「寄付」にまつわる記事

Wikipedia(ウィキペディア)に寄付をしない自分に負い目を感じるネット民が海外で続出しているらしい「罪悪感で夜も眠れない…」など

掲載されている情報が100パーセント正確でないとはいえ、ちょっと何かを調べる時などにWikipedia(ウィキペディア)を開く人は少なくないだろう。

広告を掲載せず利用者の寄付で運営されている同サイトは、ページを開くと寄付を催促するバナーが飛び出して来ることがある。そして、寄付をせずにウィキペディアを利用するネット民の中で、そんな自分に負い目を感じる人が続出しているというのだ。

続きを全部読む

『最後の2000円』で女性を救ったホームレス男性、1カ月後に数千万円もの大金を得ることに「このお金で他のホームレスも助けたい」

橋田壽賀子先生のドラマ『渡る世間は鬼ばかり』ではないけれど、生きていればそう叫びたくなるほど嫌なこともある。でも今回の話を聞けば、「やっぱり渡る世間に鬼はなしだなあ」とシミジミ思うことができそうだ。

ホームレスの男性が、なけなしのお金を使って困っている女性の窮地を救ったところ、1カ月後に数千万円もの大金を得る幸運に恵まれたのだとか。一体なぜ? 詳しい経緯をお伝えしたい。

続きを全部読む

35年前に賞味期限が切れたコーン缶を開けたらこうなってたっていう動画 / その結果が予想外!

缶詰は賞味期限が長いため、「天災が起きた時の非常食として蓄えている」という人も多いのではないだろうか。しかし、いくら日持ちするとはいえ、何年も前に賞味期限が切れていたら口にするのは抵抗がある。

当編集部では、「2年前に賞味期限切れしたカニの缶詰」を食べてみたことがあるが、数年どころではなく、「35年も前に賞味期限が切れたコーン缶を開けたら……こうなってた!」っていう動画が話題となっているので紹介したい。一体、中身はどんな状態になっていたのだろうか!?

続きを全部読む

【知ってた?】Wikipedia(ウィキペディア)に寄付するとこうなる / 自動返信メールがアツい!

Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。今、インターネットを使ってこの記事を読んでくれている読者の中には、「あ〜あのバカでかいバナーのアレね」となる人も多いことだろう。

では、その “寄付してアピール” に応えて、実際に寄付したらどうなるかご存知だろうか? 私がやってみたので、レポートしたい。感想をひとことで言えば……こっちが戸惑うほどにアツい!

続きを全部読む

見知らぬ人から「お金を貰うことが得意なニャンコの技」がアッパレ! ゲットしたお金は全てホームレス救済団体へ

いつもゴロゴロしているペットを見たら、「いいなあ~! 私(僕)もペットになりたい……」なんて思ってしまうことがあるだろう。だがペットだって、いざという時にはせっせと働くようである。

というのも、「見知らぬ人から、お金を貰うことが得意なニャンコ」が、ネットで密に話題になっているのだ。しかも、その技が思わず感心してしまうほどアッパレな上に、ゲットしたお金は全てホームレス救済団体に寄付して社会貢献までしているというから、ナカナカ見上げたものである。

続きを全部読む

【何があった】初デートで相手から「ウンコが流れなかったから窓から捨てた」と告げられた男性 → 消防隊を呼ぶ危機的展開に → 最後は寄付金が集まる

人生何が起こるか分からない。今、話題になっているある男性の「初デートの体験談」を聞けば、誰だってそんな言葉が頭を駆け巡るだろう。

話は、男性が初デートで相手の女性から「ウンコが流れなかったから、窓から捨てた」と告げられるところから始まる。そして最後は、彼のもとに多額の寄付金が集まるのだが……って、一体何があったの?

続きを全部読む

ぬいぐるみを1年で1万5000個もゲットした『UFOキャッチャーの達人』がマシーン攻略のための “3つのポイント” を公開!「ツメの締まり具合」など

一時期ゲームセンターで物凄い人気を博した時があったが、当時に比べると少し存在感が薄くなってきた感のあるUFOキャッチャー。

まず、失敗する覚悟で挑んだ方が良いゲームのひとつだが、そんなUFOキャッチャーで、1年で1万5000個ものぬいぐるみをゲットしてしまう強者が登場! なんと、毎日ぬいぐるみを約40個もゲットしている計算になるのである!!

続きを全部読む

【金くれ】160万円の婚約指輪を買うためにクラウドファンディング中のユーザーが「あり得ない」と話題に! 集金額は現地点で7万円弱

クラウドファンディングは、何かを開発するために資金が必要だったり、困っている人を助けるために利用されるべきだろう。

しかし、なかには個人的に欲しい物を購入するための資金調達として利用する人もいるようで、150万円の婚約指輪を買うためにクラウドファンディング中のユーザーが、「あり得ない!」とネットで話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

ラーメンズがコント100本をYouTubeにアップ! 災害復興への支援が目的 「不思議の国のニポン」「読書対決」など

「タカシと父さん」、「小さな会社」、「条例」……これらの名前を聞いただけで「ラーメンズ!」と叫んでしまう人も多いだろう。これらは、小林賢太郎さんと片桐仁さんによる人気お笑いコンビ・ラーメンズのコントの一部。

2009年からコント公演を行っていないにもかかわらず未だに人気が高いラーメンズだが、なんと2017年1月1日、YouTube 上に100本のコント映像がアップされたというではないか! その目的は、災害復興支援だという。

続きを全部読む

【神回答】サイゼリヤがパスタ「399円のうち100円」をイタリア地震に寄付するイベントは赤字じゃないのか? 心配だから問い合わせてみた結果

2016年8月24日に発生したイタリア中部での大地震を受けて、日本の大手イタリアンレストラン「サイゼリヤ」が、復興支援活動を開始した。内容は一部のパスタ税込399円のうち100円を寄付するというもので、ネット上では賞賛の声が相次いでいる。

しかし、ぶっちゃけ価格の約25%も削ってサイゼリヤに利益はあるのだろうか? むしろ赤字になってしまうのでは……? 心配になったのでサイゼリヤの「総務部広報室」に問い合わせてみたところ、素晴らしい返答があったのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【突撃】サイゼリヤがパスタ「399円のうち100円」をイタリア地震に寄付するイベントを実施中 → 力の限り食べまくってみた

2016年8月24日にイタリア中部を襲った大地震。これを受けて、日本を代表するイタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」が一部のパスタ税込399円のうち100円を寄付する復興支援を開始した。

きっと多くの人がサイゼリヤの姿勢に心を動かされているに違いない……何を隠そう、記者もその一人である。そこでサイゼリヤの心意気に応えるため、力の限りパスタを食べまくって来たのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【イタリア地震】サイゼリヤが一部のパスタ「399円のうち100円」も寄付する赤字覚悟の復興支援を発表

2016年8月24日、イタリア中部でマグニチュード6.2の大地震が発生した。各地域で建物が倒壊するなど被害は大きく、特にアマトリーチェ市では多くの犠牲者が出たという。

そんな中、あのイタリアンレストラン「サイゼリヤ」が復興支援のために太っ腹な寄付を開始したので紹介したい。内容は、税込399円のパスタ1食につき100円を寄付するというもの。なんと価格の約25%を復興支援に寄付するサイゼリヤの姿勢に、ネット上では賞賛の声が続出している。

続きを全部読む

【熊本城再建】「Yahoo! ネット募金」で寄付をしたら『日本の城』特別電子書籍がもらえるぞーーー! クレジットカードなら100円から!!

熊本地震で深刻な被害を受けた熊本城。日本経済新聞が報じるところによると、姫路城や大阪城、名古屋城などで募金活動が行われるなど、復旧支援の動きが全国に広がっているようだ。

そんななか、あの「Yahoo!ネット募金」上で新たに熊本城の再建支援活動が始まったので紹介したい。内容をざっくり言うと……なんと寄付をした全員が、週刊『日本の城』熊本城特別版電子書籍をもらえるというのだ! 寄付して電子書籍をゲットできるって!?

続きを全部読む

新宿ゴールデン街が被災店鋪のために「雑巾&古いタオル」を募集中! 「桜まつり」も予定通り開催だ!!

2016年4月12日に東京の新宿ゴールデン街で起こった火災。火元の建物に侵入した疑いで1人の男が逮捕されたが、火事との関連はまだ明らかになっていないという。

火事から2日経ったものの、被害を受けて未だに開店できないお店もあるようだ。しかしゴールデン街は立ち止まらず、復旧に向けて動き始めている。現在は、被害にあった店の大掃除に必要な「雑巾&古いタオル」を募集しているらしいぞ!

続きを全部読む

米スターバックスが「売れ残り食品を廃棄せずに100%寄付」すると発表! 食べ物を十分に手にできない人々の助けに!!

まだ食べられるのに、賞味期限切れを理由に大量の食品が廃棄されているなか、世界中で、捨てられるはずの食品をホームレスに配給したり、フードバンクに寄付する動きが強まっている。

そんななか米スターバックスも、「売れ残り食品を廃棄せずに100%寄付」すると発表! 「十分に食品を手にできない貧困層の人々の力になりたい」と、実現に向けて着実に動いていることが明らかとなった。

続きを全部読む

ガン患者に寄付するために ‟2年も髪を伸ばし続けた少年” が偉いぞ!  「女みたい」とイジメられても乗り越えたその信念に感動!!

人のため、社会のために我々が寄付できるのはお金だけではない。内臓などの提供となると自分が亡くなってからになるが、生きている間でも寄付できるのが髪の毛である。これから夏にかけて、思い切ってロングヘアをショートにしようと思っている人は、髪の毛の寄付を検討してみてはどうだろうか? 

感心なことに、ある少年が癌(がん)患者に寄付するためだけに、2年間も髪の毛を伸ばし続けたいうのだ! 学校で「女みたい」とイジメられても決してくじけることなく、目標を達成した強い信念を持つ少年について紹介したい。

続きを全部読む

【募金】ネパール地震に対する赤十字社などの寄付窓口まとめ

2015年4月25日、ネパール中部でマグニチュード7.8の地震が発生し、首都カトマンズをはじめとする広い地域で、歴史的建造物を含む多くの建造物が倒壊。今の時点(4月26日午前6時)で1400人以上が死亡しており、被害はさらに拡大していくと懸念されている。

この地震を受け、日本はもちろん、アメリカ、フランス、中国、インドが支援を表明。また、天災時における支援活動を中心とした人道支援団体「赤十字社」なども寄付金の窓口を開いているので、募金の方法もあわせてお伝えしたい。

続きを全部読む

【ネコの日】ネコさん いつもありがとう! 楽しみながら “ネコに恩返し” できる6つのもの 「洋服」「古本」「チョコレート」など

本日2月22日は、ネコの日だ。ネコのみなさん、私たちの側にいて下さってありがとうございます! そんな気持ちで胸がいっぱい……ということで、今日くらいはネコたちに恩返ししてはいかがだろうか?

「でもどうやって?」と思ってしまうが、実は世の中には、日常生活で必要な物を売ったり買ったりするだけで、自動的にネコの保護活動を応援するシステムがあるのだ! これを使わない手はないぞ!!

続きを全部読む

【往復34キロ】10時間歩いて通勤する56才の男性に「これで車を買ってください」との寄付が集まる / その額約3000万円也!

あまり心楽しいとは言えない、超満員電車。ぎゅうぎゅう詰めの電車に毎日揺られるのは、当然しんどいものだ。しかも通勤方法によって、幸福度離婚率、さらには寿命まで左右されるというのだから、たかが「通勤」とは言っていられない。

今回紹介する男性は、徒歩で会社に通っているので「満員電車」に辟易する必要はないが、彼の通勤だって大変だ。なぜなら往復約34キロもの道を毎日歩かなければならないからだ! その時間、片道4〜6時間!!

続きを全部読む

「お金がなくて家に帰れない!」そんな時に助けてくれたのはホームレスの男性だった / 手持ちの全財産を渡そうとしたホームレスとお返しをする女子大生

以前ロケットニュース24では、「見知らぬ人から “今腹が空いているから食べ物を分けて欲しい” と言われたら、人々はどうするのか?」という実験動画をお届けした。食べ物を恵んだ唯一の人がホームレスの男性だったという結末に、感動した人もいたことだろう。

今回もまた、1人のホームレス男性を紹介したい。そのホームレス男性の行動は、前回同様に “親切” を越えた行為。悪い言い方をすると、「常識では考えられない」と言えるかもしれない。とにかくその実話を知ると、心が温かくなると同時に、考えさせられるのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2