「秋葉原」にまつわる記事

1000円ポッキリで死ぬほど食える「焼肉食べ放題ランチ」で死闘を繰り広げてきた! 肉を求める生粋の男子は東京・秋葉原「大酋長」に集え!!

激安焼肉食べ放題! と聞いて心が躍らないというなら、残念ながらあなたは男子の心を無くしてしまったのだろう。どうぞ叙々苑にでも行ってくれ。今、我々が欲しているのは、そういった品の良さではない。

東京・秋葉原にある「大酋長(だいしゅうちょう)」では、焼肉食べ放題ランチがなんと1000円で食べられる。ムード? 洗練? 高級感? 何それ、美味しいの? そんなものは無用。ここは、何歳になってもただひたすら肉を求める、生粋の男子どもが集う約束の地なのだ。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】秋葉原のラスボス的存在のウマさ! 『川一』は駅から離れていても行く価値あり!!

フラっと入れる気軽さが利点の1つである「立ちそば屋」。必然的に立地は客足に大きく影響してくる。駅の近くに立ちそば屋が多いのは、理にかなっているわけだ。

しかしその一方で、駅から離れているにもかかわらず、客足の途絶えない店もある。ちょっと歩いても行く価値がある、他の店では代用できないレベルの名店。例えば今回ご紹介する秋葉原の『川一』もそのひとつだ。

続きを全部読む

【夏限定】世にも珍しい『横浜家系しゃぶしゃぶ』を食べてみた! 鍋のシメはもちろんラーメン!! 東京・秋葉原「きんのだし」

夏だ! 腹減った! 何食べる!? 肉だろ!! そうだ、肉を食おう。肉料理のなかでも、とりわけサッパリと食べられるものといえば、個人的にはしゃぶしゃぶである。余分な油を落として、ポン酢でいただく。ヘルシーでウマウマ。最高だ。

しかし今回、あまりにも珍しく、濃い~しゃぶしゃぶを発見してしまったのでご紹介しよう。なんと、横浜家系ラーメンのスープでしゃぶしゃぶをするのだという。強・烈! これは強烈なコラボだ。夏季限定らしいので、しゃぶしゃぶも家系ラーメンもどちらも大好きな私は、急いで食べに行ってきた!

続きを全部読む

【知らないと損】スイーツパラダイスがやってるケーキ屋が異次元の安さ! ほとんどが1個100円台で買えるぞ!!

食べるとちょっと幸せになれる、それがケーキだ。なんて女子のような書き出しで始めてみたが、私(あひるねこ)はアラサーの男だぞ。文句あんのか? でもケーキってけっこう高いのよね。1個300円台は普通だし、高いお店だと500円以上するものもある。

もっと安く買えればなぁ、と思っているあなた。まさかとは思うが、「スイーツパラダイスケーキショップ」を知らないわけではあるまいな? スイーツ食べ放題でおなじみ、あの「スイーツパラダイス」のテイクアウト店である。実はここのケーキはスーパー安い。ありえないくらい安すぎるのだ!

続きを全部読む

スイーツパラダイスの「赤いきつねケーキ」と「緑のたぬきケーキ」の再現度が高すぎてビビる! どう見てもホンモノにしか見えないッ!!

以前の記事で、ラーメンそっくりのラーメンケーキについてお伝えした。ほかにも、おでんケーキピザケーキ……などなど。

それら奇抜な商品を続々と販売している『MAPLISE(メイプリーズ)』が、ひそかにスイーツパラダイスとして生まれ変わり、また新たな商品の販売を開始していたのである。その商品とは、「赤いきつね」「緑のたぬき」だ。あれ? どっかで聞いたことのある商品名だけど。実際に購入してみたところ、ホンモノそっくりやないか!?

続きを全部読む

【ラーメン】肉・肉・肉の圧倒的な存在感! 東京・秋葉原の新店「肉汁麺ススム」の麺はもはやオマケだから肉をとにかく喰らいまくれ!!

さて問題だ。東京・秋葉原といえば? オタクの街って思ったあなた。おいおい、『電車男』で止まってるんじゃないか? まあ間違ってはないのだが、秋葉原といえば多くの飲食店がひしめくグルメの街でもある。特にラーメンは、数メートルおきに店がある激戦地と言っていいだろう。

2016年4月、その秋葉原に新たなラーメン屋がオープンした。その名も「肉汁麺ススム」。名前からして爽やかでないが、この『肉汁麺』の主役は麺ではない。主役はその上に乗りまくっている肉である。もはや麺はオマケだ。甘っちょろい男は今すぐ引き返すがいいぞ。

続きを全部読む

【超豆知識】東京・秋葉原の “ドラクエローソン” の入店音はゲームでお馴染みのアレ

皆さん、ご存じだろうか? 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』とコラボした、ローソンが存在することを。東京・外神田三丁目店の店舗は、外観から内装、商品の品ぞろえまでドラクエ仕様になっている。「今さら何を言ってる!」との声が聞こえてきそうだ。

そう、2015年8月にオープンして、すでに半年以上経過している。お店の存在は良く知られているのだが、このことは知っているか? 入店音が普通のお店と違うことを。実際に店に入ってみると……。あ! あの音がした!!

続きを全部読む

【正直レビュー】「カールス・ジュニア」のモーニングを食べてみた結果

2016年3月4日。アメリカ発の大手ハンバーガーチェーン店『カールス・ジュニア』が、東京は秋葉原にオープンした。肉々しさ満点でウマいことはウマいが、価格設定はかなり強気……ということは以前の記事でお伝えした通りである。

正直、コスパは良くないどころか悪い方に入るというのが筆者の率直な感想だが、果たしてモーニングメニューはどうなっているのだろう? というわけで今回は、カールス・ジュニアが毎朝提供している「ブレックファスト」の内容をレポートしたい。

続きを全部読む

【カールス・ジュニア】アメリカ発「最後の大手ハンバーガーショップ」が秋葉原に上陸 / 4時間並んで食べた

昨年あたりから「海外発祥のファストフード店」が立て続けに日本上陸を果たしている。記憶に新しいところでは「タコベル」「シェイクシャック」「グズマン・イー・ゴメス」などがあるが、2016年3月……大手ハンバーガーショップチェーン店『カールス・ジュニア』が東京は秋葉原にオープンした。

アメリカ国内では、サブウェイ・マクドナルド・バーガーキング・ウェンディーズに次ぐ店舗数を構えているから、まさに “最後の大物” と呼ぶのにふさわしいだろう。今回はオープン初日に合計4時間並んでハンバーガー7種類を食べて来たので、その様子をご報告したい。

続きを全部読む

提供:株式会社サンライズ

【動画あり】立川志らく師匠が挑戦した『ガンダム落語』がめっちゃ面白い!! 木馬長屋の「大工アムロウ」とジオン家「赤い半てんのシャア」のケンカ騒動

『機動戦士ガンダム』といえば、日本を代表するロボットアニメである。1979年にテレビアニメとして放映されて以来、現在に至るまでそのシリーズは続いており、さまざまなアニメ作品に多大なる影響を与えている。そのガンダムをもし落語で表現するとしたら……。

「そんな無茶なことができるはずがない!」 と思う人も多いだろうが、その無謀な挑戦に鬼才立川志らく師匠が挑んだ。2016年2月28日より公開されたガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」を見ると、そう来たか! と思わずにはいられない。ファンなら登場人物や設定に笑ってしまうに違いないだろう!

続きを全部読む

大阪発1ポンドステーキの「タケル」で巨大な馬肉ステーキを食らう! 東京・秋葉原

2015年は、たらふく肉を食った。今年もバリバリ肉を食っていきたいと思っているのだが、良く考えるとあまり食べていない肉種があることに気が付いた。それは馬肉である。

近年馬肉を食わせる店が増えてきているのだが、本当に馬肉は美味しいのだろうか? ということで、思いっきり馬肉が食える店、「1ポンドのステーキ・ハンバーグ タケル」に行ってみた。ここは1日10食限定で馬肉ステーキを出している。思い切って1ポンド(約453グラム)を食ってみることに!

続きを全部読む

【もう彼女いらない】グラドルの篠崎愛さんとVRでバレンタインを過ごしてきた

人気グラビアアイドルとして活躍する傍(かたわ)ら、歌手や女優など幅広い活動を展開するタレント・篠崎愛さん。87 – 60 – 88という驚異のスリーサイズと、少女のような甘いビジュアルは全男子の憧れと言っても過言ではないだろう。愛ちゃんマジ天使

バレンタインである本日2016年2月14日、そんな愛ちゃんとVR(ヴァーチャルリアリティ)の彼女の部屋で過ごせるイベントが開催されているという。しかも、五感すべてが限りなくリアル(3次元)に近い “2.9次元” なのだとか。天使の部屋ってことは、そこは天国ちゃいますの……? そんなん行くに決まってるやろ常考! 科学の力バンザイっ!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】器から飛び出すスーパー春菊天そばがたったの430円! JR秋葉原の超優良駅そば『新田毎』

吹き抜ける冷たい風、ポケットの中でもシビれる指。立春は過ぎたがまだまだ寒い。こんな日は、温かい春菊天そばでも食べようじゃないか。春だけに。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。やってきたのはそばの激戦区・秋葉原。以前の記事で、天ぷらそばの聖地「そば処 二葉」やミシュランレベルの爽やかさを持つ「あきば」を紹介してきたが、今回は駅そば。春菊天を超えたスーパー春菊天を出す店『新田毎(しんたごと)』だ。

続きを全部読む

海外で秋葉原の「なでしこ寿司」が話題! 日本で女性が寿司を握ることに海外から熱い眼差しが!!

現代では、かつて女性が参入していなかった職業・分野でも、数多くの女性が活躍するようになった。しかし、いまだに女性の姿を見かけることが少ない職種も存在する。

その代表的な仕事に寿司職人が挙げられるが、秋葉原に職人が全員女性だという「なでしこ寿司」がオープン。海外で、「いよいよ日本で、女性が寿司を握ることになったか!」と、大きな注目を集めているのだ。

続きを全部読む

【2016年福袋特集】マジか!? アキバのジャンクショップで2000円(重量4キロ)の福袋を買ったらヤバいモンが入ってた

以前の記事で、東京・秋葉原のジャンクショップで購入した3000円の福袋についてお伝えした。重量は約5キロ。これ1つを持って帰るのにも苦労したのに、実はもう1つ購入していた。

2000円の福袋、こちらは4キロ。2つ合わせて約10キロものゴミ……いや福袋を持ち帰るのは、めっちゃ疲れたよ、マジで。さて、2000円の福袋を開封してみると……アレ? これなんだっけ? なんかアカンやつだったと思うけど、思い出せない……。なんだっけ、コレ?

続きを全部読む

【2016年福袋特集】レトロゲーム販売の有名店「スーパーポテト」福袋(3000円・500円)の中身はコレだよ!

東京の秋葉原といえば、オタクカルチャーの聖地である。東京の観光名所としても、外国人に人気のエリアだ。そのアキバでレトロゲームの販売店として有名な「スーパーポテト」も、福袋を売っていたぞ!

ファミコンゲームをまとめてお得に購入したいな~と、私(佐藤)はひそかに考えていたのだが、ファミコン福袋は2016年1月2日の午後時点で完売! マジかよ、いまだに人気は衰えないのか。仕方なくPSPの福袋2種(3000円・500円)を手に入れてみたところ、想像以上にお得だった!!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】アキバのジャンクショップで買った3000円(重量5.1キロ)の福袋がめちゃくちゃスゴかった!!

福袋の醍醐味とは何か? 私(佐藤)が思うところでは、何が入っているのかわからないこと。開けてびっくりしてこそ、本当の福袋である! そんな探求心をくすぐる一品を、東京・秋葉原のとあるお店で発見した。

いわゆるジャンクショップの福袋は1つ3000円。ちょっと持ってみると、めちゃくちゃ重い! 「何が入ってんだよ!?」ってくらい重い。これを買わずして2016年を過ごすことはできないと思い、買ってみたら中身はめちゃくちゃスゴかったーーッ!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】大人のデパート『m’s』の福袋(3500円)の中身を公開 / ほぼ穴と棒と下着

突然だが、あなたはアルファベットの “M” を見て何を連想するだろうか。恐らく、『マクドナルド』という人は結構いるだろう。何と言っても、ロゴにまでなっているしね。だがしかし……「口には出せないけど、エムズしか浮かばないっす」という人も、かなりいるに違いない。

そんな人のニーズに応えるべく、今回のロケットニュース24福袋特集は、大人のデパートm’s(エムズ)だ。大人のデパート……という言葉から、知らない人はどういうお店か察してくれ。さて、その中身はというと……

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】2015年ウマかったそば屋ランキングベスト5

肌を刺すような寒さに負けじと灯る街の明かり。あわただしく行き交う人々の様子に新年の足音が聞こえるようだ。2015年もあとわずか。来年になってしまう前に今年を振り返ろう。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は年末総まとめ。今年「立ちそば放浪記」で訪れたそば屋でウマかった店ベスト5を発表したい。普段も厳選してお届けしているが、さらにその中でトップの栄冠を手にするのはどの店だろうか? これは立ちそばのパウンド・フォー・パウンドだ

続きを全部読む

650円で極ウマから揚げ食べ放題! 秋葉原「ぢどり亭」のランチメニューが半端ねェェェエエエ!!!

食べ放題……なんて素敵な響きだろうか。どんな料理であれ、この魔法の言葉をささやかれるだけで2倍くらい訴求力が増す。体を壊してもいい。太ってもいい。なんならおかわりしなくてもいい。食いしん坊たちは “食べ放題” という響きに夢を見る。

そんな食いしん坊たちに朗報だ。なんと極ウマのから揚げが食べ放題の店が秋葉原にあるという。その名も「ぢどり亭」。不肖、中澤、そんな話を聞いたらもう行くしかねぇ! ええい、調べている時間がもったいない!! 秋葉原にダッシュだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8