「とじないカツ丼」にまつわる記事

【最強かつ丼】分厚い肉がトロける!『丸七』の「焼きカツ丼(特上)」が2400円でも高コスパすぎてとんかつ屋もリスペクトするレベル

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に、私(中澤)が感動したことから始まった本連載『卵とじないカツ丼を探せ』。そのキッカケとなった店は3つある。『カツ丼は人を幸せにする』『日本橋とんかつ一(はじめ)』そして『丸七』だ。

この3店は、私(中澤)にとって始まりの御三家。『Fate』で言うところのアインツベルン、マキリ、遠坂である。で、『丸七』の焼きカツ丼をサーヴァントで例えるならギルガメッシュ。つまりは最強だ

続きを全部読む

【卵とじないカツ丼を探せ】第10回:コスパ系とんかつ店『ツキウマ』のかつ丼がとじてない! でも検索で出ない理由 / 渋谷

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に、私(中澤)が感動したことから始まったのが本連載『卵とじないカツ丼を探せ』だ。しかし、足を踏み入れてみて気づいた。とじないカツ丼を出している店が予想以上に多いことに。

検索で出てくるのなんて氷山の一角も一角。独自の研究の末同じ答えにたどり着いたシンクロニシティ的なものがなんと多いことか。そんな中、また貴重なタレコミをいただくことができた。「ここにもとじないカツ丼ありましたよ」と

続きを全部読む

【卵とじないカツ丼を探せ】第9回:これはかつ丼なのか? 虎ノ門『つかんと』のかつ丼がとじてないけど……!

とじないカツ丼の店ってこんなに多かったんだな。正直、「とじないカツ丼」とか「焼きカツ丼」と検索しても、どの記事も同じ店をまとめてるもんだから4~5店舗くらいで終わると思っていた。

しかし、実際足を踏み入れてみるとあるわあるわ。そこで自分のためにもアーカイブしようと思ったのが本連載「卵とじないカツ丼を探せ」である。ブームである焼きスタイルから半分とじかつ丼まで多種多様な進化が見られる卵とじない系。今回はその中でもかなり個性的な一品だ。っていうか、これはかつ丼なのか……?

続きを全部読む

【焼きカツ丼】パッと見カフェなのに実は「とじないカツ丼」が激ウマ! 平井『とんかつぱんぱん』が全然軽食じゃない件

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に感動し、勢い余って『卵とじないカツ丼を探せ』という連載まで開始してしまった私(中澤)。そんな私の元に、なんとタレコミがあった。「ここにもとじないカツ丼ありますよ」と

正直、「とじないカツ丼」とか「焼きカツ丼」でググったら、大体の記事は『日本橋とんかつ一(はじめ)』『瑞兆』『丸七』『かつ丼は人を幸せにする』の四天王で終わりなのでこういった民間の目撃情報は大切にしなければならない。そこで行ってみた。

続きを全部読む

【壁】とじないカツ丼屋「#カツ丼は人を幸せにする」神田店の海老丼がそびえ立ちすぎて心臓を捧げるレベル! 海老丼界のウォールマリアや

ついに2023年『進撃の巨人』のファイナルシーズン完結編が放送される。アニメ公式サイトによると、前後編で前編の放送は3月3日とのことなので見逃すな!

なぜ私(中澤)がいきなり『進撃の巨人』の話を始めたかと言うと、そのワンシーンを思い出すような海老丼に出会ったからである。バカな! 海老丼と進撃の間に共通点などあろうはずがない!! そんなふうに考えている時期が俺にもありました。『#カツ丼は人を幸せにする』神田店の海老丼を注文するまでは。

続きを全部読む

【どんだけ?】ウワサの「とじないカツ丼」は言うほどウマいのか? あまりカツ丼が好きじゃない記者が食べてみた結果!

どうやら2023年は「とじないカツ丼」が来る……らしい。情報によると「ふにゃっとしてしまうジレンマを解決したカツ丼」とのことで、近年アンダーグラウンドでその数を増やしている……と、ロケットニュース24に書いてあった。

執筆者は中澤星児で、最近では口を開けば「とじないカツ丼」の話ばかりしている。というか、その「とじないカツ丼」はそんなにウマいんけ? ここは「とじないカツ丼」に何の愛着も無い私、P.K.サンジュンが、ガチで審査してみようではないか。

続きを全部読む

口コミが謎すぎる高田馬場のとんかつ専門店『揚げ太郎』に突撃してみた結果…… 【卵とじないカツ丼を探せ】第6回

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に出会ったことにより、空前のかつ丼ブームが到来している私(中澤)。寝る前にネットでかつ丼サーフィンをするのがここ最近の日課である。どんなかつ丼を食べるか考えるだけで明日が楽しみになるのだ。

だがしかし、そんな至福のかつ丼サーフィン中に、謎すぎる口コミの店を発見してしまった。なんだこの店……? 一体どっちが本当なんだ?

続きを全部読む

【卵とじないカツ丼を探せ】四谷のとんかつ屋『鈴新』のかつ丼がとじてない! サクサクだけど「焼きカツ丼」でもないその名は……

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。ここ最近、卵とじない「焼きカツ丼」にハマった私(中澤)。これは2023年くるで

しかし、毎日、色んな店を食べ歩いていると、卵とじないかつ丼は焼きカツ丼だけではないことに気づいた。っていうか、ほとんどの店が「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」と検索してもヒットしない。これ思っていたより深いぞ……! そんな深海を足でサーチしようというのが本連載『卵とじないカツ丼を探せ』である。

続きを全部読む

【卵とじない】ガッツリ系チェーン「とんかつは飲み物。」のかつ丼が実はとじてない! しかもジャンクにウマイ男の焼きカツ丼!!

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だが、ここ最近、ふつふつと話題になっているのが「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」と呼ばれるとじない系である。

卵とじずにとんかつが別に置かれているこのかつ丼。卵のハーモニーを失うことなく、とんかつのサクサクさを獲得したその発想は、おにぎらず以来の衝撃と言えるのではないだろうか。

しかしながら、ググっても出てこない店があることは以前の記事でお伝えした通り。また、そんな隠れ焼きカツ丼の店を発見したためお伝えしたい。

続きを全部読む

【卵とじない】カツカレー屋『いっぺこっぺ』新橋店のかつ丼がとじてない! でも「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」の検索で出ない理由

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だが、ここ最近、ブームになり始めているのが「卵とじない系かつ丼」である。卵ととんかつが別になっており、かつ丼なのにサクサク感を残しているその味。かつ丼のジレンマへの1つの答えと言える。

これは2023年来るぞ! ひと口食べて完全に虜になってしまった私(中澤)は、毎日とじないかつ丼を探しては食べるようになったのだが、「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」で検索してもヒットしない店があることに気づいた

続きを全部読む

【小声】2023年くると囁かれている「焼きカツ丼」を安く食べられる店がこちらです

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だけど、よくよく考えると、サクッとした食感はとんかつの良いところ。味は染みていてほしいけど、サクッとした食感もほしい。これはかつ丼のジレンマと言える。

そんなかつ丼のジレンマに対する1つの答えとして、今注目されているのが「焼きカツ丼」であることは以前の記事でお伝えした通り。絨毯のように敷かれた卵の上にとんかつを置く焼きカツ丼。2023年は焼きカツ丼の年になると囁かれている……

続きを全部読む

【卵とじない】かつ丼のジレンマを解決した「焼きカツ丼」をあなたは食べたことがあるか?

かつ丼が好きだ。立ち食いそば屋の連載をしている私(中澤)。セットを注文する時は大体かつ丼セットである。つゆの味が染み染みになったとんかつが良い。だが、先輩記者のP.K.サンジュンはかつ丼が好きじゃないという。

「サクッとしてるのがとんかつの良いところなのにふにゃっとさせる意味ある? 良さ潰してるじゃん」とP.K.サンジュン。そんな意見を身近で聞いていただけに、初めて「焼きカツ丼」を食べた時は衝撃であった。かつ丼なのにサクッとしている……!

続きを全部読む