「餃子 (ギョーザ ぎょうざ)」にまつわる記事

【コスパ&満足度最強】「大阪王将」の餃子約5kgが2380円でゲットできるぞ! クリスマスにやることもないので1人で食いまくってみた

「クリスマスだろうが正月だろうが、いつでも王将の餃子を食べたい!」という筋金入りの王将好きに朗報! なんと大阪王将の餃子約5kgが、たったの2380円で買えるのだ! 繰り返すが、約5kgで2380円である!!

「出費の多い年末年始にこれはありがたい! 買うしかないでしょ!」と、即注文。届いたのが本日2014年12月25日、つまりクリスマスだ。「まさに最高のタイミング! サンタさんのプレゼントや〜」ということで、食いまくってみたぞ!

続きを全部読む

【クロスレビュー】一番ウマイのはどいつだ!? 2014年流行の「かけるギョーザ系調味料」6種を食べ比べてみた!!

2014年に火がついた調味料と言えば栃木名物「ご飯にかけるギョーザ」である。ギョーザの中身をご飯にかけちゃうという斬新な発想で人気を博し、一時期入手困難になるほどだった。

食べる調味料界では石垣島発の「食べるラー油」以来のヒット商品となり定着も間近とのことだったが……すでに同様の商品がめっちゃ出てるやないか! パッケージだけじゃ、どれを買ったらいいかわからないよ……。ということで! どの「かけるギョーザ系調味料」が一番ウマイのか確かめるべく「かけるギョーザ系調味料」をレビュアー3人がクロスレビュー形式で食べ比べてみたぞ!!

続きを全部読む

【激安中華】 餃子戦争のダークホース「餃子の帝王」に行ってきた / 今後「餃子の王将」のライバルになりそうな予感

「餃子の王将」と「大阪王将」……。いずれも「王将」と名前がつくこの二社は、以前は同じ一つの会社であったものの、現在は競合関係。両社ともにチェーン店を全国に展開し、熾烈な戦いを繰り広げている。

そんな餃子戦争とも言うべき戦いに、第三の勢力が出現!? その名は「餃子の帝王」。チェーン店の数では、「餃子の王将」と「大阪王将」に及ばないものの、中華料理を低価格で提供するチェーン店である。何より気になるのはその名称だ。「王将」ではなく「帝王」……。どことなく、似てるぞ! 一体どんな店なんだ? ということで、東京・上野にある「餃子の帝王 アメ横店」に行ってきたのでレポートしたい。

続きを全部読む

【栃木発の名物】話題の「かけるギョーザ」を餃子にかけて食べてみた / 餃子1個で2個食べてるような感覚!

以前の記事でご紹介したが、栃木県の名物といえば「レモン牛乳」や「レモンどら焼き」があるが、忘れちゃいけないのが「餃子」である。宇都宮市は餃子の街として知られ、餃子専門店はもちろん、お土産用としても定番の商品だ。

先日、栃木県のサービスエリアに足を運んだときのこと。ふと見ると、デカデカと「売切れました」の文字が目に飛び込んできた。店員さんに聞いてみると、「かけるギョーザ」が大人気で品薄状態が続いているという……。かけるギョーザだと? 一体何者なんだーーー!

続きを全部読む

【列島激震】「餃子の王将」の餃子の価格が20円上がる

衝撃的なニュースが飛び込んできた。な、な、な、なんとあの「餃子の王将」が、2014年10月1日より大半のメニューの値上げに踏み切るというのだ!

憤死してしまいそうなその気持ち、私(記者)には非常によく分かる。よーく分かるが、どうか落ち着いて欲しい。一度深呼吸して、詳細を確認してみよう。

続きを全部読む

これは画期的! 1個単位でオーダーできる餃子の専門店オープン / 東京・渋谷「むし焼包大餃子」

以前の記事で、好きな肉の部位を1枚からオーダーできる立ち喰い焼肉店「治郎丸」についてお伝えした。ちょっとずついろいろ食べたいという人に、ぴったりの店である。お店は手間がかかるかもしれないが、お客さんにとっては大変うれしい秀逸なシステムと言えるだろう。

実は最近東京・渋谷に、これと似たシステムを採用している餃子店がオープンした。そのお店「むし焼包大餃子」では、なんと餃子を1個からオーダーできるという! 1皿5~6個で提供している餃子店が多いなかで、1個からオーダーとは画期的ではないだろうか。一体どんなお店なのか、実際に行ってみた!

続きを全部読む

35.659977139.699693

歌舞伎町のディープな場所にあるラーメン店「利しり」のメニューに外れなし! 特にチャーハンを食え! 絶対食え!!

日本一の歓楽街とも言われる新宿・歌舞伎町。言わずと知れた “夜の街” だが、実はそのど真ん中に、人気の高いラーメン店がある。そのお店の定番は「オロチョンラーメン」という辛いラーメンなのだが、実は何食べてもウマい! 特にチャーハンが絶品!! ということで、今回はそのラーメン店、『利しり』を紹介したい。

続きを全部読む

種類が豊富で確実にどれを注文するか迷ってしまう餃子専門店「餃子専科LEE」 / ただし麻婆豆腐を侮るな!

猛暑と呼ぶにふさわしい暑い日が続いている。皆さんは夏バテになってはいないだろうか? 記者(私)は暑さに体力を奪われているようで、いくら食っても腹が減って仕方がない。食欲がバカになったような気がしてならないのだが……。

とにかくスタミナをつけて夏を乗り切りたい! そこでおすすめしたいのが、東京・新宿歌舞伎町で古くから親しまれている餃子の専門店「餃子専科LEE」だ。ここは専科というだけあって豊富な種類の餃子を取り揃えている。いろいろな味を楽しむことができるうえに、餃子以外のメニューにも定評がある。ただし、麻婆豆腐には気を付けて欲しい。見た目と匂いがめちゃめちゃ食欲をそそるのだが、油断して食べると猛烈な辛さにやられるぞ!

続きを全部読む

【SAグルメ】聖地・宇都宮では餃子一択! サービスエリアでも餃子を食らえ!! 東北高速道路下り「上河内SA」とんきっき

行楽シーズンを迎え、車で出かける人も多いことだろう。その昔、SA(サービスエリア)での食事は、どこで食べても同じようなものばかりだった。ラーメン、カレー、そば……。値段も張り、まずくはないけどおいしくもない、それが当たり前だった。

しかし2005年の道路公団民営化以降は、個性豊かな店舗が展開され、ユーザの支持がなければ成り立たない実力主義時代に突入。今では数多くのおいしいSAグルメが盛り沢山なのだ! そこで今回は、餃子の街・宇都宮の上河内SAをご紹介したい!

続きを全部読む

大阪王将のイベント「プレミアム餃子無料大試食会!」に行ってきた / 3時間以上立ち続けて餃子3個ゲット

「王将好き」とひと言で言っても、「餃子の王将派」か「大阪王将派」の2パターンある。ロケットニュース24では、これまで何度か「餃子の王将」に関して紹介してきたが、そのライバルとも言えるのが大阪王将だ。

そんな大阪王将が2014年7月10日から、一部店舗を除き全国で “プレミアム餃子” と呼ばれる「絶品国宝豚餃子」を発売する。ちなみに、価格は5個で390円だ。その無料試食会に行ってきたので、会場の状況も含めてレポートしよう。

続きを全部読む

【衝撃】日本餃子協会が誕生させた新しいゆるキャラ「ちゃおず君」が無駄にマッチョな件 / 顔と肉体のギャップがスゴイ

日本全国どこにでもゆるキャラは存在する。行政単位だけでなく、企業や団体・協会にいたるまで、その組織を象徴する存在として、ゆるキャラが活用されている。しかも公認とか非公認とか関係なく、人気が出れば引っ張りだこになる。

そんな熾烈なゆるキャラ生き残り合戦に、また新たなキャラクターが参戦。そのキャラとは、日本餃子協会の公式キャラクター「ちゃおず君」である。このキャラ、顔は可愛らしい餃子型なのだが、身体は顔に反して超絶マッチョ! ギャップがハンパないのである。これは……。

続きを全部読む

人気餃子チェーン『餃子の王将』VS『ぎょうざの満洲』どちらが最強!? 強烈なファンが魅力を語る

テレビでもたびたび報道される、日本トップクラスの美味しい餃子チェーンといえば『餃子の王将』だ。王将一筋の強烈なファンも多く、ロケットニュース24編集部の和才記者もそのなかの一人である。

だが、そんな王将最強に異を唱えるのが、隠れた人気餃子チェーン『ぎょうざの満洲』ファンの王大人 (わんたーれん・仮名)さんだ。彼いわく「王将なんて満洲に一度行ったら行けませんよ!」というぐらい激ウマらしいのだが……。

はたして餃子の王将とぎょうざの満洲、どちらが最強なのだろうか? 二人は以下のように、各チェーンの魅力を語ってくれた。

続きを全部読む

【衝撃真実】王将の餃子を「両面焼きで」と注文すると味がとてつもなく微妙に変わる

「餃子の王将」と言えば、全国展開する大人気中華料理チェーンだ。リーズナブルな価格で美味しい中華料理が食べられ、足繁く通う人は非常に多い。そんな「餃子の王将」のメニューの中で、最も人気が高いメニューのひとつは、当然 “餃子” だろう。

実は、そんな王将の餃子を「両面焼き」で注文できるのをご存じだろうか。店舗にもよるが、オーダー時に「両面焼きで」と言えば、両側にこんがりと焦げ目のついた餃子が運ばれてくるのだ。今回、対応可能な店舗でそんな両面焼き餃子を食べてきたので、紹介したい。

続きを全部読む

【デカ盛り速報】餃子の安亭でデカすぎる『アメリカ黒豚デカ餃子』販売開始 / テキサスの風を感じるウマさ

ヘイジャパニーズ! そんな小さな餃子で満足するなんて、アメリカンジョークかよ(HAHA) とアメリカ人に挑戦状を叩き付けられるかのような餃子が、東京・高田馬場にある「餃子の安亭 高田馬場店」で販売開始したらしい。

その名も『アメリカ黒豚デカ餃子』。アメリカ産のバークシャー種黒豚を使用し、通常の餃子の3.5倍のデカさのジャンボ餃子らしいのだが……デカけりゃいいってもんじゃないんですよ? と思った記者(私)は、本当に美味しいのか確かめに行ってみた。

続きを全部読む

【グルメ】川越街道の伝説的ラーメン店『時ちゃんラーメン』担々つけ麺と肉汁たっぷり餃子の悪魔的魅力とは

美味しいラーメン店は星の数ほどあるが、人を魅了する店という点では、記者(私)はいまだ「川越街道の伝説」とも呼べるハンパじゃないリピート性を誇るラーメン店『時ちゃんラーメン』を超える店に出会ったことがない。

東京23区内にあるのにどの駅も遠く、国道沿いにあるのに駐車場すら無い。さらに夜19時からしか営業していないのになぜか連日客たちでいっぱいになる『時ちゃんラーメン』の魅力を、今回はお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

35.751078139.693728

【ウマすぎ】イタリア料理のプロに聞いた「焼き餃子のコツ」を試してみた → ウマすぎて100個食えそうなレベルの絶品ができた

家庭で食べる中華料理の定番といえば、『焼き餃子』だ。さまざまな調味料を入れたりにんにくを多めにしたりと、独自の焼き餃子のレシピがあるという家庭も少なくないはず。

記者(私)も餃子が大好きで何度も試行錯誤しているのだが、どれもしっくりこない! 中華料理店の焼き餃子だとなんだか肉が多すぎる気がするし、かといって肉を減らすだけだとなんだか味気ない。

続きを全部読む

日本人と韓国人と中国人が餃子を作ってみた → 日中韓で全然違う餃子が出来てビックリ!!

お隣の韓国・中国とは、米や麺類を好むなど、食文化の共通点は多い。たとえば、三国ともに食する共通の食べ物のひとつが「餃子」だ。

ある日の午後、ベルリン滞在中の日本人である記者(私)が韓国・中国の友人と共に餃子を仲良く包んでいたところ、出来上がった餃子を見て衝撃を受けた。なんと三人三様、全く違う見た目の餃子が出来上がっていたのだ!! 日本ではあまりお目にかからない韓国式・中国式の餃子。韓国人と中国人に教わった包み方をご紹介したい。

続きを全部読む

00

餃子専門店『チャオズ』の焼き餃子がヤバい美味しさ! チャオズもウマすぎて自爆するレベル

パリッ! と焼かれた皮、ジュワッ……と染み出る肉汁。町の中華料理店でも気軽に食べられる『焼き餃子』が大好きだという人は、きっと多いと思う。

美味しい焼き餃子は比較的どこでも食べることができるが、埼玉県・坂戸市に地域住民にこよなく愛される、超絶美味な餃子店が存在するのだ。

続きを全部読む

これが餃子だとッ!? 東京・池袋ナンジャタウンの『ONE PIECE』コラボメニューに度肝を抜かれたでござる!

2012年12月15日より、大人気漫画『ONE PIECE』の新作映画作品『ONE PIECE FILM Z』が公開されます。それに先立って、東京・池袋のテーマパーク「ナムコ・ナンジャタウン」では、映画とのコラボ企画が開催されています。なかでも注目は、池袋餃子スタジアムで提供されているコラボメニューです。作品のキャラクターに、ちなんだ餃子が数多く用意されています。しかし作品世界を餃子で再現するのは難しいのでは……。

実際に食べに行ったところ、度肝を抜かれるようなメニューに衝撃を受けました! 料理人サンジの指名手配書を餃子で再現するとは! ナンジャタウン、おそるべし~ッ!!

続きを全部読む

35.728843139.720031

【満腹確実】旨くてボリューミーな餃子定食が380円! 餃子は某チェーンの2倍の大きさで笑った

食事は毎日のことだ。できるのであれば安くすませたい。東京都中野区には380円でかなりボリュームのある餃子定食が食べられる店がある。大きさは通常の餃子の約2倍。定食の餃子は5個入りだから、単純に考えて10個分ということか!? 

しかもただ安いだけではない。開業4カ月にして、消費者が選ぶ中野区の美味しい店「中野逸品グランプリ2012」で2位に輝いたスーパールーキーなのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11