「お金」にまつわる記事

【検証】金運アップの神社はどれくらいご利益ある? 御金神社の「お財布」と「浄化したお金」を使って『スクラッチ』したら当選した

お金が欲しい、しかも楽に。誰もがそんな風に考えたことがあると思う。しかしそれは叶わぬ夢と諦めて、日々汗を流し、労働と引き換えに賃金をもらい生きていく。それが「大人になる」ということなのかもしれない。

だが見方を変えれば、人生は一度きり。やはりビッグドリームを掴めるなら、掴んでみたい! でも、あくまでリスクがないのならば。「お金が欲しい、しかも楽に」というのは、「楽に」が難しいのである。「楽に」を考えてみたが、なかなか答えが浮かばない。 考えが一周したとき、私はふと閃いた。そうだ、神様に頼もうと……!

続きを全部読む

SNS投稿でお金がもらえる! アプリ『Follop』の代表取締役CEOに「稼げるのか」を聞いてみた!!

現代日本で生活していく上で何かと必要なのがお金である。あまり大きな声で言うのは恥ずかしいが、お金欲しィィィイイイ! 超欲しい~~~~~~!! 1000円で良いから空から降ってこないかなあ? かなあ?

今日も空を見上げることに余念がない私(中澤)だが、お金が転がっていたのは海の方だった。電子の海……そう、ネットである。なんとこの度、SNS投稿でお金がもらえるアプリが登場! 店の写真や情報を投稿するだけで、ガチで金がもらえるぞーーーーーー!!

続きを全部読む

【そんなに貯めてるの?】 47都道府県の中で「平均貯蓄額」が最も多いのは東京都という調査結果 / 金額がぶっちぎりすぎて若干引いた

639.1万円。これは、ソニー生命の調査で弾き出された東京都民の平均貯蓄額である。金額を見ただけで「多すぎる……!」と震えている人もいれば、「え? そんなもん?」という人もいるだろうが、まずは調査について簡単に説明したい。

対象となったのは、20〜59歳の男女・合計4700名(各都道府県で100名)。彼ら・彼女らが、2018年11月10日から11月21日までの12日間に「お金や旅行に関するアンケート」にインターネット上で答えて導き出されたのが、これから取り上げるランキングだ。

中には、「ラーメン・カレー・ライス・そば・うどんの中で最もラーメンんが好きな人が多い県は?」とか「春の桜がキレイだと自慢に思っている人が多い県は?」といった “ほのぼの系” のランキングもあるのだが、やはりお金が気になる人は多いに違いない。

──前置きはこれくらいにして、紹介しよう。「現在の貯蓄額」という項目でTOP10に入った都道府県は……以下の通りだ。

続きを全部読む

【体験談】アパートの立ち退きを告げられ「家なき子」になりかけた /「備えあれば憂いなし」を実感した話

人生、何が起こるか分からない。とはいえ、不測の事態なんて自分に降りかからなければ、対岸の火事だと思う人もいらっしゃるだろう。かく言う筆者(Yugamin)もその1人だった。

だが、3年前のこの時期、住んでいたアパートからの立ち退きを勧告されて家なき子になりかけた。この時ほど「備えあれば憂いなし」の言葉が身にしみたことはない。普段から準備しておくことの大事さについて、実体験を交えてご紹介したい。

続きを全部読む

【煩悩爆発】京都の『御金神社』の絵馬に書かれた言葉がえげつない 「お金大好き!」「お金欲しい」「給料アップ」など

みんなお金が大好き! 出来ることならお金に囲まれて暮らしたい。もっといえば、お金に愛されたい!! 誰でもそう思っているに違いない。その夢を、叶えてくれるような名前の神社が存在した!

その名も「御金神社」、ズバリそのままじゃないかッ! これはあやかりたい。あやからずにはいられない! 境内に奉納されている絵馬を見てみると、みんな煩悩全開! お金を求める悲痛なる叫びがつづられまくっていたッ!!

続きを全部読む

【ガチ検証】海水浴場にはどれだけ小銭が落ちているのか? 金属探知機を使って探してみたらこうだった

2017年も間もなく10月に突入するが、みなさん今年の夏は海にお出かけになっただろうか? 照りつける太陽と白い砂浜、日本中のビーチで “ひと夏の恋” があったのかと思うと……あぁぁぁあああ! 心底うらやましいなァァァアアアア!!

──それはどうでもいいとして、今回は誰もが1度は疑問に感じる「海水浴場の真実」に迫って来たぞ。その内容とは「海水浴場にはどれくらいの小銭が落ちているのか?」というもの。誰もが知りたい衝撃の検証結果は以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【日常の疑問】「630円の会計で1130円を出す客」について店員はどう思っているのか? レジ経験者に聞いてみた

人間、生きていくにはどうしたってお金がかかるもの。毎日どこかしらで何かを買い、お金を払っている。最近は電子マネーやクレジットカードで会計をすることも増えたが、それでも現金で支払う機会はまだまだ多いのだ。今回は、現金での会計でよく出くわすシーンについて考えてみたい。

例えばレジで「630円です」と言われたとする。その際に1130円を出して、お釣りを500円玉でもらうという行為についてあなたはどう思うだろうか? そもそも、そういったことを日常的にするだろうか? 店員はどう思っているのだろうか? なんかもう、いろいろ気になるんですけどーッ!

続きを全部読む

【社会実験】あるアーティストが1万5000枚もの小銭(約4万3000円分)を路上に放置したらこうなった / 願掛けしたり記念撮影する人も

1円玉や5円玉など小さな額の小銭を使い切れずに、家に貯め込んでいるという人は結構多いのではないだろうか。

そんな、少し使い勝手に困ってしまう小銭を、あるアーティストが路上に1万5000枚放置して、通りがかりの人がどんな行動を取るのか確かめる社会実験を決行! 願掛けしたり記念撮影する人などが現れ、小銭の山を前にした通行人の様々な反応がナカナカ興味深いのである。

続きを全部読む

【男の下心爆発】女子が出会い系アプリで「5ドル送ってくれたら何かが起こるかも」と載せる→ 男性がホイホイ送金 → 女子の “お返し” が傑作だった!!

最近は、出会い系サイト&アプリなどで知り合い交際に発展する男女が増えて、恋愛事情に大きな変化が起きている。

そんななか、ある女子がプロフィールに「5ドル送ってくれたら何かが起こるかも」と載せたところ、男性からホイホイお金が送られて来たというのだ! そして、彼女がやってあげちゃう ‟何か” が最高に傑作なのである!!

続きを全部読む

“ATMに設置されていた盗撮カメラ” が極小すぎてエグい! 英警察は「パスワード入力は手で隠して」と呼びかけ

ATMを使うときは、誰だって色々なことに気を付けているだろう。後ろから覗き見されていないか、見知らぬ人が話しかけてこないか、変な機械がATMに付いていないか……などなどをチェックしながらお金を下ろすはずだ。

でも油断は禁物。なぜなら今回、英警察がATMに設置されていた盗撮カメラの画像を公開したのだが……ち、ちいせえぇぇぇええ! 私たちは、エグいほど極小な穴から盗撮されているようだ! こんなの気付くわけないじゃん!!

続きを全部読む

【中国】どう考えても金目的だろっていう結婚式が見ている方まで辛くなるほど地獄絵図

人生における一大イベントといえば、なんと言っても結婚式。大好きな人と永遠の愛を誓い合う日は、周りの皆も幸せな気持ちとなり、笑顔が絶えない日となる……はずだ。しかし、世界は想像以上に広いもの。

よく見渡してみると、結婚式は必ずしも幸せになるとは限らない。なぜなら、どこからどう見ても夫婦関係が金目的。札束が乱舞する衝撃的な式が中国で挙げられていたからである!

続きを全部読む

ネット民があげた『お金をかけなくても楽しめる趣味』色々 「外国語の習得やパン作り」など

「最近は、週末外に出かけない若者が増えている」とのニュースを見たことがある。ネットで無料のゲームをしたり、ネット配信サービスでドラマや映画も見られるようになったし、家にいても十分楽しめる時代になったのかもしれない。

そんななか、海外掲示板サイトRedditが、「お金をかけなくても楽しめる趣味」を挙げているのでいくつか紹介したい。‟何か新しいことを始めたい!” という人は、参考にしてみても良いかも!?

続きを全部読む

【知ってた?】500円玉の表裏面にはこんな秘密が隠されている!

日々何気なく使っている小銭。日本には数種類の硬貨があるが、なかでも抜群の存在感を放っているのが500円硬貨だろう。その1枚で雑誌も買えれば、ランチも済ませられる。ああ、他硬貨にはない安心感を与えてくれる500円玉。

そんな500円硬貨の表裏面に、秘密が隠されていることをご存知だろうか? さあ、500円玉を用意してジーックリ見てほしい……。

続きを全部読む

【宝くじ】うれしい誤算で1億円を当てた女性が話題

そろそろ年の暮れが近づき、年末ジャンボ宝くじの季節が巡って来た。宝くじ購入に関しては、「買えば当たるかも!」と積極的にお金を出すタイプと、「どうせ当たらないから、お金のムダ使い」という2派に、大きく分かれるのではないだろうか。

かくいう筆者は確実に後者で、自分で宝くじを買ったことが1回もない。しかし、やはり買わずとして当たらないのは宝くじで、なんと、「宝くじはお金のムダ使い!」と夫に分からせようとした妻が、くじを買ったら1億円を当ててしまったというのである!!

続きを全部読む

【本気で閲覧注意】スマホのYahooで「死幣」を検索しちゃダメ! 絶対にダメ! 絶ェェッッ対にだ!!

本日7月7日の七夕……おそらく多くの人々が夜空を見上げるロマンチックな日である。だが、そんな日でも恐怖というのは突然襲ってくる。例えばスマホのYahoo! JAPANであるワードを検索すると、血の気が引くほどのホラー現象が起きるという。

そのワードとは「死幣」。言っておくが、怖いものが苦手な人は絶対に検索しちゃダメだぞ! 絶対に!! 絶ェェェッッッッッ対にだ!!!

続きを全部読む

【小ネタ】顔認証アプリで紙幣を撮影すると “ちょっとだけ” オモシロい

スマホをお持ちならば、顔認証アプリをインストールしている方も多いことだろう。以前の記事でご紹介した、「MSQRD」や「Snapchat(スナップチャット)」「SNOW(スノー)」などのカメラアプリの一種である。

レンズを向けるだけで、目をキラキラさせたり、顔を入れ替えたりできる顔認証アプリだが、実は生の人間でなくてもバッチリ機能することをご存じだろうか? 今回は、最も身近な “あの人たち” の顔を、顔認証アプリで撮影してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

みんながヤメたいと思っている「無駄遣い」トップ10! 1位はブッチギリで “アレ” だった

人それぞれ、ついお財布のヒモが緩んでしまう物やシチュエーションがあるだろう。食べ物、お酒、趣味、付き合い……ああ、ここで我慢していればお金が貯まるのになあと思いながらも散財してしまう。

では世の人々は、一体どんなことに「無駄遣い」をしているのか? そこで今回は、海外メディアが報じた「みんながヤメたいと思っている無駄遣い トップ10」をお伝えしたい。

続きを全部読む

小遣いの前借りをねだった6歳の息子に「パパがあり得ないほどのマジレス」対応! こんなレスされたら黙るしかないっス……な件

子供の頃は、親の手伝いをしてお小遣いを貰い、コツコツとお金を貯めて欲しいオモチャや人形を買っていた人もいるだろう。だが、ちょっと値が張るものだったら親におねだりして、なんとかゲットしようとするものである。

そんな例外にもれず、ある6歳の少年がパパにお小遣いの前借りをねだったところ、あり得ないほどのマジレス対応をされてしまったというのだ! 「こんなレスされたら黙るしかないっス……」と、少年が撃沈する姿が目に浮かぶような、パパのビジネスマン的な手腕がかなり秀逸だぞ~!!

続きを全部読む

「お金取り放題」と知ったら人々はどうするのか? 実験した結果……ホームレス男性の行動に考えさせられること間違いなし!

なんちゅう “やらしい” ヤツだ──これから紹介する動画に登場する男性を見たら、思わずそう感じてしまう読者は少なくないだろう。なぜなら彼は、いたるところに本物の1ドル札を貼り付けたジャケットを着ているのだから……。

だが誤解してはいけない。男性がやろうとしているのは、秒速で稼いでます宣言ではなく、社会実験だ。その “やらしいスーツ” を着て、「どうぞお金を持っていって」とアピールしながら街中を歩いたらどうなるのか? 人々の反応を身をもって確かめているのである。結果……考えさせられる展開になったようだぞ。

続きを全部読む

たくさんのお金が駅で目の前にあったらどうする? 「余裕がある人は寄付を」「必要な人はお金を持っていって」

お金にまつわる価値観は人によって全く違う。「出来るだけ節約して、恵まれない人に寄付をする」人がいる一方で、「稼ぎまくったお金は、全部自分のモノ」だという人だっている。さて、お金に関して、あなたはどのようなタイプだろうか?

そんな人と金の奥深い関係の一端を垣間見ることができる実験が、アメリカで行われた。駅構内に「無数のお金が貼られたボード」が出現し、そこには「余裕がある人は寄付を」「必要な人は、お金を持って行って」と書かれていたのである。むき出しのお金を前に、人々はどのような行動をとったのだろうか? 動画『Give What You Can, Take What You Need』でチェックだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3