「映画」にまつわる記事

「きかんしゃトーマス」実写化が決定、ポスターがカッコイイ!

フジテレビ系列の子ども向け番組「ポンキッキシリーズ」でお馴染みの「きかんしゃトーマス」が、実写映画化されることが決定した。監督を務めるのは、ダークファンタジー映画「9(ナイン)」で長編映画デビューを果たしたシェーン・アッカー監督だ。

映画の全貌は不明なのだが、先立って公開されたポスターを見る限りでは、大人も納得の見応えを感じさせている。

続きを全部読む

6月11日にロカルノ国際映画祭で、プレミアム上映を控えている松本人志監督の「さや侍」。彼の監督デビュー作である「大日本人」が、ハリウッドでリメイクされることが決定した。制作を予定しているのは米大手映画会社の「コロンビア・ピクチャーズ」である。すでにプロデューサー・脚本家も決定しており、制作に向けての準備が進められているとのことだ。

このニュースにインターネットユーザーからは、「ビッグアメリカンとかになるのかな?」、「ひとしがんばれ」などの意見が寄せられている。

続きを全部読む

ジョージ・クルーニーの代表作10選

5月6日に誕生日を迎え50歳になった世界的俳優のジョージ・クルーニー。彼の代表作を挙げれば、キリがないのだが、そのなかでも厳選した10作品をご紹介しよう。

この10作はエンターテイメント情報を伝える「AOL moviefone」に掲載されているものだ。いずれも名作揃いで、彼の足跡がいかに偉大なものであったかが、伺いしれるだろう。

続きを全部読む

動物たちにライトセーバーを持たせた超ド迫力写真

映画「スターウォーズ」に登場する、刀剣型の武器「ライトセーバー」。映画に憧れて、棒切れを振り回していたという男性も多いかもしれない。このライトセーバーを動物たちに持たせると、とても迫力のある画像になるのである。

続きを全部読む

鉄くずで作られたジャック・スパロウ、63万円で販売中

インターネット通販サイトで、映画『パイレーツオブカリビアン』の登場人物ジャック・スパロウの像が話題を呼んでいる。その像とは、自動車の廃棄部品で作られたものだ。バルブやチェーン、モーターなどで制作されたジャックは、強烈な存在感を放っているのである。

続きを全部読む

ライトサイクルのデザインコンテストがナンかスゴイ

前作から28年ぶりに続編が公開された映画「トロン」。昨年12月に続編の「トロン:レガシー」が公開され、興行収入約4億ドル(約33億円)の大ヒットとなった。世界中でファンを獲得した同作なのだが、このほど作品の象徴とも言えるバイク「ライトサイクル」のデザインコンテストが開催された。100点以上の作品応募があり、そのなかから優れたデザインの8作品が賞を獲得した。いずれもバイクの概念を覆すような斬新なデザインで、なかには「これがバイク?」と驚かされるものさえある。

続きを全部読む

『AKIRA』の金田バイクが販売中

1982~90年に週刊ヤングマガジンで連載されていた漫画『AKIRA』。大友克洋氏の作品で、日本のみならず海外でも大ヒットし、現在ハリウッド版映画作品の制作が進められている。映画の公開が待ち遠しいのだが、この作品を象徴する金田のバイクが、販売されているようだ。

続きを全部読む

ロケットニュースですっかりおなじみの「俺はノラ猫」シリーズ。Ustream配信の猫中継「佐藤の部屋」は、総視聴者数ランキングで世界9位! 12月15日現在で合計視聴回数は870万回にも上っている。猫が好きな者には、たまらない生中継なのだが、最近アメリカで斬新な猫映画が完成し、話題を呼んでいる。その映画とは、猫自身が撮影したものだという。

続きを全部読む

ウガンダのアクション映画の予告編が、どれもこれも意味不明ながらスゴい!

アフリカ東部に位置するウガンダ共和国、通称ウガンダのアクション映画が意味不明ながらとにかくスゴい!と、世界のネットユーザーが驚きの声をあげている。

制作会社はウガンダのRAMON FILM PRODUCTIONS。全作品を通して言えるのは、とにかくテンションが高すぎることと、過剰なまでのエフェクトをかけていること、そして予告ムービーだけで十分に楽しめるというのが特徴だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10