GO羽鳥 (Go Hatori)

編集長

東京都出身。漫画もイラスト記事もコラムも書けるオールマイティー型。見た目は完全にアジア人だが、多少のマー語(マサイ語)を操る日本人。趣味は料理で、調理師免許も所持。迷惑メール評論家でありつつ、100均評論家でもありつつ、アイドル「レイちゃん」でもありつつ、世を忍ぶ仮の名前はマミヤ狂四郎

「GO羽鳥」担当の記事

【100均検証】ダイソーの500円「ブルートゥースイヤホン(マグネット式)」は “買い” なのか?

私の中でのスマホ用イヤホンは、もう完全に無線の「ブルートゥース(Bluetooth)」なのである。線が付いているだなんて ありえない。アップルの「AirPods」ばんざーい! ばんざーい!! AirPodsに関しては、心の底から買ってヨカッタと思っている。今でもなお。使うたびに。

では、ダイソーの「ブルートゥースイヤホン(マグネット式)」はどうなのか? 価格は500円と安価だが、果たしてこれは “買い” なのか?

続きを全部読む

【100均検証】いろいろ100円ショップの縄跳びを使ってきたけど最強なのはダイソーのコレ

もしも「100円の縄跳びが欲しい〜!」という人がいたら、迷うことなくダイソーに行くことをオススメしたい。セリアとかキャンドゥではなくダイソーだ。なぜならば、最強の縄跳びが売っているからである。

私が推す最強の縄跳びとは、その名もズバリ「縄跳び」である。ロープの長さは2メートル80センチ。子供用ではなく「大人用」で、青とピンクの2種類がリリースされている。これが最強。ホントに最強。980円くらいの価値はある。

続きを全部読む

【100均検証】私はダイソーの500円「バーチャルリアリティVRゴーグル」に対して壮大な勘違いをしていた

早とちりをしていた。壮大なる勘違い。いないとは思うが、私と同じような失敗をする人が今後 続出しないためにも、何をミスったのか書いておきたい。モノはダイソーの「バーチャルリアリティVRゴーグル」である。

かの「PSVR」に「OculusGO」などのVR機器を愛用するほどのVR狂な私にとって、単なる「スマホ用VRゴーグル」なんてオモチャもいいとこ。しかし、この商品をひと目見た時、なぜか私は勝手な想像をしてしまったのである。

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーの新商品「ブルートゥーススピーカー(ポータブルタイプ)」が予想してたより良い感じ / USBメモリ&マイクロSDにも対応

ダイソーのBluetooth(ブルートゥース)スピーカーといえば、防滴加工が施された「ワイヤレスBluetoothスピーカー」が思い浮かぶ。後継機種「2」も発売されたが、思いのほかポンコツだったのも良い思い出だ。

そんななか、防滴ではない、ポータブルタイプのブルートゥーススピーカーが発売されていたので情報共有しておきたい。予想してたよりも良かったぞ!

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーに売っていたiPhone用の液晶保護フィルム(ガラス)を片っ端から使ってみたら、文句なしにスゴイやつが2つあった

知人より「ダイソーのiPhone用液晶保護フィルムがスゴイ」との情報を聞きつけた私は、すぐさま近所のダイソーへ。ところが……

どれじゃ〜い!!

そこには数十種類の液晶保護フィルムが陳列されており、どれも似たり寄ったり、どれがスゴイやつなのかサッパリわからん。ということで、私の使っている「iPhone11 Pro」とサイズの同じ「iPhoneXS」用の商品を片っ端から使ってみることにした。はたしてどれが「スゴイやつ」?

続きを全部読む

提供:ブリヂストンサイクル

最大航続距離130kmの電動クロスバイク「TB1e」で新宿から千葉の銚子を目指したら、メーカーすら想定外の結果になって関係者全員笑った

正直、とんでもないことが起きてしまったのだが、一切のウソ偽りなく、ありのままをお伝えしたい。

モノは2020年2月上旬から全国発売されるブリヂストンの最新電動クロスバイク『TB1e(ティービーワン e)』で、最大のウリは “1回の充電で走る最大航続距離が130km” であることだった。マジかよ。それ、相当な距離だぞ……。

となると我々がやることはたただひとつ。「本当に130km走れるのか、実際に130km目指して走ってみる」しかないだろう。そして、それをロングツーリング未経験の私(羽鳥 / 40歳)が実行した。そしたらなんと……というお話なのだが、先に結論から述べてしまいたい。

続きを全部読む

【100均検証】100円ショップに「ワイヤレス充電器」が売ってるとかスゴくない!? ただし価格は…

300円か500円だ。「な〜んだ」なんて思う人は、な〜んもわかっちゃいない。500円でも十分に安い! 300円なんて安すぎるって!! 何のことかって、100円ショップに売られていた「ワイヤレス充電器」のこと。

売っていたのはダイソーでもセリアでもキャンドゥでもなく、第4の100円ショップとして有名な「ワッツ(Watts)」である。ワッツって、大手3社では扱っていない珍しい商品が置かれていることがたまにあるのだが、まさにこの「ワイヤレス充電器」なんて その一例だろう。

続きを全部読む

【金運検証】鎌倉の銭洗弁財天で洗ったお札でシリーズ完結編 / 第818回「年末ジャンボ宝くじ」を100枚(3万円ぶん)買った結果

鎌倉の銭洗弁財天で洗ったお札でシリーズ、ついに完結。

これまで鎌倉の銭洗弁財天で洗ったお札でロト6ミニロト、そしてロト7スクラッチくじを購入してきたが、金額抜きにして当たったかハズれたかで言えば2勝2敗のイーブン。まさに “当たるも八卦当たらぬも八卦” 状態だ。

しかし、今回こそが本番だ! なにせ投入資金がケタ外れの3万円!! 鎌倉の銭洗弁財天で洗ったお札で、昨年2019年の11月20日〜12月21日まで発売されていた第818回「年末ジャンボ宝くじ(1枚300円)」を100枚購入したのである。

続きを全部読む

【金運検証】鎌倉の銭洗弁財天で洗ったお札でスクラッチくじを16枚買ったら中途半端に4枚当選した…

う〜む。どう結論付けるのが正しいのか。これまで、鎌倉の銭洗弁財天で洗ったお札でロト6ミニロト、そしてロト7を購入してきたが、当選したのはロト7のみ。もちろん収支はマイナスだ。しかし、金額抜きにして「当たった」という事実は見逃せない。

そんなこんなで今回は、1枚300円の「スクラッチくじ」を16枚(4800円ぶん)購入した。すると……これまた中途半端に4枚も当たってしまったのである。いったい何が起きたのか、詳しく説明すると……

続きを全部読む

【2020年福袋特集】なぜか編集部員みんなが全力スルーし、結局最後の最後まで誰も手を付けなかった悲しき福袋がこちらです

完全に正月を返上して毎年恒例の福袋企画に全力を注いでいた我らロケットニュース編集部。みんな本当によく頑張ってくれていた。

自分担当の福袋を書き終わるや、率先して「何かありますか?」と未担当(未開封)の福袋に名乗りを上げ、ひとつひとつ消化していってくれていた。まさに流行語大賞の「ONE TEAM(ワンチーム)」がそこにはあった。

ところが……

ひとつだけ、誰も手を付けなかった福袋がある。「残っているものありますか?」と聞かれるたびに「これあるよ!」とレコメンドしてきたのにもかかわらず、皆一様に「それは得意じゃないので遠慮しときます」と避けてきた福袋が存在するのだ。それこそが……

続きを全部読む

【2020年福袋特集】一体何があったのか!? 想像を絶する不可解な服が「mystic(ミスティック)」の福袋に入っていた!

あまりにも不可解すぎる。一体何があったというのだ、2020年の「mystic(ミスティック)」に……。

昨年のミスティック福袋は極めて真面目な優等生。タイトなシルエット&大人びたデザインが素晴らしく、今年も買おうと前々から決めていた。そして購入。価格は税込1万1000円。しかし、何か違和感があった……。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】アジア系のカワイイ系が神戸系ブランド「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」の福袋で全身コーデした結果…

突然だけど、あなたは何系? ギャル系? 清楚系? それともオラオラ系? よくタイ人やベトナム人に間違えられる私は、おそらくきっとアジア系。でも目指しているのはカワイイ系だから、アジア系のカワイイ系だと思ってる。

ということで今回お伝えしたいのは、大人の女性系というか、お嬢様系というか、神戸系エレガントファッションブランド「マーキュリーデュオ」の福袋で全身コーデしてみる系ね。さっそく開封〜٩( ‘ω’ )و

続きを全部読む

【2020年福袋特集】史上最強に黒くて細い「EMODA(エモダ)」の福袋に四苦八苦! あまりの難易度に「おまえ誰だよ」ってヤツが召喚された

うかつに手を出すべきではなかった。何のことかって「EMODA(エモダ)」の1万円福袋(税込1万1000円)のことである。

スタッフのお姉さんや、お店の佇まいからして「過去最高級のギャル度だな……」とは身構えていたが、まさかここまで難易度が高いとは思わなかった。はっきり言って、甘く見ていた。開封すると……

続きを全部読む

【2020年福袋特集】すべてにおいて圧倒的!! もしかしたらMOUSSY(マウジー)は、レディース福袋界の「真の神」になったのかもしれない……!!

私の考える「レディース福袋界」の “ヤバイものが入っている2大神” といえば、フォーエバー21と、ごく一部の間では親しみを込めて「モウシー」と呼ばれているMOUSSY(マウジー)であった。(※以下モウシー

しかし昨年、フォーエバー21は惜しまれつつ閉店。となると今年は、昨年の福袋に「神的な衣服」を容赦なく混入していたモウシー頼み……と期待していたのだが、もしかしたらモウシーは、真の意味で神になったのかもしれない。今年のモウシーはひと味もふた味も違った。圧倒的だった!!

続きを全部読む

【2020年福袋特集】ギャル系ブランド『EGOIST(エゴイスト)』の福袋を2年ぶりに着てみたら、エゴイストすぎる仕打ちに大ショック!!

ギャル系ブームを作ったブランドのひとつと言えば、かつて渋谷109で伝説的な人気を誇った『EGOIST(エゴイスト)』である。そのスタイルはラグジュアリー&グラマラスかと思えば、クラシカルでフェティッシュでもありつつ、セクシーでもあるという。エゴイストすぎるだろ。

そんなエゴイストの1万円福袋(1万1000円)を2年ぶりに買ってみたところ、以前のエゴイスト福袋よりもさらにエゴイストな内容になっていたのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】「5万5000円相当」の声に釣られて、読み方すら知らなかった「YECCA VECCA(イェッカヴェッカ)」の1万円福袋を買ってみた

恥ずかしながら、YECCA VECCA(イェッカヴェッカ)なんてブランド、知らなかった。正直言うと、売り場のお姉さんが叫んでいた「5万5000円相当の商品が入ってま〜す!!」の言葉に釣られて購入したに過ぎない。

購入後も、まだ私はYECCA VECCAの読み方すら理解しておらず、田舎の掛け声みたいに「イエサー・ベエサー」と心の中で読んでいた。そんな状態で、税抜き1万円(税込1万1000円)の福袋を開封──

続きを全部読む

【2020年福袋特集】TODAY’S SPECIAL(トゥデイズスペシャル)の福袋(5000円)に入っていた450円の乾物に感動

あまりにも突然だが、自分の中で「な〜んかオシャレそうなモノが売っているなァ〜と思う店」のベスト5にランクインしているのが、ライフスタイルショップ『TODAY’S SPECIAL(トゥデイズスペシャル)』だ。

食器に食品、衣服に雑貨……と様々なオシャレ商品が置いてある同店だが、なんと福袋も売っていた! 3000円と5000円の2種類あるうち、チョイスしたのは5000円のほう。一体何が入っているのだろう?

続きを全部読む

【2020年福袋特集】オシャレ100均『ナチュラルキッチン』福袋(1500円)の中身がマトモすぎて何もできなかった【100均検証】

実は内心、失敗したいと思っている。「なんだよこれ〜(笑)」と苦笑いするような、いわば “ハズレ商品” が入っていることを心のどこかで期待している自分がいる。そして、それで思い切りボケる。それが私にとっての福袋、ならびに100円グッズの楽しみ方だ。

ところが……!!

オシャレ100均こと『ナチュラルキッチン』の2020年福袋(1500円)を開封した結果、私は違う意味で「なんだよこれ〜(泣)」とつぶやいたのである。

続きを全部読む

【2020年福袋特集】早くも正月太りした状態でゼビオの1万円「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)福袋」を着たら少し絶望 / でも中身の価値は4万3000円相当!!

どうなっているんだ私の体重。74kgからダイエットを始めて、ついこの前まで67kgくらいだったのに、けさ測ったら70kgになっていた。まるで小学生低学年の算数の問題みたいだが、7kg痩せたと思ったら3kg増えていたのだ。実は密かに「正月には65kg」が目標だったのに……。

そんな減量に失敗したボクサーのような精神状態で、スポーツ用品店『スーパースポーツゼビオ』なんて行くもんじゃない。さらに、よりによってコンプレッション(圧着)ウェアで有名な「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)福袋」なんてチョイスするもんじゃない。

続きを全部読む

【2020】ロケットニュース24より新年のご挨拶 / 今年もよろしくお願い申し上げます

2020年、新年明けましておめでとうございます。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 105