前館で「かつや」の親子丼を注文した結果 → 〇〇すぎて妻にブチギレられたでござる

夫婦生活を続けていると、思わぬところで相手の地雷を踏んでしまうことも多々あるが、まさか親子丼がトリガーになるとは想定外だった。繰り返すが、親子丼である。数ある丼の中でも比較的、穏やかな部類のキャラクターではないのか、あれは。

事の起こりは2022年2月24日。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が期間限定の新メニューを発売した日にさかのぼる。本来ならば店舗まで足を運ぶところなのだが、その日は自宅にいる必要があったため、私(あひるねこ)は「出前館」を使って商品をデリバリーしたのだった。

続きを全部読む

【注意喚起】本日2月17日、「かつや」に絶対に行ってはいけない理由

自他共に認める “かつや者” でやらせてもらっている男、あひるねこだ。そんな私がこんなことを言っていいのか非常に迷うのだが、緊急事態なので言わせてもらう。本日2022年2月17日だけは絶対に「かつや」に行くな。いいな、「かつや」にだけは行くんじゃないぞ。

なぜかと言うと……おい、聞いてなかったのか。「かつや」には行くな。それは……だから「かつや」には行くなって言ってんだろ。えー、実は明日2月18日から……待て待て待て、いいから戻ってこい。6日間限定で……いや入ってんじゃねェェェェェェエエ!!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6