「京都」にまつわる記事

京都のソウルフード・志津屋の『カルネ』を自宅で再現できる「マーガリン」を発見しちゃいました

関西住みで、京都は志津屋のパンを知らない人はいないだろう。特に “カルネ” が良いのだ。シンプルだからこそ際立つ美味しさ、そして何度食べても飽きが来ない。

本来であれば毎日買いに行きたい勢いであるが、いかんせん京都に住んでいないと難しい。そんなカルネ難民に朗報だ。なんと『SIZUYA特製カルネマーガリン』が売っているではないか!! ひゃっほう!!!! 

続きを全部読む

京都のエスカレーター「右と左」入り混じりすぎ問題 → 京都人にどういうことか聞いてみた結果

オーケィ、分かってる。「エスカレーターは歩かず左右2列並んで使用するもの!!!」「左右どちらか空けるヤツは悪・即・斬ッ!!!!」的なご意見。分かっているが、その理想は現実と程遠いのが実情。

長いものには巻かれておけが座右の銘な筆者としては、やはりそれぞれの地域で優勢な勢力に従っておきたい。私はコウモリ。そんな筆者だが、先日とまどいを禁じ得ない状況に直面した。

それは京都駅でエスカレーターに乗ったときのこと。関西だから右立ちかと思ったら左……かと思ったら右……というわけでも無さそうで、実に混迷を極めている状況。こ、これは……

続きを全部読む

京都の「旅館 東籬」に宿泊したら…お茶室に連行された件について / おもてなしが濃厚すぎて浄化されまくった

先日、筆者はとある旅館に宿泊した。

京町屋をリノベーションして作られたというその宿は、サイトに載っている写真を見ただけでもオシャレさがビシビシ伝わってくる。個人的に和の雰囲気が好きなこともあり、宿泊をとっても楽しみにしていた。

そして、待ちに待った宿泊当日。普段なかなか触れる機会のない京町屋に泊まれるの楽しみだな、部屋で何をしようかな~とうきうきしながらチェックインすると……え、待って待って? 

おもてなしが手厚すぎて浄化具合が半端ないんですけど?????

続きを全部読む

【体験コラム】京都の縁切り神社・安井金比羅宮の効果がすさまじかった話

少し前、Twitterで京都の有名な縁切り神社・安井金比羅宮に関するツイートが話題になっていた。投稿者の女性は具体的にどんなことがあったかは書いていなかったが

「凄い勢いで悪縁が切れます。え…? 本当に? って普通ではない予期できぬ理由で切れます」

と語っていた。実は私も数年前にこの神社を訪れて、悪縁が断ち切れたうちのひとりだ。そして、それはなかなか予期できない、ちょっと予想外の展開だった。

当時の体験談を記すので、悪縁に苦しみ、縁切りの願いをしようかと思っている人の参考になれば幸いである。

続きを全部読む

【モフモフ】ゴールデンレトリバーに囲まれるカフェに行ってみたら幸せすぎた / 京都市中京区「cafe de monca」

京都。

伏見稲荷、清水寺、銀閣寺……神社仏閣が多く立ち並ぶこの街は、神社仏閣好きにとっては天国のような場所である。

だが……京都の魅力はそれだけではない。なんと、犬好きにとっても天国のような場所が存在していた。特に大型犬が好きな人は必見だ!

続きを全部読む

生まれて初めて本格的な精進料理を食べてみた → 思ってたのと違いすぎんだろッ!! / 京都「閑臥庵」の普茶料理がヤバかった

先日、JR東海の「禅と湯 ととのう京都」のPRの一環で、人生初の京都観光をした筆者。その時の様子はPart 1Part 2の記事をご覧いただきたい。

実はその一環で、これまた人生で初のガチな精進料理を食べたのだが、その体験があまりにも衝撃的だったのだ。完全に精進料理をナメてたぜ……!

続きを全部読む

【京都】JR東海「禅と湯 ととのう京都」キャンペーンで、人生初の京都観光をしてみた結果 Part 1

はー、死ぬまでに京都観光してぇなぁ……と、都内の駅で「そうだ 京都、行こう。」のポスターを見るたびにもう何年も思い続けていた筆者。

JR東海の誇る、恐らくは世界で最も優れたキャッチコピーのうちの一つだろう。マジで行きたい気分にさせられるからな。

行きてぇ行きてぇと思っていたら、コロナが落ち着いていたころにJR東海から京都への招待状が。2022年1月7日から3月13日まで実施予定の「禅と湯 ととのう京都」というキャンペーンを、PRのため体験させてくれるらしい。

これぞまさに渡りに船。アラフォーにして初めて京都を観光した筆者の、正直な感想をお伝えしよう。

続きを全部読む

【凄い】スタバ「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」の超絶ステルス性能と、他店舗と同じお値段がチートに思える店内

Oh、ジーザス……ッ! 場所は京都の二寧坂(にねいざか)。「このストリートにある」という情報だけを頼りに、あえてスマホも地図も封じ、1軒のスタバを探し続けていた筆者。端から端まで歩いても100メートルあるかどうかという程度の範囲。

スタバなんてどこにあっても目立つものだ。秒で見つかると思っていたが、全く見つからねぇ!! あまりに見つからなさすぎて、お腹が痛くても二日酔いでも神に懺悔しない筆者が祈っちまったぞオイ。

続きを全部読む

【えっ】にしんそばの元祖として有名な蕎麦屋へ「にしんそば」を食べに / おススメはまさかの 〇〇そばだった

どんなものにでも、突き詰めれば本物の元祖なり本家はあるものだ。まあ都内のその手のラーメン屋は、どこもかしこも元祖とか本家を名乗っていて、言ったもん勝ち感があるが……しかし今回のは本物だ。

いまや全国の蕎麦屋で定番のメニューとしてだいたい存在する感のある「にしんそば」。ルーツは諸説あるようだが、とりあえず京都ではガチな元祖とされるお店があるという。こういうのって、知ってしまうと食べておきたくなるよな

続きを全部読む

京都のタクシーで「1番ウマい ぶぶ漬け屋まで」とお願いした結果がヤバすぎた / ぶぶ漬け屋ですらねぇ! からの…

少し前に人生初の京都入りをし、寝る間も惜しんでエンジョイしまくっていた筆者。いやー、いい所ですね京都。初めて来ましたが、すっかり気に入りました。名物の十万石饅頭すら売ってない埼玉の場末から引っ越したい。

あまりに見たいものが多すぎて、気づけばろくにメシも食っていなかった。腹が減ったぜ。ここは1つ、グルメ方面でも京都を堪能したいところ。

京都のグルメと言えば……せや! ぶぶ漬けやんな!! 知っとるで!? 京都の人はぶぶ漬けを勧めてくるってもっぱらの噂や!!! 京都に来たからには、ぶぶ漬け一択ゥゥウウウウウウ!!! 

続きを全部読む

【感動】餡子×マスカルポーネの組み合わせは神! 京都で出会った美味すぎるお菓子「あんぽーね」を布教させてください

京都土産の定番といったら「八つ橋」「漬物」「阿闍梨餅」あたりだろうか。美味しいものに溢れている京都は、お土産を買うにも貰うにも困らないよね。

だが、ここ数年私が購入している京都土産は「あんぽーね」一択。特に京都感がある商品ではないのだが、単純に美味すぎてリピートしまくっているのだ。

京都在住でも店の回し者でもなんでもないが、「あんぽーね」を愛する者としてこの場をお借りし布教させて頂きたい。ほんと美味いのよこれ。

続きを全部読む

【近畿限定】セブンでしれっと「新福菜館」監修商品販売中! 中華そば&ヤキメシを食らってみたところ…

京都の老舗中華そば専門店、新福菜館。地元民のみならず観光客にも大人気、果ては関東にまで店を進出させる無双っぷりだ。関西住まいの記者も、時たまお世話になる。

お昼時に京都駅前に行くことがあればお邪魔する程度のライトユーザーだが、好きな店のひとつだ。そんな新福菜館が2021年11月24日、セブンイレブンとのコラボ商品を発売したという。これは要チェックやで!! 

続きを全部読む

京都の『大阪屋』で名古屋風たぬきを食べた話

食欲の秋である。冬へといざなうような冷たい風を凌ごうと、記者はとある飲食店に入った。京都は西本願寺のおひざ元でありながら『大阪屋』という名を冠する店である。

店頭の品書きによれば、種々様々なたぬきが揃っているらしい。ここはひとつ、名古屋風のたぬきをいただくことにしよう。

続きを全部読む

スーパーだけで京都のお土産を揃えてみた! スーパーだからと侮るなかれ、バラエティ豊かな品が揃い踏みだ~!!

皆さんは、旅に出た際にどこでお土産を調達することが多いだろうか?

おそらく駅の中の土産物店や観光スポットの中の売店などで購入される方が多数なのではないかと思う。

しかし、今後は是非お土産調達スポットの中にスーパーマーケットも組み込んでみていただきたい。もしかしたら今までよりお得に色々なお土産をゲットできる……かも!?

続きを全部読む

【店舗限定】不二家の激レア商品『みるきぃどらやき』を食べてみた

「ミルキーはママの味」でおなじみ不二家が、店舗限定でどら焼きを販売していることをご存じだろうか。いくつか種類があるのだが、中には『みるきぃどらやき』という聞くからに美味しそうなものも売っている。

運良く手に入れることができたため、記者も食べてみたのだが、なるほど不二家ならではの商品だった。未だかつてない、不二家だからこそできるとも言えよう。詳しくは以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【国内にたった1台!?】こんなにおもしろい体重計があるなんて! 1960年代の香港で使われていた「チケット式体重計」に乗ってみた!!

体重計に乗るのが怖い……食欲の秋だからって油断しすぎたのだ。現実と向き合うのが怖くて、ここ2ヶ月ほど体重計に乗れていない。できれば今の体重をこのまま知らずに生きていけないだろうか……。

だがそんな私でも、思わず乗りたくなる体重計を見つけてしまった。それがトラベラーズファクトリー京都の中にあるチケット式体重計。スタッフさんの話によると実はこれ、日本におそらく1台しかないとても珍しい物だという。なんで文具店に置いてあるのだろう?

続きを全部読む

【京都】モンブランが1つ3000円!? それでも行列が絶えない「和栗専門 紗織(さをり)」の2021年攻略法はコレだ!

京都在住の友達に聞いたのだが、「紗織(さをり)」という和栗専門店がめちゃくちゃ人気らしい。

なんでもモンブラン1つが3000円近くするのに、数量限定のため朝から整理券を取らないと食べることができないのだという。

だが、人気店だけあってとにかく情報が錯綜している。オープン前に行っても食べられなかったと書かれていたかと思えば、整理券がなくてもすんなり入店できたという声も……。

一体どの情報が正しいんだ……!? というのを、実際に始発の新幹線でお店に行って確かめてきたので、栗好き・モンブラン好きのみなさんにお伝えしたい。情報を制した者が、紗織のモンブランをも制することができるのだ……!

続きを全部読む

【どうかしてるぜ】東京駅で見つけた「京のはんなり生どら焼き」が狂気的 / テイクアウト容器を見て笑った

その生どら焼きは、具(クリーム)が異常に多かった。皮は小さ目。だから全体的なバランスがおかしなことになっている……としか思えなかった。少なくとも、標準的などら焼きと比較したら、色々な意味で浮いている。異質である。とんがりまくっている。

と思っていたら、商品のパネルを見て絶句してしまった。商品名と販売店名が、実物のイメージと真逆だったからだ。どんな名前かというと──

続きを全部読む

【お取り寄せ】こんなに小さい餃子があるなんて!! 京都の「歩兵」は土地を感じられる上品餃子

突然ではあるが、皆さんは「京都」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。個人的には清水寺や金閣寺に舞妓さん、食べ物であれば「八ツ橋」が真っ先に出てくる。おそらく似たような人は多いはずだが、最近私の中の京都に新たな1ページが加わりつつある。ずばり餃子だ。

なぜなら当編集部に届くお取り寄せ餃子のリクエストが京都率高し。これまで餃子といったら宇都宮や宮崎、もしくは浜松あたりが有名との認識だったが、もはや京都が聖地と思えてくる勢いなのだ。もしかして京都の餃子がアツい!?

続きを全部読む

餃子が口の中を爆走して胃に落ちる! 京都の「ミスター・ギョーザ」は一瞬で畳みかけてくる韋駄天食感

これまで私の中でミスターといったら長嶋茂雄、KARA、さらにはミスドにミスチル、あとはMr.オクレなどがそうだった。しかし今日からもう1つミスター枠を増やさねばなるまい。新たなミスター、それは……餃子だ。

というのも、ミスター・ギョーザという餃子を食べたらこれまでに味わったことないような感じでインパクト抜群。ミスターを名乗るにふさわしい味だったからである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9