「iPhone」にまつわる記事

スティーブ・ジョブズ氏をこよなく愛する皆さんに朗報だ! ジョブズ氏の魅力をふんだんに盛り込んだiPhoneアプリが登場した。その名も「Sir Steve Jobs」。彼に関するあらゆることが、これひとつで丸分かり、しかも無料。驚いたことに開発者はまだ14歳で、ジョブズ氏への最大の敬意を込めて、このアプリを開発したという。

続きを全部読む

アメリカ現地時間の3月2日、待望のiPad2が発表される。発表会では、現在体調不良で職務を離れているスティーブ・ジョブズ氏が姿をあらわすかどうかも注目されているのだが、そのiPadの発売を前に、早くもiPad3が年内に販売開始となる噂が流れているのだ。

続きを全部読む

幾度にわたる妨害行為によって日本の調査捕鯨を中断に追い込んだ反捕鯨団体シー・シェパード。鯨だけでは飽きたらず、今度は「地中海での日本向けクロマグロ漁を妨害する」と宣言するなど、過激な活動が止まる気配はない。

そんなシー・シェパードの活動をサポートするのが、支援者・支援団体からの多額の寄付。衣類メーカー「パタゴニア社」が同団体のスポンサーであることは有名だが、とある有料iPhoneアプリの収益が、そのまま全額シーシェパードに寄付されていることをご存知だろうか?

そのiPhoneアプリとは、スロットカーレーシングゲームの『SlotZ Racer』。2009年にリリースされた、600円の有料アプリである。開発は主に英ストレンジ・フレーバー社(Strange Flavour Ltd)、販売は米フリーバース社(Freeverse INC)が担当している。ゲーム自体は非常におもしろく、評価も高い作品だ。

しかし、同ゲームの紹介ページには、冒頭から……

続きを全部読む

今年は「電子書籍元年」と言われているのだが、それを疑いたくなるような、衝撃の事実が判明した。講談社が出版する漫画雑誌「モーニング・ツー」のAndroid版のダウンロード数が、41号が18部、42号が20部。2号合わせても50部にも満たないのだ。この事実を同誌のTwitter公式アカウントが、「内部資料を流出させます」として明かしているのである。

続きを全部読む

2月27日に開催が迫っている、3万人のランナーが参加する東京マラソン。今年で5回目となるこの大会は、日本最大規模の市民参加型マラソンで、国内は元より、海外でも注目を集めている。大会を目前に控え、参加予定の1人のランナーが海外で話題となっているのだ。その人物とは、ジョセフ・テイムさんだ。彼はUstreamで生中継をしながら、フルマラソンに挑戦しようとしているのである。その出で立ちは派手であるとともに、移動スタジオと呼んでも良いほどの凄まじい機能を備えている。

続きを全部読む

何コレ?こんな変な帽子かぶりたくないよ!……そう言わずお試しあれ。なんとこの「TV Hat」、帽子の中で映像が楽しめちゃうプライベート・シアターなのだ。

iPhone、iPodや手持ちのデジタルビデオプレイヤーに接続すれば、いつでもどこでも迫力ある映像が見られるという、「プライベート、ポータブル、ハンズフリー」が売りの商品。電源不要のため通勤通学やキャンプのお供にも、という触れ込みで売り出されている。

続きを全部読む

バイクのメーターをiPhone、もしくはiPod touchに交換できるすごい製品が登場した。その名も「ゲージ・フェイス」。これを使えば、速度、タコメーター、エンジン温度、ギア、それに方向指示灯の情報が画面に表示されるのである。

続きを全部読む

オカルト雑誌『ムー』のiPhoneアプリをミステリースポットで起動すると謎のイベントが発生

1979年(昭和54年)の創刊以来、変わらぬテンションと1ミリもブレない編集方針により不動の地位を築いている日本一の月刊オカルト雑誌『ムー』(学研パブリッシング刊)。特に熱烈なムー愛読者のことは「ムー民」と呼ばれており、あの鳩山由紀夫氏もムー民であることは有名である。

そんなムー民に朗報だ! なんとバレンタインの今日、2月14日。あの『ムー』が創刊30周年を記念してiPhoneアプリ(無料)をリリースしたのである。内容はムー編集部が厳選した関東のミステリースポットを紹介するというものだが、そこはムー、単なる場所紹介だけでは済まされない。

続きを全部読む

携帯電話が普及し始めた1980年代当時、機器は今よりもはるかに大きく、画面はカラーではなかった。レンガくらいのサイズで、ポケットのなかに入れるのにも苦労したほどだ。その当時を思い出させてくれるようなiPhoneケースが登場し話題を呼んでいる。

続きを全部読む

iPhoneとiPadの情報サイト「appsfire」がiPhoneユーザーに関する興味深い記事を公開している。同サイトが独自にアプリケーションの使用実態について調査したところ、ユーザーが1日にアプリを使用する時間は、平均で84分であることが判明したのだ。

続きを全部読む

中国でもiPhoneシリーズは人気スマートフォンの一つ。その人気に便乗しようと、数々のニセiPhoneが氾濫している。

先日、中国最大のオークションサイト「淘宝網(タオバオワン)」でiPhone5が出品されていた。ちなみに価格は7230元(約9万円)。iPhone4のタオバオにおける平均価格の6830元(約8万5000円)よりも少しだけ高いという絶妙な価格設定がなんともリアルだ。

しかしご存知の通り、本物のiPhone5は発売時期さえ発表されていない。これは一体……?

続きを全部読む

こんにちは。『iPhone 4』を購入するために『ソフトバンク表参道店』前に3泊4日で行列に並んだ佐藤です。結局、3泊4日もかけて並んだのにドコモの料金を支払っていなかったために『iPhone 4』を購入できなかった……。実は「ドコモからの乗り換えがダメなら新規で購入だ!」と思って申し込もうと思ったのだが、ここには書けない色々な理由で拒否され、手に入らなかったのだ(悲しくなるので詳しくは聞かないで欲しい)。

そんな私に、信じられないプレゼントが届いたので報告したい。そのプレゼントとは、『iPhone4』ソックリの手作り弁当だ。弁当を作ってくれたのは検索サイト『NAVER(ネイバー)』の美人広報担当として有名な金子智美さん

彼女は弁当を手作りで作ってくださったうえ、わざわざ私の自宅まで届けてくれたのである! ちょっと信じられない。これは何かのドッキリか? もしかするとこれは夢かもしれない。そう思って自分の顔面をパンチしてみたが、鼻の骨が折れたと思えるほど痛かった。これは現実なのだ!

続きを全部読む

『iPhone4』を購入するために『ソフトバンク表参道店』前に3泊4日で行列参加した佐藤です。3日も野外で生活していると、屋内の快適さがわかる。雨風の凌(しの)げるだけでも素晴らしい! 3日目の土砂降りはかなりキツくて精神的にまいった……。自分の家さえ楽園に感じられる。3日間でもっとも居心地の良かった場所をあげるとするならば、竹下通りにある『マックカフェ』だろう。店内のキレイさが疲れた心と身体を癒やしてくれた。

続きを全部読む

『iPhone4』を購入するために3泊4日で『ソフトバンク表参道店』前に行列参加していた佐藤です。発売前夜には顔面を白塗りにして『ソフトバンク犬』の格好をしていた。時差の関係で、日本は世界で最初に販売が開始されたわけだが、そのイベントを盛り上げたいと思って仮装をしていたのだ。一部で『キモイ』との声もあったようだが、あの姿は意外にも外国人の方々に好評だったのだ。

続きを全部読む

ソフトバンクモバイルは、昨日(2010年6月24日)、アップルの次世代スマートフォン『iPhone 4』を発売した。店頭での当日販売があるということで、3泊4日かけて並んだ人がいるほど、『iPhone 4』は発売前から大ヒットを予感させる端末だ。さて、その『iPhone 4』と同日に、別の会社からスマートフォンが発売されたのをご存じだろうか。

KDDIは2010年6月24日、個人向けとしてはau初のスマートフォン『IS02』を発売した。同日、auショップ池袋東口店で開催された発売セレモニーでは、KDDI代表取締役執行役員専務 田中孝司氏、KDDIコンシューマ事業本部 サービス・プロダクト企画本部 オープンプラットフォーム部長 重野卓氏が登場するなど、スマートフォン市場に掛ける同社の並々ならぬ意欲がうかがえる。

続きを全部読む

【iPhone4行列日記】ここ3日間は風呂にも入ってないしヒゲも剃ってない(6月23日18時19分)

6月21日から3泊4日の予定でソフトバンクモバイル表参道店に並んでいる佐藤(記者)です。現在の時間は6月23日18時30分過ぎ。アゴのあたりを触ってみるとザラザラする。ヒゲである。男のヒゲはなぜ伸びるのか? 並んでいる3日間だけでかなり伸びた。

6月24日朝8時発売予定の『iPhone4』の販売を待つ私は、6月21日午後にひげを剃った(つまり行列に並ぶ直前)。ヒゲはあまり濃い方ではないのだが、伸びるのが結構早い。毎日剃れば良いのだが、もともと不精(ぶしょう)でいつも放置してしまう。

続きを全部読む

初めて読む人のために説明。私は、『iPhone 4』を購入するためにソフトバンクモバイル表参道店に6月21日21時から並んでいる佐藤(記者)だ。趣味は鼻にイヤフォンを挿して音楽を聴くこと。この記事を書いている現在の時刻は6月23日深夜1時51分。この時間までに発生した出来事や思ったことなど、ここに報告をしたいと思う。

今日、夕方に椅子(いす)の撤去指示がソフトバンクモバイルの警備員さんから出された。持参した椅子に座ったり、ダンボールを敷いたりしてはダメらしい。椅子なしで夜を明かすことになるのかと思いきや、ソフトバンクモバイルの警備員さんの指示により、道路側からお店の敷地内に全員移動。敷地内であれば椅子を使って良いとのこと。折りたたみ椅子に座りながら、この原稿を書いている。

続きを全部読む

6月21日から『iPhone 4』の行列に並んでいるという事で、美人記者から取材を受けた私(佐藤記者)。あまりに美人だったので浮かれていたら、またもやビッグな人物がやってきた。15時に『BUTCHのビッグウェーブ漂流記』のブッチさん登場。蒸し暑い昼下がりであったが、大物の登場で眠気も吹っ飛んだ。

日付変更線の関係で、日本での発売は世界最速。『iPhone 4』を手にする者は、世界に先駆けてゲットすることになるわけだ。このビッグイベント、私もその場に居合わせられることを光栄に思う。

続きを全部読む

6月24日に発売される『iPhone 4』を誰よりも早く購入するため、6月21日の夕方からソフトバンクモバイル表参道店に並ぶ人が出現。6月22日21:15現在は12人ほどが並んでいるという。そんな行列に並んでいる人からレポートが入ったのでお伝えしたい。

22日21時ごろ、ソフトバンクモバイルの警備員から行列に対して、「荷物をお店の敷地内に移動して下さい」との指示が出た。すでに、行列は椅子を使わないように言われ、さらに、道に広がるたび「通行の邪魔になります」と注意を受けている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 16
  4. 17
  5. 18
  6. 19
  7. 20
  8. 21
  9. 22
  10. 23