「映画」にまつわる記事

来年から制作の始まるジョブズの映画にジョージ・クルーニーが抜擢されるかも!?

2011年10月、突然この世を去ったアップルの前CEOスティーブ・ジョブズ氏。彼の生涯を映画化するという話は、着々と進行しているようなのだが、配役について海外のメディアである噂がささやかれている。その噂とは、映画俳優ジョージ・クルーニーが、ジョブズ役で抜擢されるかもしれないというのだ。しかし候補とされる俳優は、彼一人ではないようだ。

続きを全部読む

「ルパン三世」実写版のトレーラー動画キター!

2011年12月に新たな声優陣を向かえ、新作のテレビ放映が予定されている人気アニメ『ルパン三世』。この作品はその昔、田中邦衛さん、伊東四郎さんが出演し実写化された。最近も実写化の話が持ち上がったのだが、実はイタリアで、すでにルパンの実写映像化がされていたのである。そのトレーラーが海外のインターネットユーザーの間で話題となっているのだ。

続きを全部読む

現在実写版映画化の計画が進められている人気漫画作品『AKIRA』の続報が届いた。それによるとアメリカの俳優募集サイトで、主人公金田のライバル「鉄雄」とヒロイン役の「ケイ」、それに金田のパートナーとしての役割を果たす「山形」の3名の募集が行われているという。いずれも人種は問わないとのことなので、日本人でも抜擢される可能性がある。

続きを全部読む

まるで映画の主人公! お宝を盗み出し、敵に追われるスリルを味わえる動画がめちゃめちゃ面白い

みなさんは、映画の主人公のようなスリル溢れる時間を過ごしてみたいと思ったことはないだろうか? もしあるなら、ぜひこの動画を見てほしい。

この動画はロシアバンドBiting Elbowsの『The Stampede』という曲のPVなのだが、全て一人称視点で撮影されており、まるで自分がその場にいるかのような臨場感が味わえる。

続きを全部読む

「ウォーリーを探せ!」が実写化決定 / ネットユーザー「目が疲れそう」

日本の人気漫画がハリウッドで相次いで実写化されているのだが、今度は人気絵本作品が映画化されることが判明した。その作品とは、「ウォーリーを探せ!」だ。この作品は、大勢の人物が描かれた絵のなかから、赤と白の縞模様の服を着た男性ウォーリーを探し出すというもの。過去にアニメとして放映されたこともあるのだが、いよいよ実写化されるとあって話題を呼んでいるのだ。日本のインターネットユーザーからは「2時間ずっと静止画像」「目が疲れそう」など、早くも映画上映時のイメージを膨らませているようだ。

続きを全部読む

東京国際映画祭にジャッキー・チェンがキター! 日本にエール「みんながんばってね」

今年で第24回となる東京国際映画祭(以下:TIFF2011)が、2011年10月22日に開幕した。このイベントは、日本はもとより海外の優れた映画作品を紹介し、映画産業と文化のために1991年より毎年開催されている(1985~1990年までは隔年開催)。

開催初日は特別オープニング作品に選らばれた映画『1911』の総監督ジャッキー・チェンさんが挨拶を行い、出演100本目となった同作について語り、また日本に向けて「みんながんばってね」とエールを送ったのである。

続きを全部読む

怖いぞ怖い! 渋谷に恐怖のボウリング場が現れた~ッ!!  まさに『パラノーマル・ボウリング』

ハロウィンも間近の2011年10月某日、ロケットニュース24編集部に驚くべき情報が入った。その情報とは、東京・渋谷におぞましいボウリング場が登場したという。

早速取材班は現地に赴き、その状況確認を急いだ。現場にたどり着いた瞬間、取材班は戦慄を覚えたのである。というのも、店内はどういう訳か、かなり暗くなっているのだ。どうやら、ブラックライトを点灯しているようなのだが、壁には謎の手形がある。これは一体どうしたことなのだろうか……!!

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズの生涯をソニー・ピクチャーズが早くも映画化か

2011年にこの世を去ったアップル創設者のスティーブ・ジョブズ氏。いまだに世界中で悲しみの声が止まず、悲嘆に暮れる人も少なくないようだ。

そんななか、10月24日の彼の伝記が発売されることとなった。本来は11月下旬の発売開始を予定していたのだが、彼の逝去を受けて発売開始が前倒しされたという。しかも、この作品を元にソニー・ピクチャーズが映画化の交渉を始めたとの情報が入ってきた。

続きを全部読む

10月6日渋谷のどこかに828本のボトルを積み上げた巨大な「コカ・コーラ ゼロ」が出現するぞ!

発売開始から5年を迎える「コカ・コーラ ゼロ」と、2011年12月に公開を控えている映画『ミッション:インポッシブル / ゴースト・プロトコル』(以下:M:I 4)が夢のタッグを組んだ。現在、世界30カ国以上でグローバルタイアップキャンペーンが始まっており、日本でも10月3日よりオープンプロモーションが展開されている。

また10月5日よりテレビCMも開始されており、すでにご承知の方も多いかもしれない。しかし、まだ多くの人に知らされていない、驚きのプロモーションが10月6日に行われることが判明した。そのプロモーションとは、コカ・コーラ ゼロのボトルを828本も積み上げて、巨大なボトルを作るというもの。東京・渋谷のどこかに出現するとのことだが、その場所とはいったいどこなのか?

続きを全部読む

【実車版】販売中の「ライトサイクル」に新モデルが登場!

以前、映画『トロン』に登場するバイク「ライトサイクル」がアメリカで販売されているとお伝えした。販売されているのは、米フロリダのバイクメーカーがスズキのバイクをベースにして制作したレプリカである。

映画ファンは元よりバイクファンからも熱い注目を浴びたのだが、このほど同社は新しいモデルの制作を進めていることを発表したのだ。新型のライトサイクルは完全な電気車両で、環境にも配慮したモデルになっているという。

続きを全部読む

WALL-E(ウォーリー)をさがせ!

『ウォーリーをさがせ』といえば、日本でも有名な絵本作品だ。赤白のボーダーシャツを着たウォーリーを、雑踏のなかから探し出す作品である。絵本だけでなくテレビ版も放映し、いまだに高い人気を誇っているのだが、最近海外のインターネットユーザーの間で、一風変わった『ウォーリーをさがせ』が話題になっている。

そのウォーリーとは、長編アニメ映画の『WALL-E』だ。大量のロボットのなかから、WALL-Eを探し出すのだが、どこにいるのかまったくわからない……。

続きを全部読む

映画にはいろいろなタイトルがついている。日本で原題のまま公開されることもあれば、日本人が理解しやすいように国内で別の名前がつけられて上映される場合もある。他の国でも同様に、その国の人々にわかりやすいタイトルで上映されているのだが、よくよく考えてみると「あれ? 変だぞ」と感じるものも少なくないようだ。

それらの奇妙な映画タイトルをいくつかご紹介しよう。以下がその奇妙な翻訳をされてしまった映画である。左が和題と原題、右側は上映国とそのタイトルの再翻訳である。
 
続きを全部読む

海外ネットユーザー大興奮! バットマン新作のリーク映像が話題に

快調に制作が続けられているクリストファー・ノーラン監督の映画『バットマン ザ・ダークナイト・ライジズ』。この作品はノーラン監督の3部作の最終章に当たる作品だ。2011年5月の制作開始以来、順調に撮影が進んでいるようなのだが、たびたび一般人が撮影のようすをリークし、インターネット上に公開してきた。

そして最近、米ペンシルバニア州ピッツバーグでの撮影風景が目撃され、YouTube上に動画が公開された。動画にはバットマンの専用飛行機「バットウィング」が飛行するようすが収められている。黒塗りの機体は迫力満点、海外のインターネットユーザーからは高評価のコメントが多数寄せられている。

続きを全部読む

まるでアイアンマン! ドイツの研究者が作ったレーザー・グローブがスゴイ

映画『アイアンマン』に憧れて、鉄くずからパワードスーツを自作した中国の男性について、以前ご紹介した。また1人、同作の熱狂的なファンが、とんでもない代物を作り出してしまった。その人物とはドイツの技術研究者である。

彼はアイアンマンが手から放つ「リパルサーレイ」のように、手のひらに強力なレーザー・ダイオードを取り付け、自由に光を放てるレーザー・グローブを作り上げた。しかも、光るだけではなく、風船を破裂させ、木やCDケースを焦がすことができる。人間の目に向ければ、相手は失明してしまうほどの危険なアイテムなのである。

続きを全部読む

2012年公開予定『バットマン』のポスター登場! 白黒でカッコイイぞ!

2012年7月20日に公開予定のバットマンのシリーズ最終章『The Dark Knight Rises』(原題)。公開までにはまだ1年もあるのだが、7月12日にポスターが公開された。ポスターには、荒廃したビルの向こうに、バットマンのマークが浮かび上がっている。ほぼモノクロで刺激的とは言えないのだが、同シリーズに漂う緊張感と力強さが伝わってくるのである。

続きを全部読む

チンパンジーに自動小銃を持たせたらブッ放しやがった!

7月6日にYoutubeに公開された1本の動画が、海外のインターネットユーザーの間で話題を呼んでいる。それは、2009年11月8日に撮影された、西アフリカの兵士を撮影した映像だ。兵士たちは、近付いてきたチンパンジーにふざけて自動小銃AK-47を手渡すのだが、なんとこのチンパンジーが引き金を引いてしまうのである

続きを全部読む

トランスフォーマー3に使い回し疑惑浮上! 別映画のシーンが完全一致

間もなく公開予定の映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に、とんでもない疑惑が浮上した。その疑惑とは、シーンの使い回しだ。マイケル・ベイ監督の以前の作品『アイランド』(2005年公開)のシーンが、報告されているだけでも2箇所も登場しており、海外のインターネットユーザーの間で物議をかもしている。

続きを全部読む

校長先生が仮装した「アイアンマン」が秀逸すぎる

以前ロケットニュース24で、映画『アイアンマン』に憧れてアイアンマン・スーツを自作した中国の男性についてご紹介した。彼は、重たいスーツを身につけ汗だくになりながら、毎日会社に通っている。その彼を上回るようなファンが台湾に存在した。その人物は学校の校長先生で、生徒が制作した赤いアイアンマン・スーツを着用し、なんと卒業式で披露したという。

続きを全部読む

毎日アイアンマンスーツで出勤する男 / 汗でびちょびちょ

映画「アイアンマン」に憧れるひとりの中国人男性が話題を呼んでいる。彼は映画に心酔するあまり、アイアンマンスーツを自作してしまったのだ。しかもそれを着て毎日仕事に出かけているという。総重量は約50キロ! ひとりで着ることができないらしく、手伝ってもらっているという。彼の「アイアンマン」に対するファン精神は、あらゆる苦労を物ともしないようだ。

続きを全部読む

中国ノキアのトランスフォーマーが手作り感アリアリな件 / でも一応トランスフォームするぞ

中国ノキアが香港で、最新版「x7」を発表会を行った。会場には、映画『トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン』のプロモーションを兼ねて、同作の登場キャラクターのオプティマス・プライムとスタースクリームが姿を現した。

最新携帯電話と最新映画の強力タッグで、注目が集まったのだが、現れた2人のキャラがお粗末だったために、「不要だったのでは?」との声が上がっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10