嘘・大げさ・まぎらわしいをやらせたら天下一品。ロケットニュース24では商品名が「iPhone5」なのにどう見てもマッサージ器な商品をご紹介したが、中国の謎のiPhoneシリーズはそれだけにとどまらなかった。ときを同じくしてどう見ても低反発枕にしか見えないiPhone4Sも販売されていたのだ。

このどう見ても低反発枕なiPhone4Sが発売されているのは、中国ショッピングサイト・タオバオワンである。価格は8861.66元(約10万6500円)。低反発枕としては異常に高いお値段設定だ。

現在、中華圏でiPhone4Sは発売されていないが、大陸における香港版の予約価格や闇市場での相場は10万円~20万円だと言われている。となると本当に「iPhone4S」この値段も微妙に信憑性が生まれてくる。

スペックは「通信形式:GMS、Wi-Fi、カメラ:800万画素、CPU:デュアルコアCPU、ディスプレイ:960 x 640ピクセル、ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ」とのこと、本家アップル社のiPhone4Sと同じと言っていい。

とは言え、見た目はどう見ても枕。寝ながらの通話には向いているかもしれないが、それ以外での用途はまったくもって不明。しかも、商品説明には懇切丁寧に低反発枕としての機能や購入者の喜びの声なんかが掲載されている。

ちなみに商品名は「あなたの首を守ります、心地よい眠りをで元気回復 iPhone4S」だ。販売個数はたったの20個と数量限定のプレミアム商品とのことである。

参照元:タオバオワン(中国語)

▼スペックを見る限りiPhone4Sのようですが……

▼うん、やっぱどう見ても枕だ