「レイちゃん」にまつわる記事

レイらん(レイちゃん)が登場している記事の一覧表だよ〜。ブックマークしとくと大吉かも☆

【100均検証】プロのメイクさんに「ダイソーのコスメだけで女装メイクして!」とお願いしたらこうなった! (メイクの解説付き動画あり)

種類豊富なメイク道具がダイソーに売られているのは知っている。そこそこ評判が良いのも知っているが、いかんせん自分でメイクをすることがない41歳のオッサンが故(ゆえ)、いまいちそれらの実力がわからない。

ということで今回は……!!

ふだん私が女装する時にお世話になっている女装メイクサロンRAAR(ラール)さんに、「ダイソーのコスメだけで女装メイクして!」とお願いすると共に、ダイソーコスメの印象なども聞いてみた。はたして結果は……!?

続きを全部読む

通称「女優ライト」ことLEDリングライトの効果はどうなのか? 使ってみたら一目瞭然! もうこれナシじゃ自撮りできぬ〜!!

もっと光を! もっと光を〜っ!! 女装した私(羽鳥 / レイちゃん)は、光がないと生きてはゆけぬ。全力で顔面に光を当てて、シワをはじめとした “見られたくないところ” をブッ飛ばしまくる。近頃は自撮りアプリの力を借りたりもするが、基本は「光」の力で乗り越えている。

そんな私が、“no光(のーひかり)” の状態で自撮り生配信をしていたところ、視聴者から「女優ライトを使ってみては?」との提案が。なによそれっ!? もしかして、輪っかのアレ? ソレを使えば、もっともっと……てな感じで、光の速さでポチ!! そして商品が届いて……

続きを全部読む

【2021年福袋特集】毎年期待のMOUSSY(マウジー)福袋、今年は “神” になれたのか!?

私がアパレル系の福袋に期待しているのは、ずばり “意外性” である。「え〜、なんなのコレ!?」と思いたいし、「どうやって着れば良いのかわからん……」と困りたい。そんな驚きと経験を1万円程度で買いたいのだ。

その点、アパレルブランド「MOUSSY(マウジー)」の福袋は神だった。なお、当サイトではMOUSSYのことを親しみを込めて「モウシー」と呼ぶことにしているが、その理由は伝説の2019年版福袋記事を参照のこと。

商品セレクト、思い切りの良さ、すべてにおいて2019年は神だった。翌2020年も、ある意味では神だったと言えよう。気になる今年は……!?

続きを全部読む

時代を反映した商品を福袋に入れてくる「mystic(ミスティック)」ってスゴいなぁ…って素直に思った / 2021年福袋特集

ミスティックってブランドが好き。いつも福袋でワクワクさせてくれるから好き。2019年も買ったし、2020年も買った。もちろん今年も買いました。ミスティックしか勝たん、なんて思いながら。

もうね、袋の時点で「さすが」としか言いようのないミスティック感。見た目からしてワクワクする。だって、極端に小さいんだもん。でかいキンチャク袋かってくらい。

とにかく、ワクワクしながら開けてみた。そしたら……

続きを全部読む

【2021福袋】Lily Brown(リリーブラウン)福袋の中身はスタイルが良く見える服ばかり! ただし男性は要注意

まさに「優等生」といった福袋だ。何って、Lily Brown(リリーブラウン)の福袋である。

価格は税込1万1000円。中には5つの商品が入っていたのだが、これが非常にマトモかつ実用的。スタイルがよく見える服装ばかりだし、非の打ち所がない完璧なセレクトだったのである。ただし、男性(女装家)は要注意。その理由は……

続きを全部読む

41歳の女装おじさんがmerry jenny(メリージェニー)の2021年福袋で全身コーデしたらヤバイことになった

やってしまった……。失敗した……。知らなかったんだ……。merry jenny(メリージェニー)ってブランドのこと、恥ずかしながら1ミリも知らなかったんだ……。メリージェニーに罪はない。ただ、せめてググって調べておくべきだった。

きらきら光る街、ふわふわ揺れるスカート。どきどき高まる音楽に、お気に入りのリップを添えて。”おとな” でもなく、”こども” でもない、どんな時もこれがわたしたち。

……だなんて公式サイトの説明文に書いてあるのを先に知ってたら、きっと福袋もポチっていなかった。”おとな” でもなく、”こども”でもないという服を、“41歳” の “おっさん” が入手してしまったのは偶然か、事故か、それとも宿命か。

それにしてもメリージェニーの福袋ってやつは……

続きを全部読む

意外すぎるモノが3連発で入っていたMERCURYDUO(マーキュリーデュオ)の2021年福袋に困惑するも、結果的にはお釣りがくるほど大満足!!

女性向けアパレルブランドの名前をググって出てくる説明文が好きだ。ほとんどのブランドが “欲張りな提案” をしているのだが、中でも最強レベルなのがMERCURYDUO(マーキュリーデュオ)であろう。引用すると、

今も昔も変わらず好きなモノと新しいSTYLEをMIXする女性らしさを忘れない都会的だけど抜け感のある大人の新しいElegance Styleを提案します。

……そこはかとなくお笑いコンビ「かまいたち」のギャグっぽい、実に気持ち悪い文章だが、私はそんなマーキュリーデュオが大好きだ! 2018年2020年の福袋を嗜むほどのファンであり、もちろん今年もネットで注文。価格はチョイ高の税込1万7600円だったが、いざ開封してみると……

続きを全部読む

【最高か!】Ungrid(アングリッド)の福袋が完璧すぎてグゥの音も出ず! 中には総額5万8300円相当の商品が / 2021福袋特集

着る系の福袋というものは、おかしなモノが入っている方が楽しくなる。「なんだよコレ!」と突っ込みながら着ては笑い、記事にしては読者の皆さんも笑ってくれる。それゆえ、ついつい「異物」の混入を期待している私がいる。

しかし!

今回購入した『Ungrid(アングリッド)』の福袋(税込1万6500円)に関しては、一切の笑いが起きなかった。つまるところ完璧であり、男の私でさえ「これ、いいな……」と思ってしまうほどの商品が入っていたのだ。いいや、入っていたというより……

続きを全部読む

開封した瞬間に「チョイス失敗した!」と思ったMISCH MASCH(ミッシュマッシュ)の福袋で、新たな自分を発見できた / 2021年福袋特集

あえて “何も知らないブランド” の福袋を買ってみるのも一興だ。なぜならかなりの確率で、新たな自分を発見できたりするからである。

今回私がセレクトした『ミッシュマッシュ(MISCH MASCH)』も、実は1ミリも知らないブランドだった。でも、新たな扉を開けるため、勇気を出して通販サイトで買ってみたのだ。価格は税抜き1万円。そして届いた袋を見た時、正直「ムム?」と思ったけれど、いざ開封してみたら……

続きを全部読む

【福袋2021】生まれて初めて『dazzlin(ダズリン)』に手を出したら振れ幅が大きすぎて自分を見失いかけたの巻

ファッション系の福袋とは “旅” である。今まで全く知らなかったブランドの世界に、1万円程度で気軽にトリップできるのが最大の魅力であると思うのだ。そんな気持ちで私が今回初挑戦したブランドは『dazzlin (ダズリン)』。さっそくブランド名をググってみると──

程よいHealthyさとチャーミングな抜け感にdazzlin独自のsweetさとcasualさをプラスした大人可愛いリアルクローズを提案。

──と書いてあるが、正直ぶっちゃけ意味不明。Healthyでsweetでcasualな大人可愛いリアルクローズ……って、どんなのよ? 欲張りすぎんだろ! てな感じで、さっそく1万円(税抜)のdazzlin福袋をopenしてみると……

続きを全部読む

【激安】しまむらの「大人め正解コーデ」が良さげだったのでマネキン買いしてみたら価格込みで大正解!

少し前、福袋関係なしに『しまむら』の店内をパトロールしていたところ、アラいいじゃない……と思える一式を店内マネキンが着用していた。傍(かたわら)のポップをよく見ると、「近藤千尋が着る 大人め正解コーデ」であるという。しまむらの言う正解コーデ……果たして本当に正解なの?

その真偽を確かめるべく、私はすぐさま店員さんを呼び、マネキンを指差し「これぜんぶください」とオーダーした。もしも実際に着用して不正解だったらタダじゃおかないよ……。そしてレジで会計を済ますと、なんと合計金額……

続きを全部読む

【代打4コマ】第71回「どうしても渡せなかったモノ」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【2020年福袋特集】一体何があったのか!? 想像を絶する不可解な服が「mystic(ミスティック)」の福袋に入っていた!

あまりにも不可解すぎる。一体何があったというのだ、2020年の「mystic(ミスティック)」に……。

昨年のミスティック福袋は極めて真面目な優等生。タイトなシルエット&大人びたデザインが素晴らしく、今年も買おうと前々から決めていた。そして購入。価格は税込1万1000円。しかし、何か違和感があった……。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】アジア系のカワイイ系が神戸系ブランド「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」の福袋で全身コーデした結果…

突然だけど、あなたは何系? ギャル系? 清楚系? それともオラオラ系? よくタイ人やベトナム人に間違えられる私は、おそらくきっとアジア系。でも目指しているのはカワイイ系だから、アジア系のカワイイ系だと思ってる。

ということで今回お伝えしたいのは、大人の女性系というか、お嬢様系というか、神戸系エレガントファッションブランド「マーキュリーデュオ」の福袋で全身コーデしてみる系ね。さっそく開封〜٩( ‘ω’ )و

続きを全部読む

【2020年福袋特集】史上最強に黒くて細い「EMODA(エモダ)」の福袋に四苦八苦! あまりの難易度に「おまえ誰だよ」ってヤツが召喚された

うかつに手を出すべきではなかった。何のことかって「EMODA(エモダ)」の1万円福袋(税込1万1000円)のことである。

スタッフのお姉さんや、お店の佇まいからして「過去最高級のギャル度だな……」とは身構えていたが、まさかここまで難易度が高いとは思わなかった。はっきり言って、甘く見ていた。開封すると……

続きを全部読む

【2020年福袋特集】すべてにおいて圧倒的!! もしかしたらMOUSSY(マウジー)は、レディース福袋界の「真の神」になったのかもしれない……!!

私の考える「レディース福袋界」の “ヤバイものが入っている2大神” といえば、フォーエバー21と、ごく一部の間では親しみを込めて「モウシー」と呼ばれているMOUSSY(マウジー)であった。(※以下モウシー

しかし昨年、フォーエバー21は惜しまれつつ閉店。となると今年は、昨年の福袋に「神的な衣服」を容赦なく混入していたモウシー頼み……と期待していたのだが、もしかしたらモウシーは、真の意味で神になったのかもしれない。今年のモウシーはひと味もふた味も違った。圧倒的だった!!

続きを全部読む

【2020年福袋特集】ギャル系ブランド『EGOIST(エゴイスト)』の福袋を2年ぶりに着てみたら、エゴイストすぎる仕打ちに大ショック!!

ギャル系ブームを作ったブランドのひとつと言えば、かつて渋谷109で伝説的な人気を誇った『EGOIST(エゴイスト)』である。そのスタイルはラグジュアリー&グラマラスかと思えば、クラシカルでフェティッシュでもありつつ、セクシーでもあるという。エゴイストすぎるだろ。

そんなエゴイストの1万円福袋(1万1000円)を2年ぶりに買ってみたところ、以前のエゴイスト福袋よりもさらにエゴイストな内容になっていたのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】「5万5000円相当」の声に釣られて、読み方すら知らなかった「YECCA VECCA(イェッカヴェッカ)」の1万円福袋を買ってみた

恥ずかしながら、YECCA VECCA(イェッカヴェッカ)なんてブランド、知らなかった。正直言うと、売り場のお姉さんが叫んでいた「5万5000円相当の商品が入ってま〜す!!」の言葉に釣られて購入したに過ぎない。

購入後も、まだ私はYECCA VECCAの読み方すら理解しておらず、田舎の掛け声みたいに「イエサー・ベエサー」と心の中で読んでいた。そんな状態で、税抜き1万円(税込1万1000円)の福袋を開封──

続きを全部読む

【価格も神】GU(ジーユー)に飾られていたマネキンの服に一目惚れ! そのまま買って着てみたら神だった

安いしオシャレだし神対応! それが私の中でのGU評。神! まさに神!! 何がどう神だったのかは、以前に書いた「1万円コーデ記事」を見て欲しいんだけど、実はもう一着、どうしても欲しいセットがあったんだァ〜。

それこそが、店内に飾られていたマネキンが着ていた上下一式。フワフワ可愛らしくも、足元はビシっとカッコイイ! 肩も出てるし涼しそう〜\(^O^)/ ……と、一目惚れしちゃったのね。つーことで揃えてみたの!

続きを全部読む

GU(ジーユー)で「1万円でレディースのコーディネートしてください」とお願いしたらスゴイことになった!! ここまで揃うとは……心の底から大感動!

最旬のファッショントレンドアイテムから定番のベーシックアイテムまで、幅広いファッションアイテムをお手ごろプライスで購入できるブランドといえば、ごぞんじユニクロ……ではなく「GU(ジーユー)」だ!

恥ずかしながら、私、今まで1度もGUを利用したことがなかったのだが、このたび、恒例企画「1万円コーディネート(レディース編)」をGUでトライしてみたところ……予想以上! 想像以上!! 私はもうGUに忠誠を誓いまーす!! というレベルで感動してしまったのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4