「ケニア」にまつわる記事

世界最年長の児童は90歳!? 「小学校で読み書きを習うケニア人のおばあちゃん90歳」がアツい!! 目標は聖書を読めるようになること

日本では中学校までの義務教育制度が整っているが、世界では、今でも子供達が十分な教育を受けられない地域がある。そして、国によっては子供時代に学校へ行けなかったため、読み書きができないお年寄り世代もいる。

そんな、ケニアに住む90歳のおばあちゃんが聖書を読めるようになりたいと、曾曾曾孫達と一緒に小学校へ通っているニュースが話題を呼んでいる。世界最年長の児童だと思われる、頑張り屋のおばあちゃんを紹介したいと思う。

続きを全部読む

【本日発売】いや〜ん! あのオサレ雑誌『Pen』にロケットニュース24が載っちゃったァ☆本屋へGO!!

たぶん「オシャレ」とは対極に位置しているのが我らがロケットニュース24である。その距離は日本とブラジルなみに遠い……と思いきや! なんと歴史古きオサレ雑誌『Pen(ペン)』の12/1号(No.372)に当サイトがドドーンと掲載されたのである!

発売日は本日2014年11月15日、さあ今すぐ本屋へダッシュ四駆郎だ!! ちなみにこの号の特集は『もうすぐ絶滅するという、紙の雑誌について。』であるが、その中の「いまフォローすべき、ウェブマガジンまとめ。」というページにて、雑誌Pen編集部は当サイトを選出してくれたのだーッ! もう今晩のメシは赤飯だな!!

続きを全部読む

【鼻血注意】悶絶するほど可愛い「子ゾウ」写真集 / ケニア・ナイロビ編

本来ならばデッカイ系の動物が、想像以上に小さいと、我々人間は「かっ……かわいいのら!」と悶絶する。別にデッカイ系の動物でなくとも、思わぬ小ささでチョコチョコと動き回っていたりすると、あまりの可愛さに鼻血ブーだ。

ということで今回ご紹介したいのは、デッカイ系動物の代表格、ゾウの子供、すなわち「子ゾウ」の写真集である。

続きを全部読む

きっとケニアに行きたくなる! 素直なケニア写真集

ケニア旅行を考えているけど、治安の面で不安だったり、「動物以外のケニアって、どんな魅力があるのかな?」なんて思っている人に、是非とも見てもらいたい写真がある。つい先日、私(筆者)がケニアで撮影してきた写真である。

ケニアといえば「野生の動物」だが、あえて動物写真は外してみた。ケニアの人、ケニアの街、ケニアの笑顔とケニアならではの広い空を感じ取ってもらえたら幸いである。

続きを全部読む

提供:江崎グリコ

【11/11はポッキー&プリッツの日】マサイ族の人たちに日本の「ポッキー」を食べてもらった / マサイ式ポッキーの食べ方も発見!

日本がほこる国民的お菓子といえば「ポッキー」だ。おそらく誰もが一度は食べたことがあるだろう。お菓子=ポッキーと連想する人も多いのではないだろうか。日本の国民的お菓子、それがポッキー……といっても過言ではない。

さて、そんなポッキーに記念日があることをご存知だろうか? 実は今日、11月11日は『ポッキー&プリッツの日』なのである! ということで、そんな祝うべき『ポッキー&プリッツの日』を、マサイ族の人たちと一緒にお祝いしてきたぞ!

続きを全部読む

【動画あり】ケニアの最新音楽が想像以上にカッコよくてビビった

みなさんは、「アフリカ・ケニアの最新音楽」と聞いて、どんな曲をイメージするだろうか? 「ウーッ、ハッ! ムンバムンバ!(ドコドコドコドン!) ムンバイエ〜! ハッ! ハウッ!(ハウッ!)」的な、いわゆる “アフリカ” といった曲を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。

ところが! ハウッ! 全然、そうじゃ……ないのであるゥーッ、ハッ! たとえば YouTube にアップされている「Punit ft Alicios – Mobimba(Official Video2013 Full HD)」を見て欲しい。きっとケニア音楽のイメージがガラリと変わるはずだから。

続きを全部読む

海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』東アフリカ編の注意喚起っぷりがスゴい

海外旅行に行く際に、とても参考になるのがダイヤモンド社の旅行ガイドブック『地球の歩き方』シリーズだ。熟練の旅人たちの中には「地球の迷い方だ」なんて揶揄する人もいるけれど、なんやかんやで参考になるし、読み物としても面白い。

そんな『地球の歩き方』シリーズの中でも、特に “内容が充実しまくり” と古くから評判なのが「インド編」であるが、「東アフリカ編」もなかなか強烈な内容になっている。同書に書かれている国は、ウガンダ、エチオピア、ケニア、タンザニアの4カ国なのだが、注意喚起っぷりがハンパないのだ。たとえばこうだ。

続きを全部読む

【ケニア襲撃事件】たまたま居合わせた元イギリス軍兵士が100人の命を救い「英雄」と讃えられる

ケニアの首都ナイロビで2013年9月21日、イスラム過激派の武装グループによる襲撃事件が起きた。事件で少なくとも62人が死亡し、150人以上が負傷したとみられている。

・たったひとりで100人を救出

ケニアの内務省は23日に声明を発表し、武装グループを制圧し、事件の起きたショッピングモールを管理下に置いたと伝えている。事件発生直後から当局は武装グループの掃討に乗り出したのだが、実はその陰で元英国海兵が活躍していた。彼はたったひとりで100人もの一般市民を救出したというのだ。

続きを全部読む

ケニアの高校生が見せる超人ハイジャンプに海外ネットユーザー驚愕! 「信じられない」「これって世界記録?」

「超人」と呼ぶにふさわしい素晴らしい能力を持った高校生が、現在海外のネット上で話題になっている。見る人の度肝を抜くそのスーパー高校生とは、とてつもない跳躍力を持ったケニアの高校生たちである!

動画「Kenyan High School High Jump」に映し出されている通り、彼らはかなり高い位置にセットされた棒をいとも簡単に跳び越えちゃうのだ。「これは映像加工してるんじゃないの?」と思ってしまうくらい、本当に本当に彼らのジャンプ力は衝撃的!

続きを全部読む

愛っていいなあ! 生後8カ月の子ゾウを救出する動画が世界で感動を呼ぶ!!

現在ある心温まる動画が、世界で大きな感動を呼んでいる。

「ATE team rescue another baby elephant from a well」というケニアで撮影されたその動画は、大きな穴に落ちてしまった生後8カ月の子ゾウと、それを心配そうに見つめるお母さんゾウが映し出されるところから始まる。

続きを全部読む

ケニアで車が泥濘(ぬかるみ)にはまって立ち往生 / 突然マサイ族があらわれて助けてくれた!

皆さんはケニア(ケニア共和国)という国についてご存知でしょうか? 東アフリカに位置する人口約4000万の共和制国家です。北はエチオピア、南はタンザニアと国境を接しており、野生動物を見ることのできる国立公園や国立保護区を数多く有しています。記者(私)がここを旅していたときのこと、思わぬ事態に遭遇しました。マサイマラ国立保護区に行く途中で車が泥濘(ぬかるみ)にはまってしまったのです。

どうにも抜け出すことができなくなったとき、突然思わぬ助っ人が登場! マサイ族の皆さんが助けてくれたのでした。

続きを全部読む

この笑顔を世界に広げたい! 元気と希望がいっぱいもらえる「アフリカの子どもたちの笑顔」動画

みなさんは「世界一美しいもの」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか? 一面のお花畑?
青く透き通った広い海? 確かにそれらも美しいが、それに勝るとも劣らない光輝く美しいものが、我々の身近にはある。そう、それは子どもたちの笑顔。

アフリカ・ケニアで撮影された「Children of Africa」という動画では、そこに暮らす子どもたちのはちきれんばかりの笑顔を見ることができ、多くの人がその「世界一美しいもの」からたくさんの元気と希望をもらっている。

続きを全部読む

【注意喚起マンガ】本当にあった悲惨な話『ケニア人、ボッタクリヘルスに捕わる』

できることなら遭いたくないのが「ボッタクリ」だ。海外旅行時なんて特にそう。10円単位なら言い争うのも面倒臭いが、価格の10倍ボッタクリなんてのも余裕であるのが海外である。

だが、日本にも確実にボッタクリは存在する。ちょっと怪しげな飲み屋さんや、かなり怪しげな風俗店などではボッタクリ率が急上昇。近寄らないに越したことはない……のだが、ついついムラムラして近寄ってしまい、伝説的なボッタクリに遭ってしまった外国人も実際に存在する。

続きを全部読む

こんなのアリ!? 予期せぬ火災の現場でさらにたて続けに起きた予期せぬ事態

火災現場での市民の頼りは消防隊だ。突然の事態に人々が混乱していても、消防隊員が命をかけて人命救助と消火活動にあたってくれる。しかし、そんな予期せぬ火災現場では、時としてさらに予期せぬ事態が起こり得るようだ。

続きを全部読む

IT系の仕事をしているガブリエル氏ら5人の仲間たちが作り始めた自家製のエンジン飛行機が、ついに、ついに完成した! 彼らのなかに、航空技術や飛行機設計の経験者は一人もいない。つまり全くの素人集団である。そしてもちろん、「鳥人間コンテスト」用の飛行機ではない。エンジンの付いた、本気のプロペラ飛行機なのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9