「コラム」カテゴリーの記事

中継を開始してようやく2カ月が経過しました。振り返ると「まだたったの2カ月なのか」と思うほど、長い時間が経っているようにも感じます。木曜日以外、日常のすべて明かすようになってから、私の生活は以前とはまるで違うものとなりました。出先から帰ってきたときに、「ただいま」を聞いてくれる猫たちがいて、中継の向こう側には、「おかえり」とコメントで呼びかけてくれる視聴者の方々がいます。寝起きにはニャーとエサの催促をする猫たち、そして「おはよう」と声をかけてくれる皆さんがいるのでした。一人でありながら、一人暮らしではないような生活が続いているのでした。

続きを全部読む

さぁ、これからお金の話をしよう。前回は、紙幣が金(きん)の引換券から、ただの紙切れになったというお話をした。今回は、米ドルが紙切れになった日の話しをしよう。

・米ドルが本当の紙切れになった日
世界で唯一、金(きん)の引換券だった米ドルだが、1971年8月15日のニクソン大統領の突然の発表により、金との引換えが停止された。

この瞬間、世界のお金は金の裏付けを失い、単なる紙切れになったのだった。この計画は米国議会にも報告されておらず、誰にとってもあまりに突然だった。世界の人々は、米国の金の交換停止を「ニクソンショック」と名付けたのだ。

続きを全部読む

先日、「2011年カレンダープレゼント」をお伝えした佐藤記者が配信しているUstreamの猫中継『佐藤の部屋』。配信開始から約2カ月を経て、合計視聴者数は984万回(12月21日現在)にも及び、間もなく1000万回に届くほどの人気ぶりです。15名様へのプレゼントにも多数ご応募頂き、国内だけでなく海外からもお問い合わせを頂きました。誠にありがとうございます。ロケットニュース編集部で厳正なる抽選を行った結果について、お伝えさせて頂きたいと思います。

続きを全部読む

現在、テレビ朝日系列で放送されている「アメトーーク」の“じゃないほう芸人”など、普段、あまり目立っていないほうの芸人が、最近は話題になってきているよう・・・。そこで自分が街を歩いていて、見かけても気づかないと思う芸人は誰ですか?というアンケートを行なってみた。

結果はご覧の通り・・・

続きを全部読む

木曜日以外は、Ustreamで昼夜を問わず猫たちの様子を中継しているのですが、配信のためにいろいろな工夫を施しています。今回はちょっと猫たちの話題を離れて、その工夫について、お伝えしましょう。

続きを全部読む

タイ、バンコク。中華街の果てに、アキバの柔らかい部分だけ抽出したサパーンレックという場所があるが、そのサパーンレックからわずか二百メートルほど歩いたところに、まるで昭和のアキバを煮詰めたような、コチコチに硬派な一帯が広がっていることはあまり知られていない。人はこの界隈を「バンモー」と呼ぶ……。

畳二枚ほどの小さな半導体ショップがぎっしり詰まった電子の殿堂「バンモープラザ」を中心に広がる、半径百メートルほどのトワイライト・ゾーンは、アキバのパーツ街に匹敵する規模を誇り、周辺国からも多くのバイヤーが訪れる。

スピーカー店、数百種類のリモコンをストックするリモコン店、工具店など、至る所、底なしに地味な専門店ばかりで、女・子供をはじめ、チャラチャラした若者を見ることはあまりない。

続きを全部読む

世界中の人々に愛されているスペースオペラ作品「スター・ウォーズ」。美しい映像や、壮大なシナリオも見どころではあるが、映画を見終わった後も耳から離れない「サウンドエフェクト」もスターウォーズの特長の一つだ。

そこで、海外サイト「supertremendous.com」で取り上げられていた「スター・ウォーズの素晴らしいサウンドエフェクトBEST10」をご紹介しよう。

続きを全部読む

12月14日放送の『お願い!ランキング』のワンコーナー「ブラマヨとゆかいな仲間たち」では、ゲストとして笑い飯とウーマンラッシュアワーが登場。M-1が近づいてきた時期ということもあり、M-1注目芸人として彼らに白羽の矢が立った。

笑い飯は、今年もM-1予選を勝ち抜いて、9年連続の決勝進出を決めている実力派漫才師である。だが、その知名度とは裏腹に、全国ネットのテレビ番組に顔を出す機会はそれほど多くはない。それは恐らく、彼らがいずれも堂々と真顔でボケを放つひょうひょうとした芸風の持ち主であるため、集団トークが主流のバラエティに馴染まないからだ。

この日も、「(笑い飯は)厳しそうに見えて、実は後輩に優しい」という話をウーマンラッシュアワーの村本が切り出したところ、その話題に乗っかるようにして笑い飯・哲夫がこんな話を切り出した。

続きを全部読む

ハイテク大好き2児の父です。

廃品をいかにして便利に使うかをご紹介するこのコーナー。その名も『おやじの知恵袋』! 記念すべき第一回は、CD-RやDVD-Rなどの50枚入りを買ったときに付いてくる「スピンドルケース」の使い道について考えてみたいと思いますぞ。

今回私が海外サイトから見つけてきた使い道は、まさしく今すぐ使える即戦力。やることは透明の上ブタに、2つの穴(溝)を空けるだけ。この穴に電源コードを通して、グチャグチャになりがちな配線ケーブルをスッキリ収納するのであります!

続きを全部読む

【魁!!アプリ塾】第1回:ストリーキングとなりサッカーの試合をぶち壊す!『Super Streaker』

現在、アップルストアから提供されているiPhone&iPad用のアプリは30万本を突破中。まさに星の数ほどのアプリが存在していると言っても過言ではなく、誰もが知っている一等星クラスの良質アプリもあれば、ハッブル宇宙望遠鏡でも観測するのは難しい、誰も知らない(知らないほうが良い)ようなクソアプリも数多く存在する……ということで!

良質アプリから地獄のクソゲーまで、ひいき目なしに「これは!」と思う一本をオススメするコーナー「魁!!アプリ塾」。記念すべき第1回は、知っている人は知っている、サッカーゲーム(?)の名作『Super Streaker』をご紹介したい。

続きを全部読む

最近、芸能人になりすましてブログやツィッターをやっている人が急増して、ちょっとした騒動になっている。こういった「なりすまし」は、損害賠償を求められる可能性もあるため、絶対にやってはいけないことだが、もしも、1日芸能人になりすますことが許されるとしたら…と考えると、想像するだけで楽しくなってくる。

そこで、「1日なりすましてみたい芸能人は誰ですか?」というアンケートを行なってみた。
結果はご覧の通り・・・

続きを全部読む

さぁ、これからお金の話をしよう。前回は「日本銀行がなぜ民間企業という形態をとっているのか?」という話をした。今回は、それがどのように変わったかという話をしたい。

前回は、もともと紙幣とは金(きん)の引換券であったという話をした。しかし、これには大きな欠点があったのだ。なぜなら、世界に存在する金の量は決まっており、それ以上にお金の量を増やせなかったのである。そして、これが発展を抑制してしている部分でもあった。

続きを全部読む

まるで本物の偽札(?)に見えるこの通貨、その名も「湯路(ユーロ)」。大分県の別府温泉だけで通用する地域通貨だ。発行元はもちろんEU? いや、「イー湯~(「安心・本物の町の湯共同体」の通称名)」。管理者は、地元の団体「別府八湯アチチ探検隊」が運営する「アチチ中央銀行」。すばらしいネーミングセンスだ。

それだけではない。カクサナイ社会を目指すべくニューヨーク宣言が誓われたり、大量発行の際に「流通促進政策 = アフレ(溢れ)ターゲット政策」が謳われたりもした。今年の3月には緊急経済対策として「定額給付湯路」も発行された。路地裏エリアの活性化にと始められ た活動だというが、なんとも元気で遊び心いっぱいの試みである。

続きを全部読む

普段は仲良く一緒に眠ってる猫たちですが、実際は複雑な関係にあるようです。血統もいくつか分かれているようで、一度ケンカを始めると、どちらかが部屋を出て行くまで止めないこともあり、暴れ出すと手のつけようがありません。今回は猫たちの関係についてお伝えしましょう。

続きを全部読む

こんにゃくといえば、ねずみ色や透けるような白が思い浮かぶ。
しかし、滋賀県近江八幡に住む人々にとっては、こんにゃくと言えば赤!冠婚葬祭から普段使いまで、インパクトのある真っ赤なこんにゃくが、昔から親しまれている。通称『赤こん』だ。

続きを全部読む

アジアの裏路地にひろがる深淵を検証すべく、世界を旅して15年。

突然ですが、今回はプノンペンの中華系スーパーで入手した台湾・中国それぞれのカップラーメンを食べ比べてみたい。

偶然だが、対戦するのはどちらも「和風」をイメージした商品。あらかじめ不公平のないよう、同価格帯 (双方100円弱)のものをチョイスしてます。意外に高いね!

続きを全部読む

有名人のスゴい噂は、不定期に有名人の信じられないような噂を取り上げるコーナー。

今回は、前回お伝えした「細木数子さんや小沢一郎さんらにシスの暗黒卿ではないかとの噂」の話に信憑性を持たせる事ができる、より詳しい情報をある情報通から再度伺う事が出来たので、それをお伝えしよう。

民主党議員の三宅雪子さんが委員会で転倒し、全治三週間の怪我により包帯をグルグル巻きにした姿で国会に出席した事件は記憶に新しい。転倒した理由については、三宅さんの自作自演や、自民党の甘利明議員が手で押したなどの説があるが、本当の理由は現在不明である。

しかし、その理由について新しい説が出てきた。三宅さんが転倒した時の委員会では、国家公務員法改正案の強行採決に反対し、与党と野党の間で騒動が起きてもおかしくない、非常に騒然とした状態だった。

続きを全部読む

12月4日、NHK教育で放送された2時間特番『ETVワイド 笑っていいかも!?』は、いろんな意味で衝撃的な内容だった。「史上初の障害者バラエティ」と銘打たれたこの番組では、障害者自身が主役になって、運動会で真剣にはしゃいだり、どっきり企画で芸人を罠にはめたりしていた。これまでのテレビでは、「障害者」を単に「かわいそうな人」として扱ってきた。そうではない大胆な切り口で彼らの新たな一面を切り取ってみせたのは、この番組の大きな特色だった。

中でも最もインパクトが強かったのは、障害者のお笑いパフォーマーが芸を競う「SHOW-1グランプリ」。聴覚障害など、さまざまなハンディキャップを抱えたパフォーマーたちが、不器用ながらもしっかりした漫才やコントを披露していた。

ここで見事優勝に輝いたのは、周佐則雄、DAIGOのコンビ「脳性マヒブラザーズ」。脳性まひである二人が、自分たちの障害をそのままネタに生かすという大胆不敵な試みを行っていた。健常者が演じたなら、差別的だと言われてもおかしくない危険なネタだが、本人が堂々と演じる分には文句のつけようがない。ゲストのカンニング竹山は、彼らのネタを見てあきれたようにこんな感想を漏らした。

「同じ芸人の立場から言わせてもらうと、お前ら汚ねぇよ!」

続きを全部読む

大阪府南部に位置する大阪狭山市のシンボルともいえる狭山池は、いざそのほとりに立つととても大きいのが実感できる。しかも、7世紀の初めごろに誕生した日本最古のダム式貯め池として知られる。

そもそも7世紀の初めといえば、飛鳥時代にあたり、推古天皇や聖徳太子らが活躍していた時代にさかのぼる。それから1400年間、狭山池はさまざまな歴史を刻んできた。さらに最近、世界遺産登録を目指して動き出したという。

続きを全部読む

有名人のスゴい噂は、不定期に有名人の信じられないような噂を取り上げるコーナー。

第一回となる今回は、まさに「信じられない!」という方がほぼ100%であろう、物凄い噂をお伝えしよう。

皆さんは映画『スター・ウォーズ』シリーズをご存じだろうか。『インディ・ジョーンズ』シリーズなどの世界的大ヒットシリーズの製作で知られる名監督、ジョージ・ルーカス氏の名作SF映画である。

その中で登場する、エピソード4~6の主人公ルーク・スカイウォーカーたち「ジェダイの騎士」や反乱同盟軍と対立する銀河帝国のボス「シスの暗黒卿」が実在し、芸能界や政財界で暗躍しているというのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 122
  4. 123
  5. 124
  6. 125
  7. 126
  8. 127
  9. 128
  10. 129
  11. 130
  12. 131