「記者会見」にまつわる記事

コインチェック緊急会見するも賛否両論 「なぜ社長がいない」「記者にイライラする」など

仮想通貨取引所の「コインチェック」は2018年2月13日20時より、本社前で緊急会見を行った。金融庁の業務改善命令を受け、同日報告を済ませたことについて報道陣の質問に答えたのだが……。

当然社長の和田晃一良氏が姿を見せるのかと思いきや、会見は同社の共同創業者兼COO(最高執行責任者)大塚雄介氏が行った。この会見に対して、ネットユーザーからは様々な声が飛び交っている。

続きを全部読む

引退会見をした小室哲哉さんの言葉 / 妻の看護・相次ぐ病・才能の枯渇

2018年1月19日、ミュージシャン・音楽プロデューサーとして活躍する小室哲哉さんが引退を発表した。近い将来引退するということではなく、「今日をもって引退します」と本人が記者会見で発言したのである。

会見場にいた報道陣は驚いたはずだ。私(佐藤)も会場で彼の発言を聞き、衝撃を受けた。しかし本当にショックを受けたのは、現在の彼の置かれた状況と引退の決意。搾り出すようなその言葉に、胸が締め付けられるような思いがした。

続きを全部読む

【賛否両論】日馬富士の引退会見に対するネットの反応「自爆会見」「被害者ヅラ」「親方の愛を感じる」など

本日2017年11月29日、現役を引退した横綱・日馬富士。大相撲の巡業中に幕内・貴ノ岩に暴行して負傷させたことについて責任を取ったかたちだ。

同日14時頃、九州場所の宿舎がある福岡県太宰府市で記者会見が行なわれ、各メディアが一部始終を中継。日馬富士の言葉に注目が集まった。ネットでは、会見の内容に対して賛否両論の声があふれている。

続きを全部読む

【速報】石田純一さんが都知事選の出馬について記者会見! 「野党統一候補なら立候補する」

舛添要一さんの政治資金問題を引き金に始まった2016年東京都知事選。これまでに出馬を表明した人物は、マック赤坂さん、小池百合子さんなどなど11人。

そして、本日7月8日14時、都知事選への出馬が取りざたされている石田純一さんが、記者会見で「野党の統一候補なら立候補する」という意思を表明。記者会見の様子は全国的に注目され、同日放送の『ミヤネ屋』でも紹介された。その内容は以下の通り。

続きを全部読む

【似合いすぎ】林家ペー&パー子が全身ブルーの服を着てて笑った

誰にでも好みの色ってあるものだが、とことんピンク色で押し通している夫婦といえば林家ペー&パー子さんである。ピンク色の服に身を包み、ピンク色のバッグをさげ、ピンク色の靴をはき……と、全身ピンク色。もちろん、いつも持ち歩いているカメラだってピンク色だ!

そんなペー&パー子さんが全身青色になっちゃった……(笑)いったいどういうことなのか、気になったので贈呈式の会場に潜入してみたぞ!

続きを全部読む

エポック社の新作カプセルトイ「記者会見セット」がめちゃめちゃ遊べてしまう件 / 自前のフィギュアで号泣会見開けるじゃないかァアアアアアアアア!!

2014年、世の中を騒がせたことのひとつに「記者会見」がある。佐村河内氏のゴーストライター騒動や、理研のSTAP細胞騒動、そして元兵庫県議員の野々村竜太郎氏が見せた号泣会見などなど。流行語大賞の選には漏れたが、今年を象徴する言葉のひとつに「記者会見」を入れても良いだろう。

そんな2014年を締めくくるように、エポック社がカプセルコレクションの12月の新商品に、スゴイ商品をぶっこんで来た。その商品とは「折りたたみパイプ椅子と長机とマイクセット」である! これマジかよ!? 自前のフィギュアで簡単に記者会見が開けるじゃねえかァアアアアアアアアアア!

続きを全部読む

発表会見のマスコミあるある50

何か世間に対する発表があったとき、開かれるのが「発表会見」や「記者会見」だ。駆けつけるのは、記者やカメラマンといった報道陣。いわゆるマスコミである。テレビや新聞、そしてネットに公開されるのは、カメラの向こうの被写体側だ。

では、カメラのこっちの「現場」側では、どんなことが起きているのだろうか。はたしてどんな状況なのだろうか。ということで今回ご紹介したいのが、私(筆者)たち報道側の体験談から導き出した「発表会見のマスコミあるある50」である。

続きを全部読む

島田紳助電撃引退発表! 「処分や謹慎は良くない」と涙ながらに語る

2011年8月23日に急遽発表されたお笑いタレントの島田紳助さんの緊急会見。22時からの会見は、会見終了まで報道規制があったのだが、ついにその内容が明らかとなった。

島田さんは所属事務所の水谷暢宏社長とともに会見にのぞみ、暴力団関係者と交友関係を持っていたことが発覚し、8月23日付けで芸能活動から引退することを発表した。島田さんは暴力団との関係を詳しく述べ、「後輩たちには自分のような甘い認識でやって欲しくない」と述べ、関係者に申し訳なかったと謝罪した。

続きを全部読む