「映画」カテゴリーの記事

2012年公開予定『バットマン』のポスター登場! 白黒でカッコイイぞ!

2012年7月20日に公開予定のバットマンのシリーズ最終章『The Dark Knight Rises』(原題)。公開までにはまだ1年もあるのだが、7月12日にポスターが公開された。ポスターには、荒廃したビルの向こうに、バットマンのマークが浮かび上がっている。ほぼモノクロで刺激的とは言えないのだが、同シリーズに漂う緊張感と力強さが伝わってくるのである。

続きを全部読む

チンパンジーに自動小銃を持たせたらブッ放しやがった!

7月6日にYoutubeに公開された1本の動画が、海外のインターネットユーザーの間で話題を呼んでいる。それは、2009年11月8日に撮影された、西アフリカの兵士を撮影した映像だ。兵士たちは、近付いてきたチンパンジーにふざけて自動小銃AK-47を手渡すのだが、なんとこのチンパンジーが引き金を引いてしまうのである

続きを全部読む

ギャング同士のケンカが迎えた意外な結末! 最後は思わず失笑

ギャング同士がお互いプライドをかけてケンカをしている。赤いTシャツの男性と緑のTシャツの男性は、素手で殴り合いをしているのだが、緑の男性が武器を持ち出した。これに対抗して赤い男性も武器を取ることに。2人の果たし合いはどうなってしまうのか? 最後はなぜか、見ていて失笑してしまうような結末を迎えるのである。

続きを全部読む

バルト海の海底で謎の円形物体発見! ファルコン号にそっくりと話題

スウェーデンのトレジャー・ハンターが、バルト海の海底で謎の円形の物体を発見した。この物体は直径60メートルあると見られ、巨大な船舶ではないかと推測されている。しかしながら、そのすぐそばには、300メートルも引き摺ったような跡も発見されており、海外のインターネットユーザーの間で、さまざまな憶測が飛び交っている。一部からは映画『スターウォーズ』に登場した「ミレニアム・ファルコン号」にそっくりとの声も上がっており、注目を集めている。

続きを全部読む

トランスフォーマー3に使い回し疑惑浮上! 別映画のシーンが完全一致

間もなく公開予定の映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に、とんでもない疑惑が浮上した。その疑惑とは、シーンの使い回しだ。マイケル・ベイ監督の以前の作品『アイランド』(2005年公開)のシーンが、報告されているだけでも2箇所も登場しており、海外のインターネットユーザーの間で物議をかもしている。

続きを全部読む

校長先生が仮装した「アイアンマン」が秀逸すぎる

以前ロケットニュース24で、映画『アイアンマン』に憧れてアイアンマン・スーツを自作した中国の男性についてご紹介した。彼は、重たいスーツを身につけ汗だくになりながら、毎日会社に通っている。その彼を上回るようなファンが台湾に存在した。その人物は学校の校長先生で、生徒が制作した赤いアイアンマン・スーツを着用し、なんと卒業式で披露したという。

続きを全部読む

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら』という書籍や映画が人気を博していますが、もし高校野球の女子マネージャーがAKB48の秋元康だったら、どのような展開になるのでしょうか?

続きを全部読む

今日6月24日は「UFOの記念日」、全世界でヒットした超大作もいよいよ公開!

突然だが、みなさんは今日6月24日が何の日だかご存知だろうか? 実は今日は「UFOの記念日」。世界中のUFOマニアが一斉にUFO観測を行う日なのである。

では一体、なぜUFO記念日なのだろうか? その答えは今から64年前の1947年の今日6月24日に、アメリカで初めてUFOが目撃されたからである。

続きを全部読む

映画『ソーシャルネットワーク』の脚本を書いたアーロン・ソーキンと、主人公マーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグがfacebookを退会し、注目を浴びている。米国メディア、Forbesが報じた。

同メディアによれば、22日に行われた、CANNES LIONS INTERNATIONAL FESTIVAL OF CREATIVITY(カンヌ国際クリエイティビティフェスティバル)において、アーロン・ソーキンは「玄関に座って子供たちに大声をあげる老人のように、ソーシャルメディアに対して言いたいことが山ほどある」と述べ、続けて、「Twitterも嫌いだ。もちろん、リアルタイムなのは認めるが、そこに深みがない。人生はそう単純ではない」と付け加えた。

続きを全部読む

スターウォーズのゲーム動画がカッコ良すぎる / 感極まり涙ぐむ人も

大盛況に終わった世界最大のゲーム見本市E3。任天堂のWiiUや、SCEのPIVITAなどの新ハードにも注目が集まったが、満を持して各社が発表した新作ソフトの体験デモプレイにも長蛇の列が。みな、真剣なまなざしでプレイしていた。

しかし、体験デモプレイではなく、単なるトレーラー(デモムービー)の上映だけで拍手喝采の大盛り上がり状態になっていたゲームが存在する。EA(エレクトロニック・アーツ)ブースで上映された、『Star Wars : The Old Republic』のトレーラーである。

続きを全部読む

毎日アイアンマンスーツで出勤する男 / 汗でびちょびちょ

映画「アイアンマン」に憧れるひとりの中国人男性が話題を呼んでいる。彼は映画に心酔するあまり、アイアンマンスーツを自作してしまったのだ。しかもそれを着て毎日仕事に出かけているという。総重量は約50キロ! ひとりで着ることができないらしく、手伝ってもらっているという。彼の「アイアンマン」に対するファン精神は、あらゆる苦労を物ともしないようだ。

続きを全部読む

中国ノキアのトランスフォーマーが手作り感アリアリな件 / でも一応トランスフォームするぞ

中国ノキアが香港で、最新版「x7」を発表会を行った。会場には、映画『トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン』のプロモーションを兼ねて、同作の登場キャラクターのオプティマス・プライムとスタースクリームが姿を現した。

最新携帯電話と最新映画の強力タッグで、注目が集まったのだが、現れた2人のキャラがお粗末だったために、「不要だったのでは?」との声が上がっている。

続きを全部読む

「きかんしゃトーマス」実写化が決定、ポスターがカッコイイ!

フジテレビ系列の子ども向け番組「ポンキッキシリーズ」でお馴染みの「きかんしゃトーマス」が、実写映画化されることが決定した。監督を務めるのは、ダークファンタジー映画「9(ナイン)」で長編映画デビューを果たしたシェーン・アッカー監督だ。

映画の全貌は不明なのだが、先立って公開されたポスターを見る限りでは、大人も納得の見応えを感じさせている。

続きを全部読む

6月11日にロカルノ国際映画祭で、プレミアム上映を控えている松本人志監督の「さや侍」。彼の監督デビュー作である「大日本人」が、ハリウッドでリメイクされることが決定した。制作を予定しているのは米大手映画会社の「コロンビア・ピクチャーズ」である。すでにプロデューサー・脚本家も決定しており、制作に向けての準備が進められているとのことだ。

このニュースにインターネットユーザーからは、「ビッグアメリカンとかになるのかな?」、「ひとしがんばれ」などの意見が寄せられている。

続きを全部読む

ジョージ・クルーニーの代表作10選

5月6日に誕生日を迎え50歳になった世界的俳優のジョージ・クルーニー。彼の代表作を挙げれば、キリがないのだが、そのなかでも厳選した10作品をご紹介しよう。

この10作はエンターテイメント情報を伝える「AOL moviefone」に掲載されているものだ。いずれも名作揃いで、彼の足跡がいかに偉大なものであったかが、伺いしれるだろう。

続きを全部読む

これであなたもレイア姫、ぐるぐる髪の毛付きのヘッドフォン

映画「スターウォーズ」の主要人物の1人、レイア姫(レイア・オーガナ)。彼女の髪型は非常に特徴的なもので、耳のところで髪をぐるぐる巻きにしているのだが、そのレイア姫そっくりになれるヘッドフォンが話題を呼んでいる。このヘッドフォンは、とある女性が考案したもので、彼女はこれを商品化するべきか、考えているそうだ。

続きを全部読む

映画の制作会社ソニーピクチャーズが、5月のはじめに殺害されたウサマ・ビンラディン容疑者の急襲作戦を、映画化すると発表した。すでに監督キャサリン ・ビゲロー氏、プロデューサーにマーク ・ボール氏を起用することが決定している。

続きを全部読む

動物たちにライトセーバーを持たせた超ド迫力写真

映画「スターウォーズ」に登場する、刀剣型の武器「ライトセーバー」。映画に憧れて、棒切れを振り回していたという男性も多いかもしれない。このライトセーバーを動物たちに持たせると、とても迫力のある画像になるのである。

続きを全部読む

ディズニーヒロインをファイターにするとこうなる / セクシーマッスル白雪姫など

透き通るほどの純粋さと、ドキドキするような妖艶さ、そして文句のつけようのない美しさををあわせ持ったディズニー作品のヒロインたち。まさに理想の女性像だ。

しかし、そんなディズニーヒロインが、男勝りのファイターだったとしたら……。それを実現させたのが、イラスト「Disney Fighterシリーズ」である。

続きを全部読む

カッコよすぎ! デロリアンとナイトライダーキットなどが合体した車

映画『バックトゥザフューチャー』のデロリアンに、憧れを頂いていた人は多いのではないだろうか。では、ナイトライダーのキットはいがかだろうか? 映画『ゴーストバスターズ』のECT1は? いずれも魅力的なのだが、もしもこれが1台の車だったなら……。

その夢を実現してしまった人物がいる。彼によれば、この車は「タイムトラベルできて、幽霊退治でき、さらに次元の壁を飛び越えることができる」というのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 61
  4. 62
  5. 63
  6. 64
  7. 65
  8. 66
  9. 67
  10. 68